beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:シジミの仲間 Corbicula( 122 )


塩見川のヤマトシジミ漁

5月3日早朝、塩見川の河口から5kmほど上流でシジミをジョレンで採っている漁師を撮影しました。http://youtu.be/P2gTyKYNgd8

塩見川では河口から約6km上流まで塩水が遡上して、ヤマトシジミが生息しています。
e0094349_853180.jpg
e0094349_8525384.jpg
e0094349_8524414.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-05-03 08:54 | シジミの仲間 Corbicula

ロシア産シジミ

日向市内のスーパーで販売されているシジミに「ロシア産」の表示がされていたので、購入してチェックしました。
e0094349_11273587.jpg
e0094349_11272742.jpg

小売価格の100グラムが128円というのは、かなり高くなっているはずです。

ロシアから輸入されているシジミの価格は、2012年の統計でキロ当たり127円ですから、複雑な流通経路を渡った挙句、消費者に届く時は10倍の値段となっています。
e0094349_11412370.jpg

ラップをはずして見ると、殻はヤマトシジミの特徴を示し、一部の個体はべっ甲色です。見かけだけでは国産のヤマトシジミと識別が難しいので、産地偽装が簡単にできるでしょう。北朝鮮や韓国のヤマトシジミとも区別が難しいと思います。
e0094349_11375080.jpg

e0094349_1141662.jpg
e0094349_11405637.jpg

ゆでて殻を開けて中身を検査したら、全部で41個のうち、死殻が1個、すでに死にかかっていたのが1個、そして残りも殻はわりと大きいのですが、身がやせているものばかり、しかも中の「泥」をよくはかせていないようでした。
e0094349_11443891.jpg

このような状態では、そのまま汁に調理もできないでしょうし、(水に入れて砂を吐くかどうかチェックしませんでしたが)おそらく弱っているのでしょう。購買者からかなりクレームが出るはずです。

国内産シジミの漁獲量が全国的に激減して価格が上昇し、海外からの輸入も中国と韓国からは途絶えつつあり、北朝鮮からは輸入禁止です。そしてロシア産が輸入の大部分を占めているので、田舎のスーパーの店頭でお目見えしたわけです。ロシア産シジミの輸入がいつまで続くのかも雲行きが怪しそうです。

前のブログでシジミの輸入統計を紹介しましたが、そのグラフを再度出しておきます。
e0094349_1157401.gif

[PR]

by beachmollusc | 2013-02-21 11:52 | シジミの仲間 Corbicula

熊本県甲佐町の水路と淡水シジミ

熊本県の甲佐町は自称「花と緑とアユの町」ですが、知名度はクマモンほど高くはないようです。

この町内の五色山の農業水路で淡水シジミを採集したことを書いたブログ記事を見た地元の緑川漁協の職員さんからメールでの問い合わせがありました。

町内の水路でシジミがとれるところがあり、それについて漁業権を設定したいという理事さんがいるので、その要件となる資源管理のための調査をしたいという話でした。

今日の訪問は現地の様子を見るために短時間の訪問であり、あいにく雨が降って水路がかなり増水した後だったので、シジミ資源の状況把握はできませんでした。
e0094349_21413795.jpg

農水省の補助事業で、農業用水路の親水公園化が行われていた場所がシジミ産地の一つとされていましたが、日本中どこでもおなじみのコンクリート3面張りの水路でした。
e0094349_2143092.jpg

護岸の一角にただ回るだけの水車を配置し、水路をまたぐ橋などもありました。
e0094349_215487.jpg

水路の中にアユのやな場、そして岸に料理店があって、アユの名所をうたっています。
e0094349_21444196.jpg

一部で泥の中にわずかな数のシジミが見つかりましたが、生育環境としては全体的に劣悪で、残念ながら砂が堆積できるような環境ではありませんでした。
e0094349_21481421.jpg

その外、別の水路も見ましたが、環境条件は同様です。以前調べた五色山のふもとの水路も同じでした。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-19 21:41 | シジミの仲間 Corbicula

中国のシジミの産地、太湖の環境問題

中国産シジミの輸入量が10年前までは年間1万トン以上あったのが、その後ドンドン減少し、前のブログで紹介したように2012年にはなんと300トン台になっています。

国産シジミの漁獲量が減少し、それを補うように一時期は国内生産量を超えていた全輸入量も激減しています。最近ロシア産のシジミの輸入が増えていますが、それがいつまで続くものかわかりません。

中国で漁獲されるシジミ類の量が大幅に減少していることは確かでしょう。その背景を探るため、ネット情報、特に信頼できる国際的なレベルの学術論文を探して見ました。

中国から日本に輸出されるシジミ類の産地として太湖(揚子江に近い、面積が3番目の水深が浅い淡水湖)が有名です。太湖は英語でLake Taihuと表記されているのでそれをキーワードとしてGoogle Scholarで検索して下の報告を見つけました。

題目 Controlling harmful cyanobacterial blooms in a hyper-eutrophic lake (Lake
Taihu, China): The need for a dual nutrient (N & P) management strategy

著者 Hans W. Paerl, Hai Xu, Mark J. McCarthy, Guangwei Zhu, Boqiang Qin, Yiping
Li, Wayne S. Gardner

雑誌名 Water Research Volume 45, Issue 5, February 2011, Pages 1973–1983

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0043135410006585

論文要旨の中に下のような文章があります:
This shallow, hyper-eutrophic lake has changed from bloom-free to bloom-plagued conditions over the past 3 decades.
(この浅い超富栄養湖では、過去30年間に、アオコの発生がない状況から、それが頻発するように変化した。)

水中の窒素や燐が増えた、富栄養化した湖などで、植物プランクトン、特にシアノバクテリア(藍藻とも呼ばれる)の大繁殖で湖面を緑に変色させるのがアオコです。シアノバクテリアの種類によっては毒物を生産して水を毒化させるので健康被害が起こります。魚類や貝類が死滅することもありえます。

上の論文中の写真、アオコで全面が覆われた太湖を引用します。上は衛星写真です。
e0094349_1633425.jpg

Fig. 1. Upper: Satellite (MODIS) image of Lake Taihu, the nearby cities of Wuxi (N), Souzhou (E), and Shanghai (E), near the mouth of the Yangtze River on 7 June, 2007, when a massive cyanobacterial (Microcystis spp.) bloom that covered almost the entire lake (image courtesy NASA). Lower: Photograph of a Microcystis bloom on the north side of the lake on 24 October, 2009 (photograph by H. Paerl).

太湖だけでなく、中国各地の湖の環境悪化については多くの報告があり、それが近年増え続けています。

中国の汽水産ヤマトシジミの産地情報はまだ把握していませんが、中国産のハマグリ類の輸入量の減少から類推すれば、河口、干潟など沿岸域の環境悪化が進んでいることが想像できるでしょう。

日本国内でシジミなどの貝類の漁獲量が減少しても、海外から輸入すればよいという考え方は捨て去るべきです。自然の恵みを持続的に利用することを軽視して資源をはぐくむ環境を改変・破壊する社会は自滅の道を進んでいるのです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-09 16:09 | シジミの仲間 Corbicula

シジミの輸入量の統計

中国から輸入されたシジミが国内産の表示で産地偽装が行われ、全国的に流通していたことが水産庁のHPなどで公表されたのは昨年12月でした。

シジミの業者間取引による産地偽装の流れ
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/pdf/121205-03.pdf

水産庁サイトで貝類の輸入に関する情報が一部オンラインで見ることができます。
http://www.toukei.maff.go.jp/dijest/sakana/sakana08/sakana08.html#目次3
シジミの輸入量の推移のグラフを下に引用します。
e0094349_11392520.gif

このグラフの情報源は財務省であって、貿易統計に関する数表をオンライン化していますが、まだ一部しか見られません。ハマグリの輸入統計を調べた時は那覇の税関事務所に出かけて、統計表を閲覧させてもらいました。しかし、シジミの輸入統計を宮崎県内で調べることは無理のようです。

財務省貿易統計サイトのオンライン検索サービスでしじみを調べたら、
http://www.customs.go.jp/toukei/srch/index.htm
2012年と2011年は統計表がありましたが、それ以前は出てきません。

下に出てきた数字と、それをもとに計算した平均単価を示します。
ナマのものと冷凍品は別統計になっていました。
........................................................................................
輸入統計 しじみ
コード番号 0307.91-092 生きているもの、生鮮及び冷蔵したもの

2012年度全期   数量(kg) 金額 (千円) 平均単価(円・/kg)
大韓民国       37460   11015   294
中華人民共和国  360600   80311   223
台湾         125960   46932   373
ロシア       1974160  252935   128
合計        2498180  391193   157

2011年度全期  数量(kg)  金額(千円) 平均単価(円・/kg)
中華人民共和国  330520    70163    212
台湾         262300     94325    360
ロシア        710280     87991    124
合計        1303100     252479    194

0307.99-132 冷凍したもの

2012年度全期  数量(kg)    金額(千円)   平均単価(円・/kg)
中華人民共和国   417112     58121     139
インド           88368     7099      80
合計           505480    65220     129

2011年度全期    数量(kg)    金額(千円)  平均単価(円・/kg)
中華人民共和国    87708       12571    143
インド            9420        733     78
合計            97128      13304    137
..........................................................................................

平成14(2003)年度までは年間2万トン近かったしじみの輸入量(冷凍品が含まれているかどうか不明)がその後の5年間で約5000トンに減少しています。

さらに3年後の2011年の冷凍を含むしじみの総輸入量は約1400トン、2012年度は約3800トンでしたから、輸入量の減少傾向は続いているようです。ただし、2012年にロシアからの輸入量が増えたのは値段の安さが強く働いたのでしょう。

日本国内のシジミの漁獲量が平成2年の4万トン近くから単調に減少し、近年は1万トン前後になっています。そして、それを補う輸入量の増加は平成14年で頭打ちとなって、その後は減少しているわけです。これは海外でも資源の悪化で漁獲できなくなっている可能性を示唆します。

日本国内のシジミ(ほとんどがヤマトシジミ)の年間総漁獲量については、「わが国の水産業 やまとしじみ」という日本水産資源保護協会が公表した情報に含まれています。
http://www.fish-jfrca.jp/02/pdf/pamphlet/094.pdf

この資料に掲載された平成20(2009)年までのシジミの漁獲量の経年変化のグラフを引用します。
e0094349_12295466.jpg

上のグラフで国産シジミの平均単価の推移に注目すると、平成年代にほぼ倍増してキログラム当たり600円以上に上昇しました。単価の上昇と漁獲量の減少が逆相関しています。

一般的に単価が上がると漁獲圧は増大し、乱獲状態になってさらに漁獲量が減少するおそれがあります。それが継続すると、能率の良い漁具を使うことなども加わり資源の縮小の悪循環が進んでしまうでしょう。

{追記} 

財務省の貿易統計の検索で品目のコード番号が年度によって違っている場合があることを教えていただきました。(科学の世界ではありえないことですが、役人はこういったことを気にしないのでしょうか。)

改めて検索してグラフを作り直しました。

1989年から2012年まで暦年単位(各年1月から12月までの累計)で、冷凍のものは含めていません。(また、タイ国などからの、ごくわずかな量の統計値は省略です)
e0094349_18204815.gif

北朝鮮からは2007年以降に輸入禁止です。

中国と韓国からの輸入が激減していますが、日本と同様に乱獲と生産地の環境悪化で獲れなくなったのでしょう。

近年のロシアからの輸入量の増大が持続するかどうか、現地からの報告を見ると怪しいものです。

大阪国際大学の安木新一郎さんがレポートしています。
「ロシア産シジミ輸入の動向」『ロシアNIS調査月報』54(2)、pp.22-28、2009年2月。
「ロシアからのシジミ輸入の急増について」『日本の科学者』45(10)、pp.588-591、2010年10月。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-08 12:51 | シジミの仲間 Corbicula

長良川のシジミ漁獲量(謎)

長良川河口堰{1988年3月-堰本体工事着工;1994年-堰竣工;1995年7月-本格運用開始}は長良川の汽水環境を破壊し、汽水域に棲むヤマトシジミ漁業に大きな影響を及ぼしています。しかし、木曽川と揖斐川の漁場が存続しているため、利根川のような資源の壊滅状態までには至っていません。
e0094349_8335914.gif

上のグラフは水産庁がネット上で公表している漁獲統計:内水面漁業生産統計調査
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/naisui_gyosei/index.html#r
から木曽三川(内水面)のシジミに関するデータを抽出して作成したものです。

不思議なことに、2009年までの年間漁獲量が1トンの水準で推移していたのが2010年に8トン、そして2011年には121トンと急激に増大しました。

木曽三川のシジミ漁業の漁獲量統計では、内水面漁業と沿海漁業の統計が別々に集計されています。これは、河川の漁協だけでなく、沿岸部でハマグリやアサリなどの魚介類の漁業、そして海苔養殖などを営む漁協がシジミ漁業を行っているためです。水産庁の漁獲統計では組合単位で集計されているため、行政上別々となっている河川漁業の組合と海面漁業の組合の集計カテゴリーが別個になります。

水産庁の沿海漁業のデータにはシジミが「その他の貝類」の項目に含まれているので、公表されている集計値からシジミの分を読み取ることができません。

日本水産資源保護協会がネット上で公表した{わが国の水産業 やまとしじみ}
http://www.fish-jfrca.jp/02/pdf/pamphlet/094.pdf
では木曽三川の沿海と内水面のシジミ漁獲量が1965年から2009年まで統計表に示されていて、これをグラフにしたのが下の図です。
e0094349_85115100.gif

内水面よりも沿海漁協の漁獲量が大きいことがわかります。

下の地図は木曽三川のシジミ漁場、主な操業区域を示したもので、日本水産資源保護協会の資料から引用しています。
e0094349_962885.jpg

長良川のヤマトシジミについては、河口堰の上流部で淡水化されて漁場が消滅し、下流側では堰のすぐ下流で揖斐川と合流するので長良川として独自の漁場がほとんどありません。

H7-10 年に長良川の河口から10-12kmの部分でヤマトシジミの稚貝が揖斐川から移植放流されましたが、漁獲されるまで生育しなかったので放流は継続されていません。

以上のように、長良川のシジミ漁場は2000年代までにほぼ消滅したので内水面で漁獲された量が1トン以下の水準であったことは当然だったと思われます。

それが2010年から急増したことは何を意味しているのでしょうか。

水産庁の内水面漁業の統計値の集計票には長良川と揖斐川が合流する部分(揖斐・長良川)が区別されていないようです。この境界部があいまいにされているため、長良川と揖斐川のそれぞれの集計値が明確にならないとも考えられます。

あえて勘繰れば、長良川河口堰の開門調査をめぐって愛知県が動き出したことを牽制する数字を編み出しているのかもしれません。

それにしても、2011年の統計値で、揖斐川と長良川で増大しているのに木曽川の漁獲量の落ち込みが激しいようです。ただし、沿海漁協のデータがどうなっているのか詳細を調べないと実態はわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-31 09:21 | シジミの仲間 Corbicula

添田町、油木ダム下流のカワシジミ

福岡県大任町の南隣にある添田町には「アカザを守る会」(http://soedamatiakaza.blog.fc2.com/)があります。

会の代表である武貞さんがブログで川のシジミを紹介していて、突然の訪問でしたが、採取できる場所をご本人から教えていただきました。

添田町の山中にある油木ダムですが、周囲の紅葉がとても綺麗でした。
e0094349_9553632.jpg

e0094349_9571282.jpg
e0094349_956592.jpg

下は油木ダムの下流に流れる「今川」です。今川は彦山川の隣の谷筋にあり、彦山川が北に向かって遠賀川に合流するのに対し、東の行橋市を流れて瀬戸内海に出ます。
e0094349_958631.jpg

川は三面張り、岸に魚の絵が描かれた石の斜面が見えました。
e0094349_9591481.jpg

川にはつる葦が密生しています。
e0094349_9595692.jpg

川に下りる階段を見つけました。
e0094349_1003028.jpg

シジミが採取できた場所はコンクリート底の上に砂礫が溜まった場所です。
e0094349_1014522.jpg

タモでガサガサやったらギギの稚魚が続々と入りました。
e0094349_1023742.jpg

武貞さんに連絡したら飼育したいという返事で、網に入ってしまった14匹をリリースせずに連れて帰り、添田町役場で手渡しました。

シジミと一緒にカワニナとヒメタニシが取れました。
e0094349_1055137.jpg

今川の上流でとれたカワシジミは熊本の御船町で採取した集団と同様に、若い貝に縦じま模様が出ています。この型以外に2つの色彩型が混在した奇妙な集団でした。

その後、今川の下流に向かって進み、赤村の水路でもシジミの生息場所を発見して採取しました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-11-11 10:07 | シジミの仲間 Corbicula

大任町はシジミの里

11月9日、苅田から行橋経由で福岡県大任町と添田町に向かいました。

大任町は「花とシジミ」を町のシンボルにしています。
e0094349_924549.jpg

シジミの大ちゃんが町内の施設などに出現。
e0094349_9112056.jpg

道の駅には「一億円トイレ」!
e0094349_913365.jpg

もちろん利用しませんでしたが、興味がある人は下のサイトでも見てください。
<道の駅おおとう桜街道>
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukuokadeasobitai/michinoeki_ootou.html

シジミ保護条例があり、毎年「シジミ祭り」が開催されます。

今年の祭りは10月28日でした。
http://www.tagawa-net.jp/archives/3044
町役場でシジミの担当係りの方に話を聞きました。

驚いたことに、地元のシジミは希少になっていて、シジミ祭りの来場者が採って持ち帰るものは祭りのために購入したシジミを撒いているそうです!
e0094349_9232619.jpg

彦山川の保護区の標識がありましたが、ここにはシジミはいないようです。
e0094349_9262388.jpg
e0094349_9261471.jpg

川岸には葦がよく生えているし、川の砂は綺麗ですが、シジミが少ないのはなぜでしょうか。

保護条例のある大任では許可なくサンプル採取はできませんが、許可されてもとれる相手がいないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-11-11 09:28 | シジミの仲間 Corbicula

淡水シジミとタンポポ

11月に出版されるはずの本「帰化植物の自然史」(森田竜義 編著)北海道出版会、が配送され、まずは気になっていたタンポポの話とセイタカアワダチソウの章を読みました。アメリカネナシカズラも気になっていますが、それは後回し。
e0094349_14115439.jpg

セイタカアワダチソウについてはすでに知っていることが書かれていましたが、セイヨウタンポポの話では非常に面白い(知らなかった)情報が書かれていました。淡水シジミの問題と根本的に同様な「放浪種」の問題です。

236頁の締めくくり部分で下のような文が書かれていました。
e0094349_14204439.jpg

第11章 雑種タンポポ研究の現在(森田竜義・芝池博幸)から引用

淡水シジミの集団遺伝については肝心なところで不明な部分が多く残されていますが、このセイヨウタンポポの雑種形成と雄性生殖の話がよいヒントになるかもしれません。

人間による環境かく乱に対して不思議な集団遺伝と選択が働いて、身の回りに「妙な」集団が現れ出たり消えたりしているという現象があるのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-27 14:25 | シジミの仲間 Corbicula

大分県臼杵のカワシジミ

連休中に熊本県に採集調査に出かけるつもりだったのが、先方の事情で延期し、昨日は大分県臼杵に出撃しました。

貝合わせハマグリの展示があるヤマコ臼杵美術博物館のすぐ近く、臼杵川の本流の左岸脇にある農業用水路でカワシジミを見つけました。
e0094349_9225525.jpg
e0094349_92332.jpg
e0094349_9231153.jpg

臼杵川の「いえの橋」のすぐ上流で、真新しい幅60センチのU字溝でした。
e0094349_9244029.jpg
e0094349_9245544.jpg

水田に給水する水路で、強い流れがあり、土砂が堆積していた場所は分流させるマスのところだけ。
e0094349_9251718.jpg
e0094349_9252894.jpg

マスの底が少し深くなっていたので、底に土砂が溜まっていました。

カワシジミのほかにジャンボタニシとカワニナがいました。
e0094349_9282292.jpg

カワシジミを大小160個体くらい掘り出してサンプルとしました。
e0094349_9285899.jpg
e0094349_929582.jpg

カワシジミはすべてマシジミ型と思われます。

この地点の上流に取水堰が数箇所ありましたが、すぐ上の馬代堰は「改良?」工事中です。
e0094349_9314822.jpg

新しい堰を建設し、古い堰は取り壊す予定とありました。下は新たな堰の右岸です。
e0094349_932112.jpg

e0094349_9333578.jpg

古い堰ですが、これを取り壊して新しくする理由がわかりません。
e0094349_9335349.jpg

工事業者に仕事を与えるための工事でしょうか。

シジミを見つけた水路の反対側にある水田地帯でカカシ祭りが行われたようです。
e0094349_9354970.jpg
e0094349_9355673.jpg
e0094349_93636.jpg

ミニスカイツリーがありました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-23 09:36 | シジミの仲間 Corbicula