beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:植物( 245 )


ツルウメモドキ

野生の蔓から枝をとり、挿し木で苗を作って育てたツルウメモドキに今年から実が着き始めています。
e0094349_12105697.jpg

黄色い鞘の中から真っ赤な実が顔を出しています。
e0094349_12104194.jpg
e0094349_12102516.jpg

ちょうどクリスマスの時期に美しく見えるので、実がついたかずらがリース飾りに使われているようです。

サルナシ類の栽培と平行して、ポポーの風除けフェンス仲間としてこの蔓も栽培することをテストしています。

これを専門に栽培しているところがあります。
http://k-a-yume.com/sub1.html

上のサイトから花言葉の引用です:

ツルウメモドキの花言葉は、《大器晩成 》 秋が深まって周りの花が途絶えた頃にひときは鮮やかな実なんで、こんな言葉になったとか?
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-11 12:17 | 植物

GIビーチのツワブキ

海岸のツワブキが花盛りです。
e0094349_12265598.jpg

山地のツワブキよりも咲くのが遅いのは海岸が暖かいからでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-03 12:27 | 植物

リンドウの開花速度

デジタル一眼レフにタイムラップス装置をつけて撮影する方法がよくわからないままなので、とりあえず適当な時間間隔で撮影しました。
e0094349_1226934.jpg

日が当たるようになってから約2時間で開きました。

撮影途中でハチ類が2種、ミツバチともう一つ小さい種類が下の写真です。
e0094349_12281343.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-11-24 12:28 | 植物

サルナシの黄葉

北日本に多いサルナシの原種と思われる南方系のサルナシ類(ウラジロマタタビ)が黄葉しています。
e0094349_17225083.jpg

このサルナシの実は9月下旬から10月に熟していましたが、同じく南方系のシマサルナシの実は12月になってから熟しますので、その黄葉はこれからです。

12月8日に日向市商工会館で<さるなしの里>主催で、宮崎北部森林管理署、宮崎県、日向市が後援する「遊々の森」森づくり協定記念・講演会が、午後1時半から4時まで開催される予定です。

講演会のタイトルは「おどろきのさるなし」 ~知られざる野生と成分・活用~
e0094349_17333821.jpg
e0094349_17332783.jpg

香川大学の果樹園芸の専門家(園芸学会会長)である片岡教授が専門的なお話をしますが、地元で山中を徘徊してサルナシ類の生育状況を調べた成果を誰かさんが話します。

サルナシ類はマタタビ属の植物であり、中国原産のキウイフルーツも仲間です。日向市特産のシマサルナシはキウイフルーツのミニチュアのような実がなり、地元特有の形態変異が見られます。

おまけの写真は自宅周辺の散歩道で色が鮮やかな連中です。

ウルシとツタの仲間が真っ赤になっています。
e0094349_1742970.jpg

e0094349_17422290.jpg

自宅で栽培しているブルーベリーも真っ赤です。
e0094349_17432430.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-11-23 17:42 | 植物

リンドウの開花の日周期

種から育てたリンドウが花盛りになっています。
e0094349_16374044.jpg
e0094349_16373284.jpg

日没前、あたりが薄暗くなると、開いていた花が次々に閉じてゆきます。
e0094349_1639635.jpg
e0094349_16385962.jpg
e0094349_16384926.jpg

朝日に照らされて一斉に開花する時の美しさはたとえようがありません。

昼間は小さい蜂がやってきて、おそらく受粉しているでしょう。

古い文献にリンドウの栽培法、特に実生苗を作るための種つくり、がありました。

氏原ほか:栽培リンドウ(Gentiana)の受粉様式ならびに採種法に関する研究
信州大学農学部紀要 10(2): 115-124(1973)
https://soar-ir.shinshu-u.ac.jp/dspace/bitstream/10091/2277/1/Agriculture10-02-02.pdf
リンドウは、自家受粉はするが、ばらつきが激しいようです。
「切花採種」で種を効率的に得ることができるという結果を述べていますが、最近では組織培養によるバイオテクノロジーが進んでいます。

リンドウ栽培の手引きがオンライン文書で見つかりました。

りんどうマニュアル PDF 2.5MB
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ss/nkc/nansei/hakkoubutsu/rindou.pdf

リンドウは熊本県と長野県で「県花」に指定されています。

県花 「リンドウ」の育種に取り組んでいます
http://www.alps.pref.nagano.lg.jp/letter/nattoku/ntk2011/ntk_veg_1110_1.pdf
[PR]

by beachmollusc | 2012-11-21 16:58 | 植物

ビーチのタカサゴユリ

沖縄で見慣れたテッポウユリによく似た白いユリの花を宮崎で見て、何ものだろうと気にかけていました。
e0094349_17454462.jpg

上はGIビーチで「今日」撮影したタカサゴユリの花です。
先日購入した「帰化植物の自然史」(北海道大学出版会)のタカサゴユリの記述を見て謎が解けました。

夏の間、海岸だけでなく、あちらこちらでこの白いユリが咲いていたはずですが、今の時期に咲いているのは奇妙な感じでした。

タカサゴユリはテッポウユリから派生した種のようで、自家受精で1個体だけでも繁殖できること、そして球根が休眠しない:早咲き性、を獲得していることがテッポウユリと異なっているようです。

台湾で生まれた種が外来(帰化)種となって日本国内に急速に広がったものと考えられています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-11-16 17:57 | 植物

ホソバワタン→アゼトウナの花

GIビーチの岩礁海岸で岩の隙間からミニタンポポのような花を咲かせているキク科植物です。
e0094349_1626314.jpg
e0094349_16262485.jpg
e0094349_1626174.jpg

平凡社の「日本の野生植物」(草本)で調べたら、ホソバワタンという種がもっとも近いようです。

この花は10月頃から咲き始め、今が盛りでしょう。

ミッキーは岩場に登る楽しみを覚えて、名前のとおりマウンテン・ドッグになりました。
e0094349_16304599.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-11-14 16:31 | 植物

浜辺に咲く花

今朝の散歩で気がついた、GIビーチで咲き始めた花です。
e0094349_8302757.jpg
e0094349_8303853.jpg
e0094349_8304761.jpg
e0094349_830553.jpg

青紫から赤までいろいろな色調で変化に富んでいます。

マメ科植物のようですが、名前がわかりません。

山地ではハギの仲間が花盛りとなっていますが、それに近いものかしら。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-16 08:33 | 植物

GIビーチの彼岸花

朝の気温がグンと下がり、海岸でワンが元気いっぱいに走ることができる季節になりました。

暑さ寒さも何とやらで、季節を象徴する花が盛りです。
e0094349_8274649.jpg
e0094349_8275418.jpg
e0094349_828246.jpg
e0094349_8281087.jpg

GIビーチでは白と赤だけで、黄色はありません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-21 08:28 | 植物

海岸植物

名古屋出張から戻って、今朝は4日ぶりにGIビーチに出ました。

撮影したのは、岩礁の上で咲き始めた可憐な花で、名前を知りません。
e0094349_7275280.jpg
e0094349_728044.jpg
e0094349_728714.jpg
e0094349_7281453.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-09-05 07:28 | 植物