beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:津波と地震( 19 )


陸前高田市の海岸変化

国土地理院などが、海岸が大津波の影響で地形変化したことを衛星写真で見せていますが、フランスのAFPサイトにも、それがはっきり見える写真があります。

AFPBBの提携ブログサイトでは直接引用できますが、ここEXCITEブログではできません。

URLでリンクしておきますので見てください。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2791003/6961146

米画像衛星運営会社ジオアイ(GeoEye)が公開した、東北地方太平洋沖地震の前後の、岩手県陸前高田市付近の衛星写真。建物、自動車、インフラの壊滅的崩壊が分かる(左:震災前、右:2011年3月12日撮影)。(c)AFP/GeoEye satellite image

メンバー登録して拡大画像を見ました。海岸の河口付近にあった砂浜と防潮林などが消滅している様子が、気仙沼市、本吉町の津谷川付近の状況にとても良く似ています。

この場所で防潮提・護岸と防潮林に守られていたはずの運動公園の建物が消えています。

以下は推論です。

この地域はリアス海岸の谷間が基盤となっているようです。この谷間は川が運んできた土砂で埋立てられ、その結果、小さな海岸平野が造られ、砂浜ができていました。

海岸から沖合いの地形はおそらく谷間の延長です。つまり、岩礁性のリアス海岸の奥で津波が収束して高くなることと同じことが、この海岸の海底地形のために起こったかもしれません。言い換えれば、このような谷間の小さな平地は津波のリスクがより大きいと考えられます。

河口で堆積した土砂は、埋立地と同様ですから、強い地震で堆積物の粒子の間にある水分が締め出される現象が起こるはずです。埋立地の液状化、水の噴出現象と同様です。水が抜けると堆積物の容積が減って、地面が低下するでしょう。そして三陸沿岸では岩盤も沈下しているので、結果的に見れば、海水面が上昇したことと同じになって、陸地に海水が浸入してきたでしょう。さらに砂浜の砂は流動して運び去られて消えているようです。

日向市の沿岸部は、地形的には三陸海岸と同様であって、小さい沖積平野です。塩見川の河口にできた小さい平野の部分と細島のリアス海岸の奥に埋立地が広がっています。

日向市は(洪水・がけ崩れ)と津波に対する「ハザードマップ」をつくって配布しています。その津波浸水区域図は概ね妥当だろうと思いますが、多分、地震による堆積物と地殻の上下変化や海底地形の影響を考えていないでしょう。地図の上で等高線で単純に津波の波高をなぞっただろうと想像しています。また、基準とした過去の波高は実際に観測・記録された割合最近のデータによっていて、今回の三陸でのような「想定外」は想定していないはずです。

日向灘沖で想定外の大地震と津波が発生した場合にどうなるか、という点でマップを再点検するべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-20 12:10 | 津波と地震

大谷海岸の状況

2週間前に訪問した大谷海岸、小・中学校などの状況を、現地の小野寺さんから電話で聞くことができました。大谷地区ではまだ携帯電話が通じませんが、たまたま出先で通話可能域を移動中の小野寺さんにつながりました。わずかな時間の通話でしたが、皆さんの無事が判明して一安心です。

大谷海岸付近の人的被害は(周辺他所と比べて)比較的少なく、授業を聞いてくれた生徒さんたちは家に戻っていた何人かを別にして無事だったそうです。海岸は空中写真で見たとおり、壊滅的です。プチロクの建物が写真に見えなかったわけです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-19 10:10 | 津波と地震

大谷海岸についての報道

河北新報のニュース記事に写真がありました。

国道寸断陸の孤島大谷海岸  2011年03月14日月曜日

気仙沼市の大谷海水浴場は砂浜と共に多くの建物が消えた=13日午前11時40分ごろ
e0094349_10224528.jpg

 宮城県気仙沼市本吉町は海岸沿いの建物がほぼ波にさらわれた。市中心部とつながる国道45号も寸断され、「陸の孤島」に近い。
 市本吉総合支所によると、13日昼までに16人の遺体が見つかった。連絡が取れていない人は70人以上に上る。
 大谷海水浴場を目の前に望む同市大谷地区は高さ十数メートルの波に襲われた。民宿や住宅、JR気仙沼線の線路は土台だけ残して姿を消した。津波が海岸から3キロ以上離れた所まで達した地区もある。
 同市の板金業石田誠子さん(72)は夫の行方が分からない。夫は自宅から誠子さんを逃がし、近所の老夫婦を避難させようとした。「波にさらわれたのだろう。本当に優しい人だったのに」と話し、目を潤ませた。
(丹野綾子) 
 

本吉町の現地と連絡が取れないため、ネット上の伝聞情報を集めています。

気仙沼市【本吉町】の最新情報
http://d.hatena.ne.jp/issey-kumagai/20110313/1300000369  

そろそろ携帯電話で本吉との通信が可能になってきたようです。   
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-16 10:25 | 津波と地震

3月4日朝の大谷海岸

大津波が襲ってきた日の1週間前、3月4日の朝、(夜間に雪だった)大谷海岸の様子を撮影記録しました。

コンビニ脇の踏み切りの線路(JR気仙沼線)を渡って海岸の駐車場のところから砂浜に出ました。海岸に下りるスロープに津波避難路の誘導標識があります。
e0094349_8175912.jpg

砂浜にはカスプができていました。雪が残っていたのでカスプ地形がわかりやすい、よい教材になるなと思って撮影。カスプは強いうねりが砂浜に造る地形ですが、どうしてできるのか説明できないはずです。
e0094349_8202018.jpg

海岸から沖を望んだスナップです。この朝はよく晴れて穏やかな海でした。
e0094349_8223959.jpg

砂の上に貝殻が少しだけ落ちていました。うす茶色の砂の上の小さいアワビの殻です。
e0094349_8233386.jpg

海岸には貧弱な松林があり、津波の防御には余り効果が無いかもしれない、と思いました。防潮堤に英語の落書きがありました。本吉町にはフィリピン人の嫁さんたちが多いそうですが、その誰かが書いたのか。
e0094349_8261211.jpg

e0094349_8261920.jpg

防災の効果を考えれば、松林の陸側にあるべき防潮堤は、高さが2mくらいで、裾に砂が堆積してテトラポッドが埋没しています。部分的に壊れかかっている、建設時期が古いものです。(おそらく1960年代で、半世紀経過している)
e0094349_82852100.jpg

大谷海岸の西側の水路脇に「はまなす公園」が整備されています。自然植生を生かす形でなく、周囲をコンクリートで固めてハマナスを人工的に植栽し、海岸の自然景観とはマッチしていませんでした。
e0094349_8511630.jpg

水路のところの砂浜から西の方向を見た写真ですが、小さな漁港が見えます。
e0094349_8475218.jpg

e0094349_833866.jpg

JRのトンネルが海岸の西端の岬を突き抜けています。
e0094349_8315548.jpg

公園脇の水路は最近コンクリート化されていますが、これは公園「整備」の一環でしょう。
e0094349_8351796.jpg

津波が来たら、この水路から侵入するだろうな、と思いながら見ていました。

自然の砂のままで屈曲していれば波の破壊力を吸収するはずですが、コンクリートではそのまま勢いを失わずに津波の導水路になります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-15 08:47 | 津波と地震

赤崎(小泉海岸)の消滅

気仙沼市の赤崎(小泉海岸)は津谷川の河口にあった、チョウセンハマグリが成育する砂浜でした。3月5日に現地で漁協の方に案内していただいて浜を見てきたばかりでした。一緒にガイドしてくださった小野寺さんと、近いうちにチョウセンハマグリの稚貝の分布調査を中学生達と一緒にやりましょう、と約束した場所です。

国土地理院が公開した津波被災後の空中写真を見て衝撃を受けました。砂浜が完全に消えてしまったのです。津谷川の堤防が残っているので、それを目印としました。

Google Earthの写真に縮尺と方位を合わせ、小泉海岸のbefore and afterの組み合わせ写真を作りました。(クリックすると大きく見えます)
e0094349_21244628.jpg
川に掛かっていた国道の橋が橋脚を残して本体が消え、用水路から川の本流に出るところの水門も消えました。

砂浜の防潮堤(護岸)と松の防潮林、5つあった離岸堤、そして川の周辺にあった家屋と田畑のほとんどが消滅です。サーファーの車がいっぱいだった駐車場にあったトイレが形だけ残っているようです。

河口付近で津波のパワーが強化されるということは知っていましたが、本当に驚きました。地形的には日向市の小倉ヶ浜の北部の塩見川河口に似ている場所です。

砂浜の河口部分が閉塞状態で、産卵のためにサケが川を遡る障害となっていて、川底を浚渫した砂が川岸の北側に積み上げてありましたが、それも消えたようです。

防潮堤の3箇所に階段が造られていて、津波から防潮堤を越えて避難ができるようにされていました。

Googleの写真で白く見える部分ですが、わりと最近造られたものでしょう。
e0094349_2110275.jpg

e0094349_2112357.jpg

e0094349_2194798.jpg

e0094349_21164243.jpg

防潮堤の足元に砂がかなりの高さまで堆積し、テトラポッドが埋没していました。
e0094349_2195528.jpg

河口の部分で防潮堤が内陸側に曲がっていて、壁に避難路と書かれていました。

5基のテトラポッドの離岸堤はせっかくの美しい景観を損ねていますが、浜に砂を足止めさせていました。それに対し、大谷海岸では離岸堤を海面下に設置していて、海水浴場としての景観を守っていました。
e0094349_21163146.jpg

こういった海岸防災の工夫も、今回のような想定外の規模の津波に完全に圧倒されてしまったのです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-14 21:18 | 津波と地震

本吉町大谷海岸の空中写真

国土地理院サイトで地震・津波の被災地の空中写真画像を公開しています。
評定図で位置を決めて、見たい場所をクリックすれば空中写真を見ることが出来ます。
http://saigai.gsi.go.jp/photo_h23taiheiyo-hr/photo/index.html

大谷海岸の部分をダウンロードしてみました。
http://saigai.gsi.go.jp/photo_h23taiheiyo-hr/kokudo45s/thumb/C20/CTO-2010-6X-1-C20_0008.jpg

私が宿泊した大谷海岸駅のすぐ近くのペンション・ヴィラ・プチロクの建物はなんとか形を留めているようです。ただし、上から見ただけなので、実際の被害の様子はわかりません。

空中写真から部分的に切り取って建物の名称を付けました。
e0094349_21182197.jpg

JR気仙沼線の大谷海岸駅は道の駅を兼ねていて、国道に面して、1階にマンボウを飼育する展示水槽(訪問時はいなかった)とみやげ物店、そして2階にレストランがあります。レストランの海側から鉄道線路をまたぎ、砂浜に降りることができました。その階段は壊れていない?

砂浜はほとんど消えてしまったようです。護岸も西側で破壊されているようです。

道の駅の東側から侵入した津波が、そのまま内陸に向かって低いところにあった家屋を破壊したように見えます。

避難所の学校に津波は届いていないようです。ウオッ地図サイトで地形図を見たら学校のあたりは標高が15から20mくらいだったと思います。小学校の離れになっている四角い建物で出前授業をしました。

プチロクや道の駅の皆さん、そして海岸近くの人たちがいち早く学校へ避難されていて無事であることを祈っています。
e0094349_2034367.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-03-14 19:39 | 津波と地震

津波の高さと地形

昔、海洋学科があった時代に地学概論を担当していた関係で地震・津波と防災に関する講義をするための勉強をやりました。当時はネット情報がなくて、書籍を元にし、津波関係の情報としてはハワイの津波センター関係資料など英文の記録・データを主に使っていました。

ハワイは東西南北方向の遠距離からの津波が押し寄せてくるため、繰り返し大きな被害を受け、津波の監視を真っ先に始めており、世界的な津波情報センターがあります。

日本、アリューシャン、カリフォルニア、そしてチリなどで発生し、ハワイ沿岸に到達する大きな津波については、ハワイ諸島の海岸で詳しい調査が行われていて、海岸地形と津波の高さの関係が良くわかっています。日本沿岸では、リアス海岸の湾奥で津波が高まることが漠然と知られていますが、岬の周辺で特に高くなることは案外理解されていないようです。

昨年2月にチリから日本沿岸にやってきた津波について三陸海岸で観測・調査された波高のデータを見つけました。今回の津波とは波の性質がやや異なりますが、相対的に比較するための目安となるでしょう。

以下に気仙沼市で調査された結果を引用します。

特集1. 2月27日のチリ中部沿岸の地震
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/gaikyo/monthly201002/20100227chile5.html

• 気仙沼市

 気仙沼市役所及び魚市場より、被害の大きな地域の聞き取りをおこなった。得られた情報から漁港を中心に現地調査を行った結果、気仙沼市魚市場での津波の高さは1.8 mと推定される(図5-3)。

① エースポート付近桟橋
② 魚(さかな)町
③ 魚浜(うおはま)町
④ 魚市場
⑤ 片浜(かたはま)漁港
⑥ 大谷(おおや)海水浴場
⑦ 大沢(おおさわ)漁港
⑧ 鮪立(しびたち)水門
⑨ 宿舞根(しゅくもうね)漁港
⑩ 小々汐(こごしお)漁港水門

e0094349_20272972.gif

大谷海水浴場での波高が気仙沼湾内よりも低く、半分程度であったことがわかりました。

三陸の他の海岸のデータもありますが、激甚な被害を受けている陸前高田では1年前の津波でも他の海岸よりも波が高かったことがわかります。海岸地形を見ると湾内の波を高くするような典型的な姿と思われます。
e0094349_20351656.gif

[PR]

by beachmollusc | 2011-03-13 20:36 | 津波と地震

本吉町の長須賀海岸

三陸海岸では数少ない遠浅の砂浜が本吉町に3つあります。その内、チョウセンハマグリが生息する大谷海岸と長須賀海岸は隣接したポケットビーチで海岸線の長さはどちらも1キロ足らずです。

下はそのグーグルアースの画像にメモを書き足しました:
e0094349_1473558.gif

大谷海岸については3月4日の雪の朝の画像をすでに紹介しました。4日の午後に出前授業をした大谷小・中学校は高台にあって、津波の避難場所に指定されていました。海岸からの誘導標識もありましたが、かなりの上り坂だったと記憶しています。

どこの海岸にも津波避難の誘導案内が整備されていますが、写真に記録撮影したのは西にある3つ目の小泉海岸でした。津谷川の河口にあるサーフィン・ビーチでチョウセンハマグリの漁が行われている砂浜です。
e0094349_14154415.jpg

本吉を発った3月6日の朝は、二つの砂浜の間の岩礁でマツモ採取を見物してから長須賀海岸を歩きました。

西の端に小さい川が流れ出ていて、浜辺にカモメとカモの群れがいました。河口の両側には真新しい護岸とテトラポッドがありました。
e0094349_14174078.jpg
e0094349_14174741.jpg

護岸・防波堤の高さは過去にあった津波の高さを元に設計されているはずです。長須賀海岸で昔の三陸大津波で経験した潮位はこの程度なのか、と意外な感じでした。大谷海岸は古い垂直護岸がやや低い高さのようでしたが、それは砂が足元で堆積していたからでしょう。今回の大津波の高さがどこまで上がったのかは、験潮所の潮汐記録ができる範囲を超えていたらしいのでわかりません。仮に高さが10mだったとすれば防波堤を超えただけでなく、海岸の松林を飲み込んだでしょう。

長須賀海岸の東側は海水浴場となっていて、別名が「お伊勢浜」となっています。
e0094349_14264013.jpg
e0094349_14264911.jpg
e0094349_1426589.jpg

とても綺麗な砂浜です。

2005年頃から大谷海岸と長須賀海岸の砂浜が昔よりもかなり狭くなっています。出前授業で、三陸海岸は地盤が沈降しているため、砂浜が次第に陸側に移動すること、それを護岸で阻止すると砂浜が消える運命を迎えることを説明しました。つまり、護岸に波が当たり続ける状態になるはずです。

大地震で地盤が大きく沈下したら、津波が引いた後でも海岸の低地に海水が残ります。そして砂浜海岸が消失することもあるでしょう。津波で砂が流動すると同時に海岸一帯が凹むからです。

スマトラ沖のインド洋大地震の時に砂浜が消えてしまったことが衛星写真の画像からわかります。
USGSの情報を下のサイトで見てください。
http://walrus.wr.usgs.gov/tsunami/sumatra05/BeforeAndAfter.html

宮崎県では約350年前の外所(とんところ)地震で宮崎市の南部海岸が1m余り沈下し、宮崎平野の中に広い入り江ができた史実があります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-13 14:41 | 津波と地震

小倉ヶ浜に津波が来襲

気仙沼市の本吉町で出前授業をしたのが丁度1週間前の4日でした。

日向市に戻ってから、三陸沖の地震と津波が立て続けで、今日の大地震は歴史に残る大地震となりました。本吉町をはじめ、気仙沼から三陸一帯で大きな被害が出ているようですので、授業に参加してくれた中学生と小学生の皆さん、そして地域の人たちの安否が気がかりです。

本吉町の長須賀海岸と大谷海岸、そして気仙沼市の鳴き砂の海岸はどうなっていることか。気仙沼湾の中はメチャクチャになってしまったと想像しています。

宮崎県の海岸にも津波警報が発令されました。日向市の細島港で予想された波の高さが2mで、到達予想が17:10頃というラジオ放送があったので、小倉ヶ浜を見下ろせる標高200mの米の山の頂上に出かけました。この場所から小倉ヶ浜の海岸線が見渡せ、特に塩見川の河口部の様子がよく見えます。

米の山に着いて16時34分に小倉ヶ浜を撮影しました。
e0094349_2254240.jpg

細島港では沖に避難する小型船が見えました。この港の出口付近に験潮所があります。
e0094349_2265310.jpg

すでに港の沖に出て津波をやり過ごす船が点々と見えます。
e0094349_2275370.jpg

細島商業港の奥の様子です。係留された船も残っていました。遠くに見えるのは細島工業港です。
e0094349_2283017.jpg

300mm望遠レンズを付けたデジカメを3脚に固定し、塩見川河口の連続撮影を開始しました。以下のシリーズ写真は、撮影時間は16時55分から18時06分までの1時間余りの変化です。
16:55
e0094349_21194185.jpg

17:07
e0094349_21202854.jpg

17:17
e0094349_21205278.jpg

17:26
e0094349_2121564.jpg

17:31
e0094349_21212264.jpg

17:36
e0094349_21213757.jpg

17:40
e0094349_2122391.jpg

17:45
e0094349_21221882.jpg

17:51
e0094349_2122386.jpg

18:06
e0094349_21225688.jpg

遠景でのダイジェスト版を下に示します。
e0094349_21331996.jpg

すぐ近くの日向市の細島港の験潮所では約80cmの津波が観測されたそうですが、塩見川の河口でもおそらく同程度の潮位変化が起こったようです。

津波が到達した時間が最干潮(15時49分)を1時間余り過ぎた時刻に当たり、砂浜の潮間帯部分(中潮で高さ1m余りの干満差)だったこと、そして砂浜の濡れていた(前回の満潮の潮位)部分まで波が届かなかったことから判断できます。

予報の2mの波が来ていたら満潮線を越えていたものと思われますが、今回の波は1m未満だったようで、小倉ヶ浜には特に影響しなかったでしょう。

小倉ヶ浜の松林のある(元々は砂丘)場所は満潮線から4mほど上にあります。日向灘沖で大地震が発生し、満潮に当たった場合で波高が4mを超えると松林の中に波が侵入するでしょう。しかし、それよりも塩見川と赤岩川の河口から内陸に向かって侵入する津波が破壊的なものになるかもしれません。

<追記>

宮城県の鮎川験潮所で記録されているリアルタイムの潮位をオンラインで見ることが出来ます。

最近7日間の 鮎川 潮汐曲線
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/real_time_tide/sel/2203.htm

11日の潮位変化のグラフを引用します。
e0094349_10241922.gif

この験潮所で記録される潮位は4m以上の上昇を記録できません。津波の4m上昇の後の潮位記録はありませんので、記録計が破壊されたのか、通信できなくなっているかと思われます。

9日の地震でも津波が発生しましたが潮位変化は1m未満でした。
e0094349_10265750.gif

予測値と観測値のずれが1週間前から続いていました。

鮎川験潮所の潮位は1890年代から記録があります。
http://cais.gsi.go.jp/cmdc/center/graph/kaiiki2.html#enosima
e0094349_10313282.gif

1930年代後半に海水面が低下(地盤が上昇)し、観測標準水位の移動がなされました。しかし、その後は海水面の上昇(地盤の沈下)が継続しています。1933年3月3日に昭和三陸大津波がありました。

今回の地震で地盤の変化がどのようになったのか、その結果が注目されます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-11 21:47 | 津波と地震