beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:トケイソウ( 28 )


パッッションフルーツ温室が完成

沖縄で暮していた時は、庭に植えたパッションフルーツの蔓を伸びるだけ伸ばして、二階の屋根まで広げ、ものすごい大きさに育てていました。その結果、特に世話をしないままで大量に果実が収穫でき、皆さんにおすそわけして喜ばれました。

宮崎県に移住してからも、このパッションフルーツの香りが忘れられないので、最初の年に路地で越冬できるかどうか試験してみて全滅し、栽培は無理と思われました。

その後、代わりに同じトケイソウの仲間で、温帯原産のチャボトケイソウはどうなるか栽培し、実を収穫してみたところ、果皮が薄く、虫に食われることがわかりました。また、味も香りもいまいちだったので、花は観賞できてハーブにもなるが、果実が本命なのでパッションフルーツに戻りました。

鹿児島の専門農家が開発した温帯適応のパッションフルーツの品種も試したのですが、うまく育ちません。

一昨年から、作戦を変更し、冬の間は枯れないようにしておくこととし、鉢植えのものを冬中屋内におくことで越冬ができ、春から旺盛に成長を再開し、夏と冬の二度の果実の収穫ができそうだという感触を得ました。

今年はネット園芸店から大きな苗を2本追加して3本を育てています。いよいよ冬将軍がせめてくる時期となり、簡易温室で越冬させることにしています。

都城のメーカーが製作している家庭園芸用の簡易ビニールハウスの中で、丁度良い大きさの、1坪サイズがあり、福岡県のネット販売業者を通して注文したら、すぐ配送されました。

昨日の夕方までに組み立てが完成し、夜間の温風送風機のテストが終わっています。

ビニールシートをかぶせる前の1昨日の骨組みの姿です。南側のテラスの上に置きました。
e0094349_10512211.jpg

今朝は送風機の電源の自動化のためコンセント・タイマーを取り付け、夜間にオンになるよう設定しました。また、明暗センサーを組み込んだコンセントに保温電球をつけたクリップを接続し、夜間の保温の追加熱源としました。

全体の姿を入り口から見た姿です。
e0094349_10554837.jpg

入り口にアングル棚を設置して、屋外コンセントから電源コードを配置し、それにタイマーとセンサーを取り付けました。
e0094349_1055485.jpg

送風機用のコンセント・タイマーです。電源オンは午後6時、オフは午前8時半にしておきました。
e0094349_10575594.jpg

e0094349_10592956.jpg

100ワットの保温電球はかなりお値段が張りますが、グリーントップのバーゲンセールで見つけた半額での購入品です。
e0094349_1103586.jpg

温室の入り口の反対側には換気用の窓があり、この部分のジッパーが調子が悪いのが欠点です。
e0094349_112848.jpg

ジッパーをだましだまし開けて窓の中を見るとパッション・フルーツの青い冬実が見えます。
e0094349_11101924.jpg

この調子で順調に行けば、正月頃に熟して収穫できるでしょう。

温室が風で飛ばされないように、とりあえず水を入れたタンクを5個フレームの押さえに使っています。家の壁とベランダ屋根の支柱で押さえているし、台風の暴風以外に問題は起こらない見込みです。フレームの入り口の最下部のパイプをコンクリートの床に固定するための金具と、温室内外の温度記録(最高・最低)用温度計をホームセンターに行って買ってくるつもりです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-04 11:10 | トケイソウ

新富産のパッションフルーツ

畜産だけでなく宮崎県産の農産物全般に影響がじわじわと及んでいるだろうし、観光入域者の落ち込みも避けられない事態で、特に児湯郡の生産者を間接的に応援できるものについてネット購入を探してみました。

あいにく畜産製品はどれも苦手で肉類も乳製品も消費者ではありません。アルコール飲料も摂取しないので都農のワインもダメ。お菓子はダイエットに悪い。残る選択肢はフルーツですが、石油の卵は食べないことにしているし、日向夏はすでにオフシーズンです。

探してみたらありました。大好物のパッションフルーツです。新富町の果物屋さんが楽天に出店していて、地元産のパッションフルーツがありました。昨日注文したら、今朝配送されました。
e0094349_10565376.jpg

自宅で栽培中のものは3個実っていますが、大きさはフルサイズでも表面が緑色で熟すのはまだかなり先のことです。熟せば濃い紫色です。新富のものは色がより濃いようです。

これから試食で、良質であれば埼玉の妹の好物なので追加注文して送ってあげる予定。

今朝は小雨の中、ミッキーと小倉ヶ浜の散歩中、浜に面白いものが転がっていました。
e0094349_112818.jpg

周囲にカラスが群れていたのに、このような姿になって残っていたのは不思議なことでした。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-29 11:02 | トケイソウ

パッションフルーツと木瓜の実

人工衛星画像を見ると、日本の南にある北よりの赤道収斂線の上で積乱雲が渦を巻きはじめている。エルニーニョ・サイクルでお休みだった台風が戻ってくる予感。

梅雨末期の台風襲来があった3年前、7月13日の超豪雨(日向市で一気に新記録の384ミリも降って、時間雨量ピークもほぼ80ミリ、家の下の渓流が岸を越えて休耕田まであふれた:http://beachmollu.exblog.jp/6086452/)が、今年は低気圧の通り道がフラフラと南北移動し、集中豪雨もそれにつられて移動している。おかげで鹿児島と宮崎南部では大きな被害が出ているが、日向市ではダラダラと降り続け、日照時間不足で稲の生育は芳しくないようである。

自宅でたわわに実っていたブラックベリーが実が熟す前に多湿で半分枯れてしまった。ブルーベリーはこれから熟すはずであるが、どうなるだろうか。

意外だったのは、1本だけで放置状態、人工授粉をしなかったパッションフルーツが3個実をつけている。これは昨年から鉢で育てていて、冬は霜に当たらないように屋内に避難させていたもの。
e0094349_5233065.jpg
e0094349_5233959.jpg

まだ青いが大きさはフルサイズで卵の大きさで、紫に熟す時期は真夏になりそう。

昨年は同じ仲間のチャボトケイソウを試してみて、果実はできたが食味は期待はずれだった。パッションフルーツとの交雑は失敗に終わった。鹿児島から来た品種もうまく育たなかったので、沖縄で育てていたのと同じ品種のパッションフルーツを越冬させながら実らせて食べるしかない。燃料を使わずに越冬させる工夫を考えてみたい。

パッションフルーツはすばらしい香りを楽しむのと、ジュースやアイスクリームとブレンドして味が楽しめる優れものだが、知名度はまだ低い。宮崎県北ではほとんど誰も知らないらしい。霜にあたらなければOKなので青島では路地で育っているから、日南や串間の海岸近くでは生産できるはず。

天下一という名前につられて購入したボケも1個だけ実をつけている。
e0094349_5255015.jpg

薬膳というが、これの食べ方はどうするか知らないので、後で調べてみよう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-16 05:34 | トケイソウ

パッシヨンフルーツの頑張り

寒波が来て日向市も氷点下となり、二日続けて今朝も庭のバケツの水(ミッキーの飲み水)に氷が張りました。ミッキーは温度が低いほど元気が出て、今朝の散歩でも強く引っ張られました。
e0094349_1123514.jpg

種子島で種を採って育てたカンナは最近まで花を咲かせていたのが、ついにダウンして、霜に打たれた葉が枯れてしおれています。
e0094349_11253110.jpg

熱帯性のハンダマ(スイゼンジナまたはキンジソウ)も勢い良く茂っていたものがイチコロです。
e0094349_1126543.jpg

ブルーべリーは今が紅葉の盛りです。外来種は気候が違う場所でリズムが狂うのかも知れません。
e0094349_11274859.jpg

同じく外来種の果物であるパッションフルーツを、移住して最初の年に実験栽培してみたら、霜にやられて持ちこたえませんでした。

今年はチャボトケイソウとクダモノトケイソウの交配実験をやって、見事に失敗しました。

実験交配用に鉢で栽培しているクダモノトケイソウ(パッションフルーツ)は寒波襲来中の夜間は屋内に避難させています。
e0094349_1137926.jpg

かなり前に結実した実が3つ残っていますが、一番古い、大きい実の表面が紫に変わりだしています。熟して落果するのを待っていますが、年内に落ちるかどうか分かりません。2番目は小さめでやはり紫色ですが、3番目の写真に一緒に写っている小さい実は結実が遅すぎて実が育ちません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-12-18 11:39 | トケイソウ

maypopの実とハサミムシ

チャボトケイソウ(maypop)の第1号の実が地面に落ちていました。まだ果皮が緑色で変色していなかったので変だなーーと拾い上げたら穴が3つ開いていて手触りがボコボコでした。
e0094349_17503382.jpg

実を割って中身の状態を調べたら、かなりしっかりした種ができていて、薄い黄色の果肉に包まれていました。パッションフルーツとそっくりです。
e0094349_17514922.jpg

割った実の中からハサミムシの一種(触角を除いた全長約15mm)が出てきたので、これが果実を荒らした犯人でしょう。
e0094349_17524312.jpg

地面に落ちてから入り込んだ可能性が高いのですが、これは油断がなりません。

ハサミムシ類はあまり目立たない昆虫ですので盲点を突かれたようです。果実を食べる種類があることは全く知りませんでした。このハサミムシの種類を確認する必要があります。

果肉の香りはパッションフルーツに似た感じですが、味はいまいちの印象を受けました。
この仲間の果実は熟して落ちた後で追熟させて果皮がシワシワになってからが美味しいので、今回はあきらめ、次の実を待ちます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-07-29 17:58 | トケイソウ

Maypop(チャボトケイソウ)の実

人工授粉を試したmaypopの実が大きくなってきました。たまたま同じ日に咲いた二つの株の花の間で互に花粉を筆でつけてみたものです。その両方とも結実しましたが、それ以前と以後にバラバラに咲いた3つの花はそのまましぼんでしまいました。つまり、人工授粉しないと結実がむずかしいようです。ただし、昆虫が授粉をやってくれるのであれば放置してもできるでしょう。

パッションフラワーの本によると、チャボトケイソウの花は午後咲いてその日のうちにしぼんでしまうと書かれていますが、開花した状態は丸一日続くようです。午後に咲きますが、翌日の午前中も開いていました。

大きくなったmaypopの実は長楕円球で、クダモノトケイソウ、つまりパッションフルーツの実とほとんど同じです。熟すと色が変わるはずですが、現在の果皮の色は緑色です。写真で見るとただのパッションフルーツと識別できないでしょう。大きい方は長径約6センチになっていますが、小さい実は3センチに届きません。
e0094349_90757.jpg

実が十分な大きさになったので、後は熟すのを待つばかりです。どのような味か大変楽しみです。
実のついた株が小さく、これから成長するはずですので、栄養補給が必要です。

別の株も花芽が目だってきて、さらにクダモノトケイソウの株も花の準備が整ってきました。これから種間交配の実験も楽しみです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-06-20 09:03 | トケイソウ

maypop(チャボトケイソウ)の結実

同時に二つの株に花が咲いたので人工授粉でクロスさせたらそれぞれが結実しました。苗が小さいので、これから実が大きくなるのか落ちるのか、まだわかりません。
e0094349_8351022.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-06-14 08:35 | トケイソウ

Maypop

アメリカの古書店から面白い本が来ました。
Uncommon Fruits for Every Garden by Lee Reich (2008) 
ペーパーバック: 308ページ Timber Press
日本のアマゾンでも購入できますが、アメリカから取り寄せた方が洋書は廉くなることが多いようです。
e0094349_18163488.jpg

この本の表紙にはサルナシ、ユスラウメ、クワ、ポポーなどがあります。家庭菜園向きの果物について栽培経験が長い著者のウンチクが面白い読み物となっています。

ユスラウメが寒冷地、特にロシアで栽培されていることや、湿気を嫌うことなど、知らなかったことが書いてあって助かりました。サルナシ(本ではhardy kiwi)についても栽培技法が詳しく書かれています。

和書にも「家庭で楽しむ果樹栽培」(別冊NHK趣味の園芸)という本があって、サルナシ、ポポー、アケビ、その他のマイナーな果樹栽培について書かれています。これはこれで役に立ちますが、それぞれの植物の生理的な特性など、知りたいことが簡単にしか書いてありません。

Maypopという今まで存在に気がつかなかった果物ですが、アメリカの東南部で、温帯に生育するパッション・フルーツの同類があったと知ったのが大きな収穫です。早速、アメリカのネット園芸店にその種を注文しました。(ついでにポポーの種なども注文しました。)この植物は果物として商品化されたパッションフルーツと同じ属で、あらゆる面でよく似ています。学術サイト検索をしたら、ニューヨークのコーネル大学の専門家が専門雑誌に総説論文を出していました。内容をみたら、沖縄で慣れ親しんできたパッションフルーツとほとんど同じです。

温帯で成育する多年草、果実は美味しく、その成分に精神安定効果が見られ、花はチョウチョを誘引するという申し分の無いものです。論文(全文)のファイルを無料でダウンロードできました。
http://www.springerlink.com/content/k7p7277137371170/fulltext.pdf
これはアメリカ国内で先史時代から食べられていた果物ですが、米国でもこれからの研究開発の対象です。

Christopher M McGuire (1999) Passiflora incarnata (Passifloraceae): A new fruit crop
Economic Botany Volume 53, Number 2, 161-176

Abstract
Passiflora incarnata bears flavorful fruits consumed by past and present peoples, and this plant deserves greater use as a fruit crop. Native to southeastern North America, it is an herbaceous perennial vine which flowers and fruits over much of the growing season. P. incarnata is self-incompatible and usually pollinated by carpenter bees (Xylocopa spp.). Plants are functionally andromonoecious, and low resource status favors male flower production and thus reduces fruit set. The fruits contain many seeds, each surrounded by an aril holding edible juice, and this juice can be consumed fresh or used in processed products. Because it is a minor agricultural weed, P. incarnata should not be introduced into regions where it may naturalize. Polyploid hybrids of P. incarnata and the subtropical and tropical passionfruit, P. edulis, are also potential temperate fruit crops. Future research on P. incarnata should evaluate intraspecific genetic variation and performance in cultivation.


沖縄で毎年育てて食べていたパッションフルーツを日向市でも栽培したいと思ってテストした結果が散々でした(ただし、宮崎市の青島では成育しています)。チェリモヤも同じくあきらめていたのが、ポポーがその代わりになるし、パッションフルーツはMaypopが代わりになってくれるかもしれません。また、ポポーと熱帯の同類との交配や接木などの育種が進められているのと同様に、Maypopも栽培品種の開発研究の素材になる可能性を秘めています。温帯でパッションフルーツ栽培の接木用の台木となるかもしれません。

論文では、マイナーな農業雑草になるのでMaypopが帰化するような場所に導入すべきでない、とあります。アメリカ合衆国内で西海岸には分布していませんので、それを意識して書かれたのかもしれません。しかし、本文で詳しく説明されていることを見れば、移植栽培から野性化するとしても特に問題が起こるようには思えません。また、アメリカ国外ではかなり広く移植が進められているようです。

原産地のアメリカでは、人為的な撹乱が及ぶ場所に適応しているとあります。つまり、クズと同様に開墾地など開けた場所でよく成育する植物のようです。ただし、もたれかかるべき立ち木が無いと地面では広がらないでしょう。自家受粉しない、冬には地上部が枯れて地下茎が生き残るだけというので、生態的な地位が似ているクズと競合したとしても、勝てそうにありません。

外来種というだけで嫌われるようですが、外来植物が農業と園芸を支えてきたことは歴史的な事実です。また、嫌われ者もありますが、帰化した多くの植物が人々に愛されていることも事実です。県の木とか花の中に外来種が多数あります。

トンボ出版から出ている「帰化植物を楽しむ」という本が配送されたので、それを読んで楽しむつもりです。身の回りに広がるマツヨイグサ、ランタナ、ニセアカシア、オオイヌノフグリ、ムラサキカタバミ、セイヨウタンポポ、ジュズダマ、ホテイアオイ、マツバウンラン、セイタカアワダチソウ、ハルジオン、ヒメジオン、ヒガンバナ、ムラサキハナナ、キクイモ、オシロイバナ、などがすべて帰化植物であり、それ以外にもっと古い、歴史時代以前の移入種も多数あるようです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-05 18:33 | トケイソウ