beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:植物( 245 )


紅白のヒガンバナ

今年のヒガンバナは例年より1週間くらい早く咲き出したようです。

GIビーチで紅白がそろって咲いています。ここには、黄色の花はありません。
e0094349_1832781.jpg
e0094349_18315927.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-09-14 18:33 | 植物

梅雨の終わりに咲くツユクサの花

今朝のビーチランでミッキーは早々にへたばり、リタイアしました。そろそろ氷水を持参して、ラン途中で体内を冷やしてやらねばなりません。

海岸で今年初めてのツユクサの花を見ました。自宅周辺ではまだ見ていません。
e0094349_8294430.jpg

梅雨前線は九州の北で停滞中、日向市は、昨日、久しぶりに晴れました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-06 08:34 | 植物

人夫坂のサイカチ

宮崎県の巨樹百選のリストに「人夫坂のサイカチ」を見つけました。

巨樹,巨木の里-宮崎を行く-宮崎県の巨樹と自然-
巨樹分布一覧表:樹種別
http://www.geocities.jp/tknrjpn/table_jusyu.html

日向市から高千穂は片道1時間半のドライブ、雨も止みそうだったので朝一番に出撃しました。

死語になっていないはずの、にんぷ→人夫、がワードの変換リストに出てこないので単語登録が必要です。

高千穂から阿蘇に向かう国道325線の旧道トンネルの坂道に小さな巨樹がありました。

人夫坂トンネルを両側から見たようすです。
e0094349_18221481.jpg
e0094349_1822698.jpg

サイカチの樹はトンネルの出口のすぐ脇、上野(カミノ)町側の曲がった下り坂にあります。道路標識に隠れた案内看板がありましたが、最初はそれに気づかないで通り過ぎました。
e0094349_18244129.jpg

ユニークな樹なので大事にされているかと思いきや、より大きな杉の木に取り囲まれ、さらにクズの蔓が天辺を覆っていました。周囲は草ボウボウで、撮影のため長靴に履き替えて接近。
e0094349_1827815.jpg

e0094349_182924.jpg

主幹に棘は見えませんが、ひこばえが大きくなったような脇の枝にトゲトゲがあります。
e0094349_18302449.jpg

樹洞がぽっかりと空いていて、いかにも老齢の樹という姿です。

サイカチの葉は仲間であるジャケツイバラの葉にそっくりです。
e0094349_18323931.jpg

e0094349_1832882.jpg

若い枝の棘は枝分かれしていませんが、太めの幹から出ている棘は見事なものです。
e0094349_18334432.jpg

花が咲いた形跡もなく、この樹から豆鞘と種を採取するのは無理だろうと判断しました。存在がほとんど忘れられてしまっているようで、枯れるのは時間の問題かもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-02 18:37 | 植物

ヒメヒオウギスイセンの花

奥野川沿いの林道脇と川岸に咲いているオレンジ色の美しい花です。
e0094349_1743421.jpg
e0094349_1742616.jpg

e0094349_1762326.jpg

園芸品種から野生化した帰化植物で、名前が長すぎて憶えていませんでした。
[PR]

by beachmollusc | 2013-06-30 17:10 | 植物

アザミの開花

冬の間ロゼットの姿をしていたアザミたちが茎を立ち上げ、花を咲かせ始めました。
e0094349_6413819.jpg

アザミの分類はやっかいらしく、種の名前は知りません。
http://research.kahaku.go.jp/botany/azami/bunpu_bunka.html

花をまだ出していない連中をよく見ると、葉の中の白い稲妻模様に個性があります。
e0094349_644648.jpg
e0094349_643578.jpg
e0094349_6434917.jpg

上の写真で代表選手を3つ紹介します。
[PR]

by beachmollusc | 2013-04-12 06:45 | 植物

隙間から出るツクシンボウ

春の訪れを告げるスギナとツクシが舗装された林道とU字溝の狭い隙間から頭を出していました。
e0094349_12365785.jpg
e0094349_12364862.jpg

このような、わずかな隙間に根を伸ばしている道端の植物には、ヨモギやスミレの類など色々あります。
e0094349_12385861.jpg

ドクダミの葉も出ています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-19 12:39 | 植物

ユスラウメの開花

e0094349_10475777.jpg

サクランボの花が散り始めたら、交代にユスラウメが開花しはじめました。

ユスラウメの真っ赤な実は、梅雨の前、ホタルが飛びはじめる少し前に収穫できますが、ヒヨドリなどに狙われるので、結実してからネットをかけるつもりです。
e0094349_10533225.jpg

ユスラウメのすぐ脇ではサルナシ(ウラジロマタタビ)が芽吹いています。

サルナシの花芽が着くのを待ちわびていますが、いまだに実がとれないままです。
e0094349_10553788.jpg

足元にはホトケノザの可憐な花が開きました。
e0094349_10561952.jpg

ムラサキハナナも咲いています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-09 10:57 | 植物

ボケの開花

昨日午後、ボケのつぼみが開いていることに気がつきました。
e0094349_7453079.jpg

つぼみのほうが美しいのがボケています。
e0094349_7452138.jpg

ネット園芸店から取り寄せた天下一という品種です。

以前、わが家を訪れた弟がこれを見て、「あ、俺のことだ」と言ったのですが、とっさに突っ込みができませんでした。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-01 07:47 | 植物

ヤナギの花

厳しい寒さが続いていますが、梅のつぼみが膨らみはじめ、ヤナギの開花が始まっています。

とんがり帽子の下からヤナギの花芽が顔を出しています。
e0094349_9492616.jpg

帽子を脱ぎ捨てると現れる、ふわふわした綿毛に包まれたつぼみです。
e0094349_9491899.jpg

蛍水路にそって挿し木苗を植えてあったものですが、柳の木が良く育ちました。
e0094349_9522121.jpg

ホタルの成虫が昼間に休憩する大切な柳です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-30 09:53 | 植物

タブノキの虫こぶ

サルナシとポポーの果樹園の防風用に常緑樹であるタブノキとクスノキを植えています。
e0094349_10571054.jpg

e0094349_1056515.jpg

タブノキの葉裏に妙なものが付着していることに気がついて、調べてみたら虫こぶであることが判明しました。

日光に当たると緑から赤に変色するそうです。
e0094349_1058954.jpg
e0094349_105815.jpg

植物にできる虫こぶの多くは異形であったりよごれた感じがしますが、これは形も色も美しいものです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-01 11:03 | 植物