beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:アサギマダラ( 23 )


キジョランにアサギマダラの越冬幼虫

e0094349_9324294.jpg

キジョランの葉に丸い孔が増えているのに気がつき、アサギマダラの越冬幼虫が隠れているはず、と探してみたら3個体見つかりました。

上の写真は、幼虫がまさに葉を円形にくり貫く作業が始まっている所です。

キジョランの葉や茎を傷めると、白い乳液を出します。

早朝のキジョランは寒さでややしおれていますが、太陽光を受けるとしっかりします。
e0094349_9315229.jpg

葉に円形の孔が切り抜かれているのはアサギマダラの幼虫の仕業です。
e0094349_93214.jpg

キジョランの葉の裏側に隠れていた幼虫です。
e0094349_9321183.jpg
e0094349_9321950.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2014-12-30 09:39 | アサギマダラ

フジバカマに来ました

青島に移したフジバカマは青色と赤色の花が咲いたのが終わり、白い花が残っています。

11月1日、その花に1頭だけ吸蜜にやってきたアサギマダラのスナップです。
e0094349_1328645.jpg

春のハンダマの花には多数のアサギマダラが群れていましたが、フジバカマはそれほど吸引力がないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-11-04 13:30 | アサギマダラ

クサタチバナの羽付き種

アサギマダラの幼虫の食草はガガイモの仲間が中心であるということで、同じ科の植物を色々と栽培してみました。

クサタチバナには何も来てくれませんでしたが、花が楽しめたことと面白い種ができたことで良しとします。
e0094349_835522.jpg
e0094349_8351455.jpg
e0094349_8352497.jpg

風に吹かれて飛び去った種もあります。

ガガイモとキジョランに花は咲きましたが、種はできていません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-10-29 08:36 | アサギマダラ

ガガイモの開花

アサギマダラの幼虫に食わせるためガガイモとキジョランをプランターで栽培しています。

1年目はどれも全く花が咲かずに終わりましたが、今年はまずガガイモが開花です。
e0094349_8571343.jpg

ガガイモは葉が密生していて、この中に放したアサギマダラの幼虫は行方不明。
e0094349_8582225.jpg

キジョランが蕾をつけていて、開花目前です。
e0094349_859042.jpg

今年はキジョランの種が採取できるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-11 08:59 | アサギマダラ

ガガイモを食う幼虫

いつの間にかキジョランに産み付けられて育っていたアサギマダラの幼虫をガガイモに移して飼育しています。
e0094349_8225652.jpg

新しい環境になじんだようで、一回り大きくなりました。

ガガイモにネットをかけていないため、1個体だけで成虫まで生き残るかどうかわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-12 08:25 | アサギマダラ

幼虫が出現

名古屋、浜名湖そしてさいたま市に出かけて5日間留守にした間に色々な事件が起こっていました。

まず、キジョランの葉にアサギマダラの幼虫が一個体だけ現れました。
e0094349_9223559.jpg

この幼虫がつくったはずの丸い食痕が見つかりません。

そもそも雌のアサギマダラの姿を全く見ていないし、ハンダマに来た雄の数もわずかでした。

旅する蝶は謎の多い蝶です。

次はオオミズアオの幼虫が孵化していました。
e0094349_9253015.jpg

用意しておいたコナラの葉を食べているようです。

どちらの幼虫も大きくなって成虫になってくれることを期待しています。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-07 09:27 | アサギマダラ

スナビキソウの花

昨年、柏崎の海岸から連れてきたスナビキソウをポットに植えておいたものです。
e0094349_10491472.jpg

青島から持ってきたハンダマの花と、このスナビキソウの花にアサギマダラが誘引されて来るかどうか、楽しみに待っています。

卵を産ませるためのキジョランとガガイモが待機しています。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-13 10:51 | アサギマダラ

青島に飛来

動画をどうぞ
http://youtu.be/pCFSUXFO_eo
e0094349_6562748.gif

[PR]

by beachmollusc | 2014-05-10 06:56 | アサギマダラ

スナビキソウの発芽

e0094349_17481073.jpg
初夏のような陽気に誘われたかのように、スナビキソウが芽吹いています。

これは昨年6月に新潟県柏崎市の海岸で採取したもので、自宅の鉢植え二つが共に冬の間に全滅したと思っていたものです。地上部は枯れて朽ち落ちましたが、地下茎が生き残っていて、発芽してくれました。
e0094349_17522656.jpg
e0094349_17524011.jpg
これから成長して花を咲かせてくれることを期待しています。

昨年6月に鉢に植えた当時は、下の写真のように花が咲いていて、後で実のようなものができたのですが、秋に全部枯れました。
e0094349_17543649.jpg
大分県の姫島では、スナビキソウの群落を海岸に植栽してたくさんのアサギマダラを引き寄せています。日向市の小倉ヶ浜でも、なんとかして群落を作りたいと考えています。


[PR]

by beachmollusc | 2014-03-27 17:58 | アサギマダラ

ようやく出現

アサギマダラを誘引するため庭に咲かせたフジバカマの花が終わりかけて、やっと姿を現した小型の1個体は林道の脇に咲いているアザミに来て吸蜜しました。
e0094349_15504634.jpg

遠くを飛び回っていた被写体の姿を捉えた1コマだけ、証拠写真です。

アザミの花はつぼみの時が綺麗です。
e0094349_15513683.jpg
e0094349_15512739.jpg

庭でツワブキの花が咲き出しました。これもアサギマダラが蜜を吸うはずです。
e0094349_15524513.jpg

おまけですが、林道脇に咲く可憐な花です。
e0094349_15533649.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-10-31 15:54 | アサギマダラ