beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ポポー pawpaw( 58 )


ポポーの花

サルナシ類の栽培を計画しているのは、本命と考えているポポー果樹園の防風柵に蔓を這わせて一石二鳥を狙っているからです。

庭のポポーは昨年は幼果が全部落ちて、結局実を食べることができませんでした。さて今年はどうなるでしょうか。接木3本は人の背丈まで、そして実生1本が2mを超えた高さになっています。樹高3mを超えるまではダメかもしれませんが、今年も開花して小さい実が付き始めています。
e0094349_1945058.jpg
e0094349_1945897.jpg

おまけの画像、オバボタルが勝手口のガラス窓に止まっていました。
e0094349_19455553.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-04-20 19:46 | ポポー pawpaw

ポポー栽培

果実ができたと喜んだのも束の間、今朝チェックしたらポポーの幼果が4房全部、落ちていました。
e0094349_9175414.jpg

ウエルズという品種で、接木苗を植えて二度の冬を越えたものです。樹高は肩の高さです。
e0094349_919619.jpg

まだ木が小さいので果実が大きくなるのは無理だろう、と思っていたところ、予想通り自分で調節してくれました。来年までに、今年の成育期間中ぐんと大きくなる方が重要です。

1回目の冬を越えた実生苗35本が全部健在です。1昨年食べた果実の種から昨年発芽した連中で、冬の間は落葉していましたが、4月後半から葉を出し始めて極めて元気に育っています。
e0094349_9294514.jpg

5月に入ってから若い葉に直射日光が当たらないように遮光ネットを設置しました。ポポーは森林の中で大きな樹木の下で育つ植物であり、幼樹は紫外線に弱いとされています。最初の2年間は苗を日陰もの扱いです。3年目からは日光に当てる方がよいというので、来年の春までに定植する場所を選定する必要があります。木がもろく、強風が当たると折れるそうなので、防風対策が重要です。植えつける前に竹で防風フェンスを作っておきましょう。

外来種の強みと植物体内の殺虫成分のおかげで、このポポーの葉を食べるような虫は少ないようです。それでも苗の一部が何かに食われていました。この犯人を見つけて防除する必要があるでしょう。
e0094349_9311096.jpg


さて、コメントでポポーの殺虫成分について質問を受けた件です。アメリカ農務省サイトの研究情報があります。その概要のさわりの部分を引用して、日本語で説明しておきます。
Paw Paw Extract As a Botanical Insecticide, 2002
http://www.ars.usda.gov/research/publications/Publications.htm?seq_no_115=148245

<Toxicity of acetogenins compared favorably to malathion and topical applications were also more effective than phosmet for knocking down aphids and gall midges of varying ages. New classes of pesticides, like Annonaceous acetogenins, are needed to replace or supplement organophosphate and carbamate insecticides in IPM programs. The acetogenins are unusual among many natural insecticides in that they have broad pesticidal activity, induce rapid mortality, and have a complex mode of action that helps to thwart insecticidal resistance. >

アセトゲニンのアブラムシやタマバエ類(の様々な成育段階)に対する毒性はマラチオンと同等であり、局所的に使えばフォスメットよりも強力である。総合的有害生物管理において、バンレイシ科アセトゲニンなどの新規(天然)殺虫剤は有機リン系やカーバメイト殺虫剤の代替あるいは補強のために必要とされている。多くの天然殺虫成分のなかで、アセトゲニンは広範囲の害虫に有効であること、即効性があり、複雑な働きで抵抗性を無効にする、という点で特異的である。

エキサイト翻訳にかけると:

<acetogeninsの毒性がマラチオンに勝るとも劣らなく、異なった時代のアブラムシと胆汁ユスリカを打ち倒すには、また、時事問題のアプリケーションもphosmetより効果的でした。 Annonaceous acetogeninsのように、新しいクラスの殺虫剤が、IPMプログラムで有機りん酸塩とカルバメート系殺虫剤を取り替えるか、または補うのが必要です。 acetogeninsはそれらには広い殺虫作用があるので、多くの自然な殺虫剤の中で珍しく、急速な死亡率を引き起こして、殺虫の抵抗を阻むのを助ける動作の複雑な方法を持っています。>

これで内容がわかりますか。この程度が無料翻訳の限界でしょう。

{追記}

ケンタッキー州立大学のポポーの専門サイトにアセトゲニンに関する最新学術情報があり、pdfファイルが無料でダウンロードできるようになっています。(掲載元では有料)
Paw Paw and Cancer: Annonaceous Acetogenins from Discovery to Commercial Products. 2008. Jerry L. McLaughlin. Journal of Natural Products, 71:1311-1321.
http://www.pawpaw.kysu.edu/PDF/McLaughlin2008.pdf

この総説論文に、ポポー・アセトゲニンの殺虫剤そして抗癌剤としての利用・実用化に向けた研究成果が詳しくまとめられていました。

殺虫剤として市販されている製品はピレトリン(パイレスリン)耐性ができているニンゲンのアタマジラミを駆除するシャンプーがあるそうです。ピレトリンは元々は除虫菊から抽出された天然の殺虫成分で、合成ピレトリンが製品化される前は瀬戸内海の島々で広く除虫菊栽培が行われていました。かつて日本人の頭髪の中に普通に見られたシラミが消えたのは、除虫菊のピレトリンが殺虫剤として製品化されたおかげでした。それに貢献した除虫菊の栽培は合成化学工業で安価に生産されるピレトリンの登場で消えてしまったわけです。

ポポーの若い枝葉には、5月頃に高い濃度でアセトゲニン(化学物質としては脂肪酸の一種であり、細部構造が異なる多くの物質があります)が含まれているので、アメリカの南東部に広がるポポー果樹園から剪定された枝を集め、有効成分を抽出する工場システムができているということです。

アセトゲニンはポポーの果実にも含まれていて、何千年も前からその果実が食べられ続けてきたように、人間や犬猫などに毒性が弱いものです。ポポーの枝葉を集めて絞り汁を作って、ペットのノミやダニ退治にも利用できるでしょう。シャンプーの実用化に関して、人間に、特に目に悪い影響が出ないか、チェックされています。また、作物に付く害虫や線虫の駆除にも有効であることは実験で示されていますが、農薬としてはまだ実用化されていないようです。

抗癌剤としては、薬剤ではなく、サプリメントとして市販されているそうです。アメリカの薬事法でこのようなサプリメントは販売に際して抗癌効果を謳うことが禁じられているので、表立っては(抗癌用として)販売されていませんが、患者に投与した実験で癌の進行を抑える効果が見られたことが報告されているそうです。その効果がどのようにして発揮されるのかについて、この論文は生理的なメカニズムに関する推論を詳しく書いています(内容は極めて高度で専門的なので省略しますが、大雑把に言えば癌細胞が増殖するエネルギー供給システムに障害を引き起こし、細胞死をもたらすようです)。

ポポーはアメリカで葉タバコの栽培が減少する中で、農地をポポー果樹園に転作する政策が実りつつあるようです。中西部で秋が深まるとポポーの果実の収穫期が来て、各地でポポー祭りが行われます。

たとえばオハイオ州では今年の9月のポポー祭りの案内が出ています。ポポーの収穫を祝って、ポポーワインを振る舞い、パレードや美人コンテストをやったりするのがアメリカ流の祭りでしょう。
http://www.ohiopawpawfest.com/

検索して見つけたミス・ポポーの画像です。ただし、この写真の女性は、ポポーというミシガン州南西部の地名があって、そこを代表しています。ポポー高校の生徒さんです。
http://www.blossomtimefestival.org/media/2009Queens/MissPawPaw_MeganVandenberg.jpg
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-11 10:05 | ポポー pawpaw

ポポーが結実したらしい

今日も林道を走ってきましたが、特に収穫なしです。国道327号線から東郷町の広瀬のところで耳川を渡り、山の中の集落を鵜戸木、長崎、日田尾、そして田の原(たのはる)と石並川の源流の渓谷を辿って、車で走って見てきました。

石並川は県北でもっとも美しい川の一つであると思います。源流域では渓谷が深く刻まれていて、杉の人工林もわりと少なく、畜産施設はありますがどうやら軒並み廃業しているようです。標高300m以上の山頂付近に田畑や住居が広がっていて、そのような所まで開拓した先人たちの労苦がしのばれます。

やや下流の方に河川プールとキャンプ地がありますが、周囲の自然景観は美しく、川水が清らかでとてもよい環境につくられています。

流域の自然景観を写真で表現するのが難しい場所ですが、田の原にある広域農道脇のやまびこ直売店に写真絵葉書がありました(あまりアピールしなかったので、購入していません。ごめんなさい)。

田の原でサルナシの里つくりをしているKさん宅に立ち寄り、先日差し上げたハンダマに関する情報、資料を渡してから帰路につきました。サルナシとマタタビの蔓は今頃はまだ伸びていないため探しにくいと教えてもらい、来月の後半に生えているところに案内してもらう約束をしました。

自宅に戻って庭を点検したら、ポポーの花が授粉したらしく、幼果らしきものが束になっているので撮影しました。このようなものが4つできています。
e0094349_1424323.jpg

今後、うまく育ってくれるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-28 14:23 | ポポー pawpaw

ポポーの花が咲いています

ポポーというのは熱帯のパパイヤと紛らわしく、同じバンレイシ科のものがほとんど熱帯植物であるためか、熱帯果樹のカテゴリーで苗をネット販売しているサイトもあります。しかし、アメリカ合衆国の南東部原産ですから、宮崎県や鹿児島県くらいの気候で成育するものです。

沖縄ではバンレイシ科のアテモヤとサワーサップを庭で栽培して果実を収穫して食べていました。この類ではチェリモヤが一番うまいのですが、授粉が難しくて花は咲いても実が付かずで、木は大きくなりましたが結局収穫できませんでした。

日向市に移住してからチェリモヤの苗を購入して栽培を試して見ました。熱帯産と言っても高山地帯が原産ですから、耐寒性はあるかもしれないと思ったのでした。しかし、霜には落葉して耐えても、氷が張るような寒波には耐えることができず、実を食べて得た種からの苗も含めて全滅です。パッションフルーツも同じくダメでした。

熱帯種はどうせダメだろうとおもっていましたので、バックアップとして眼を付けたのがポポーです。ネット販売サイトから取り寄せ、おいしく食べた実の種から育て、最初の冬を過ごした苗が35本ありますが、今週から新葉を出し始めています。これを大きく育てて、ポポーの果樹園の基礎をつくるつもりです。その一方で、アメリカからいろいろな栽培品種の接木苗が輸入されてネット販売されているので、4品種を1本ずつ庭に植えました。そのうち1本は枯れてしまいましたが、残る3本は元気で花芽をつけて越冬し、今週から開花を始めています。下の写真はウェルズという品種です。花が下向きに開花するので撮影しにくいのですが、LED内臓の接写で何とかなりました。
e0094349_1881446.jpg
e0094349_1882262.jpg

花芽はこげ茶色で、開花する前は緑色になり、花は濃い赤ムラサキになります。
これから開花するものが下の写真です。
e0094349_1810868.jpg

ふた冬過ぎても、接木苗はまだ肩の高さまでしかありません。高さが4~5mになる木ですが、はじめのうちは生長が遅いようです。今の木は花の数とバランスが取れていないので、授粉したとしてもいずれ落果が落下するでしょう。少し咲いていた一昨年と昨年の花は全部落ちましたが、今年は少し残るかもしれません。

アメリカでは政府の研究資金援助(Land Grantという仕組みがあります、水産ではSea Grantがあり、私はグアム大学在職中にシャコガイの養殖の基礎研究を担当しました)でポポーの優良品種を確保するために選抜育種などの試験を続けています。すでに数十品種あるようです。喫煙者の減少で葉タバコの生産が縮小を続けていることを背景にして、代替作物としてポポーが注目されているからです。作物の転換や果樹の生産には時間がかかりますので、農業試験場や大学などの農学研究者が時間をかけて基礎を固めるように試験研究を進めていなければなりません。
ケンタッキー州立大学にはポポーの専門家の情報サイトがあります。
http://www.pawpaw.kysu.edu/
アメリカ政府の農務省にあるUSDA ARS National Clonal Germplasm Repository
Asimina Genetic Resources Pawpaw
http://www.ars-grin.gov/ars/PacWest/Corvallis/ncgr/minor/asiinfo.html

葉タバコ生産量日本一の宮崎県では、進行中の生産縮小をにらんで、その生産農家を救うために作物の転換などをあらかじめ検討して、具体的な計画を立案するべきだと思いますが、この問題に関した県議会議員の質問や行政担当者の答弁を見ていると、無為無策のまま、崖っぷちまでズルズル行き、そのまま見捨てることになりそうな姿が見えてきます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-15 18:12 | ポポー pawpaw

お待たせの芽生え

e0094349_1827351.jpg

昨年10月に種まきしてから待ちに待った芽生えです。
まずはポポーですが、冬を越えて低温を経験することが発芽条件となっている
ので仕方がありませんが、それにしても待たせます。出始めたら発芽率は高い。
デカイ種(柿の種みたい)を脱ぎ捨てて、ごく小さい双葉が出たのが意外でした。

次はまだ少数が出始めたばかりの月桃の芽ばえです。同じく昨年秋に撒いて
おいたものです。種の原産地は種子島です。発芽温度が高いのでしょうか。
e0094349_18331116.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-06-30 18:33 | ポポー pawpaw

ポポーの花

テイラーの花が開きましたので下からと上からの写真です。
e0094349_1047874.jpg
e0094349_10471898.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-05-11 10:47 | ポポー pawpaw

その後のポポー

e0094349_16405054.jpg

ウエルズという品種の花芽です。この栽培種が一番美味しいとかいうので追加して
買いました。現在花芽が5つ付いています。葉はようやく出始めています。
e0094349_1642287.jpg
e0094349_16423920.jpg

最初に植えたテイラーの花が膨らみ始めています。つややかな葉がきれいです。
こちらの苗には花は1輪だけです。
ついでにおまけの、そのうち美味しいもの:まずはブラックベリーの花はピンクです。
e0094349_16445589.jpg

ブルーベリーは花が終わって実ができています。沢山実っているので、苗木に投資
した分は今年でもとがとれそうです。
e0094349_1647267.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-05-07 16:47 | ポポー pawpaw

ポポーとパッションフルーツの苗

e0094349_641453.jpg

宮崎県でも路地栽培が可能かどうか、実験開始のパッションフルーツの苗です。
青島では路地で越冬していますが、日向市の山中では冬に枯れてしまう可能性
が高いので、それを防ぐ方法を編み出せば間違いないのですが、冬に入る前に
収穫できればそれでよし、とします。苗は3本植えました。
e0094349_6442238.jpg
e0094349_6443171.jpg

ポポーの苗も4本植えました。実生苗の2本には葉が出ています。
アメリカ産の接木苗はまだ休眠中で、葉と花の芽があります。写真はテイラーという
品種の花芽ですが、苗の高さが1mもないので、実をつけることは無理でしょう。
ウエルズという品種の苗の花芽は毛むくじゃらです。野生から選抜された品種で
すから、それぞれの個性が強いだろうと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-29 06:48 | ポポー pawpaw