beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:アサギマダラ( 23 )


キジョランの花

e0094349_164452.jpg
e0094349_1643785.jpg

延岡市の鏡山周辺の林道でジャケツイバラの種を採取するため出かけました。しかし、時期が遅かったようで、豆鞘に残っていた種は、カビだらけのものまたは枯死したようなものだけでした。

ところがどっこい、キジョランの群生している場所を5箇所発見し、わずかながら花が咲き始めていたので、思わぬ収穫と成りました。下のようなつぼみがほとんどで、咲いていたのはごくわずかです。
e0094349_16125237.jpg

林道が谷筋を横切っている場所で日陰の斜面に群生していました。
e0094349_1615840.jpg
e0094349_1615180.jpg
e0094349_16145138.jpg

自宅で栽培中のキジョランに花芽がまったく出ていないので、今年は種がとれるかどうか気になっていましたが、冬になれば、この群生地でキジョランの種が採れそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-20 16:19 | アサギマダラ

ガガイモの花

琵琶湖などへの出張中にガガイモの開花が始まっていました。
e0094349_9415617.jpg

花には小さなアリンコが集まっています。

ガガイモにアサギマダラが産卵する頃には種ができているかもしれません。

セイヨウフジバカマの花は、それより前に咲き出していました。
e0094349_9424977.jpg

夏の盛りが過ぎないとアサギマダラは宮崎にやってこないと思われるので、秋に在来のフジバカマと一緒に咲いてくれるのを期待していた物です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-09 09:46 | アサギマダラ

スナビキソウの実

柏崎の海岸からGIビーチに、去る6月に試験的に移植したスナビキソウはいまのところ定着して元気に成長しています。
e0094349_703985.jpg
e0094349_703272.jpg

移植時に花が咲いていたものには実が付いています。
e0094349_713716.jpg

スナビキソウの種子は、海流に乗って漂流して広がるタイプといわれています。

自宅のプランター栽培でもよく成長し、実もしっかり付いています。
e0094349_7114755.jpg
e0094349_7114126.jpg

秋に熟して種を見るのが楽しみです。

秋には柏崎などの日本海の海岸でスナビキソウの種を集め、苗を作ったり、小倉ヶ浜に種まきしたりして、日向灘で絶滅したスナビキソウの復活、そしてアサギマダラを呼び寄せるプロジェクトの準備を進めます。

スナビキソウの種子散布に関する学術情報を検索しましたが、海岸での生育分布状態に関する報告しかみつかりません。

永松 大 (2010)
浦富海岸鴨ヶ磯(鳥取県岩美町)の植生構造
山陰自然史研究, No. 5, pp. 1-7
http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/file/3191/20120210150401/nhrs5_1.pdf

(一部引用)

絶滅のおそれのある種群

 7地点で出現した82種のうち,鳥取県のレッドデータブック掲載種(鳥取県自然環境調査研究会 2002)に該当する種としてはスナビキソウとナミキソウ(いずれも鳥取県準絶滅危惧NT)があげられる。いずれも地点A: 西側砂浜上(ナミキソウは地点Bも)に分布する。ともに海岸の砂浜に生える種で,県内では岩美町から弓ヶ浜まで 10~20地点程度で確認されている。環境省版では取り上げられていないが,都道府県版のレッドデータブックには掲載例が多く,両種ともに兵庫県版(兵庫県県民生活部環境局自然環境保全課 2003),京都府版(京都府企画環境部環境企画課 2002)でも絶滅のおそれが指摘されている。このような種群は比較的小規模な人為改変によっても破壊されやすいとされる(宮脇 1983)。両種の中心的な生育地である波打ち際近くでひんぱんに自然かく乱を受ける不安定な場所を今後とも維持していく必要がある。



中西弘樹 (2001) 西九州における北方系海岸植物数種の分布と生態
長崎大学教育学部紀要. 自然科学, N0. 64, 1-7
http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/6088/1/KJ00000045806.pdf

(一部引用)

スナビキソウ Messerschmidia sibirica(Linn.)Linn.(ムラサキ科)(Fig.1)
砂浜に生育する多年草で,ヨーロッパ,シベ リア南部,満州,中央アジア,ウスリー,朝鮮に分布 し,日本では北海道から本州,四国,九州まで分布する。 西九州では北ほど産地が多く,五島列島や長崎県本土では北部のみに見られる。 南限地 として鹿児島県甑島に記録されているが(土井1983),筆者は確認 していない。北海道や本州では砂浜に生育しているが,本地域では裸海岸の高潮線付近に帯状に生育してお り,打ち上げ群落としての傾向が強い。

[PR]

by beachmollusc | 2013-07-24 07:16 | アサギマダラ

スナビキソウの栽培

柏崎市の海岸では砂浜の後背部に盛り土がされた土手(護岸?)が建設され、その斜面にススキ〈カヤ)の群落ができていました。その群落の周辺ではミヤコグサなどが繁茂していましたが、スナビキソウが少し混ざって窮屈そうでした。
e0094349_9295715.jpg

e0094349_9304420.jpg
e0094349_930352.jpg

このような環境でスナビキソウが生育できるとは驚きでしたが、おそらく他の草に負けてしまうだろう想像し、その一部を実験栽培用に持ち帰っても支障がないだろうと都合よく解釈しました。

持ち帰ったスナビキソウは、海岸の砂を入れた鉢と鹿沼土を入れたプランターに分けて植えています。
e0094349_935796.jpg
e0094349_935112.jpg

上は採取してから1週間の今朝の様子です。ずっと雨に打たれ続けて、花がほぼ咲き終わっています。
e0094349_9373384.jpg

なにやら果実のようなものができているので、もしかしたら種が採れるかも知れません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-12 09:38 | アサギマダラ

スナビキソウ群落

6月4-5日に訪れた柏崎市の海岸では、ちょうどスナビキソウが開花していました。
e0094349_1753890.jpg
e0094349_1753032.jpg

つぼみだけの株が少しあり、大部分の株は咲き広がっています。
e0094349_1811327.jpg

柏崎市博物館のSさんに教えていただいた場所のスナビキソウは、想像したよりも群落の規模は小さくて、そこで採取するのを控えることにしました。秋に種子が採れるはずなので、再度訪問するつもりです。

稼動休止中の柏崎・刈羽原発をバックに群落を撮影しておきました。
e0094349_17571821.jpg

e0094349_17581688.jpg

スナビキソウはハマゴウのような丈夫な茎をもっておらず、本体もやわらかい植物であって、かなり取り扱いが難しい相手であることがわかりました。
e0094349_1821636.jpg

地下茎でつながっている様子が砂の上から想像できます。

ハマヒルガオや外の海浜植物と混生している姿も見られました。
e0094349_183154.jpg
e0094349_183766.jpg

e0094349_1863456.jpg

残念ながら、柏崎の海岸ではスナビキソウが咲いてもアサギマダラは見られないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-07 18:03 | アサギマダラ

日向のイヨカヅラとキジョラン

美々津海岸にイヨカヅラが自生しているという情報を見つけ、日向サンパークの海岸遊歩道を探索してきました。

ちょうど1年前、昨年の5月16日に撮影されたイヨカヅラの写真が「みやざきの植物散策」サイトにありました。
http://www.ramble-among-flora-of-miyazaki.com/sub85-107.html

ゆっくり探した結果は、たった一株だけでしたが、イヨカズラの花が咲いていました。
e0094349_16423146.jpg

e0094349_1643519.jpg

e0094349_16435726.jpg
e0094349_16434986.jpg
e0094349_16433185.jpg

周囲を丁寧に見て歩いた結果で、ほかの株、そして植物散策さんの写真にあった紫色の花が咲く別種はまったく見つかりません。

いずれ種が採れるかと期待して出かけたのですが、1株だけではどうなるかわかりません。

「宮崎と周辺の植物」サイト(http://aodamo.info/)にキジョランはありますがイヨカズラはありません。

一方、植物散策サイトにキジョランがありません。

今日は、イヨカズラの探索中にキジョランらしきものを1株だけ発見しました。
e0094349_16542876.jpg

e0094349_16544422.jpg
e0094349_16543665.jpg

葉を一枚だけ犠牲にして茎から白い乳液がでることを確認しました。
e0094349_16545117.jpg

この遊歩道はよく整備されていて歩きやすく、海岸の景色や海浜植物を見て楽しむことができます。
e0094349_16592432.jpg
e0094349_16591521.jpg

e0094349_16593827.jpg
e0094349_1659314.jpg

ここにも柱状節理が頭を出していました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-16 17:03 | アサギマダラ

青島と日南のアサギマダラ

日向では花が咲かないハンダマですが青島の家では満開となっていて、毎日アサギマダラの群れが舞い踊っています。咲いている花を日向市に持ち帰って、アサギマダラがそれにひかれて飛んでくるかどうか実験です。

今朝の青島では小雨模様でしたが、10頭以上が家の周りに飛んでいました。
e0094349_1692392.jpg
e0094349_1691412.jpg

サンメッセ日南という観光施設でアサギマダラを見ることができるという記述が「アサギマダラ 海を渡る蝶の謎 (Nature Discovery Books) 佐藤 英治著 (2006)山と渓谷社」という本の中にあったので、ついでに訪問して実態を見てきました。
e0094349_16153720.jpg

大人一人700円もとる、ゲート口でtalofaというポリネシア語の挨拶を、不似合いなモアイ像がしています。このような運営状態ではリピーターは少ないでしょう。

切符きりのおねーに聞いたら、電話で問い合わせてくれて、アサギマダラはファーストフードのところで飛んでいるということでした。

レストランの前のキャラ・ペアと並んでいたのは、どこかで見たような人物像ですね。
e0094349_16175391.jpg

貧相なハンダマの花壇に少し花が咲いていて、アサギマダラが数頭、蜜をすっていました。
e0094349_1618447.jpg

e0094349_16191156.jpg
e0094349_1619176.jpg

連休中の良い天気で観光客が多かったタイミングにあわせ、うまい具合にアサギマダラの飛来数が多かったそうです。

ハンダマ(スイゼンジナ)が臭いのでごめんなさい、というしょうもないメッセージがあって、手入れがまったくされていない花壇であってもアサギマダラが寄ってくることがわかりました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-10 16:30 | アサギマダラ

ガガイモの発芽

e0094349_8391335.jpg

アサギマダラの幼虫が食べるガガイモを宮崎県の野生環境で見つけることができないため、ネット販売の苗を購入しました。

苗が到着した時は休眠中でしたが、やっと目覚めて芽を出しています。これは冬に葉が枯れてしまうので、越冬させるために常緑のキジョランを使います。

自宅の南側にある栗林の下草が伸びだして、様々な蔓植物が見られます。ガガイモ科のつる草を見分ける識別力がまだできていないので、「九州の蔓植物」(川原勝征 著、 南方新社、2012年)を参照しながら、どれが何かを調べ始めました。花が咲いていればすぐわかるのですが、それはまだ先でしょう。

下のつる草はスイカズラかもしれません。そろそろ花が咲く頃のはずです。
e0094349_8503029.jpg

次がよくわからない草で、しかもガガイモ科によく似ています。
e0094349_8513244.jpg

e0094349_8514092.jpg

いずれ花が咲けば、種判別できるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-08 08:54 | アサギマダラ

鏡山に舞うアサギマダラ

延岡市北川町の鏡山(標高645m)はスカイスポーツ、ハング・グライダーなどの拠点となっています。宮崎県北部、北浦のリアス海岸の素晴らしい景色が見下ろせる山です。

以前、この山でアサギマダラを見たような記憶があったので出撃しました。

まず登り道で1頭とすれ違いました。飛び方がユニークなので、それとわかります。

標高500mあまりの道路わきで5-6頭が飛び交っていたので車を止めて観察しました。
e0094349_15264648.jpg
e0094349_15263777.jpg
e0094349_15263045.jpg
e0094349_15262185.jpg
e0094349_1526144.jpg

交尾しながら飛んでいたカップルを瞬間的に目撃しましたが、写真撮影はできませんでした。

この蝶が蜜を吸うキク科植物の花は周辺にみあたりません。

花ではなく、(キク科?植物)のしおれた部分に引き寄せられていたようです。

アサギマダラは、フジバカマやハンダマなどの枯れ葉に集まるといわれていますので、同様な現象かもしれません。

青島ではハンダマが花盛りで、アサギマダラが群れ集まっているようです。

日向市で温室で越冬させたハンダマの花がなぜ咲かないのか、まだ理由がわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-05 15:34 | アサギマダラ

バタバタ大作戦

日向のホタルは安泰ですが、もう一つのターゲットであるタマムシの増殖はクヌギの調達が進まずに棚上げ、そこで、当面の新目標として、日向市の山中と海岸でアサギマダラが乱舞する姿を楽しめるようにバタバタ大作戦の開始です。

自宅周辺では多くの種類のチョウチョが飛び回っていますが、バタフライ・ガーデンの目玉はもちろんアサギマダラでしょう。

アサギマダラは、これまで庭に立ち寄ってくれたことはありますが、蜜を吸うべき花と卵を産み付けるべき幼虫の食草がありませんでした。(ハンダマの栽培は数年前から続けていますが、開花してくれません)

作戦の手始めとして、幼虫の食草となるキジョランとガガイモの苗が到着しています。ガガイモは落葉するつる草ですが、キジョランは冬場に葉が枯れ落ちないので幼虫の越冬にもってこいです。

自然彩々ブログの夢庵さんから送っていただいたキジョランの苗です。
e0094349_1116563.jpg


成虫が吸蜜する花として、春から初夏のスナビキソウは宮崎県で絶滅植物となっている海浜植物です。大分の国東半島沖にある姫島の海岸では連休時期から開花して無数のアサギマダラが舞い踊り、観光客を呼び寄せているようです。

2012.5.29 大分県 姫島村 アサギマダラ
http://youtu.be/yDgEgaZGdbY

この植物を日向市の小倉ヶ浜に群生させてアサギマダラを呼び寄せることができるかどうか、調べていたらハマグリ調査でご縁がある新潟県の柏崎市でいくらでも生育していること、現地の苗が簡単に得られることがわかりました。

春の植物としてハンダマ(キンジソウ、またはスイゼンジナ)の花が自宅では開花してくれないので、クサタチバナはどうなるか試すことにしました。

宮崎県でクサタチバナは絶滅危惧種( http://www.kurosan.sakura.ne.jp/RDB/map/sp-2/3/2354.htm )ですが、野草のネット販売で苗を入手できて、ちょうど花が咲き始めている苗でした。
e0094349_11134171.jpg

e0094349_1115451.jpg


宮崎と周辺の植物サイトにあるクサタチバナの記事:
http://www.aodamo.info/kusatatibana.htm
<  クサタチバナは花がミカンの仲間のタチバナに似ていることから付けられたそうだが、確かに似た感じはある。(当ホームページのファイルN038参照)
  自生地は関東(福島県)以西近畿、中国、四国とされていたが、最近宮崎でも1ヶ所その存在が地元専門家によって確認されている。
  主にブナ帯の石灰岩地などの特殊な環境下で生育している関係からか、全国版のレッドデータブックに載るほどではないが、県の中には絶滅、あるいは生育数減少と報告されている所もある中で、宮崎で自生が確認された意味は大きい。>


秋に花が咲く吸蜜植物として代表的なものはフジバカマです。これもネット販売で苗が購入できました。

アカバナ、アオバナ(セイヨウフジバカマ)、そしてシロバナのフジバカマをプランターに寄せ植えです。
e0094349_11173795.jpg

同時に花が咲けば、どこかの国旗みたいですね。
[PR]

by beachmollusc | 2013-04-29 11:21 | アサギマダラ