beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ポポー pawpaw( 58 )


ポポーの葉を食べる毛虫

ポポーの植物体には虫が嫌う成分が含まれているので、無農薬栽培ができるだけでなく、アメリカではポポー園で剪定された枝葉から有効成分を抽出してペット用のシャンプーが製造されています。

ところが、「蓼食う虫」のたとえのとおり、ポポーの葉を食べている毛虫が出現しました。
e0094349_21434745.jpg

幼虫図鑑で探したら、多分「リンゴドクガ」の幼虫と思われます。毒々しい毛虫ですが毒は無いということです。
e0094349_2146611.jpg
e0094349_21455169.jpg

食われた葉っぱの陰に隠れていましたが、長い毛が見えたので正体が割れました。

それにしても美麗な幼虫です。

リンゴドクガの食事(動画)が公開されていました。
http://youtu.be/WZJZBuEkM1Q

ポポー(しらみ駆除)シャンプーについて:
http://www.blossomnursery.com/pawpaw_LICE_LABEL.html
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-14 21:51 | ポポー pawpaw

幼果

昨年同様、実生苗から育った一番大きいポポーの木に若い実が付きすぎになっています。

ところが、花はたくさん咲いたのに、接木苗の木2本では実が育たず、美味しい(はずの)方は今年もお預けになります。
e0094349_18585719.jpg

ポポーの実が大きくなりはじめるにつれ、それを包んで守るかのように大きな葉が広がってきました。
e0094349_1911936.jpg
e0094349_1911197.jpg

Indian banana と呼ばれるように、バナナのような一房の実の数は4から6個が多いようです。

今年はウミガメの上陸が多いようで、台風の接近数が少なくなる年かもしれません。

9月に実が熟すまで、台風の直撃がないことを祈っています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-20 19:03 | ポポー pawpaw

花から実へ

ポポーの花はまだ咲き続けていますが、終わった花の後に若い実が現れ、それを包むように新しい葉が広がり始めました。実の長さは約1センチ、これが秋に10センチ前後まで育ちます。
e0094349_7171461.jpg
e0094349_717680.jpg

まだ残っている成熟した花です。
e0094349_7163994.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-04-26 07:23 | ポポー pawpaw

ポポーの受粉後の花

ポポーの花粉は扱いにくいことがわかり、今シーズンの受粉は昆虫任せにすることにしました。

今朝のところ、花の半数くらいが受粉後の状態で、花弁とガクを落として、幼ない実が見られます。
e0094349_10532910.jpg
e0094349_10532217.jpg
e0094349_10531517.jpg

この後、実が大きくなる過程で自分で摘果しだすので、どのくらいの歩留まりになるかはわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-04-13 10:54 | ポポー pawpaw

ポポーの受粉昆虫

ポポーの花弁が濃い赤紫色になり、口が外側に開きだしたので、花粉を出し始めているかどうかチェックしました。
e0094349_11554119.jpg

メークアップ用の小さい刷毛を使って花粉をシャーレに落としたら、一緒にショウジョウバエに似た小さなハエ類が落ちてきました。
e0094349_13123717.jpg

そのほか、見たことがない奇妙なハエの仲間とカナブンの仲間がポポーの花にもぐりこんでいました。
e0094349_13141097.jpg

このけったいなハエ類は花の外側に出てきたのを撮影しました。
e0094349_13151534.jpg

ブンブンはよく見かける奴です。花の中に潜ったまま出てきません。
e0094349_131608.jpg

ぽぽーの花は変わった形であるだけでなく、変わった匂いを出してハエ類などを呼び寄せて受粉の手を借りているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-04-10 13:18 | ポポー pawpaw

ポポーの開花

e0094349_10115837.jpg

家の周りで山菜取りの人たちが徘徊する新緑の季節になり、庭ではポポーが咲き始めています。
e0094349_1014928.jpg
e0094349_1014139.jpg
e0094349_10134611.jpg

大きくなったポポーの木が3本ともたくさんの花をつけていますので、順調に行けば秋の収穫祭りが楽しみです。
e0094349_10161567.jpg

サクランボの木も実がびっしりと付いていて、実の収穫が期待されます。

今年もタイミングをはかって網をかぶせ、ヒヨドリに食われるのを防ぐ計画です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-29 10:17 | ポポー pawpaw

ポポーの黄葉

2007年に最初に植えた(アメリカで作出された品種の)接ぎ木が3品種各1本と実生苗1本が成熟しています。

昨年は最初の果実を6個収穫し、今年は実生苗の1本から20余り収穫できました。

昨年、人の丈で実がついた接ぎ木の株は、今年は実が付かないで成長を続け、高さが3m以上になりました。これが来年は沢山の実をつけてくれるものと期待しています。優良品種で、実生よりも味がよい果実ができます。
e0094349_16473886.jpg

この木のてっぺんから黄葉が進んでいます。

昨年実ができなかった別の品種の1本も3mを超えたので、来年が楽しみです。これも黄葉が進行中。
e0094349_16523191.jpg

5年前に果実を取り寄せて食べた時に出た種から苗木を育てているものはまだ腰の高さです。ポポー園で30本あまり残っています。

昨年の実から取った種で作った苗が40本余りで、初夏に発芽してから紫外線よけして育てたものが黄葉していて、早いものは落葉しました。
e0094349_16582418.jpg

e0094349_16585346.jpg

今年の実から約150粒の種がとれたので、ポットの土に埋めて冬の低温暴露を待ちます。
e0094349_1703738.jpg

苗の成長が遅いのでポポー園の本格的な収穫は数年後からです。それまでは味見をする程度の果実が収穫できるだけです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-30 17:04 | ポポー pawpaw

ポポーの収穫

ホタル・シジミ水路の周辺で草刈りの応援隊がやってきて懸案の環境整備が進みました。

作業の休憩時間に、たまたま今日落果したばかりのポポーを参加者の皆さんに味わっていただくことができました。

下の写真のように果実が熟して落ちるところをネットの中でキャッチします。
e0094349_18402784.jpg

作業が始まる直前にキャッチしたポポーの実です。
e0094349_18425365.jpg

実を半分ずつに輪切りにしてスプーンで実をすくいとって食べました。
e0094349_18442991.jpg

ポポーの不思議な香りと味が皆さんを魅了したようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-07 18:46 | ポポー pawpaw

ポポーが熟しはじめた

台風の影響もなしで、めでたくポポーの実が熟し始めています。

本日落果キャッチネットに収まっていた第1号の大小2個の実です。
e0094349_1822723.jpg

これに続く残りの実は1本の木に20個あります。

実生苗から育てた木なので、味がどのようなものか食べてみるまでわかりません。

昨年6個の美味しい実がとれた、接木苗から育てた木は今年はお休み。

数日前から隣の栗林から落果が始まっていますので、ポポーとほぼ一緒に熟しています。
e0094349_187022.jpg

わが家に落ちた実は、主からもらってよいと了解済みです。

今度の週末にポポーと栗のダブル収穫祭りができそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-30 18:08 | ポポー pawpaw

ポポーの苗

昨年9月に収穫した自家生産ポポーの第1号から採取した種(60個)から苗つくりを試みています。

ポポーの種は冬の低温暴露が発芽のための必須条件であり、また発芽時期が遅いことも知られています。

若い苗は紫外線に弱いという、ポポーの基礎研究を続けているケンタッキー州立大学サイトの情報があります。

Pawpaw Planting Guide (Kentucky State University Cooperative Extension Program)
http://www.pawpaw.kysu.edu/pawpaw/ppg.htm

<Although the pawpaw is capable of fruiting in the shade, optimum yields are
obtained in open exposure, with some protection from wind (on account of
the large leaves). Germinating seedlings, however, will not survive under
those conditions because they are extremely sensitive to full sunlight,
which can kill them.>


発芽してから2年間は苗の成長が遅く、紫外線に弱いので直射日光に当てず、ゆっくり育てます。

現在60個中24(4割)の種から芽が出ています。
e0094349_820299.jpg
e0094349_820986.jpg
e0094349_8201740.jpg

前回の苗つくりでは35個の種が全部発芽しましたので、今回も高い率で発芽が期待できそうです。

果実が実るためには5から8年待たねばなりません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-15 08:21 | ポポー pawpaw