beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:トケイソウ( 28 )


パッションフルーツの越冬

e0094349_13223159.jpg

地植えしたパッションフルーツは、夏に実がたくさんとれ、今は冬実を3つ付けて元気いっぱいです。

しかし、これからの寒波で霜が当たれば、葉がダメージを受けるはずです。

かなり太くなっている茎と根っこを、腐葉土とこもで覆って越冬させることが可能であれば、来年も実がとれるかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-11-09 13:29 | トケイソウ

pink festival blossom

トケイソウの栽培品種pink festivalが夏の間休止していた花を咲かせています。
e0094349_974622.jpg
e0094349_973824.jpg
e0094349_972957.jpg

玄関前のグリーンカーテンで今朝早くに蕾が膨れだし、先ほど合計7つの花が一斉に開きました。

夜にはしぼんでおしまいの1日だけの花ですが、とにかく見事です。
e0094349_9111096.jpg

一緒に混ぜて植えているsun burstの花は夏の間ずっと咲いていましたが、pink festivalと並んで咲くと、色と大きさで圧倒されます。

pink festivalの蕾はまだ残っているので、しばらくの間楽しめそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-09-29 09:14 | トケイソウ

インセンスの花と実

トケイソウの園芸種、インセンスの花は夏の間咲き続けています。
e0094349_1382983.jpg

今日咲いた見事な花です。

インセンスの雌しべにインカルナータ(チャボとケイソウ, maypop)の花粉をつける人工授粉でできた果実はまだ緑色のままで、熟して落果していません。
e0094349_1310559.jpg

だいたい同じ頃に人工授粉したインカルナータの実は、ほとんどが熟して落果したのに、インセンスは持ちこたえています。

インセンスの実の味はまだわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-25 13:12 | トケイソウ

今朝の収穫

e0094349_9512724.jpg

パッションフルーツの収穫は今朝の3個で、のべ20個となりました。

ブルーベリーが急速に熟しだしていて、今朝の初収穫はご覧の通り、ザルにいっぱい取れました。
目方を量ったら1.1キログラムですから、一人では食べきれません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-21 09:57 | トケイソウ

パッションフルーツの初収穫

台風続きでひやひやでしたが、わがフルーツガーデンは被害なしです。
e0094349_9271190.jpg

今朝はポポー園の片隅に定植したパッションフルーツの様子をチェックして、落果した実を9個拾いました。そのうち3つは緑色で未熟のまま落ちたものです。緑の実は放置しておいて、熟すかどうか確かめます。

赤い実はまだシワがよっていないので、落ちてからの日数は浅いようです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-13 09:30 | トケイソウ

台風8号の影響は軽微

今年はトケイソウの仲間を増やして栽培しています。

大きく育ったつる性植物は、台風8号が接近しても安全な場所に避難させることはできません。

運を天に任せていたら、ほとんど風の影響を受けずに終わりました。
e0094349_12421470.jpg
e0094349_1242472.jpg
e0094349_12414528.jpg

今朝もメイポップとインセンス、そしてサンバーストの花が咲いています。

ピンクフェスティバルの蕾が一つ生き残っているので第二号の開花が楽しみです。
e0094349_12441886.jpg

ポポー園の片隅に地植えしたパッションフルーツも無傷でした。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-10 12:44 | トケイソウ

トケイソウ sunburst の開花第1号

e0094349_1324767.jpg

ようやく咲いたsunburstのオレンジと黄色の花は径5センチくらいで小ぶりです。

花芽のつき方を見ると、その名前が示唆するように、小さい花がずらっと並んで咲くようです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-06 13:27 | トケイソウ

インセンスの果実

パッションフルーツ(クダモノとケイソウ)は熱帯種で、露地栽培では日向市の冬を越すことができません。

そこで、インカルナータ(maypop, チャボとケイソウ)の栽培試験を本格化させました。

また、それと同時にインセンスによい果実ができるかどうかテストしています。

インセンスの花は毎日咲いていて、今日は8個開いています。
e0094349_16541879.jpg

先週まで、インカルナータの花粉を人工授粉したインセンスに実が5個着きました。
e0094349_16553989.jpg

花粉親のインカルナータについても、自家受粉しないこと、そして授粉昆虫が来ないため、異なる株間で人工授粉をしています。

いずれ、それぞれの実が熟したら味比べです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-25 16:59 | トケイソウ

Pink Festival

e0094349_1157236.jpg

1年前にヤフオクで落札、購入した苗から育てたトケイソウの一品種Pink Festivalの開花第1号です。

交配で作出された元の親(Parents): P. gritensis x P. amethystina

一緒に購入したサンバーストはまだ蕾をつけていませんが、蔓はよく伸びています。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-23 12:06 | トケイソウ

maypop 今年最初の果実

maypop (incarnata)の花は続々と咲き続けています。
e0094349_861319.jpg

このパッションフラワーは、異なる株の間でないと実がつきませんので、小さいブラシで花粉を採取し、人工授粉をやっています。やっと最初の実が現れました。
e0094349_855655.jpg

授粉後に実をつけていないでしおれている花のほうが多いようです。
e0094349_872056.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2014-06-15 08:07 | トケイソウ