beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ポポー pawpaw( 58 )


ポポーとヘベスの相性

e0094349_1417202.jpg

完熟ポポーの実とヘベス、そしてハチミツを混ぜてフッド・プロセッサーで処理して冷凍した試作品ができました。

予想通り、ポポーの甘味とヘベスの酸味をミックスした結果、見た目も美しいオレンジで、味もさわやかなシャーベットとなりました。これなら商売になりそうです。

写真の容器は、先日、北川の道の駅「はゆま」でポポープリンの試作に使われたものです。

ポポーはココナッツミルクとも相性がよさそうなので、次はポポーのココナツミルクシェーキを試してみます。
[PR]

by beachmollusc | 2013-10-11 14:23 | ポポー pawpaw

豊作

e0094349_48862.jpg

台風で落ちる寸前に熟してくれたポポーの実です。

今年は豊作で1本の木に100以上の大小の実がなりました。

2-3日中に食べるか、保存の処理が必要です。

ポポーソルべのレシピが簡単でよさそうです。
http://cookpad.com/recipe/2339890
[PR]

by beachmollusc | 2013-10-08 04:13 | ポポー pawpaw

収穫期の台風

沖縄を直撃している23号に続いて24号が北上中です。

この24号台風が予報どおり8日に九州の西よりを通過した場合、東九州は大雨と暴風の重なった最悪の影響を受けるでしょう。
e0094349_8305563.jpg

写真のポポーの木は高さが4m以上で、今シーズンは大小100以上の果実を実らせ、6日現在、ほぼ半分が熟して落果し、残りの50あまりの運命やいかに、となっています。
e0094349_8325723.jpg

枝から落ちる実は、ありあわせのネット袋で受け止めています。

台風が接近する前、明日中に、全部の実を収穫したほうがよさそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-10-06 08:35 | ポポー pawpaw

今朝の収穫

e0094349_74425.jpg

今朝のポポーの落果は3房で大小10個の実が取れました。皿の直径は24センチです。

実りの秋、隣の栗の落果はピーク状態です。

ポポー園の草刈応援に来てくださる皆さんにはポポーの味見と栗のお土産があります。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-30 07:08 | ポポー pawpaw

今年の苗つくり

e0094349_93708.jpg

今年の台風は、接近中に温帯低気圧に弱まったり、沖合いにそれたりしたので、ポポーの実は無事に収穫期に入り、一昨日に自然落果が2個ありました。
e0094349_9422012.jpg

4個実がついた房が、前回接近した台風の余波で落ちた分(31粒)と新たな2個(12粒)から合計43粒の種が取れています。柿の種に色と形がよく似ています。

これまでに種からの苗作りを3シーズンやっていて、最初のものはネット販売で取り寄せた果実の種から育てました。その30本余りはポポー園に定植してあります。
e0094349_9473743.jpg

一昨年に最初の自家生産の果実(6個)から得た種からは、現在30本あまりの2年苗が育っています。
上の写真の左側フラワースタンドの小さいプランター(12個、それぞれに3個のポット)が満2年です。

地面の上にあるポットには、総計140本余りの満1歳の苗が生育中です。昨年食べた実、約20個から得ました。

今年収穫予定の果実は50個以上あるので、おそらく300以上の種が取れるでしょう。

アメリカのポポー関係サイトにある苗作りの情報では、種が発芽する前に、直根を長く伸ばすのを助長させる必要があり、通常よりも縦長(底が深い)ポットに植えるとされていました。

日本製の育苗ポットで縦長のものをネット販売で探し出して入手しました。

ポリポット超ロング18cm: 現在の2年苗を植え替えるためのポット
http://item.rakuten.co.jp/auc-garden-bank/splong180-100/
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-28 10:02 | ポポー pawpaw

落果

昨年9月末に栗と一緒に落ちだしたポポー(実生苗から育った木)が今年は2週間早く第1号が落果しました。
e0094349_9404531.jpg

隣の栗も昨年と同様に落ち始めているのでタイミングは合っています。ただし、かすめて行った台風の影響があったかもしれません。

急いで実にネットをかぶせて落果をキャッチし、地面に激突を防ぐ必要があります。

追記: 落ちた果実は硬くて未熟でした。台風の風で落とされたようです。追熟すれば食べられるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-16 09:44 | ポポー pawpaw

あと一月

今年のポポーの実は2本の木に50個以上着いています。
e0094349_152768.jpg

e0094349_1522443.jpg

実が熟すのは9月下旬から10月上旬の見込みですが、それまで暴風にやられなければ収穫祭りができます。

ところで、沖縄の先島諸島にある台風がこれから九州南部目指して北上するようです。今のところ勢力が弱いのと、コースが西から東に抜けると予想されているので、多分今回は大丈夫でしょう。

以前、実を捨てたオオカラスウリから発芽し、蔓が延びて花が咲いていたものに実がついていました。
e0094349_159352.jpg

オス花かと思っていたのがメスだったわけで、これはラッキーでした。

冬にこの蔓が枯れたら芋を掘り出し、来年はグリーンカーテン用にプランター栽培を試みます。

カラスウリの仲間では、モミジカラスウリが本命です。しかし、その実生苗がまるで伸びないのが不思議です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-29 15:13 | ポポー pawpaw

榎の苗が鹿に齧られた

ポポー園の中に混ぜて植栽し、全体の防風効果を高めると共に、蝶や甲虫の餌ともなるようエノキの苗を植える実験中です。

熊本のナーサリーで人の背丈の高さの苗を1本2500円でネット販売していたので、手始めに4本取り寄せて先月植えました。

ところが、昨日までに2本の枝先が齧られて痛んでいます。
e0094349_12573687.jpg

これだけでは枯れないでしょうが、せっかく高価な大きめの苗を植えたのに、シカにやられてしまった。
e0094349_12572946.jpg

ちょうど肩の高さなのでノウサギではなく、鹿に間違いなしと思って、足元を見ると、
e0094349_12591238.jpg

立派な足跡が残っていました。ネコのトイレ用に使われ、廃棄して分解するという材質のものを苗の周りに置き、マルチ兼肥やしにしてあったものです。立派な偶蹄の足跡で、イノシシの足跡とは少し違います。

昨夜、家の中にいたミッキーがほえ続けていた時に鹿が来ていたのでしょう。

このポポー園には30本以上のポポーの苗を植えています。地植えはじめは膝から腰の高さだったものが2年経過して人の丈に近くなっています。
e0094349_13132551.jpg

このポポー園はあと2年で実をつけ始めるはずですが、苗木に鹿の食害が起こるかどうか注目していました。今のところまったく害を受けておらず、家の周囲に毎晩のようにやってくる鹿たちはわるさをしないのだと安心していたわけです。

ポポーの実は、アメリカのレポートによると、ほかの多くの野生動物が食べるのに、野生の豚が食べないとあります。つまり、イノシシに食われる心配はしなくてよさそうです。

ポポーはアメリカの原産地が南九州と同等の気候帯にあり、路地で(落葉して)越冬します。害虫が付かないので農薬を撒く必要はありません。野生動物に食害されないとなれば、山中で放棄されている農地で栽培する果樹として絶好のものとなるはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-26 13:18 | ポポー pawpaw

ポポーの芽生え

昨年9月下旬から10月上旬に収穫したポポーの実からとった種(100あまり)を育苗ポットに植えて放置したものから10本ほど芽生えています。
e0094349_1045412.jpg

最初の葉が広がっているのはまだ数本で、まさに頭を出すところのものもあります。
e0094349_10465283.jpg

1年先行している苗は30本以上あります。
e0094349_1048315.jpg

発芽してから最初の数年間、若い苗は紫外線(直射日光)に弱いので、苗場の上に日差しを弱める遮光ネットを張っています。
e0094349_10485825.jpg

ポポーの種は冬の低温にさらされないと発芽せず、休眠期間が長くて、初夏になってやっと芽生えを見ることができます。紫外線に弱く、初期の成長が遅いので、ポポー栽培を試みる人の多くがこの段階でギブアップするようです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-23 10:54 | ポポー pawpaw

ポポーの自己摘果

秋にポポーの実が収穫できるかどうか、接近中の台風がどうなるかで大きな違いがでます。
e0094349_13383988.jpg

大きい実は長さ5センチを超えています。
e0094349_13383232.jpg

明らかに実が付きすぎているのを見て、わがポポー農園を見学に来た人たちは摘果するのかどうか必ず質問します。答はポポー任せです。
e0094349_1341544.jpg
e0094349_13414686.jpg

台風前の様子をチェックしたら、親指程度になっていた実が少し落果していました。木が自分で間引いています。
e0094349_13422118.jpg
e0094349_13421463.jpg

落ちた実の周辺で大小のキノコが現れました。多分毒のある奴でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-20 13:45 | ポポー pawpaw