「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:シジミの仲間 Corbicula( 122 )


マシジミのD-型仔貝

8月20日に放出が始まった門川町のマシジミのD型仔貝は体内構造がほぼ完成しています。
e0094349_1616316.jpg

斧足がよく発達して盛んに歩き回ります。

足を伸ばして先端を基盤に粘着させ、足の筋肉を収縮させて本体を足先方向に引き寄せることで歩きます。

餌を取り入れて消化するかどうかをこれから確認するところです。

Youtubeで動画を公開しました。
http://youtu.be/zWS8t-zHjFg
直線的なヒンジの端で心臓が脈動しています。
鰓ができています(繊毛運動が見られるリング状の部分)。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-25 16:18 | シジミの仲間 Corbicula

滋賀県長浜市の淡水シジミ 殻色変異

2014年7月13日に長浜市の農業用水路で採集した淡水シジミの殻を4つの色彩型に分けて見ました。
e0094349_18525916.jpg

このサンプルは総数97個体で、すべて成貝です。

圧倒的多数を占めたのが、いわゆる「カネツケシジミ」という、殻の内面の色が白(わずかに青みを帯びるものもある)型です。「カネツケ:おはぐろ」というように、ヒンジの部分だけ濃い紫色となります。

カネツケ型であるが、内面の色がピンクになるものが少数あって、さらに殻の周縁部に濃い紫色が出る型もありました。

一番下の列は「マシジミ型」で、内面が濃い紫色(殻頂に近い部分が薄い場合もある)です。

これらの色彩型は同一種の色彩変異と考えられます。

淡水シジミの基本的な繁殖様式が「雄性単為生殖」でクローンをつくっているのであれば、個体間の変異がどうやって集団の中で維持されているのか、説明が困難です。 
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-03 19:03 | シジミの仲間 Corbicula

滋賀県長浜市で淡水シジミの調査に参加

台風8号接近で一度は参加をあきらめた調査でしたが、7月12-13日に滋賀県長浜市で行われた調査に参加しました。

11日に宮崎空港から、通いなれたセントレア空港に到着したら、いつもの招き猫たちがお出迎え。
e0094349_13152242.jpg

12日は調査メンバー5人と現場で合流しました。
e0094349_1316153.jpg

琵琶湖の北東部で、姉川水系の水田地帯、農業用水路に出現した淡水シジミ集団を調べました。

写真の左端がリーダーの中川雅博さんです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-16 13:17 | シジミの仲間 Corbicula

東北大学の総合学術博物館にある古いシジミ類標本

e0094349_18382445.jpg
マシジミの合弁が78対と左右の片側だけのが9個ありました。すべてマシジミ型です。
ラベルにはCorbiculaの後ろに薄く鉛筆書きで cf. japonica Primeと記載されています。
誰がこれを書いたかわかりませんが、群馬県に汽水域はありませんから、ヤマトシジミ 
C. japonicaは採集できません。cf. としたのは査定に確信が持てなかったことを意味します。
e0094349_18383615.jpg
先月末に訪問した仙台市の東北大総合学術博物館から借り出して調べている標本2点のうちの一つです。

産地が群馬県新郷村とあるだけで、誰がいつ採集したものか不明です。

ラベルの番号が小さいほど古いとして、採集年が記載されていた標本の番号と比べてみると、78426番は1970年より前と推察できます。

群馬県新郷村という地名は現存しないようです。(青森県の村が検索でヒットするだけ)市町村合併で消えてしまった地名でしょう。

埼玉県羽生市に秩父鉄道の新郷という駅があります。ここは群馬県と埼玉県の県境にあるので、隣の県を取り違えてラベルに記載したかもしれません。
e0094349_19024196.jpg
次はコルク栓の蓋があるガラス製の管瓶に入っていた92493番の標本です。

高知県宇佐町で畑井と三井が採集したと記載されています。畑井とは東北大学浅虫臨海実験所を、戦前にパラオ熱帯生物研究所を開設した畑井新喜司か、またはその子の小虎です。どちらにしても1970年より前です。
e0094349_19044728.jpg
ラベルにはCorbicula leana,つまりマシジミと記載されていましたが、ヤマトシジミが24(写真上の4列)とマシジミが21(下の3列)の合計45個の合弁で、はじめはアルコール漬けだったらしく、干からびた軟体部が残っています。

同じ地点でヤマトシジミとマシジミが採集されたとすれば、汽水域の上流側でしょう。仁淀川のどこかだったかもしれません。

念のため、仁淀川でヤマトシジミが漁獲されているかどうかを見るため水産統計のデータをチェックしましたが、記録されていませんでした。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-17 19:38 | シジミの仲間 Corbicula

パリ自然史博物館の「マシジミ」

MNHN(Muséum national d'Histoire naturelle)に収蔵されているシジミ類の古い標本の写真がオンラインで見られることを知りました。

そこで、日本で採取されたマシジミの古い標本の写真を見たところ、いろいろ面白いことになっています。

The Freshwater Mussels (Unionoida) of the World 
(and other less consequential bivalves)
http://mussel-project.uwsp.edu/db/db.php?p=div&h=b&l=spec&n=24687
e0094349_11324914.jpg
上の写真は1個だけ、1931年にB. Sundlerが採集、1969年にマシジミに査定されたカードがあります。Corbicula leana Primeの下2行が地名で、採集場所は日本の熊本地方のようです。 種の査定は大丈夫のようです。
e0094349_11330748.jpg
e0094349_11332009.jpg
上の2つの写真のシジミの産地は函館、1887年採集となっています。北海道にマシジミは分布していません。この当時に生息していたのか、別の産地のものを(流通していて)入手したのか、と思いきや、どうやらヤマトシジミの誤査定のようです。

e0094349_11333626.jpg
上のサンプルは日本の「帝室博物館」(後の国立博物館)から寄贈されたものでしょう。

ヤマトシジミ、マシジミ、セタシジミの3種が混ざっているようですが、一緒くたに、マシジミとされています。

産地は「松江、出雲地方」と読めますが、採集年が記載されていないのは日本人のサンプルではよくあることで、残念です。

ラベルの学名がCorbicula leana v. Martensになっています。マシジミの学名Corbicula leanaはアメリカ人のPrimeが1867年につけたもので、v. Martensではありません。
e0094349_11335355.jpg
上の標本は1876年のもの、オリジナルのラベルにはCyrena fluminalisの学名が記載されています。ただし、属名CorbiculaがCyrenaの下に書き加えられているようです。産地は日本としか記載がありません。これは購入された標本のようです。

殻の大きさがわかりませんが、輪郭はアワジシジミの型に見えます。

e0094349_11340730.jpg
これは産地不明、採集年不明です。私にはヤマトシジミに見えます。

以上の6標本がありましたが、世界各国には古い日本産のシジミ類の標本が収蔵されています。特にアメリカのフィラデルフィアの自然史博物館は日本とつながりが深いことで、日本から寄贈された標本が多いので、それを点検したいと思っています。(ハマグリ類はすでに点検済みです)


[PR]

by beachmollusc | 2014-01-09 12:20 | シジミの仲間 Corbicula

Corbicula nitens

中国産の淡水軟体動物(1979年出版、中国経済動物誌、科学出版社)の中でシジミ類が3種について詳細が図示され、記述されています(120-124頁)。
e0094349_08333235.jpg
e0094349_08344063.jpg
e0094349_08345814.jpg
e0094349_08351513.jpg
e0094349_08353045.jpg
e0094349_08355004.jpg
貝類の分類は日本と中国で異なることが多くて、ハマグリ類ですでに難儀しています。

中国産の淡水シジミ類はこれら3種が経済的に重要であり、つまり多産種であるということでしょうが、C. flumineaがいわゆるタイワンシジミであって、他の2種は和名がありません。

C. largilliertiは、川というより湖沼に多い種のようです。貝殻表面の肋が細くて密になっているのが特徴です。1980年代から南米に移入して増えているのですが、日本では見つかっていないようです。中国から日本に大量に輸入された蜆のなかにこれがいたはずですが、どうなっているのでしょうか。

C. nitensはよくわからない種です。これは、日本のアワジシジミと称された殻の輪郭が縦につぶれた、楕円形のものによく似ています。

アメリカの淡水貝類のデータベースmussel-projectサイトでC. nitensの標本写真があります。これらの貝殻標本はパリの国立自然史博物館にあり、19世紀にDavidらによって採取されたものです。 http://mussel-project.uwsp.edu/db/db.php?p=div&l=spp&n=8730
e0094349_08503222.jpg
e0094349_08504331.jpg
e0094349_08505362.jpg
e0094349_08510340.jpg
上の4つの写真で、一番上の貝殻は内面が濁った白色であり、死殻を拾ったものでしょう。その他は艶があるので生きていた貝を標本にしたものと思われます。

一番下は、内面の色が紫色にならない型で、いわゆる「カネツケシジミ」です。

中の2つのサンプルはマシジミとどこが違っているのか、写真ではわかりません。

一番上と一番下はどちらもShensi陝西省(内陸部)という同じ地名です。同じ採集者ガ同じ年に採取したということがラベルの記載でわかります。つまり、色彩型の違うサンプルを区別していますが、同種と見ています。



[PR]

by beachmollusc | 2014-01-09 09:16 | シジミの仲間 Corbicula

Conchyliologie fluviatile de la province de Nanking

貝の画像検索中に偶然シジミ類の画像が多数掲載されている古い文献を発見しました。

Conchyliologie fluviatile de la province de Nanking et de la Chine Centrale 
Heude, Pierre Marie (1885)

http://www.biodiversitylibrary.org/bibliography/16067#/summary

中国でシジミ類の新種を大量生産したフランスのHeudeさん、この文献では50「種」のうち最初に1種 Corbicula largillierti を除いてすべて著者の「新種」です。
e0094349_12551652.jpg
e0094349_12440647.jpg
e0094349_12441812.jpg
e0094349_12442884.jpg
e0094349_12444077.jpg
e0094349_12445175.jpg
e0094349_12445939.jpg
タイトルのfluviatileというのは「川」で、記載されたのは淡水シジミ類です。

それにしても、どうやったらそれぞれの淡水産シジミの「種」が識別できるのか、原記載文を吟味する必要があります。画像で見て全くわかりません。

[PR]

by beachmollusc | 2014-01-08 13:20 | シジミの仲間 Corbicula

都田川水系のカワシジミ

2013年9月9日に静岡県浜松市で都田川の左岸につながっている農業用水路でカワシジミ集団のサンプル166個体を採取しました。

この淡水シジミ集団には黄色い個体と濃い紫色(ほとんど黒)の個体が混在していました。166個中、43個体がいわゆる「カネツケシジミ」、つまり外来種とみなされているものでした。(マシジミ型:カネツケシジミ型が約3:1でした)
e0094349_14320187.jpg
淡水貝の図鑑やネット上の情報では、このような黄色いものは外来の「タイワンシジミ」ということになっています。また、データが示されていないので根拠がわからない情報として、外来シジミが侵入すると在来のマシジミが急速に消えてしまい、置き換えられる、という記述があります。すなわち、外来シジミは在来のマシジミよりも繁殖力が旺盛であるというイメージが作られて流布されています。

都田川水系の用水路の淡水シジミは外来なのでしょうか。また、在来のマシジミはどうなっているのでしょうか。上でマシジミ型と呼んだものは在来のマシジミでは無く、外来のタイワンシジミの濃色型でしょうか。
e0094349_14325133.jpg
上は稚貝(10ミリ以下)の個体を二つの色彩型に分けて並べて撮影した写真です。

マシジミの初期発生から稚貝までの成長過程は宮崎一老が報告しています。
e0094349_14370480.jpg
マシジミの貝殻の色彩模様は稚貝の成長段階で発現しますが、カネツケシジミではそのほとんどが発現しません。カネツケシジミでは貝殻のかみ合わせ(ヒンジ)に沿って濃い紫色が出ますが、これはマシジミでも同様です。
e0094349_14332259.jpg
e0094349_14333866.jpg
今回のサンプルを殻の大きさで、10ミリ以下(小)、10~15(中)、そして15ミリ以上(大)の3つのサイズ・グループに分けて色彩型の出現頻度を比べると、マシジミ型:カネツケシジミ型として、小は22:23、中は85:18、大は16:2でした。小さいのはほぼ対等ですが大きいほどカネツケの相対的な出現数が少なくなりました。

一回だけ、1箇所のサンプルで結論は出せませんが、今回のサンプルが外来種を含んだ在来種との混合集団とは考えにくいようです。

一緒に採集された166個体が二つの色彩型に識別できますが、貝殻の色彩以外に異なっている特徴はなさそうです。マシジミ型は明らかにマシジミの特徴を示しているので、それを根拠にすれば黄色いものは色彩が異なる(紫色がヒンジの近くに出るだけの)マシジミと見ることができるでしょう。また、どちらの色彩型もタイワンシジミの色彩多型を示すとも考えられます。マシジミとタイワンシジミは同種(群)と考えれば、混乱は起こりません。

[PR]

by beachmollusc | 2013-12-26 14:37 | シジミの仲間 Corbicula

山口市のカワシジミ

広島の法事から日向市に戻る途中、自動車道を小郡で出て、山口大学の脇を流れている椹野川の支流の周辺を見て回りました。

この場所で、以前益田市のSさんによって採集された淡水シジミ集団が気になっていたので、比較のため採集してみたかったのです。

支流の九田川は、河川改修の真っ只中で、川岸に降りることができる場所もほとんど無く、川に流れ込む水路を調べました。1箇所だけシジミが生息できる環境としてギリギリの所で82個体採集できました。
e0094349_19504873.jpg

以前のサンプルはマシジミ型とカネツケ型が半々だったのに、ここでは79対3でマシジミ型が圧倒的に多く採集されました。

数キロしか離れていない、同じ水系の淡水シジミでガラッと違っている集団が見つかることには慣れっこになっています。複数個所で同時に採集できればパターンが読めてよいのですが、時間的に限られていて、今回はこの地点以外で採集できませんでした。
[PR]

by beachmollusc | 2013-12-17 19:55 | シジミの仲間 Corbicula

瀬田蜆の漁体験


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-08 19:41 | シジミの仲間 Corbicula