beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:シジミの仲間 Corbicula( 122 )


岐阜県本巣のカワシジミ

本巣市の席田用水の幹線水路は三面張りで流れが速く堆積物もなし、シジミの生息環境ではありません。

分水されて流れる農業用水路(半間)をたどってドライブしてみたところ、しっかりしたコンクリート三面張り水路で、シジミが棲めるような砂の堆積状態がなかなか見つかりません。

ようやく鉄道線路沿いの水路の一角でシジミを見つけることができました。
e0094349_9281235.jpg
e0094349_9282049.jpg

この水路にはハヤの子供が群れて泳いでいたり、
e0094349_929187.jpg

e0094349_9294267.jpg

コカナダモが生えていて、生物に毒性がある物質は影響していないようでした。
e0094349_9304143.jpg

水路の橋の下に砂が溜まっていたところを手網でガサガサやったら、どこかの国の首相、ではなくて、ドジョウの一種が次々に獲れました。
e0094349_9321182.jpg

見慣れないドジョウなので種類がわからず、岐阜大のお魚の専門家に尋ねたら、シマドジョウの仲間だそうです。ドジョウたちは撮影後にリリース。
e0094349_9342378.jpg

カワシジミは稚貝が多く、大多数がカネツケ型で1割強がマシジミ型でした。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-16 09:35 | シジミの仲間 Corbicula

木曽三川のヤマトシジミ漁獲量

長良川河口堰の建設が木曽三川のヤマトシジミ漁業に及ぼした影響について、河口堰を管理する国土交通省、中部地方整備局は下のURLのHPで説明している。

長良川河口堰について|ヤマトシジミの漁獲量
http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/dam_followup/nagaragawa/31.htm
フォローアップ委員会における審議結果(平成22年8月)

ヤマトシジミの漁獲量(赤須賀漁業協同組合へのアンケートより)という情報を図示して、以下のように結論している。

ヤマトシジミは、堰上流域では河口堰の供用による淡水化により見られなくなったが、堰下流では確認されている。近年の確認状況に変化は見られない。

※汽水域で繁殖しているヤマトシジミは、河口堰の供用による堰上流域の淡水化により、当初の予測どおり、生育はできるが繁殖はできなくなった。また、河口堰の供用後の平成8~10年に稚貝を放流していたが、出水により流されたことから、その後は稚貝の放流は行っていない。


漁協のアンケートという(変則)データを根拠にして都合よい話をしているが、公式の漁獲データはどうなっているだろうか。

昨年、日本水産資源保護協会から出版された:「わが国の水産業 やまとしじみ」(著者は日本シジミ研究所の中村幹夫さん)というパンフレットに平成21年度までの全国各地の漁獲統計の表が掲載されている。

ヤマトシジミの生態 - 日本水産資源保護協会
http://61.206.45.179/01/pdf/pamphlet/094.pdf

表ではわかりにくいのでエクセルを使ってグラフ化してみた。
e0094349_109467.gif

全国的にヤマトシジミの漁獲量が減少し続けていて、かつて年産5万トンレベルあったのが、最近は1万トン程度になっていて、昨年度の速報値ではついに1万トンを割り込んでいる(グラフにデータを追加して示した)。

木曽三川で河口堰建設工事は1988年に始まったが、そのころから漁獲量の減少傾向が明瞭である。しかし、全国の漁獲量も減少しているので、木曽三川が占める割合は1割台で「安定」している。(1980年代前半の漁獲量増大は、ハマグリ資源の消滅の影響で漁獲圧が増大した結果)

河口堰が長良川の汽水環境を破壊した結果、木曽三川のヤマトシジミ漁場の中核が失われたが、それでも揖斐川と木曽川の漁場が残存しているのでシジミ漁業は(先細りであるが)存続している。

利根川のヤマトシジミ漁業は1970年代後半に年間2万トンレベルで日本最大であったが、利根川の河口堰建設では、木曽三川と異なり、シジミ漁業を壊滅的にし、漁業権も消滅している。

河口堰の役割は、塩水が川に遡上するのを止めることなので、塩水遡上によって豊かな生産環境がもたらされる「汽水の基本的な機能」を結果的に損なう。とにかく、堰の建設が進められていた高度経済成長とバブル期には「利を求めて理を忘れる」傾向が日本中に蔓延していた。

全国的に水産業が衰退しているが、特に河川漁業者が絶滅危惧種になりつつある。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-10 10:47 | シジミの仲間 Corbicula

木曽川のシジミ類


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-06 19:33 | シジミの仲間 Corbicula

愛知県安城市のカワシジミ(2)

安城市では、半場川(デンパークの脇を流れる)の後で、その西側にある長田川につながる農業用水路でカワシジミを採集しました。

この地域では榎前町で水田魚道の取り組みがあって、その魚道と水路の調査でシジミが記録されています。

生物多様性の日 生物観察会 観察記録
実施日:平成22年5月22日
場所:榎前町中長 水田魚道周辺
主催:農林水産省
協力:榎前環境保全会
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/biomass/pdf/kannsatukiroku.pdf

コープあいち 組合員活動 > お知らせ・報告三河エリア > 報告
安城市榎前 水田魚道のある田んぼで観察しました【11.08.08】
http://www.coop-aichi.jp/about/whatscoop/gaiyou.html
この日見つけたのは、トノサマガエル、ツチガエル、イトミミズ、ミジンコ、ジャンボタニシ、マルタニシ、ゲンゴロウ、ハグロトンボ、マツボトンボ、イネゾウムシ、カマキリ、ショウリョウバッタ、マシジミ、メダガ、どじょう、タナゴのなかま、うつぼの仲間、クサガメ、コサギ、ツバメ、スズメなど45種類。>

水田魚道の設置場所はわかりませんでしたが、シジミの生息する農業用水路を見つけました。
e0094349_931695.jpg
e0094349_932414.jpg

うまい具合に水路の一部が日陰になっていて、その場所に白い砂が堆積していました。
e0094349_943934.jpg
e0094349_944862.jpg

この地域を流れる矢作川水系の源流域には石英質の砂が出ているので、砂が白くなっています。

矢作川と豊川の河口のヤマトシジミは白い砂の中に生息していることもあって、殻が黒くならず、ベッコウ色になります。

丸光水産 staff brog 愛知矢作川の鼈甲しじみ(^0^)/
http://www.marumitsu-suisan.jp/blog1/2010/11/0.html
blogがbrogと書かれているのはご愛嬌です。

榎前町の水路のカワシジミは、半場川の用水路と同じく、マシジミ型とカネツケ型が混在していました。ただし、色彩にグラデーションが見られて、識別が難しい個体もありました。
e0094349_9232190.jpg

上は成貝の写真で、下は未成貝です。
e0094349_9241958.jpg

殻が小さくて薄い幼貝で、マシジミ型には殻の中央部に縦方向の色素帯が現れます。しかし、これは成長しながら上塗りされて見えなくなります。

カネツケ型ではこの色素帯が発現しませんが、二枚の殻の噛み合わせ部分の細長い咬歯の周囲が濃い紫色になります。

淡水シジミが雄性発生でクローンをつくるとして、このような集団内での色彩の個体変異がどうやって維持されるのか、仕組みがまったく読めない、大きな謎です。
[PR]

by beachmollusc | 2012-08-08 09:30 | シジミの仲間 Corbicula

愛知県安城市のカワシジミ(1)

8月2日昼にセントレアに到着し、レンタカーで安城市に向かいました。空港から出たすぐの温度表示は35度、カンカン照りでした。

安城市のデンパーク「すいDEN!おいDEN!カーニバル!!」
http://www.katch.ne.jp/~nihondanmarku/00-00.html
有名な田園・水田地帯ですが、この地域には多数の工場が点在していました。農地が転用されて工場ができ、農業の後継者が工場の労働者になっているような気がします。

その脇を流れている半場川に沿って川岸の道路を走りながらシジミがいそうな水路を探しました。
e0094349_8293889.jpg
e0094349_8294832.jpg

虫食いの水田地帯で典型的なコンクリートの半間水路が川に沿って流れていました。
e0094349_8341541.jpg
e0094349_8342675.jpg

水面上をギンヤンマが飛び、水草があり、ハヤが泳いでいたので水質はまずまずです。しかし、堆積しているのは砂よりも泥が多く、(マル?)タニシとカワニナがいました。

ドライブ途中で釣具やに立ち寄り、手網と保冷容器、そしてサンバイザーを購入して準備万端でしたが、カワシジミの生息密度は低くて目標の50個体以上の確保ができませんでした。(36個体ゲット)
e0094349_8502032.jpg

このカワシジミ集団は典型的なマシジミ型、カネツケシジミ型が混在し、おまけに殻の内面が一様に濃い紫色のものと、中途半端な発色状態のものも見られました。

貝殻の色彩は遺伝的に決まっているとは限らないし、同じ個体が成長の途中で変化したり、同一集団内で個体変異が激しいので分類の基準には使えません。

成長の途中で殻に色素を沈着させるメカニズム(石灰の殻の本体の沈着と同時に色素、紫色はビリベルディン系、を析出・沈着させる)のスウィッチが何かのきっかけでオン・オフするようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-08-07 08:54 | シジミの仲間 Corbicula

長良川河口堰周辺のヤマトシジミ

建設省と水資源開発公団(当時の名称)が公表した「長良川河口堰調査報告書」(平成7年7月)全4巻を名古屋市の古書店に注文を出してあったのが、さきほど配送されてきたので、堰の運用直前に調査されたヤマトシジミなどシジミ類の分布データを見ることができました。

水資源機構、長良川河口堰管理所のサイトで事業者側が行った調査の概要が説明されています。

長良川河口堰事業で行った環境調査
http://www.water.go.jp/chubu/nagara/25_torikumi/kankyouchousa.html

e0094349_1503068.jpg

報告書の第3巻の第6章に動植物や魚貝類の生息状況(章全体で320頁)が記述されています。
e0094349_1522035.jpg

この報告の調査が実施されたのは平成6年(1994年)度で、堰が塩水遡上を止める前の状況がわかります。その後の5年間のモニタリング調査の報告書なども公表されていますが、まだその一部しか入手していません。

平成22年度以降のフォローアップ委員会報告はオンラインでpdfファイルが公開されています。
http://www.water.go.jp/chubu/nagara/20_followup/index.html

18年前の1994年には木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の汽水域、特に河口堰よりも上流側でヤマトシジミが高い密度で生息していたことをデータから見ることができます。

下は9月の調査結果(スミス・マッキンタイヤー採泥器で川底の砂泥を0.25平方メートル分の面積から切り取って、5ミリメッシュのふるいで残る生貝をカウントしたデータを地図の上で示したものです。図の中の数字を4倍すれば1平方メートルあたりの個体数となって、河口堰(当時は建設中)の周囲で特に生息密度が高く、1000~5000個体/平方メートルでした。木曽川が揖斐川・長良川より少ないこと、そして分布密度が上流側で高いことが印象的です。

この調査では河口から15キロ上流まで合計115地点が調査されました。(このほかに、より広範囲に、長良川では57キロ上流地点までの一般調査も行われていて、淡水シジミの分布データもあります)
e0094349_15242568.jpg

上と同じで河口堰に近い部分をアップしておきます。
e0094349_15243990.jpg

この報告では不思議なことがいくつかありますが、図の説明にある「ヤマトシジミ類」というのが理解できません。本文中には、ヤマトシジミ類とした理由を外来種のタイワンシジミが混在していると見られると説明しています。しかし、タイワンシジミとされるものはマシジミと同様に淡水産であり、通常では汽水域に分布していないはずです。また、殻の形態(特に同心円状の肋の突出状態の違いを見ればヤマトシジミとタイワンシジミは容易に識別できます。

ヤマトシジミはマシジミと同様に生育段階と生息環境の差異で殻の表面の色彩が異なり、また同一集団内での個体間で色彩変異があります。瀬戸内海や有明海のヤマトシジミは殻の表面が黄色やオレンジ色のものが多くありますが、木曽三川集団でも個体変異があるのかもしれません。

一般的に流通しているヤマトシジミは殻の表面が黒いので、シジミは黒い貝であるという先入観がもたれているようですが、実際はべっ甲色(褐色)などの地色に対して表面に沈着した硫化鉄によって黒く変色していると思われます。

ここで紹介している長良川河口堰調査の貝類に関するアドバイサーは当時の三重県水産技術センター所長の関政夫氏でした。この方はアコヤガイやハマグリなどの貝類についての報告がありますが、おそらくシジミ類に関して詳しくはなかったのでしょう。

別項目の稚貝調査では、川岸のヨシ群落の中にヤマトシジミの稚貝が多いかどうか調査しています。稚貝調査では1ミリメッシュのふるいを使っているので、ヤマトシジミの初期稚貝が0.2mmから定着することと、足糸を使ってヨシの植物体などに付着するのがごく若い時代に限られた生活様式であれば、見当違いの調査になっていたのかもしれません。(宍道湖では付着器で稚貝を集めているようですが、三重県の鈴鹿の研究センターの木曽三川での実験では付着器に稚貝の定着が見られなかったそうです)。

お金と手間をたっぷりとかけた調査ですが、事業者が運用開始を急いでいた時に反対運動が高まって大臣命令で短期決戦でやっ(つけ)た調査ですから、報告を詳しく読めば突っ込みどころはボロボロと出てくるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-20 16:16 | シジミの仲間 Corbicula

宍道湖のヤマトシジミ漁獲量

「想定内」だが…宍道湖のシジミ漁獲が首位陥落‎
読売新聞 - 2012年6月19日
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20120620-OYT1T00719.htm
拡大画像
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20120618-OYT9I00656.htm

単調な漁獲量減少傾向が続き、ついに日本一から陥落。

<農林水産省や宍道湖漁協(松江市)によると、11年の全国のシジミ漁獲量は9474トン>
かつて年産4万トンだった日本のシジミ漁業が衰退の一途をたどっています。

平成22年度(第1回)中部地方ダム等管理フォローアップ委員会 > 長良川河口堰について > ヤマトシジミの漁獲量
http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/dam_followup/nagaragawa/31.htm
<※汽水域で繁殖しているヤマトシジミは、河口堰の供用による堰上流域の淡水化により、当初の予測どおり、生育はできるが繁殖はできなくなった。また、河口堰の供用後の平成8~10年に稚貝を放流していたが、出水により流されたことから、その後は稚貝の放流は行っていない。>

役人は本当のことに言及しながら(都合が悪いことを隠して)嘘をつく(恥を知らない)技を習得しています。

長良川河口堰の上流側でヤマトシジミは繁殖はもちろん、生育もできなくなって、漁獲につながらなくなっているので放流事業は継続されていません。当初予想された「堰の上流でヤマトシジミは生育できる」話が崩れた事実が河口堰の影響ではないことにしておくために、堰の管理者は、誰も責めることができない自然現象を持ち出しました。

長良川下流域生物相調査報告書 2010 -9
粕谷志郎 河口堰によるシジミ類の生息への影響
http://dousui.org/seibutsu/09_kasuya.pdf

放流された稚貝は流されたことにしていますが、堰が無かった時代に、ヤマトシジミの稚貝は長良川河口堰の位置よりはるか上流に定着して生育していたのですから、おかしな説明です。(長良川の隣の揖斐川と木曽川でも汽水域の上流部に幼生が定着して生育しています。(データは三重大の研究チームがオンラインで公表しています)

ヤマトシジミの浮遊幼生が川の流れに溯って上流に移動して着底・変態して稚貝になるメカニズムには淡水の下で塩水が上流に向かって溯る現象が関係しているに違いないと想像しています。しかし、だれもそれについて実地に調査していないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-27 19:14 | シジミの仲間 Corbicula

芦田川水系のカワシジミ

e0094349_12483290.jpg

福山のカワシジミを見つけました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-15 12:48 | シジミの仲間 Corbicula

千葉県木更津市のカワシジミ

日本生態学会第57回全国大会 (2010年3月,東京) 講演要旨
一般講演(ポスター発表) P3-228

木更津市の谷津田地域に侵入したタイワンシジミの分布
*湯谷賢太郎(木更津高専・環都),竹内敦(木更津高専・環都)
http://www.esj.ne.jp/meeting/abst/57/P3-228.html

<木更津市の谷津田地域は,多くの谷津が上流に湧水とそれを受ける溜池を有し,かつては非常に貴重な環境を維持していた。しかし,農業用水路の改修や圃場整備などにより,かつて生息していたマツカサガイやドブガイは姿を消し,替わりにタイワンシジミばかりが見られるようになった。過去の正確な情報に乏しく,侵入拡大過程を調査することは困難であるが,現状を記録し,今後の推移を注視するため,タイワンシジミの分布調査を行った。> (一部抜粋して引用)

この講演の具体的な内容、特に採集地点などがわからないまま、5月29日に木更津を訪れました。

南浦和駅からJR武蔵野線、最後は内房線で、お昼にJRの木更津駅に到着し、駅前のレンタカーを借りてため池がある山麓から、小櫃川沿いの水田地帯を走り回りました。

小櫃川の河口に近い祇園には「祇園貝塚」があって、そこから出土して市川市の博物館に収蔵されたハマグリの殻を調べたことがあります。今はほとんど住宅街になっていました。

カワシジミが臭う用水路を探し求めて5時間くらいドライブしたあげく、ようやく戸国という地区でシジミ集団を発見しました。
e0094349_12132851.jpg

農業用の給水路ですが、例によってコンクリートの3面張りです。
e0094349_1215134.jpg

シジミの死殻は大量に転がっていましたが、生きたシジミが潜っている、砂が堆積した場所はきわめて限られていました。

ここでは86個体採集した中で1個体だけ「カネツケ」型で残り85個体はすべて「マシジミ」型でした。

水田のレベルの水路とは別の給水用の樋が平行して高い位置に設置されていました。
e0094349_12193787.jpg
e0094349_12194724.jpg

この樋は、水路上の通路の下を暗渠パイプとなって、両側がサイフォンでつながっているようでした。
e0094349_12225190.jpg

このような奇妙な給水設備はこれまで見たことがありません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-05 12:23 | シジミの仲間 Corbicula

熊谷市(埼玉県)のカワシジミ

27日の午前中にさいたま市の見沼自然公園内の水路でシジミを採集した後、関越自動車道を走り、荒川水系の熊谷市周辺のカワシジミを探りました。

荒川にかかっている玉淀大橋の下でシジミの殻を拾ったという昨年2月のブログ記事がありました。

いさなの日々。 つらつらと日常を書き記す空間。
2月 12th, 2011
鉱物採集??@寄居町(2/11)
<シジミの貝殻がたくさん打ち上がっていた(増水で取り残された?)ので拾ってきた。干からびた身がまだ残っていたので最近のもののようだ。殻が黄色く、恐らくは外来種のタイワンシジミだろうとの現地判断であったが、身と泥を取ってみたらどうもマシジミが混じっているか交雑したものか、といった感じである。>

この橋の下で河川敷にかわせみ広場があって、大勢の人々でにぎわっていました。しかし、川岸で砂をかき回してもシジミは見つからず。

かわせみ広場の隣に埼玉県立の「川の博物館」があります。
e0094349_7131396.jpg

巨大な水車が自慢のようで、とても立派な施設です。
ここではいろいろな行事を意欲的にやっているみたいですね。
e0094349_7145334.jpg

荒川の減流域から東京湾までのジオラマが中庭にありました。
e0094349_7153548.jpg
e0094349_715421.jpg

博物館内をゆっくり見る時間がなかったので、渓流の生物の展示窓だけ見物しました。
e0094349_7165157.jpg

ドブガイに産卵するタナゴの展示があります。
e0094349_7172492.jpg

宮崎県には在来のタナゴ類が分布していないそうです。
e0094349_719928.jpg

クサガメのでかい奴がプールで退屈そうにしていました(産卵期のはず)。

博物館見物の後、荒川の両側(右岸と左岸)で深谷市と熊谷市の農業水路を探って車で走り回ってみましたが、シジミが臭う所がほとんどありません。

タイムリミットぎりぎりで、熊谷市の端で深谷市に隣接している上新田というところの水路にカワシジミを発見して必要数を採取しました。(殻が薄く、身がやせていて生育環境は劣悪)
e0094349_7231967.jpg
e0094349_7232934.jpg
e0094349_7233647.jpg

この水路は川底だけコンクリート化されていて、橋の下で砂泥が堆積していた所だけ低い密度でシジミがいました。

熊谷市では用水路における淡水シジミの分布調査が行われていて、詳しい報告が出ています。

熊谷市用水路に生息する水生植物および二枚貝シジミの分布
http://es.ris.ac.jp/~es/kiyou/09-051.pdf

埼玉県熊谷市内の農業用水路におけるシジミ類の分布と生息環境
http://ci.nii.ac.jp/naid/40018828193

報告の著者の一人に問い合わせて話を聞いてみましたが、カワシジミの生息状況に変化が激しく、予備観察で多かった場所でも後で調べると見つからないことがあるそうです。

農業用水路は、特に排水路では、農薬などの影響や堆積した土砂のどろさらいなどがあって、シジミが安定的に生育できないようです。給水側の用水路も土砂が堆積した場所が少なく、シジミを見つけることが難しいのはどこでも同じです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-04 07:35 | シジミの仲間 Corbicula