beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:アサギマダラ( 23 )


ハンダマの越冬作戦

ハンダマ(沖縄での名称で、金沢の金時草、熊本の水前寺菜と同じ)の花は春に咲き、それを渡りをするアサギマダラが吸蜜にやってきます。

青島では多数のアサギマダラがやって来てふわふわと花から花へと飛び回る姿がとても優美でした。

ひむかのハマグリ : ハンダマにアサギマダラが大集合 2009年4月23日
http://beachmollu.exblog.jp/10106493/

青島では、その後新しく引っ越して来た隣家が一つ葉の生垣を食害するキオビエダシャクの防除のために殺虫剤を撒いてくれてから、アサギマダラは完全に駆逐されてしまいました。

日向市でもアサギマダラの乱舞をぜひを見たいと思っていたので、数年前からハンダマの栽培をやっています。路地で茎は何とか冬の低温を生き残るのですが、春に育って花を咲かせるタイミングが合いません。

茎だけでなく、葉がついたままハンダマを越冬させる必要があるので、この冬は生き残り実験をやっています。一つは山から湧き水を引いて流し続けている大型とろ箱のひさしの下に植えてみました。水温は日中で8度くらいですが、最低温度は測定していません。
e0094349_12115747.jpg

今朝は、この冬一番の寒波で、北側の屋外の気温がマイナス5度で最低を記録しました。さすがに、路地植えではきついようで、葉がほとんど枯れています。
e0094349_1212930.jpg

それでも、トロ箱のすぐ下では何とか生き残っていました。
e0094349_12121720.jpg

もう一方では、日がよく当たるベランダの一角に簡易温室で囲ったプランターを二つ置いて、夜間はシーツを温室にかぶせて冷却の程度をやわらげています。最高・最低温度を測定してみたら、だいたい最低が5度で最高が25度くらいです。
e0094349_12175159.jpg

この環境はハンダマを越冬させるために十分なようで、新しい葉も出て成長を続けています。
e0094349_12182452.jpg
e0094349_1218331.jpg

ミッキーとハートも昼間はベランダの陽だまりで暖まっています。
e0094349_12192642.jpg
e0094349_12193635.jpg

午後2時ころには太陽が杉の大木の陰に入ってしまうので、日光浴の時間は限られています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-12 12:21 | アサギマダラ

GIビーチと自宅にアサギマダラ出現

明日から見学者グループが来訪の予定なので配布する資料つくりを先週からずっとやっています。ホシサポーの里について説明する10頁の文書が昨夜完成し、とりあえず20部カラー写真入りで印刷しました。

たちまちインク・カートリッジが空になり、予備と交換し、またプリント用紙が次のグループ用に不足するので、量販電気店に出かけました。

10時半開店の店なので、その前にGIビーチへ出かけてワンワンを走らせ、トンビどもにパンのかけらを投げて空中キャッチさせてきました。トンビと呼吸が合ってナイスキャッチ、見事なものです。トンビは飛びながら足で捕まえたパンを口の前にまげてむしゃむしゃ食べていました。

GIビーチの駐車場に着いた途端ですが、目の前をヒラヒラ飛んでいるアサギマダラと遭遇し、あわててカメラを向けました。アサガオに止まったところをワンショットだけ撮影できて、その直後上空に舞い上がって消えました。
e0094349_14185385.jpg

買い物が済んで、家に戻り、車を止めた途端、また目の前でヒラヒラとアサギマダラが1頭飛んでいました。まさかGIビーチから先回りして飛んできたとも思えませんが、偶然にしてはでき過ぎです。

残念ながら、マツムシソウの花が終わっていて、密を吸う花が周囲になかったせいか、写真を撮らせてくれずに上空に飛び去りました。

来年春はハンダマの花に来てくれることを願っています。
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-15 14:22 | アサギマダラ

ハンダマにアサギマダラが大集合

今日の昼前、青島の家に植えられたハンダマ(沖縄での通称)の花に見慣れないチョウチョが群れて吸蜜していました。調べてみたらアサギマダラのようです。

金時草(キンジソウ)のすべて、というサイト
(http://www.geocities.jp/kabeastu/index.html)
に詳しい情報が書かれていました。
e0094349_18372591.jpg
e0094349_18373388.jpg
e0094349_18374143.jpg

動きはそれほど早くないのですが、ふわふわ飛んでから止まるとすぐに羽根をたたんでしまうので、シャッターチャンスがなかなかありませんでした。何とか見えるショットをアップしておきます。

アサギマダラが手乗り蝶になりそうな状態で周囲を飛ぶ姿はなかなか面白いものです。この野菜を食べる気は全くないのですが、バタフライ・ガーデンのメニューを増やすために日向に移植するためにもって帰りました。湿気の多い場所で育つ草のようですから、ホタル水路の周辺に植えておきましょう。

青島では蝶の卵が付きすぎて食用にならないほどになったようです。宮崎県で大増殖してもらって、越冬地の奄美大島のtさん(綾蝶-あやはべらサイト)のところに送り出しましょう。
http://ayahabera.com/

しかし、ハンダマは、成虫がその蜜を好むだけで、幼虫の食草にならないかもしれません。キジョランという絶滅危惧(危急)種の植物が必要かもしれません。成虫はアザミの花からも蜜を吸うそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-23 18:48 | アサギマダラ