beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:河川・水路・堰( 17 )


奥野川にハヤの群れ

わが家の脇に流れる奥野川(塩見川の上流)は瀕死状態で、ホタルの幼虫の餌であるカワニナ、水生昆虫(トビケラなど)、エビやカニ、渓流の魚類(カワムツ、オイカワ、タカハヤなど)がほとんどいない状態でした。

聞く所によると、わずか数十年前には、家の下で、石の下に隠れるアユを捕まえ、ミミズを餌にした竹筒のポッポでウナギが獲れたそうです。

昨年、この上流にあった地鶏の養鶏場が寄生虫の発生のため廃業(あるいは休業)してから、次第に環境が回復中と思われます。

今朝の散歩で、ふと川の中を覘いたら、小さいハヤの群れが見えました。
e0094349_14252277.jpg
e0094349_14253319.jpg

水面の偏光反射で見にくい写真ですが、数百匹の群れです。

カワニナの集団を復活させれば、ゲンジボタルの幼虫の養殖・放流が必要なくなるので、なんとかしたいものです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-11 14:28 | 河川・水路・堰

滋賀県長浜市の灌漑水路

e0094349_753465.jpg

滋賀県のHPから転写した「姉川左岸」の灌漑、排水経路を示した図面です。

7月12-13日に、この地域の農業用水路で見つかった淡水シジミの調査に参加して、この水利組合の灌漑施設に多大な投資がなされ、複雑な水路で流水量がきめ細かく維持されていることを知りました。
e0094349_7575330.jpg

水路をたどって、あちこちで探して、シジミが全く見られない場所がほとんどでした。それは、姉川から直接表層水を流しているのではなく、伏流水をポンプアップして流しているからでしょう。

水路のネットワークは、一部で市街化されたところを通過していました。
e0094349_823369.jpg

e0094349_825642.jpg

水路の水は最終的に琵琶湖に流れ出ているので、水路の水質維持には地域として神経を使っているようです。
e0094349_853431.jpg

ちょうど中干しの時期にぶつかりました。

水利と圃場整備が見事に行われていますが、休耕田がかなり「目立ち」ました。
e0094349_88839.jpg

e0094349_884535.jpg

一部でマメのようなものが植えられていました。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-21 08:08 | 河川・水路・堰

西門川のホタルの名所、三ヶ瀬川

わが家のある谷筋の西隣りには耳川水系の大谷川、北隣りの谷筋に五十鈴川水系の三ヶ瀬川が流れています。どちらの川もゲンジボタルの乱舞を楽しめるスポットがありますが、一般には知られていません。

今日は良い天気で新緑の森林浴とホタルスポットの下見をかねて、三ヶ瀬川からスタートして大谷川の森林公園と観音滝を見てきました。
e0094349_1852617.jpg
e0094349_18514740.jpg

上の写真のスポットの周囲には道路照明もないし、誰もホタルを見に来ませんので、独り占めで楽しめます。

三ヶ瀬川の上流部沿いに県道225号線があり、東郷町に抜けます。その途中に不思議な立て札を見つけました。この「おことわり」の意味がよくわかりません。
e0094349_18562482.jpg

225号線が麓に出る前に、林道大谷線に移って森林公園に向かったすぐ、猿の群れに遭遇しました。しかし、写真を撮る前に真っ赤な尻をこちらに向けて藪の中に消えてしまいました。

以前、三ヶ瀬川の支流で、北郷区に向かう林道の途中で猿を見かけたことがありますが、自宅の周囲には滅多にやってきません。

観音滝は相変わらず美しい景色です。
e0094349_1925485.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-04-22 19:02 | 河川・水路・堰

日本一堤高が低いアーチダム

耳川水系の上流、諸塚村の七つ山付近にあるダムの導水路に淡水シジミが生息しているという聞き伝えがあったので14日に探索してきました。

ダムの名称は宮の元ダム、九州電力が1961年に建設したダム、というより取水堰のはずですが、現実には砂防ダムとなっている、不思議な、不思議な無駄なダムです。「ナイト・ミュージアム」の映画の中でチューイング・ガムを膨らませて"DUMB DUMB" と大きな声でつぶやいた石造君がいましたね。

宮の元ダム
 提高が15m以上ありダムとして認められているアーチダムのうち、もっとも提高の低いのがこの宮の元ダムです。ここまで提高が低いとなぜアーチダムとして設計したのか?重力式ではダメだったのか?等の疑問も生まれますが当時の技術者の考えはよくわからないのでおいておくことにします。
 宮の元ダムで取水された水は発電所を通ることなく東側にひと尾根越えたところにある諸塚ダムの貯水池へと導水されていきます。宮の元ダムは発電ダムというよりは導水用の取水堰と言ったほうがよいのかもしれません。
 
引用元URL http://www.nautis.org/page097.html
e0094349_8345218.jpg

e0094349_835278.jpg

ダムの堰堤の上流側は見事に砂礫で埋まっていました。
e0094349_836349.jpg

この土砂を取り除く工事が進められているようです。
e0094349_8364635.jpg

e0094349_838479.jpg

e0094349_8382932.jpg

取り除かれた土砂はどこに行くのでしょうか。
e0094349_841133.jpg

工事現場は日曜日のお休みで、誰もいなかったので、ミッキーと一緒に現場を勝手に見物してきました。
e0094349_841337.jpg

e0094349_842629.jpg

これが現在の「ダム湖」です。
e0094349_8434080.jpg

美しい渓流が単に堰き止められているだけです。

堰堤の上流側の砂礫の中にシジミのいる気配はありませんが、ダムの下にあるたまり水の緑色は植物プランクトン、つまりシジミの餌になると想像されます。

導水路のメンテナンスの時に水路の中でシジミが見つかると言う話は信憑性があります。
[PR]

by beachmollusc | 2013-04-15 08:46 | 河川・水路・堰

岐阜県本巣市の席田用水

本巣市のホタル公園を流れる席田用水は「疏水百選」の全国疏水名鑑に掲載されている農業用水です。
http://inakajin.or.jp/sosui_old/gifu/a/23/index.html

<席田用水は、全国屈指の古い歴史を有している。(中略)一級河川根尾川より慣行水利権32tを取水しており、享禄3年6月3日の大洪水で氾濫し、藪川が新しくできた。その水を山口頭首工で取水し席田6割、真桑4割に分けられ今日に至っている。(後略)>

ホタル公園近くの農業用水路でカワシジミのサンプルを採取してから、根尾川沿いに北上し、この幹線水路の頭(山口頭首工)を見てきました。

「頭首工」というのは取水堰のことを言う技術(専門)用語です。英語でheadworksというものを直訳したようですが、取水堰というわかりやすい日本語を使わない理由がよくわかりません。

ちなみに長良川河口堰のような(ダムよりも堰堤高が低い)大規模な堰はbarrageと呼びます。

山口頭首工は、根尾川が山間部から扇状地に出たばかりの位置に設けられていました。まさに「山口」の位置になります。

堰の下流側で垂直でなく傾斜面が作られているのは魚道の機能を持たせているのでしょう。
e0094349_893956.jpg

下は堰の堰堤部とその上流側です。
e0094349_8113557.jpg

e0094349_81385.jpg

堰堤によって上流の水位が上がったところを川岸の頭首工に導き、用水路に流します。
e0094349_8145671.jpg

この堰堤の上の水深が思ったより浅いことが、投網をしていた人の姿からわかりました。

山口頭首工の水利権に関する標識です。
e0094349_8154561.jpg

ここで堰止められた水が堤防の下をくぐって下流の二つの水門に導かれていました。
e0094349_8161819.jpg

e0094349_8181259.jpg
e0094349_8182221.jpg

二本の水路の一方が席田用水、他方が真桑用水です。(マクワウリの原産地)
e0094349_8183134.jpg

下の写真は右側で根尾川と堤防で隔てられた水路(糸貫川)です。下流沿いにセメント工場がありました。
e0094349_8194635.jpg

ここから上流の山中までカワシジミ探索を続けましたが空振り。根尾川でアユ釣りの姿がちらほら見え、アユ料理の店が川沿いの道に点々とありました。

この用水に関する複雑な歴史が下のサイトで説明されていました。

「ふるさと岐阜の歴史をさぐる」No.9 
えっ! こんな所に、根尾川が流れているの?
-根尾川筋=席田用水の歴史探訪-
http://book.geocities.jp/gifurekisi/rekisi/no9.htm
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-16 08:27 | 河川・水路・堰

木曽三川公園(9月3日)

長良川河口堰と関連する施設めぐりが9月3日(月曜日)に行われ、途中で木曽三川公園(河口から14キロ上流)に立ち寄り、展望タワーから、木曽川・長良川・揖斐川の木曽三川を見渡しました。
e0094349_20284992.jpg

タワーの展望台は高さ56mで、三川の周辺景観がよく見えます。
e0094349_20291111.jpg

公園のシンボルはナマズをもじったMAMAZUです。
e0094349_20295213.jpg

National Government Park つまり「日本政府」とわざわざ書いてあるところが「お役人」がつくった証(人々の公園ではなくて、政府:役人の公園です)。
e0094349_20325842.jpg

タワーの下になにやら公園らしきものがありました。揖斐川が見えます。
e0094349_20351560.jpg

上はタワーから見た長良川大橋です。下はそれに続く木曽川にかかる立田大橋で、橋のやや上流(写真の左側)で前日シジミ類を採集しました。
e0094349_20362738.jpg

下は長良川と揖斐川を仕切って、松の植えてある「千本松」です。
e0094349_20375260.jpg

江戸時代に薩摩藩士が治水事業にかかわった所であって、付け根に治水神社があるはずです。

揖斐川と木曽川は川の中に砂州があったり、川岸に葦原が広がり、自然環境が残されていますが、長良川は「単なる水路化」が激しく行われているのでコントラストが明瞭です。木曽三川では長良川だけが徹底的に河川環境が改変されていて、河口堰だけの問題ではないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-08 20:43 | 河川・水路・堰

日本自然保護協会の河口堰に関する報告書

明日はいよいよ愛知県の長良川河口堰最適運用検討委員会と国土交通省(水資源機構)側の委員会の合同会議に向けて調整を開始する第1回の会議があります。

第1回長良川河口堰合同会議準備会を開催します
http://www.pref.aichi.jp/0000051541.html
日時:平成24年7月24日(火)午後1時00分から午後3時00分まで
場所:愛知県庁東大手庁舎 4階 406会議室 (愛知県名古屋市中区三の丸3丁目2番1号) 
議題:合同会議における論点、運営方法等について

国側が河口堰の運用の一環として、これまで頑なに拒否し続けてきた「堰から上流側に塩水を遡上させること:汽水環境の回復」を認めるかどうか、注目したいと思います。

この問題に関して、水利や塩害面での議論がありますが、環境面で一番わかりやすいポイントは壊滅的になったヤマトシジミの復活が期待できるかどうかでしょう。

木曽三川は木曽川と揖斐川で汽水域が残されているので、ヤマトシジミ漁業は存続しています。しかし、3つの川でもっともよい漁場であった長良川の汽水域を河口堰建設で失っています。

日本自然保護協会の報告書:河口堰の生態系への影響と河口域の保全(2000年7月)
e0094349_146538.jpg

この報告書の159頁に「生物からみた運用への提言」の項があって、シジミに関しては下のように書かれています。
e0094349_1483144.jpg

(移入種のカワヒバリガイの問題が絡んでいますが、その部分を省略)

河口堰の管理者(と漁協)はヤマトシジミは堰の上流側で繁殖はできないが生育(成長)可能として、揖斐川から種苗の移植を試みました。しかし、3年間の実験で、放流しても(底質環境などの変化によって)生き残らないという結果となりました。

上の提言は12年前に出されたのですが、管理者は塩水を遡上させないように「しっかりと」<さらなる弾力的運用>を続けています。

今回は国側の委員として三重大学名誉教授の関口秀夫さんがいて、その研究室のメンバーがヤマトシジミの繁殖・幼生分散・加入・生き残り・漁場形成などの調査結果を公表しています。

関口秀夫・水野知巳(2009)
木曽三川流域の汽水域の環境保全と整備方針・整備計画 : シジミ漁業の保全と絡めて
沿岸海洋研究 46(2), 185-206
http://ci.nii.ac.jp/els/110007611202.pdf?id=ART0009430339&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1343020915&cp=

木曽三川におけるシジミ漁業を健全な状態で持続させる基本は汽水域の環境保全でしょうが、この論文ではなぜか「長良川河口堰」の存在とその影響について論評を避けているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-23 14:30 | 河川・水路・堰

芦田川河口堰と河川環境

14日、名古屋で開催された「愛知県長良川河口堰最適運用検討委員会」に委員として出席した翌日、広島県福山市駅家(下流)と府中市河佐(上流)で芦田川水系のカワシジミの集団サンプルを採集しました。

シジミ採集が終わってから、懸案だった芦田川の河口堰を実地検分です。
e0094349_6484127.jpg

e0094349_6433916.jpg

芦田川は中国地方の一級河川で水質が最悪であることでよく知られています。
e0094349_6363598.jpg

この河口堰は、まさに河口のすぐ上流(右岸約1.5 km)に位置しています。川幅が約500mで、ゲートの数は10門。

上流側と下流側から見た堰です:
e0094349_6415292.jpg

堰き止められた川の水がよどんで濁っていますが、福山市民はこの水を水道用に使っているのでしょうか。
e0094349_6415966.jpg

河口堰と密着した河口大橋が架けられています。
e0094349_647430.jpg
e0094349_6471380.jpg

左岸の事務所には取水量と放水量が交互に電光掲示板で表示されていました。
e0094349_6485893.jpg
e0094349_649522.jpg

川幅全体が堰き止められ、左岸の端にある狭い放水路から川水が流れ出ていました。
取水も放水も毎秒1立法メートル足らずで変動していました。
e0094349_6512866.jpg
e0094349_6513539.jpg

芦田川河口堰は福山市に淡水を供給するために建設されたものですが、そのため海水と川水が混ざる汽水域を完全に失っています。

汽水環境に適応したヤマトシジミは、卵から孵化した幼生の初期において、真水でも海水でも育たないので、生育に適した汽水環境を失うと消滅します。

堰の建設以前と以後の漁獲統計の数字をまだ見ていませんが、地元民は河口でシジミを失っていることをよく知っています。また、モクズガニ資源や海苔の養殖なども大きなダメージを受けたようです。

芦田川ルネサンスネットワーク
http://asidagawa.sunnyday.jp/index.htm

芦田川河口堰に関する政策研究 - 大田祐介
http://kkochan.com/image/pdf/thesis_ysk.pdf

備後の武将と山城 2008-09-26  芦田川河口堰の常時開放を
http://d.hatena.ne.jp/matinoneko/20080926

川カニの王様-モクズガニ
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/1733/sub2/sub2001.html
<魚と違って少しぐらいの堰は越えることができるため,マスやアユのように減ってはいませんが,大型ダムの建設,河川改修による河床平坦化や石積み護岸の減少などで減少の著しい水系も多くなっています。また,汽水域と淡水域の境界付近に着底して稚ガニになり約1月生活するため,河口堰は着底生育場を狭くします。広島県では,河口堰のある芦田川では,ほとんどのぼってこなくなりました。>

長良川で実験的に進められている「堰の弾力的運用」:海水を遡上させずに川の水をできるだけ下流に流すようにゲート操作すること、が芦田川でも行われています。

芦田川河口堰 弾力的放流について
http://www.cgr.mlit.go.jp/fukuyama/kisya/kisya_090903.pdf
これは堰で停滞している水の中で発生するユスリカ対策のためであって、ヤマトシジミなど水産資源は考慮されていないようです。

芦田川の本流に流入する支流の一つ高屋川には国の浄水場(一級河川を管理するのは国)があり、そこに「見る視る館」という教育啓蒙施設があります。
e0094349_7393454.jpg

見る視る館でもらったパンフレットから一部切り抜いて紹介します。
e0094349_74813.jpg

芦田川水系の流域で降雨が少なく、流域面積が狭いことが(水量が少なくなっていて)汚染が激しい理由としされています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-21 06:52 | 河川・水路・堰

芦田川の河口堰

e0094349_616422.jpg

福山の芦田川河口堰を見ました。

この河口堰は芦田川の河口に近く、海水の遡上を止めています。

河口が建設されて、ヤマトシジミが消えたと言われています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-16 06:16 | 河川・水路・堰

府中用水

e0094349_1513484.jpg

多摩川から取水され円筒形の分水で流れ出る用水路の姿をイメージしたモニュメントです。人工水路を辿ってあちこち探してみましたがシジミは水路にいません。
e0094349_15193531.jpg

府中市の郷土の森公園が隣接していました。公園のすぐ脇に多摩川が流れています。
e0094349_15204272.jpg

e0094349_15312540.jpg

上の河川敷の撮影後、空が暗くなって、突然雷鳴とスコールが襲ってきました。

公園内に有名な大賀ハスの生育しているハス池がありました。
e0094349_15245680.jpg

大賀ハスの花は見られませんでしたが、様々な品種のハスの葉を見ました。
e0094349_15253643.jpg

大賀博士の胸像です。
e0094349_1526213.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-06-03 15:30 | 河川・水路・堰