beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ポポー pawpaw( 58 )


ポポーの実

台風4号が現在接近中で、5号がその後に続いて来るようです。

ポポーの実がかなり大きくなっていて、台風の直撃が心配の種となりました。秋の収穫祭で20個以上の実がとれることを期待しているのです。

ポポーの様子を新しいデジカメで撮影しました。オリンパスのミュータフ6000がいかれてしまって、交代したのはペンタックスWG-1です。15m防水、1cmマクロがLED5灯の内臓照明で撮影できる優れものです。最近WG-2という新機種が出ていますが、ボディの色が気に入らないので一つ前のモデルにしました。
e0094349_10101173.jpg
e0094349_1010201.jpg

実をつけている木は中央の幹の頭をカットして詰めましたが、横に広がっています。
e0094349_10132443.jpg

それに対して昨年6個の実を収穫した木は今年は実がつかないで、ドンドン育っています。
e0094349_10125241.jpg

昨年秋に1メートル半くらいだったのが、今は2メートルを超えています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-19 10:14 | ポポー pawpaw

招かれざる客

サクランボの実が色づいてきたので、今朝、木をすっぽりと覆う鳥よけネットをかぶせました。
e0094349_19223419.jpg

木の高さが3mくらいなので6x6mの網を取り寄せました。

すそ周りに隙間が開いていたのでクリップを探しに離れた隙に、なんとヒヨドリが網の内側に侵入して出られなくなって暴れていました。
e0094349_1925929.jpg

タモ網で御用、取り押さえて、網をかけていない別の木のサクランボを食べるのだよと、よく言い聞かせてから離してやりました。

ポポーの木は、花が終わりかかっていて、小さな実が付いています。
e0094349_19281892.jpg
e0094349_19283093.jpg

昨年、ポポーの熟した実を攻撃する鳥はいませんでした。ブラックベリーやブルーベリーの実も鳥から保護する必要がありません。外来の果樹は野鳥に好まれていないのか、味が知られていないのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-28 19:30 | ポポー pawpaw

ポポーの開花

大きく育ったポポーの木、3株に花芽がたくさん出ていて、ようやくつぼみが膨らみ始めました。
e0094349_15395070.jpg
e0094349_15395944.jpg

台風の被害にあわなければ、秋の収穫が期待できそうです。

同じく植えてから5年余りのサクランボの木も大きくなって、今年は実が沢山付いています。
e0094349_1541487.jpg

ヒヨドリに狙われたらひとたまりもないので、タイミングをはかって鳥よけネットをかぶせるつもりです。

サクランボは染井吉野より早く咲く山桜よりもさらに開花が早いので、3種類の桜を並べて植えれば次々に花見が楽しめ、おまけにサクランボの実が楽しめます。

草むらの中に見慣れない花が咲いていたので、おまけです。
e0094349_15455091.jpg

何の花でしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-10 15:46 | ポポー pawpaw

庭のポポーが熟しました

6個あった、ポポーの木にぶら下がっていた実の数が減ったので伸び放題の草を掻き分けたら下に3つ落ちていました。まだ木に残っていた実に触れたら2つ落下し、1つだけ残りました。それをもぎ取って、一緒に追熟させることに決定。予想は9月の後半だったので危なく見過ごすところでした。

接木苗を植えてから4年目にして最初の収穫です。
e0094349_16224574.jpg

実の大きさは、長さが7センチ半から8センチ半です。

見かけはアケビに似ていますが、中身は果肉がぎっしりで柿の種によく似た種が並んで入っています。

この木はアメリカ産の選抜品種ですが、名札が消えてしまって、どれだったか(3種類植えましたが)わかりません。もう一本の木にも実が付きましたが、成育が悪くて実は育ちませんでした。

来週にでも試食会を開催しましょう。

<追記>
9月7日の午後、サルナシ・ポポー園の参加者を招待して試食しました。
e0094349_1753142.jpg

果皮が黒ずんでいましたが、果肉は黄色みが強いオレンジ色です。大きな種が2列に並んでいました。

追熟が行きすぎの手前くらい、芳醇な香りと独特の味を皆さんが珍しがって賞味しました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-03 16:28 | ポポー pawpaw

ポポーの実が太ってきました

春の旱魃を埋め合わせるように梅雨の雨が降り続きます。遅れていた塩見地区の田植えがほぼ完了し、水田の風景が美しくなりました。

ポポーの実が一段と大きくなり、2本の木に合計1ダースの果実が残っています。
e0094349_801550.jpg

ブルーベリーの実も早いものは収穫が近づきました。
e0094349_805689.jpg

ビワは昨年実りすぎだった反動で今年は少なくなっていて、実がそろそろ熟します。
e0094349_82987.jpg

パッションフルーツも結実開始と同時に蔓も急成長しています。
e0094349_824917.jpg

ユスラウメとグミの実が終わり、選手交替です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-13 08:03 | ポポー pawpaw

ポポーの実など

庭のポポーの実が順調に育っていて、小指の先くらいになっています。枝先に一つだけのものからクラスターになったものまであります。大きな葉が茂って、実を隠すようになりました。
e0094349_12472995.jpg

e0094349_12484268.jpg
e0094349_12484951.jpg
e0094349_12485818.jpg

ポポーに横にあるユスラウメの実が赤くなり始めました。
e0094349_12495117.jpg

ユスラウメは、上から見て、鳥の眼が届かない葉陰に実が着いています。
e0094349_125009.jpg

少し離れた場所で西洋グミも真っ赤に熟しています。

熟したグミの実は真っ赤になって目立っているのに鳥が食べないのは何故でしょう。
e0094349_12525528.jpg

e0094349_1253394.jpg

ホタル見物の時期に熟すグミやユスラウメは、お客をもてなすのにちょうど良い果物です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-24 12:55 | ポポー pawpaw

ポポーの着果

接木苗から4年間育てたポポーの木2本の高さは1メートル半を越えて、今年は多数の花を咲かせています。

昨年の結実はすべて落果に終わりましたが、今年は実が残るかもしれません。

今朝の様子を画像で記録しておきます。
e0094349_10444941.jpg
e0094349_1044593.jpg
e0094349_1045636.jpg
e0094349_10451516.jpg

緑から濃い紫色に変化した花弁が開き、授粉してから落ちた後に小さな実が現れました。

3月にポポーの苗を30本植栽した結果は上々です。
e0094349_10483087.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-05-02 10:49 | ポポー pawpaw

ポポーの開花

サルナシ類各種はすでに新芽から新葉が出ていますが、ポポーは今週になってから新葉が開き始めました。接木苗から育てている木では、葉が出る前に花芽が出ていて、昨日から開花が始まっています。
e0094349_1235826.jpg

e0094349_12353535.jpg
e0094349_1235459.jpg
e0094349_12355368.jpg

色も形もユニークで、何度見ても不思議な花です。下を向いて開くのは何故でしょうか。

外来種の植物であり、授粉昆虫がいるかどうかが鍵です。いなければ人工授粉が必要となります。

実生苗から育てた1本は4年目で4m位の高さになりましたが、まだ花芽ができておらず、花を咲かせていません。しかし、スタートは同じだった接木苗から育てた高さ1m半くらいの3本の木には花が沢山咲いていますので、今年こそ実をつけてくれるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-12 12:43 | ポポー pawpaw

アメリカのポポー情報

きたる10日のプレゼンに使うため、ポポーについて、原産地であるアメリカの最新情報を集めています。

ポポーはオハイオ州の野生果実として認定されていて、毎年の収穫時期にポポー祭りが開催されています。今年の祭りの写真アルバムがケンタッキー州立大学のポポー研究室サイトにありました。
リンク先のアドレスです:http://www.pawpaw.kysu.edu/photographs_from_the_ohio_pawpaw2010.htm

Photographs from the Ohio Pawpaw Festival on September 17-18-19th, 2010
in Albany, Ohio

Over 3500 people attended the 2010 Ohio Pawpaw Festival on Saturday
alone this year.
There was music, foods with pawpaw, pawpaw education seminars,
jewlery and crafts, and pawpaw beer.


ケンタッキー州立大学にはフルタイムでポポーの研究を続けている専門家がいます。

<KSU Pawpaw Program>

The pawpaw (Asimina triloba) fruit has both fresh market and
processing appeal, with a tropical like flavor that resembles a combination
of banana, mango, and pineapple. Kentucky State University has the only
full-time pawpaw research program in the world as part of the KSU Land
Grant Program. Pawpaw research efforts are directed at improving seed
and clonal propagation methods, developing orchard management
recommendations, conducting regional variety trials, understanding fruit
ripening processes, developing fruit storage techniques, and germplasm
collection and characterization of genetic diversity.

ポポーの果実はバナナ、マンゴー、パイナップルを組合わせた熱帯様の風味を持っていて、生食でも加工食品としてもよい。ケンタッキー州立大学にはKSUランド・グラント・プログラムの一環として、世界で唯一のフルタイムのポポーの研究プログラムがあります。ポポーの研究は、種子・クローン増殖での品種改良、果樹園の管理手法、地域品種の試験栽培、果実の熟成過程の解明、果実の貯蔵技術の開発、遺伝資源の収集と遺伝的多様性の特性を記載する努力が向けられています。
ランド・グラント・プログラム:生産的な分野(農林水産関係が多い)の基礎研究と改良普及事業を大学の研究者とスタッフが行い、それを国や州から公的助成金で支援する仕組み(アメリカを農業大国として発展させた基盤)
http://www.kysu.edu/landGrant/

(つづく)
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-07 19:21 | ポポー pawpaw

アテモヤ

児湯郡の応援ショッピング第2弾です。前に買った宮崎県(新富?)産パッションフルーツが良かったので、同じショップで続けて購入し、埼玉在住の妹もパッションフルーツが好きなので送ってあげました。アイスクリームに入れて食べ過ぎ田結果、夏太りで困ると文句を言われました。贈り物に文句を言うのは兄も妹も同じ血が流れている証拠です。私は先だって送ってもらった「神戸牛100%角切入り、ビーフカレーとビーフシチューセット」に文句をつけています(普通のレトルトもののビーフカレー、ビーフシチュウの数倍以上の販売価格なので、お金の使い方がバカらしいから)。業者の勧めでお付き合いで買ったものを送ったと言っていました。

さて、オンラインの新富のフルーツ販売サイトから、マンゴーの売れ残りセールと並んで、アテモヤはいかがというメールが先週から毎日きています。案内が1日2回来ることもあるので、よほど良いお客と思われたのでしょう。余りしつこいと受信オフにしたくなるのですが、口蹄疫被災地からなので、むげに扱えません。

パッションフルーツの宮崎県での知名度の低さは実感していますが、アテモヤを知っている人は宮崎県で何人くらいでしょうか。熱帯果実でほぼ誰でも知っているバナナやマンゴーの知名度に比べれば1万分の1くらいでしょうか。

植物学的にはバンレイシ科に属するアテスとチェリモヤの交配で作出された園芸種です。

これバンレイシ科にはトゲバンレイシ(サワーサップ)という巨大な美味しい果実ができるもの、世界的に最も美味な果物の一つである熱帯の乾燥地でできるチェリモヤ、甘ったるいアテス(シャカトウ:釈迦頭、別名シュガーアップル)、誰も食べないギュウシンリ(牛の心臓のような形の実:牛心梨、接木の台木になる)、そして温帯種のポポー(インディアンバナナ)です。

沖縄在住の間、自宅の庭でシャカトウとアテモヤ、サワーサップは栽培して実を食べていました。しかし、チェリモヤは花に人工授粉をして結実させる準備ができた時点で移住となりました。果樹は実を食べるまでの成育期間が長いので困ります。その他の熱帯果樹で自宅栽培していたのはライチー、パッション・フルーツ、アセロラなどです。
e0094349_1936289.jpg

新富から配送されたアテモヤはチェリモヤに近い姿をしています。追熟してから食べますので、まだカットしていません。沖縄で栽培したアテモヤは赤っぽい実でシャカトウに近いものでした。

熱帯産バンレイシ類の果実は完熟すると地上に落下するので、トゲバンレイシの場合は落果の音が家の中まで響き、木の下ではぺちゃんこになった実が落ちています(実をつぶしたくないときは、あらかじめネットをかけてキャッチします:完熟マンゴーと同じ)。

今年はポポーの実ができなかったので、アテモヤを食しておいて、来年を待ちます。
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-26 19:39 | ポポー pawpaw