beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:シジミの仲間 Corbicula( 122 )


4月23日はシジミの日

日向市内のCOOPスーパーで宮崎県産のシジミが販売されていました。

夕方6時過ぎだったので、売れ残りが4割引きです。

パックだけではなく、計量売りも大量に残っていました。
e0094349_19484959.jpg

e0094349_19502581.jpg

殻の表面が硫化物で黒く染まっていないので、泥ではなく砂底に生息していたシジミです。

ヤマトシジミに間違いないのですが、宮崎県の河川の河口(汽水)でこのようなヤマトシジミはほとんどとれなくなっています。

本当に宮崎県内で漁獲されたものかどうか疑問です。
[PR]

by beachmollusc | 2015-04-23 19:55 | シジミの仲間 Corbicula

店頭のマシジミ

日向市塩見にあるJA経営の直販点で鮮魚コーナーを物色していたらビックリ。

マシジミが「地物」として、キロ当たり1300円で売られていました。
e0094349_12302491.jpg

e0094349_1231633.jpg

殻の表面が黒っぽいので、泥の多い砂底から採集されたものです。

地物ですから、宮崎県の北部で採取されたはずですが、店で売るほどの量がとれる場所は心当たりがありません。門川町の農業用水路のマシジミはもっと綺麗な殻の色です。

海産のバイとカキ、そしてクボガイが並べられていました。しかし、定番のヒバリガイの仲間は出ていません。
e0094349_12355412.jpg

e0094349_1236132.jpg

もしこれらが一緒にとれたのであれば、おそらく日向市と門川町の間の尾末(門川)湾でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2015-03-24 12:40 | シジミの仲間 Corbicula

世界の貝 原色図鑑

待ちかねていた図鑑がアメリカの古書店から送られてきました。
e0094349_1155481.jpg

日本の古書店ではトンデモナイ値段ですが、2巻が揃って、送料とあわせて1万円ちょっとで購入しました。

古書検索で見ると、日本の古本販売では、正続そろいで5万8千円から9万円以上まであります。いったい誰が購入するのでしょうか。

アメリカの古書店では、この図鑑の希少価値がわかっていなかったようでした。

以前、アメリカから平瀬の貝類図鑑を購入した時も値段が安くて助かりました。

巻貝の第1巻が発売されたのが1963年、定価が6500円で、大学2年の貧乏学生の手が届くような値段ではありません。

続巻は1964年、5500円、以下同文。

ちなみに、当時の公務員の初任給が1万7千百円でした(値段史年表より)。

早速シジミ類のところを見たら、Corbicula fluminalis (和名なし)がタイワンシジミの和名で掲載されていました。タイワンシジミはCorbicula flumineaという別の学名で呼ばれていたので、図鑑の著者(鹿間)は種の認識が混乱しています。和名の表記<タイワンノジミ>は誤植です。

この図鑑のfluminalisはいわゆる「バチ型」という、貝殻が縦に伸びる独特の形態です。殻の輪郭はセタシジミに似ています。
e0094349_12183591.jpg

朝鮮半島のカンコウシジミ(Corbicula elatior)は、現在はヤマトシジミと同種と考えられています。
e0094349_1220380.jpg

オノヤマシジミ(Corbicula colorata) は、Corbicula nitens、や Corbicula papyraceaと同種かもしれません。(おそらくカワシジミの種群の一つで、日本のアワジシジミと同じかもしれません)。

下の論文で報告された分子系統遺伝解析の結果、マシジミ(Corbicula leana)、タイワンシジミ(C. fluminea),そして(C. colorata)がほとんど同じものとなっています。

Kang J-H, Kim B-H, Park J-Y, et al.
Novel Microsatellite Markers of Meretrix petechialis and Cross-species
Amplification in Related Taxa (Bivalvia: Veneroida).
International Journal of Molecular Sciences. 2012;13(12):15942-15954.
http://openi.nlm.nih.gov/detailedresult.php?img=3546671_ijms-13-15942f1&req=4


e0094349_12322891.png

[PR]

by beachmollusc | 2015-03-13 12:47 | シジミの仲間 Corbicula

シジミの殻の色

シジミの殻はどんな色かと聞くと、ほとんどの人が「黒」と答えるでしょう。

たしかに、ほとんどの魚屋やスーパーの鮮魚コーナーで売られている(ヤマト)シジミは真っ黒です。

ところが、この黒い色は貝殻の本来の色ではなく、殻の表面を覆う「殻皮」という膜に(二次的に)沈着した硫化鉄の色なのです。

近畿、中部から北の多くの河川の河口部で、ヤマトシジミの殻の色は「べっ甲色」の地色の上を、それが黒く覆っていますが、瀬戸内海や有明海のヤマトシジミにはべっ甲色のほかに黄色やオレンジ色の地色が見られます。

福岡県と佐賀県の県境を流れる筑後川の河口でとれるヤマトシジミは、その色彩が黒くないので別種と考えられたことがあります。和名「チクゴシジミ」が(日本産シジミ類について明治時代に研究した岩川友太郎によって)それに当てられましたが、結局新種としての記載はされませんでした。
岩川友太郎(1909):日本産の蜆に就いて{介類雑誌 3, 18-23.}

筑後川の河口のヤマトシジミには4つの色彩型が見られます。
e0094349_9141413.jpg

黄色い殻色のヤマトシジミです。
e0094349_9151072.jpg

岡山県の吉井川の河口でとれるヤマトシジミは黄色いものが多いそうです。

2007年04月21日 せのをや めがね道、ブログ 
幻の、吉井川の黄しじみ  http://senorya.seesaa.net/article/118506318.html

「吉井川の黄しじみ」は味のよいことで古くから知られておりましたが、その生息数は激減し、いまや絶滅危惧種になりそうなくらいです。

下の写真はこのブログに掲載されたものです。
e0094349_9212043.jpg


岡山県の高梁川でも、河川漁業組合の理事さんによれば、昔は河口域でヤマトシジミが漁獲されていて、黄色の殻だったので、店で売られる黒いシジミは気色悪いと思ったそうです。

琵琶湖特産(固有種)のセタシジミにも殻の色の個体変異が知られています。

琵琶湖固有種 セタシジミ(瀬田蜆)が美味しい  近江八幡の料理人は、のブログ
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/blog-entry-353.html
セタシジミは生息場所によって殻の色が違います。
泥地では黒、砂地では薄黄緑、赤いやつもいますが稀です。
基本、セタシジミは砂地が多く、薄黄緑が多いです。

下はこのブログで掲載されたセタシジミの写真です。
e0094349_9314744.jpg

さて、淡水産のカワシジミですが、その殻の外側から見た標準的な地色は(殻の外に二次的に硫化鉄が沈着して黒くなっていない場合)緑がかった褐色です。
e0094349_9451176.jpg

上の写真は滋賀県の愛知川水系の用水路にて採集したカワシジミの色彩変異です。

左は典型的なマシジミで、内面が濃い紫色(特に縁が濃い)ですが、黄色い殻皮を透過し、内側表面で反射、干渉した色が、結果的に緑を帯びた黄褐色となります。

殻の内側の紫色がない「カネツケ型」と「シロシジミ」のカワシジミは表面の黄褐色がそのままの殻色となります。日本の淡水産貝類の図鑑でマシジミとカネツケシジミの「種の違い」は殻の色に基づいているのですが、なぜか同じ種の個体変異とは思っていないようです。それがカワシジミの系統地理解析の混乱の元になっていると考えられます。

貝類図鑑では貝殻の形態とともに色の記載がありますが、殻色の多型(つまり個体による差異)に注意を払うことは滅多にありません。

殻色変異の激しいナミノコガイについて、学研生物図鑑(貝II 二枚貝・陸貝・イカ・タコほか)の図解は下のようになっています。
e0094349_9562277.jpg

殻の内側が紫色であると、わざわざ書いてありますが、これは九州から本州までの黒潮沿岸でもっとも出現頻度が高いため、少数の標本を元にした図鑑の記載者が、内側の白い殻を見ていなかったためのようです。

琉球列島と日本海沿岸のナミノコガイの殻では、このような殻の内側が紫色の割合が低く、極めて多様な色彩と模様が見られます。

下の写真はその1例で、沖縄本島、名護湾の砂浜に見られたナミノコガイの殻の色彩、個体変異です。
e0094349_1042618.jpg

これらの個体変異は「種」の違いではありませんが、沖縄のある高名な貝殻コレクターは、チョコレート色の個体は別種と信じていたようでした。

シジミの殻が黒いと思い込んだ人が、見慣れない黄色いカワシジミを見つけて、それを「外来種」ではないか、と考えても不思議ではありません。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-21 10:13 | シジミの仲間 Corbicula

中国産の淡水シジミ

貝殻標本をネット上で販売しているサイトから中国産の淡水シジミ類の代表2種を購入しています。

Corbicula larigilliertiは主に湖沼に生息するようです。日本で本種は見つかっていないはずですが、南米各地に移入して広がっています。
e0094349_18125448.jpg

そしてCorbicula aurea, これはC. fluminea(和名タイワンシジミ)と同種と思われます。
e0094349_18164419.jpg

マシジミとどこが違うかわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-12-11 18:17 | シジミの仲間 Corbicula

殻の内面に濃い色素が沈着しない淡水シジミ

e0094349_1815408.jpg

滋賀県愛荘町の水路で採集した淡水シジミ集団は2箇所で合計52個体しか採集できませんでした。

その内、マシジミ型は7個体だけ、残り45個体は、殻の内側表面に沈着する色素が極めて薄い型です。

外来種とされる「カネツケシジミ」は、二枚の殻が結合されるヒンジ(ちょうつがい)部分に濃い紫色が帯状に出ます。 この愛荘町の集団にもそれが含まれますが、カネツケ(おはぐろ)が見られない色彩型がほとんどでした。

これらの淡水シジミは形態的には同じで、色彩が異なっているだけです。言い換えれば、色が出るものと出ないものとが集団内にあって、それは種内の個体変異のように思われます。

二枚貝類の殻色の発現には遺伝が絡んでいて、濃い色は色なし(石灰質の白だけ)に対して優性遺伝していることが一般的です。

色彩の発現が、何らかの障害で停止すれば「アルビノ」という個体が生まれることはよくあります。貝殻の色が出ないような環境因子(たとえば水質汚染物質で突然変異をもたらすようなmutagenが働くこと)がもしあれば、集団内に色なし個体が現れることもありうるでしょう。

淡水シジミを様々な場所、異なった環境から採集していると、農薬や肥料が流れ出る農業用排水路、そして市街地の雑排水(洗剤などが含まれる)の影響を受けている水路で、色なしの個体が目立つ傾向があります。

貝類の貝殻に色彩が発現するためには、その材料となる色素の供給と石灰沈着との協同が必要です。シジミの殻の濃い紫色はおそらく「ビリベルディン」のたぐいでしょうから、供給面に問題はなしでしょう。石灰を沈着させる外套膜の周辺に色素を運んで一緒にする仕組みに障害が発生することで「色なし」が生まれているのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-10-29 18:36 | シジミの仲間 Corbicula

マシジミのD型仔貝と微小ガラスビーズ

マシジミのD型仔貝は殻径が0.2ミリしかないので、行動の観察に工夫が必要です。

仔貝をガラス容器に入れると、斧足を伸ばして歩き回るだけです。

そのために、餌を取り込む様子などを実体顕微鏡を使って観察するのが困難でした。

極細粒の砂を使うと、不透明な砂の中に潜った貝がどこにいるかもよくわかりません。

微小なガラスビーズというものがあることを知り、#240の粒度のビーズを仔貝の飼育容器の底に浅く敷き詰めてみました。
e0094349_115436100.jpg

顕微鏡写真の中央部に3個体、周辺にもいくつか見ることができます。

このガラスの微粒子があることで仔貝は落ち着くようです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-10-05 11:47 | シジミの仲間 Corbicula

マシジミの稚貝(野生)

昨日、門川町の農業用水路で、捕食実験用のマシジミの稚貝を採集しました。
e0094349_1956411.jpg

2ミリから8ミリくらいの稚貝が全部で500個体近く取れました。
一緒にとれた成貝(殻長1センチ以上)は、400~500個あります。
e0094349_19563124.jpg


マシジミの稚貝には、成長に伴って、殻の中央と両端に黒くみえる〈濃いムラサキ色〉帯模様が現れ、次第に殻の内側全体が濃い紫色になります。
e0094349_2062790.jpg

殻の外側の色は、はじめ黄褐色ですが、内側が濃い色になると、次第に黄緑色に変化します。
e0094349_2071590.jpg
e0094349_207087.jpg

この色彩の変化には個体差があって、ごく小さいときに、内側の全体が濃い紫色になるものもあれば、成貝の大きさに近づいてから濃くなるものもあります。また、放射状にオレンジ色の細い筋を出すものも見られます。

成貝になると、稚貝時代の多様性は消えて、全個体の内面が濃い紫色になります。
e0094349_2075636.jpg
e0094349_2074974.jpg

いわゆる「カネツケシジミ」は両端の濃い紫色の帯だけが強く明瞭に発現し、それ以外は黄色のままの色彩型です。
[PR]

by beachmollusc | 2014-10-01 20:12 | シジミの仲間 Corbicula

マシジミの給餌飼育

マシジミを室内で飼育して、実験観察用の仔貝をいつでも採れるようにセットアップしました。

20リットル水槽で、シジミの飼育個体数は10とします。

循環ろ過水槽の砂礫フィルターで飼育水槽の水質を良好に保つことは必須です。ところが、循環ろ過で餌のプランクトンをこしとってしまうので、ろ過食の貝に餌を与えることが難しい欠点があります。

餌として市販のクロレラを購入しました。
e0094349_198544.jpg

販売最小単位で、濃縮状態で1リットルあります。

希釈したクロレラ液をドリップで水槽に滴下します。1リットル半日で滴下させるようにセットしました。
e0094349_1982590.jpg

滴下する分、水槽内の水位が上昇するので、くみ出しを自動にするためにはサイフォンを水槽に付けます。

水槽内のマシジミたちは盛んに餌を食べています。

水温を適温に保てば、一年中繁殖が可能でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-09-03 19:13 | シジミの仲間 Corbicula

耳川水系のカワシジミ

e0094349_10354151.jpg

午前中、耳川から日向市に導水する水路内のカワシジミの採集:取水量を抑え、水路内の水位を低くして、水路内の点検を行う業務に便乗させてもらいました。

日向市で淡水シジミの養殖に興味を持っているNさんとMさんに導水路の暗渠から採集してもらったサンプルです。殻の大きさは3センチから3センチ半。水路内は強く流れているので、堆積した砂礫が酸欠状態になりませんのでシジミの殻は(地色である)緑がかった黄色です。

水路点検時間の制約で、短時間の採集に終わりましたが、繁殖状況をチェックするためには十分です。

耳川には淡水シジミを漁獲する川漁師さんが一人います。

シジミが多く湧いて、川の水位が低い渇水期には流域の住民がシジミ狩りを昔からやっています。

耳川の取水水門から日向市の浄水場までの導水路でカワシジミが見られるのは耳川から子供が流されてきているからでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-28 10:47 | シジミの仲間 Corbicula