beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:鳥インフルエンザ( 6 )


宮崎県で渡り鳥の飛来数が増えたのだろうか

環境省>自然環境・自然公園>渡り鳥関連情報
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/migratory/ap_wr_transit/index.html
には過去2008年からの冬鳥の渡り鳥飛来数調査データが公開されています。(現在は途中経過)
これを見ていると、鳥インフルエンザ関連ニュースで言われている:今年の宮崎に飛来している渡り鳥が多いだの、九州の他県よりも多いなどという話が嘘であることがわかります。

時事ドット・コムのニュース記事:
http://203.183.152.33/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2011021000977

厳冬で鳥インフル拡大か=感染渡り鳥が集中?-宮崎
 宮崎県は10日、県内で高病原性鳥インフルエンザの感染確認が相次いでいる問題で、県庁に大学教授ら有識者を招き意見交換した。会合後に会見した出席者は、他県と宮崎の防疫体制に大きな差は見られないとした上で、例年よりも寒さが厳しいことがウイルスに感染した野鳥を多く集めた可能性を指摘した。
 会合の出席者によると、北から飛来する渡り鳥が今年の厳冬により、例年よりも南方に飛来し、宮崎に集まった可能性があるという。県内で鳥インフルエンザが発生した2007年も、例年より寒かったとした。昨年12月のある調査では、同県高原町の池で、野鳥の数が例年よりも多かった。ただ、池に近い新燃岳の爆発的噴火後には半減していた。
 出席者の一人である宮崎大学農学部の堀井洋一郎教授は、宮崎で11件の感染が確認されているのに対し、隣県の鹿児島は1件にとどまっていることについて「(鹿児島と違い)雪が降らず、好天が続く宮崎の方が野鳥が生息しやすい」可能性を指摘した。ただ、両県の野鳥数を比較する具体的なデータはなく、それだけで10倍を超える発生件数の差を説明できるとは言い切れないとした。(2011/02/10-20:32)
-------------------------------------------------------
環境省の飛来数調査データを見ると場所ごとに飛来する種類構成が異なり、渡りルートも種類ごとに違っていて複雑なので、地点間で単純比較はできません。例えば、鹿児島の調査地点はツルの飛来地である出水平野であってカモ類の飛来数はもともと少ないようです(餌の環境が違うことを意味しているのでしょう:カモ類は水生植物を食べているようです)。

宮崎県では鹿児島県との県境近くにある霧島鳥獣保護区(御池)と宮崎市の二ツ立調整池(一ツ瀬川河口付近)での調査データが公開されています。それぞれの数値からカモ類で飛来数の多い種のデータを抽出してグラフにしてみました。

御池に飛来するカモ類で多いのは、下のグラフのマガモ、カルガモ、そしてヒドリガモの3種です。
e0094349_1161858.jpg

一ツ瀬川河口ではコガモとオナガガモも上の3種と同様に数が多いので加えてグラフにしました。
縦軸のスケールは数が多い年度に合わせて比較しやすいようにしてあります。

グラフで見ると、御池では今回と過去2回の冬と比べると、1年前の2009-2010年がやや少ないようですが、3年間で特に大きな変化はみられません。

一ツ瀬川河口では2008-2009年の冬に比べ、最近の2回の冬でマガモの飛来数が減っています。
e0094349_118051.jpg

いずれにせよ、今回の冬の渡り鳥の数が特に増えているわけではなさそうです。

日向市の塩見川では、一ツ瀬川河口と同様に、今年はカルガモが多いような印象を受けています。この冬の御池でカルガモが前年より少ないことと対照的です。

具体的なデータを詳しく吟味せずに先入観や思い込みでお話をする「幽識者」がいるみたいですね。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-11 11:18 | 鳥インフルエンザ

高病原性鳥インフルエンザウイルスと哺乳動物

アイオワ州立大学の獣医学サイトに鳥インフルエンザに関する総説が掲載されていました。
http://www.cfsph.iastate.edu/Factsheets/pdfs/highly_pathogenic_avian_influenza.pdf
High Pathogenicity Avian Influenza
Fowl Plague, Grippe Aviaire
Last Updated: January 2010

以下の文章で哺乳類とH5N1ウイルスの関係がまとめられています。

The Asian lineage H5N1 (HPAI) viruses seem to have a particularly broad
host range. Symptomatic infections with these viruses have been reported
in captive tigers (Panthera tigris), leopards (Panthera pardus), clouded
leopards (Neofelis nebulos), lions (Panthera leo) and Asiatic golden cats
(Catopuma temminckii), as well as housecats, a dog, stone martens
(Mustela foina), a wild mink (Mustela vison), raccoon dogs and captive
palm civets (Chrotogale owstoni). Asymptomatic infections have been
reported in some housecats, and Asian lineage H5N1 viruses have been
recovered from populations of apparently healthy wild pikas.

During outbreaks in poultry, serological evidence of infection or exposure
has been reported in cats, dogs and swine, and viruses have been isolated
rarely from pigs in China. Unpublished research suggests that some
raccoons in Japan also have antibodies to H5N1 viruses. Experimental
infections have been established in housecats, dogs, foxes, pigs, ferrets,
rodents, cynomolgus macaques and rabbits. Cattle can be experimentally
infected with viruses isolated from cats. The Asian lineage H5N1 viruses
are continuing to evolve, and other species may also be susceptible to
infection and/or disease.

トラやヒョウ、ライオンなど大型の猫が感染発症するだけでなく家猫やアライグマもホスト(ウイルス保持者)になるそうです。

感染しても特に症状が出ない(抗体ができるだけ)動物の例が多いようなので注意が必要です。

養鶏場でH5N1が発生した場合、周辺で猫、犬、豚が感染したことが(血清検査から判明して)報告されています。

渡り鳥、特にカモやハクチョウなどがキャリヤーとして注目されていますが、哺乳類にウイルスが広まることも要注意でしょう。人間がウイルスキャリヤーであることは言うまでもありません。車両ではなく、人間がウイルスを広めるのですから、消毒する対象を勘違いしないようにするべきですね。

おまけは、家の周囲で活躍中のシロハラ?君です。枯れ葉、枯れ草の下をほじくりかえして虫を見つけて食べています。ミノムシをしつこく攻撃していましたが、不首尾に終わったみたいです。
e0094349_21201880.jpg
e0094349_21202638.jpg
e0094349_21203587.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-02-08 21:06 | 鳥インフルエンザ

WAHID情報

WAHID (http://www.oie.int/) のAnimal Health Informationサイトを利用すれば、世界各国(中国からはどうなっているのかわかりません)から出ている重要な家畜伝染病の発生報告を見ることが出来ます。

個々の病気についての情報開示はもちろん、疾病別、国別に時系列でデータがまとめられていて、それぞれの元になっている個別報告も閲覧できます。日本語で出ていませんが、それは脳酔省の責任で重要なポイントを翻訳して畜産関係者に周知徹底させるべきことです。数多ある天下り機関で遊んでいる元役人で語学力と基礎知識がある者にお仕事をさせればよいことでしょう。(彼らは賢いので新しい天下り場所を造るかも

2010年1月1日から今年の最新報告までについてまとめられているデータベースから、高病原性鳥インフルエンザの発生状況を地図にしてみることができました。
e0094349_9233160.gif

発生したばかりのインドネシアは報告がまだ出ていませんが、最近のミャンマーとベトナムの発生がわかります。ベトナムは全国で常在しています。

このマップでは野生の鳥の事例を含んでいませんが、報告された野鳥についてのデータを見ることも出来ます。(このマップと重ね合わせもできますので興味のある方はどうぞ)

マップを見て気づいた面白いことは、フィリピンやマレーシアから出ていないことです。(中国本土はもちろんありません:竹のカーテンで遮られています)

日本や韓国からこれらの国へ季節的に往復する野鳥があるはずです。感染して発症した鳥は飛べないのでウイルスを運搬しないでしょうが、元気なままでキャリヤー化した鳥が長距離移動すれば運ばれるかもしれません。(鳥インフルエンザは野鳥集団の中の病気に弱い個体を淘汰する仕組みかもしれません)

これから(沖縄経由?で)南に戻ってゆく鳥は何だろうと調べたくなりました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-04 09:35 | 鳥インフルエンザ

ホンコンの海岸に打上げられた鶏にH5N1

ホンコンで野鳥が鳥インフルエンザで死んでいたニュースはすでに紹介しましたが、海岸に打上げられた、腐敗した鶏の死骸からH5N1ウイルスが相次いで検出されています。

昨年12月のtopnewsの記事から:
Chicken Suffering from H5N1 Found Dead on the Shores of Hong Kong
Submitted by Cindy Tweed on Sat, 12/25/2010 - 10:43
http://www.topnews.us/content/231159-chicken-suffering-h5n1-found-dead-shores-hong-kong

China Daily(中国日報)の英語記事: 
Dead chickens test H5N1 positive in Hong Kong
Xinhua Updated: 2011-02-02 18:30:00  

Two chicken carcasses found in Tai O, Hong Kong were found positive for
H5N1 avian influenza virus, a spokesman for the city's Agriculture, Fisheries
and Conservation Department said on Wednesday.

The chicken carcasses were collected at a beach near Po Chue Tam,
Yeung Hau Temple, Tai O on January 28. They were highly decomposed
when found and required a series of tests before H5N1 avian influenza
was confirmed Wednesday.

The spokesman said there were no poultry farms within three kilometers
of where the dead chickens were found.

To minimize the risk of avian influenza outbreaks, he said, all relevant
government departments would continue to remain highly vigilant and
strictly enforce preventive measures against avian influenza, such as
reinforcing health education and striving to deter illegal imports of
poultry and birds into Hong Kong.


ホンコンでは2006年以来家庭で鶏を飼養することを禁止していること、死骸が見つかった場所の周囲に養鶏場が無いことからなどの状況証拠から、Pearl Riverの上流、つまり中国本土から川を流れ降ってホンコンの海岸に漂着したものと思われています。

この件について詳しく解説しているブログから地図を借用して貼り付けておきます。
Wednesday, February 02, 2011
Hong Kong: More H5N1 Infected Chickens Wash Up On Beach
http://afludiary.blogspot.com/2011/02/hong-kong-more-h5n1-infected-chickens.html

While it is possible that these birds came from a local source, their discovery
on the western end of Lantau island – at the outflow of the Pearl River –
is highly suggestive of a mainland China point of origin.
e0094349_10344664.jpg

Hong Kong lies at the mouth of the Pearl River Delta. The Pearl River, as you
can see from the map above, is fed by many tributaries flowing out of
Guangdong Province, China.

死骸が打ち上げられたLantau islandは下の地図で赤く塗られていますが、その西海岸はPearl Riverの河口域(デルタ)となっています。
e0094349_103806.jpg

引用したブログでは皮肉たっぷりのコメントが続いています:
In addition to China’s limited surveillance and reporting capabilities,
there are decided `disincentives’ for farmers and local authorities to come
forth with bird flu notifications.

So reports of animal or human disease outbreaks, environmental pollution,
adulterated food products, and other adverse events are apt to be handled
`locally’.

At least, until they grow to the point that they can no longer be managed.


発生地域での当事者と地域行政の対応が破綻するまで、この鳥インフルエンザのような「不都合な真実」は隠蔽され続けるということでしょう。そして、問題の鳥の死骸は川に捨てられ流されつづけているということが想像されます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-03 10:45 | 鳥インフルエンザ

渡り鳥と鳥インフルエンザ

養鶏だけでなく、北海道から鹿児島まで、全国的に各種の野鳥にH5N1(高病原性)鳥インフルエンザが発生しています。あたかも野鳥がウイルスを運んでいるかのようにも見えますが、渡りをする鳥の種類ごとに渡りの時期とルートの詳細についてわかっていないこともあって、漠然とした憶測に留まっているようです。

野鳥、特にカモの仲間がキャリヤーになっているらしいことはすでに指摘されているのですが、それぞれ種類と集団ごとの渡りのルートは調査されているのでしょうか。鳥の渡りは、一般論では、南北移動です。H5N1がらみの情報について前回の2007年の時に調べたことをおさらいしてみました。

日本では学者も中央行政も視野が日本中心になっていて、鳥インフルエンザの分布が熱帯アジアから中国を中心としていることを忘れているようです。そのため、本来は国際的な現象ですが、すでに国境防疫は破綻しているので、今では国内での二次的な拡散・拡大に翻弄されているわけです。

厚生労働省はチョンボ続きで失点を重ねてきましたが、同省サイト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index.html#section01
で鳥インフルエンザの情報発信を見ると、農水と環境省が意図的に隠している重要なポイント:WHOとOIEからの「世界各地で確認された人の鳥フル感染患者と死者の数」を出しています。そのマップを貼り付けておきます(2011年1月25日までの最新情報)。クリックで画像は大きく見えます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/pdf/03.pdf
e0094349_11172096.gif

昨年末までの情報をまとめた別の地図もあります。
e0094349_1143481.gif

農水省は鳥インフルエンザが発生するとなぜ公費で殺処分が行われるのかを一般市民にわかりやすく説明することをせず、変異したウイルスが人に感染する恐れについて無視しています。

下のサイトでは鳥インフルエンザ関連の地図情報をとりまとめて掲載しています。ただし、2009年まで。
Perry-Castañeda Library Map Collection
Avian Influenza Maps on Other Web Sites
http://www.lib.utexas.edu/maps/avian_influenza.html
このサイトには下のような渡り鳥の世界的な「回廊」、つまり主な往復ルートの概念図があります。鳥たちの渡りルートと無関係な東西方向の拡散も大きく、時期的にも整合しないので、人為的な拡散、つまり人がウイルスを何らかの形で広げていることは確かなようです。

人がウイルスを運んでいるとすれば、東南アジアや中国本土で蔓延している鳥インフルエンザは、ホンコンやシンガポールなどのハブを経由していつでも日本に侵入するはずです。
e0094349_115371.gif

標識調査で一部の鳥たちが季節的に南北に渡ること、同じ集団が繰り返し同じ場所を往復する傾向などが少しだけわかっています。しかし、たとえば宮崎県の各地、主に河川に、冬の訪れと共にやってくる鳥たちが夏の間はどこにいるのか、それがわかる十分な調査が行われているのでしょうか。

国内でのH5N1ウイルスの拡散と維持に関連する基礎調査を前回の4年前にサボった「つけ」の取立ては高くついています。野鳥の調査を少しだけやったようですが、キャリヤーとなる可能性がある豚と野生のイノシシについて抗体検査は行われていたのでしょうか。

口蹄疫でも野生動物についてまともな調査をやっていないので、もし土着化していたら3月頃に再発と言う悪夢が来るかもしれません。臭いものに大急ぎで蓋をするだけで終わらせるやり方は改めるべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-30 11:37 | 鳥インフルエンザ

ホンコンの野鳥に高病原性鳥インフルエンザ

宮崎県と鹿児島県で拡大中のH5N1、高病原性鳥インフルエンザについて海外情報を見ていたら、先週1月17日と18日にホンコンで野鳥に発生していました。ホンコンでは12月にも発生したということです。下の地図で緑の三角印の場所です(WAHIDサイトからダウンロードしました)。21日に最初の報告が出ています。
e0094349_1128560.gif

国際獣疫局に出された報告によると、ホンコンでは、1月17日にシキチョウ(四季鳥:熱帯アジアに分布)と18日にハシブトカラスがそれぞれ1羽ずつ、死骸で見つかったとあります。ウイルスの遺伝子配列の確認作業を進めているとありますので、日本で発生した系統とのかかわりはいずれわかるでしょう。ホンコンでは野鳥、養鶏場やペットなどについて引き続き全国調査を進めているので、これからまだ新たに出てくるかもしれません。

シキチョウについて情報検索してみたら、ハシブトカラスと同様に人間の周囲で極めて普通に見られる鳥であることがわかりました。

ついでに、JAPAN TODAYの昨日のニュースで、ホンコンは日本からの鶏の輸入を再度(昨年の島根県の発生で禁止後、12月28日に解禁したばかり)禁止したそうです。
Hong Kong bars Japan poultry imports  Tuesday 25th January, 02:11 AM JST
http://www.japantoday.com/category/business/view/hong-kong-bars-japan-poultry-imports

ホンコンでは、昨年11月に鳥インフルエンザ患者が報告されていて、中国本土を旅行中に感染したものと思われています。

一方、お隣の韓国で続いている口蹄疫については、牛と豚の全国での全頭ワクチン接種が進められている最中に新たに2件発生しているそうです。そして、追い討ちで新たなH5N1の発生確認がありました。

http://crofsblogs.typepad.com/h5n1/ 鳥フルのブログサイトから一部引用します:

January 25, 2011
Korea: FMD still not abating, new bird flu culls ordered
Via JoongAngDaily, a lot of bad news: FMD still not abating, new bird flu culls ordered.

The ministry, meanwhile, confirmed two new bird flu outbreaks late Monday, with one case involving an egg-laying chicken farm in Sangju, North Gyeongsang, which had not been affected by the avian influenza in the past.
All 201,000 chickens at the Sangju farm have been ordered culled along with 8,300 ducks at a farm in Icheon, Gyeonggi.

Counting the new cases, the country has reported 37 outbreaks since the first was confirmed on Dec. 31. And 5.15 million birds have been culled so far.

韓国では昨年12月以降、合計37例の高病原性鳥インフルエンザH5N1が発生し、5百万羽以上が処分されたとあります。

WAHIDサイトで韓国当局から出た報告を見ると同国の「極めて悲惨」な状態が良くわかります。

下のマップで見ると、韓国では国土の全体に口蹄疫が拡大していています。
昨年の宮崎県よりも1桁多い家畜などが殺処分されたそうです。(上のニュースと同じソースから引用)
More than 2.62 million cows, pigs, goats and deer have been culled and buried at a cost of over 2.5 trillion won ($2.2 billion).
e0094349_120660.gif

韓国のH5N1についての最新報告は近日中に提出されるでしょう。

近年のホンコン、韓国、そして日本での口蹄疫とH5N1の発生はほぼシンクロしているようです。

渡り鳥伝播説が破綻しているにもかかわらず、相変わらず人間によるウイルスの運搬・拡散についての徹底調査がなされていないように思われます。

野鳥にH5N1ウイルスが広がっていることは、すでに起こっている拡散の結果でしょう。ウイルスの感染ルートには1次的なものと2次的なものが複合しているので、それぞれを識別して徹底的に調査し、仮説検証を進めるべきです。口蹄疫もH5N1も共に関係各国に土着化していて、今後も季節ごとに発生を繰り返すかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-26 12:16 | 鳥インフルエンザ