beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:河川・水路・堰( 17 )


菱刈瓜之峰の用水路

川の生きもの図鑑: 鹿児島の水辺から
(鹿児島の自然を記録する会 著)南方新社 2002年

上の本は主に川内川の水生生物図鑑となっています。

この中でマシジミの分布について<川内川では宮之城町二渡(山崎大橋から 100m 上流),大口市.曽木の滝(用水路),菱刈町'新田川,瓜之峰。>とありました。

このマシジミについて記述した著者(行田義三) が「鹿児島の貝」を2000年に出版していて、それにもマシジミの産地として「瓜之峰」がありました。そこで、3月3日に十曽池公園の次に伊佐市菱刈瓜之峰を目指しました。

菱刈は川内川が大きく蛇行している内側にあり、用水路が張り巡らされています。

瓜之峰の近くに菱刈中学校があって、巨大な河童が立っていました。
e0094349_1525474.jpg

道路わきにはTPP反対が大きく書かれたサイレージが積んであります。
e0094349_1541216.jpg

瓜之峰のバス停に大正時代のものらしい石碑が立っていましたが、ほとんど読み取れません。
e0094349_1552819.jpg

この幅が広い水路の中に砂が堆積していて、オオカナダモが生育していたのでカワシジミの集団も期待されました。
e0094349_1582552.jpg
e0094349_1583374.jpg

しかし、水路の中へのアクセスが悪くて、採集適地が見つかりません。水路をまたぐコンクリートの橋から網が届く範囲でやっと14個体採集できました。
(ほとんど死殻ばかり、環境条件は悪くないようなのに、どこか変でした)

本日殻を開けて中身を確認しました。
e0094349_15104648.jpg

大きい4個体はマシジミ型で殻長が3センチに近いのですが、軟体部がやせていて、しかも殻頂付近で殻が溶けて穴が開いている個体もありました。
e0094349_15133847.jpg
e0094349_15134782.jpg

e0094349_15154325.jpg

小さい10個体の中の2個はマシジミ型で残り8個体はカネツケ型です。
e0094349_15151877.jpg
e0094349_15153180.jpg

とにかく個体数が少ないので集団としての特性がはっきりしません。

大型のカネツケ型の個体が見られないのはなぜでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2012-03-05 15:19 | 河川・水路・堰

西都市の杉安井堰と用水路


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-28 19:15 | 河川・水路・堰

河川の適正な利用及び流水の正常な機能の維持

国土交通省の官僚たちは自然の営みよりも役所の方が偉い:自分たちが自然を支配すると考えているらしい。

長良川河口堰検証プロジェクトチーム報告書
長良川河口堰検証専門委員会報告書
http://www.pref.aichi.jp/0000048111.html

これらの報告を見ていて不思議な事に気がついた。

「河川の適正な利用及び流水の正常な機能の維持」という概念の中で、「正常」という言葉が行政面で河川管理者にとって利害調整と管理上都合がよい(面倒が少ない)ことという意味で使われているようである。

河川改修事業に関連して「多自然」などという不思議な言葉を持ち出す連中であるから、「正常」という言葉を捻じ曲げてしまうことには驚かないが、彼らの頭の中が正常であるかどうか心配になる。

河川流水の「正常な」機能、その中で特に重要な「生態的な機能」を根本的に損ねるような構造物の建設事業の正当化のために、正常でないことを正常という言葉で粉飾して公金を使う口実にしているように見える。

長良川河口堰の開門調査を頑強に否定している当局の論拠は2点あって、海水の河川への遡上による流域での塩害の発生を防止すること、そして洪水に対する防災とがセットになっている。

海に流れ出る河川では、河口から上流に向けて海水が塩水クサビとなって遡上することが「自然の正常なしくみ:摂理」であり、それによって汽水域が維持され、川の恵みがもたらされる。しかしこれが「河川流水の正常な機能の維持に反する:塩害をもたらす」という正常でない論理を使っているのがコッコーショーのお役人である。

外洋に面した砂浜の侵食と堆積のサイクルは自然現象であってきわめて正常なことであるが、侵食は「正常」ではないのでそれを食い止めるために自然のサイクルを閉じ、事態を悪化させるような構造物を作るロジックとほぼ同じである。

<参考> 松山市サイトに「正常流量について」という説明文書が公開されている。
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/ICSFiles/afieldfile/2007/12/07/siryoseijyou.pdf

昨年3月11日の地震と津波で既存の河口堰の水門などがどのような影響を受けたのか、各地の詳しい情報がほしい。自分が津波の直前に現地を見ているが、津波後の空中写真から気仙沼市の小泉海岸の河口水門は破壊されたようである。津波の方向と平行な川岸の護岸は姿をとどめていても、津波の力をまともに受けた水門は破壊力に耐えられなかったように見える。

長良川の河口堰は長大であり、厚い堆積物層の上に建設されているため直下型地震や長周期の巨大地震にはもろいかもしれない。

1891年の濃尾地震(M8.0)では、長良川の鉄橋が破壊されている(写真が下のURLにある)。
http://research.kahaku.go.jp/rikou/namazu/04nobi/nobi1/nobi1.html

濃尾平野の地盤構造と濃尾地震の震裂波動線
http://www.sharaku.nuac.nagoya-u.ac.jp/laboall/reports/2003nobi/nobi-distr/pdf/05baba.pdf

上のサイトで示された濃尾平野の堆積構造の断面図を見ると、木曽三川の河口部付近では、地下深い地盤が西に傾いた沈降と隆起を繰り返していることが読み取れる。

このように、活断層の真上で、断層線と直角に長大な構造物を造った設計者の太い肝には感嘆するしかない。

大地震に伴って大津波が発生した場合、河口堰は全開して波浪を通過させることになっているが、津波が到達する以前に、地震で堰の支持構造が破壊されて可動部分が機能しなくなったり、電源喪失で動かせなくなったりすることは想定されているのだろうか。

津波とは違って上流から来る洪水については、堰による水位の上昇とそれによる周辺の堤防での越流はないのだろうか。洪水時にも堰の扉は全開となるが、堰の上流側で水位が上昇することは「正常」な現象である。

宮崎県で2005年に経験した大洪水では、耳川の場合はダムの上流側で越流が起こっている。想定以上の(正常でない)激しい降雨が原因であって、自然災害として問題にされなかったようであるが、ダムがなければ起こらなかった洪水であったかもしれない。

川の流水は激しく変動する。それを正常に(行政的に都合よく)維持するという発想が根本的におかしく、正常ではない。洪水の影響を拡大させる河口堰を防災施設と称して建設する役人の頭脳は正常とは思われない。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-14 09:42 | 河川・水路・堰

大河内の崩壊斜面を再訪

良い天気が続いているので人吉城の水路シジミをゲットする気になって、気まぐれで出撃しました。

熊本県のシジミ事情を調べていて、熊本県のホームページに人吉城の城壁の下の水路にシジミが見られるということです。(人吉城跡のマシジミ)
http://www.pref.kumamoto.jp/site/arinomama/masijimi.html
強行軍で上のURLの写真に出ている現場に行ってきました。確かにマシジミがいましたが、砂ではなく泥が堆積していてほとんどが死殻でした。生きているものはごくわずかで集団遺伝解析用サンプルとなりません。

しかし、いつものことですが、転んでもただでは起きないように、球磨川水系のシジミをちゃんと上流で採集してきました。そのレポートは後ですることにして、大河内越えの酷道388号線で紅葉を見ながら以前レポートした大斜面崩壊のその後を写真撮影しました。この斜面崩壊を予知したフンちゃんこと応用地質学の岩松先生の文章も一緒にどうぞ。

地すべりと林業 2009年9月22日
http://beachmollu.exblog.jp/11189897/

老眼やぶにらみ地すべり学―次世代に期待する― 
岩松 暉(斜面防災対策技術協会地すべり防止工事士技術講習会)
http://www.geocities.jp/f_iwamatsu/retire/hyperopia.html

南郷区からのぼって、椎葉村の大河内に下る峠道は標高が約1000mあって、険しく曲がりくねった坂道です。冬に通ることは全く想定していない経路の一つです。

今の時期は紅葉が楽しめるとの予想どおりで、九州大学の演習林周辺で残された自然林がかなり美しく見えました。小鹿が1頭国道に飛び出てきたのも、この付近ならではでしたが、写真は撮れず。

下は荒河内の滝(国道からやっと見える)と道路の反対側を流れる一ツ瀬川の源流の渓谷の紅葉です。
e0094349_20231741.jpg
e0094349_20233143.jpg
e0094349_20233957.jpg

美しい景色を楽しんだすぐ後に見えるのが大崩壊斜面とその場所に建設された超巨大砂防堰堤です。
e0094349_20253086.jpg
e0094349_20253969.jpg
e0094349_20254746.jpg

この場所のすぐ上には埋没した堰堤の上端が見えました。
e0094349_2027879.jpg

何しろ大規模に斜面が崩れているので、建設した堰堤は次の大雨であっと言う間に埋没でしょう。砂防堰堤は埋没することで機能するような意味のわからないことが砂防関係のサイトで説明されています。

2段構えのマンモス堰堤の上はほぼ埋設が終わっていましたが、その下流でなにやら工事中です。
e0094349_2030657.jpg

宮崎県の山間部では災害復旧や砂防工事が基幹産業になっていることがよくわかります。

さらに下流には大河内小学校の校舎が対岸に見えますが、その校庭でも工事中のようでした。
e0094349_2031571.jpg

校庭の下の川岸のモミジが美しく紅葉していました。
e0094349_20371623.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-11-17 20:38 | 河川・水路・堰

渡川ダムの貯水率

サルナシ類の開花状況を調べるにはまだ早いが、新緑の山を探索する森林浴に出かけることにしました。

渡川(小丸川の支流)のダムが渇水で底が見えるかどうか(4月20日に)確かめてきました。

このダムに関する情報と2005年7月に撮影された写真が「ダム好きさん」サイトにあります。
http://damsuki.com/dams/nph-txt.cgi/2818/htm/1.html

美郷町南郷支所企画観光課:
<渡川ダムはヘラブナの宝庫で、各地の太公望から人気の高いスポットです。>
http://www.miya-shoko.or.jp/nango-v/no02/damu.html

スーパーカブ110で渡川ダムから上渡川へ(1,2,3)
http://blogs.yahoo.co.jp/f86fsabrejp/27284270.html
http://blogs.yahoo.co.jp/f86fsabrejp/27290103.html
http://blogs.yahoo.co.jp/f86fsabrejp/27296714.html
上のブログサイトに、おそらく4ヶ月前のダム湖の写真があります。

渡川ダムのデータが記載された看板です。
e0094349_7295649.jpg

ダムの堰堤を下流側から見た様子とその下流の状況です。
e0094349_731512.jpg
e0094349_7311560.jpg

県道からダム湖を見下ろすと水面がはるか彼方に見えます。
e0094349_7325924.jpg

事務所で尋ねたら、20日午後現在の貯水率は1.4%だそうです。

ダム湖の周囲は樹木が生い茂っていて見渡せる場所がほとんどありません。

2005年の大雨で道路が崩壊した場所から撮影しました。
e0094349_7354486.jpg

最近購入したカーナビ画面で見ると撮影した位置と高度がわかります。
e0094349_7365618.jpg
e0094349_737814.jpg

ダムの上流で県道39号線と234号線が分岐する山草橋から見た上流部の様子です。
e0094349_7394222.jpg

時間が遅くなったので渡川の本流には向かわず、山草谷から39号線で神門に出てから日向市に戻りました。

その途中で国道446号線沿いの小丸川の本流を撮影して「おきました。
e0094349_7443044.jpg

小丸川の本流は水が涸れていませんでした。同様に国道327号線沿いの耳川上流もしっかり流れていました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-21 07:48 | 河川・水路・堰

干上がった奥野川の河床

塩見川の支流である奥野川の農業用水・取水堰のすぐ上流にある広域農道の橋の上から昨日午後に撮影しました。
e0094349_9452968.jpg

河床が干上がっているのがわかりますが、夏場は近所の中学生達が水浴びして遊んでいる場所です。

この写真の場所では昨年度の末期に重機が入って川の底面を平にする様な工事をやっていて、何のつもりだろうといぶかっていました。

また、それより前に、橋の架け替え工事の後で川底のジャリを浚渫して橋の脇の空き地に山積みしていたことがありました。

奥野川のこの場所の上流数キロ地点までアユが上っていて、足で踏んづけて捕まえたと言う昔話を聞いています。ウナギやモクズガニも多かったそうです。少し前の昔にはカワニナとイシマキガイがいっぱいいて、ホタルの乱舞が見られた川ですが、ゲンジボタルはほぼ消滅しています。

この流域の上流では新しい鶏舎が建設されていて、ホタルの里の復活など、遠い夢になりそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-05 09:56 | 河川・水路・堰

ダムの周囲の山林が丸裸

晴天のもと、サルナシ調査に繰り出しました。標高が低い場所の方が開花が早いだろうと想定し、本日は東郷と木城を結ぶ、小丸川沿いの県道22号線のシマサルナシを目標にしました。

22号線に入る前に、険道39号線の度川ダムに近い場所で昨年見つけた、特に実が大きかったウラジロマタタビの様子を見ることにして、国道446号から竹ノ野トンネルに向かって進みましたが、トンネルの入り口の横に林道(中村線)があることに気づき、トンネルに入らずに山越えのコースを進みました。
e0094349_20394828.jpg

峠を越えた林道は県道234号線という、この界隈では最も厳しい谷間の狭い道に出て、それから度川ダムの先で39号線と合流します。その途中の下度川で竹ノ野トンネルから抜け出た「普通林道」が合流していましたが、この普通林道は普通ではありません:幅が7mの2車線のハイウエーです。234号線はほとんどの区間で離合不能のやっと1車線ですから、合流点での違和感は文章で説明し切れません。
e0094349_2043891.jpg

ちなみに、234号線には二つの小さなトンネルがありますが、普通林道の竹ノ野トンネルと比べてみてください。下の写真は山草トンネルです。
e0094349_20465075.jpg
e0094349_20465739.jpg

さて、本日の目標である22号線ですが、東郷町から木城に入るあたりから、小丸川に建設されたダムが次々と現れます。

びっくらこいてしまったのは、ダムの脇の山腹で大規模な森林伐採が行われた禿山が視界をふさいだことです。伐採された山の斜面は大雨の時にどうなることでしょうか。そもそもダムの周辺で人工林を造って林業をしてよいものでしょうか。
e0094349_20521064.jpg
e0094349_20521875.jpg
e0094349_20522649.jpg

サルナシ類については、改めて報告しますが、本日は39号線でテンを2頭見かけました。体毛の色がオレンジっぽかったので、多分イタチではないでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-04-29 20:55 | 河川・水路・堰