beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:トケイソウ( 28 )


Flowers of Passiflora incense and incarnata

待ちに待ったPassiflora incenseの花が咲き出しました。
e0094349_1141467.jpg

これはPassiflora incarnata and P. cincinnata の交配で作出された雑種です。

Passiflora incarnata (maypop)の花も先に咲いています。
e0094349_1172483.jpg

こちらは花の香りが強く、果実が食用になります。

これからインセンスとインカルナータの相互交配をやってみます。

「追記」

異種間の交配でできたインセンスの花は見かけは完全ですが花粉ができないようです。そこでインカルナータの花粉をインセンスの雌しべにつけてみました。

昨年試したくだものトケイソウとインカルナータの交配実験は不首尾だったので、やり直します。

温帯で育つパッションフルーツを目指してインカルナータをベースにした新品種を作ろうと考えている花卉園芸の専門家がいるようです。

R.J. Knight, Jr. 1991.
Development of Tetraploid Hybrid Passion Fruit Clones with Potential for the North Temperate Zone
HORTSCIENCE 26(12):1541-1543.
http://hortsci.ashspublications.org/content/26/12/1541.full.pdf
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-09 11:09 | トケイソウ

maypopの種

e0094349_8425315.jpg

昨日maypopの実を初めて味わいました。その種は長径が約6mmでした。

パッションフルーツの種が約5mmで、膨らみが弱く、種がついたままで食べるのに抵抗感がありませんが、maypopはそのまま食べるには種が大きすぎます。

園芸関係のネットショップでmaypopまたは和名のチャボトケイソウの苗が売られていますが、種がとれたので自家苗作りに兆戦して見ます。(春まで種を保存するのが面倒なので、取り蒔きとします。)

maypopの種を包んでいる果肉は黄色で、パッションフルーツとほとんど同じです。
e0094349_905920.jpg


maypop (Passiflora incarnata)に関する学術報告を探していたら、面白い論文が見つかりました。

Can Dai and Laura F. Galloway (2011) Male flowers are better fathers than
hermaphroditic flowers in andromonoecious Passiflora incarnata.
New Phytologist Volume 193, Issue 3, Article first published online: 28 NOV 2011
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-8137.2011.03966.x/pdf

maypopには両性花と雄花とができ、オス花の花粉のほうが両性花からの花粉よりも優れているというお話です。

今年の人工授粉の結果がマチマチだったのは、両性花の雄しべの花粉に問題があったからかもしれません。雄しべと雌しべがそろっている花で、同じ花の中で授粉しないことは知っていましたが、maypopの授粉戦略の進化を深く理解する必要があります。

追記: maypopの授粉昆虫はクマバチ類であることが上の論文に記載されていました。

論文によると、maypopのオス花は、基本的に両性花と同じ構造であり、雌しべと子房を持っています。しかし、それを授粉させ果実を作ることはほとんどできないので、見た目は両性であっても「実質上」オスとして機能することを実証しています。つまり、人工授粉で果実を作る際にオス花を使うと失敗します。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-22 09:14 | トケイソウ

maypopの実が熟した

e0094349_10433879.jpg

今年初めて、maypop( チャボトケイソウ)の実が熟して落果しました。

左の緑色がmaypopの実で、右の赤紫色はクダモノトケイソウ、つまりパッションフルーツの熟した実です。

トケイソウの実は熟すると柄の付け根近くで切れて落果するので、ミカン用の網をかけてキャッチしました。
e0094349_10532576.jpg


しばらく追熟させてから試食します。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-28 10:54 | トケイソウ

Passiflora 'Incense' の花

トケイソウの仲間には種間交配で作出された多くの園芸品種があります。その多くは美しい花を楽しむためで、果実を楽しむことに注目した雑種つくりはあまりやられていないようです。

トケイソウ類、Passiflora属は熱帯種がほとんどですが、温帯の路地栽培で果実がとれるようにするためには、数少ない温帯種とその交配雑種を扱う必要があり、対象種はチャボトケイソウPassiflora incarnatusを中心にします。

チャボトケイソウは、花の出す香りがきついだけでなく、鎮静効果があるのでハーブとしても利用されます。クダモノトケイソウとの交配は不調でしたが、現在までに4個の果実ができ、茎が伸び、花が咲き続けています。
e0094349_1311872.jpg

チャボとケイソウとPassiflora cinnicata との交配種であるPassiflora 'incense' (和名なし、通称インセンス)の苗を育てていたのがやっと開花しました。
e0094349_13372826.jpg

Lavender-purple flowering passion flower producing a yellow fruit.
http://www.tradewindsfruit.com/content/passiflora-incense.htm

インセンス(Passiflora incarnata x cinnicata)には黄色い果実ができるようです。今咲いている花の柱頭にチャボとケイソウの花粉を授粉させて結果するかどうか、結果を見ます。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-21 13:32 | トケイソウ

maypopの着果

クダモノトケイソウとチャボトケイソウの種間交配実験は失敗し、クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)は新しい花を咲かせないので、チャボトケイソウの実を得るために株間の授粉をやりました。
e0094349_1354293.jpg
e0094349_13542258.jpg

ようやくチャボの実が3つ現れました。蔓が伸びながら花芽も次々と出ているので、実の数を増やせそうです。
e0094349_13552538.jpg

2株のクダモノトケイソウに合計13個の実が付きましたが、パッションフルーツの実は1個だけ表面が紫になっていて、熟して落下する直前です。
e0094349_1356336.jpg

残りは緑色で、熟すまで、まだしばらくかかります。
e0094349_1358161.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-07-28 13:59 | トケイソウ

ピッコ・ロッソの花

ホームセンターでトケイソウの栽培品種、ピッコ・ロッソの苗を売っていたので試しに栽培しています。今朝、その最初の花が咲きました。
e0094349_1119992.jpg

パッションフルーツやチャボトケイソウの花に比べてかなり小型です。

つぼみを囲んでいるガクが変形したようなものが独特で面白い姿です。
e0094349_11211811.jpg

苗についていた説明書によると果実は赤くて食べられるそうです。しかし、販売元サイトによると{※生育条件により結実しない場合があります}と、言い逃れみたいな記述がありました。チャボトケイソウと同じように、自家受粉が難しいのかもしれませんが、結実しない生育条件とはどのようなことかがわかるように説明するべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-08 11:31 | トケイソウ

温帯のトケイソウmaypopの価値

トケイソウの仲間で温帯性の種類は限られていて、しかも果実が食べられるというものは北アメリカ原産のmaypop(和名:チャボトケイソウ)だけのようです。花に芳香があって、沈静作用があり、ハーブとして認められています。
e0094349_1713771.jpg

上は夕方の姿で下は開花した午前中の花です。どこが違うかわかりますか。
e0094349_16473713.jpg

花には花粉ができる雄しべ5つが雌しべを取り囲み、雌しべの柱頭は三又の突起(突起の先端は二つのコブ状)になっています。
e0094349_16495455.jpg

上は雄しべを除去したmaypopの花で、こうして自家受粉を遮ります。
e0094349_1656314.jpg

クダモノトケイソウの花も同様で、午前中に開花したばかりの花は柱頭の突起が雌しべの上に離れていますが、
e0094349_1653041.jpg

夕方には引っ付きもっつきに成ります。
e0094349_1653356.jpg

花は上空に向けて咲き、雄しべの花粉は柱頭の下側にあるので雌しべに花粉が付くためには(昆虫などが授粉しない、自家受粉の場合)柱頭を雄しべに押し付けることになるようです。
e0094349_1656765.jpg

午前中に咲いたmaypopの花も、夕方になって雌しべの柱頭が雄しべに押し付けられ、授粉が起こるようなので、交雑実験としてパッションフルーツ(クダモノトケイソウ)の花粉をmaypopの雌しべに授粉させる前に雄しべを取り除きました。結実してどのような実ができるか楽しみです。

交雑した子孫が冬の低温に耐え、しかもクダモノトケイソウのような美味しい実をつければ、日向市の山中でも露地栽培で新たな品種のパッションフルーツが生産できるかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-18 17:04 | トケイソウ

チャボトケイソウの開花

クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)は熱帯性なので日向の山中では路地で越冬できません。しかし、近縁のチャボトケイソウは温帯アメリカ原産であり、冬は落葉しますが本体は生き残ります。

さきほど、今年の最初の花が開花しました。
e0094349_10513319.jpg
e0094349_10512516.jpg

もっと紫色が強いはず、と思いますが雨続きの影響か、プランターの土の成分のためかピンクが強く出ました。

簡易温室で越冬させたパッションフルーツは先月から花が咲き続け、実もできています。

花を見比べてください。
e0094349_1054093.jpg
e0094349_10535291.jpg

チャボトケイソウと同属別種との交配で作出された見事な花が咲く園芸品種が多くあります。クダモノトケイソウに耐寒性を持たせるように交配種を作って路地で美味しい果実が採れるようにしたいものです。もちろん、花も楽しめます。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-14 10:57 | トケイソウ

未熟のパッションフルーツ

沖縄の家でパッションフルーツを栽培した時は、完熟した実が落果するのを待って収穫していました。台風の影響がなければ夏と冬の二回収穫できました。

2003年7月1日に撮影した写真が画像ファイルを整理していたら出てきました。
e0094349_9545760.jpg

実がまだ緑色で、熟す前の状態です。

日向市の山中でパッションフルーツを育てることは冬の間の温度管理が課題でした。そこで、前の冬に簡易温室で保温して5度以上に維持したら、冬でも成長を続けました。

昨年12月に大きく育ちすぎた鉢植パッションフルーツ二株を近所のミニトマト農家(Greens totto” *スーパーヤサイジン.totto* http://blog.goo.ne.jp/hirototto_1985)に里子にして、この冬はハンダマの越冬実験観察をやっています。

鉢は3つあったのですが、1つは昨年春に青島の家に地植えしてあります。大きく育って車庫の上のベランダまで届きそうです。

(追加写真)
e0094349_824594.jpg

霜が降りることがほとんどない青島では、路地植えで問題なさそうです。 → (訂正)寒波で葉がやられていました。茎は生きているようですので、暖かくなってから復活することを期待します。


日向市では、トット君のハウスに引っ越す時に、冬に熟す実が二つの株で20個以上ありました。移動の障害となった蔓を切り取ったため、まだ緑色だった実を4個犠牲にしたのですが、念のため、追熟が出来るかどうかテストしていました。
e0094349_10115666.jpg

緑だった果皮の表面が赤紫になってシワシワになったので、切って内側の状態を見たところです。
e0094349_10121658.jpg

e0094349_10124119.jpg

4個のうち1個は過熟状態で変色しかかっていましたが、残る3個は鮮やかなオレンジ色です。

香りと甘さは(自然に熟して)落果したものに劣り、酸味が強い実ですが、食べられないことはありません。バニラアイスクリームのトッピングとして十分いけそうです。しかし、真冬にアイスクリームを食べるのは?

とにかく、この果物は長期間の保存が可能であり、その上果皮の色が変わり出したら落下を待たずに収穫ができそうです。

沖縄で害虫の問題は経験しておらず、放置栽培でも大きくなった株には何百と実がつきます。栽培条件として、霜に当てなければ良いので、宮崎県南部では冬の寒波襲来に備えた「こもがけ」だけで大丈夫でしょう。県北部ではハウスで最低限の保温ができれば、栽培可能でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-03 10:24 | トケイソウ

パッションフルーツが元気いっぱいです

冬の間、ベランダの簡易温室で保温した鉢植えのパッションフルーツが、夏の陽気になって一気に花を咲かせながらドンドン成長しています。実も次々にできて育っています。
e0094349_853353.jpg
e0094349_854148.jpg

次の冬場に再び温室に入れるため、蔓が伸びすぎないように地植えはしていません。沖縄で栽培していたときは苗から2年間で2階の上まで伸びました。数年で家を丸ごと覆ってしまうようなものすごい植物です。

今年は台風5号の直撃で沖縄のパッションフルーツ栽培農家に大きな被害が出たそうです。沖縄の自分の庭でも台風の直撃でリセットされ、そのたびに新しい苗から育てました。蔓が大きいため防風対策が難しい植物です。

沖縄では春に咲く花から夏実、そして夏の花から冬実が実り、年二回の収穫が期待できます。九州南部ではハウスで越冬させた大きい株を初夏に開花させ、秋に実を収穫するようなサイクルが適しているはずです。

九州本土では鹿児島以外に熊本と宮崎で小規模なパッションフルーツ栽培がされています。霜に当たらなければ越冬可能なので、宮崎県では串間や日南で農家が増えてもよさそうな気がします。
[PR]

by beachmollusc | 2011-06-28 08:15 | トケイソウ