beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧


新原ビーチ

e0094349_8113712.jpg

沖縄本島南部にあるミーバルビーチは、冬の北風の陰になっていて、
今の季節がグラスボート観光のシーズンになっています。
オペレーターさんたちから聴き取った話では、沖のサンゴ礁では
サンゴ群集の回復が進んでいて、良い状態になっているそうです。
年配の団体旅行者がピストン輸送されていましたが、見て戻って
きた人々は、口々にきれいだった、すばらしかったと言っていま
した。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-30 08:15 | 海岸

いたずら

e0094349_7563830.jpg

沖縄本島中部の勝連半島から与那城島を結ぶ「海中道路」に整備された
ロードパークで見かけました。

パークから海に下りるコンクリート階段は滑りやすく、大変危険です。
大勢の被害者があったと見えて、階段には「すべります、危険」と書いて
ありましたが、同行者がそれを見ていながら目の前で滑ってしりもちを
つきました。何が危ないのか見るものにメッセージが伝わるように工夫
がなされていません。また、ハブクラゲの危険もありますが、その被害
を避けるための具体的な情報を示さず、刺された後の処置を示すだけ。
その情報も赤がかすれて消えている上に、いたずらされていました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-30 08:02 | 日記

アシベマスオ

e0094349_9125768.jpg

沖縄本島の南部東海岸にある佐敷の干潟では一昨年からアシベマスオが
大発生しています。今年の状況は調べていませんが、まだいるでしょう。
個体ごとに色彩、模様の変異が激しいいのはナミノコガイに似ています。
この貝がごく小さい時はナミノコガイの稚貝と見分けがつかないくらい
よく似ていますが、大きくなると全く違った姿になります。成体は動き
が緩慢で、砂の中に潜るときもノロノロしています。

この貝は熱帯海域の砂質干潟に分布しているようで、オーストラリアの
クイーンスランドとホンコンにいることは確認しました。面白いことに
沖縄でもこの貝は日本本土でも最近になって見つかったようです。調査
が行きとどかなっかたためか、または最近になって移入したものか、
興味が湧きます。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-27 09:21 | その他の貝類

月が浜

e0094349_8315593.jpg

西表島の北西海岸にある月が浜は八重山群島内でただ1箇所、ナミノコガイ
の集団が見られる美しい砂浜です。河口部にあって、サンゴ礁で囲まれて
いないので、絶えず外海から押し寄せる波浪のおかげで粒の大きさがよく
そろっている細かい砂が堆積しています。

ナミノコガイだけでなく、ハマグリ属の1種が現在の琉球列島ではここだけ
に生息しているので、しっかりした環境保全が望まれます。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-26 08:52 | Meretrix ハマグリ

津屋崎のナミノコガイ

e0094349_12193319.jpg

福岡県の津屋崎海岸ではナミノコガイの高密度集団が見られました。
地元で貝を集めているご一家に案内してもらい、一緒にサンプル採集
でしたが、キュウシュウナミノコも一緒に採集していただきました。

下の写真に見えるツブツブは波間に踊っているナミノコガイです。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-25 12:22 | ナミノコガイの仲間 Donax

増穂が浦のサクラガイ

e0094349_85251.jpg

能登の増穂が浦は、鎌倉の由比ガ浜や和歌山の和歌の浦(片男波海岸?)
とならんでサクラガイなど美しい貝殻がたくさん打ちあがる場所として
有名だと聞いていますが、現在三箇所ともまるでダメになっているよう
に思われます。

昨年訪れた時、増穂が浦は砂浜の傾斜が急勾配で、ナミノコガイさえも
集団を探し出すのに苦労しました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-24 08:09 | その他の貝類

サクラガイ

e0094349_7485745.jpg

能登半島の北部、増穂が浦がサクラガイの打ち上げで有名ですが、
最近では打ち上げが少なくなっているそうです。ところが、その南
にある千鳥ヶ浜で思いがけなく、たくさん打ち上げられていたのを
発見しました。殻の色がシロ、キイロ、ダイダイ、ピンク、アカの
個体変異のグラデーションが見られたのが面白いことです。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-23 07:52 | その他の貝類

熊野海岸

e0094349_8154785.jpg

種子島の東側にある観光地の熊野海岸は人工化が進んでいて痛々しい
姿でした。砂浜の貝類もとても乏しく、収穫はありませんでした。
カラスの群れはゴミをあさっていたようです。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-22 08:18 | 海岸

種子島、長浜のチョウセンハマグリ

e0094349_1757361.jpg

種子島の西海岸には延長約12キロの砂浜が続いています。この長浜には
チョウセンハマグリが多く、死殻が海岸に無数に打ち上げられています。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-21 17:59 | Meretrix ハマグリ

浦田海岸のナミノコガイ

e0094349_1581186.jpg

種子島は南北に細長い島で、その北端に近い場所に浦田海岸があります。
この海岸の真っ白な砂と透き通った海水は沖縄のどこの海岸よりも美しい
と思います。吹上られた砂が砂丘を作り、海岸線はU字型で、海岸の地形
も見事です。沖合いに見える漁港の護岸が景観をぶち壊しにしていなけれ
ば、この海岸こそが日本一美しい海岸であると言ってもよいでしょう。

この真っ白な砂の中にナミノコガイの集団が見られるのは驚きでした。
しかも、殻の色では黒っぽいものの占める割合が高く、背景とのコント
ラストが明瞭です。
[PR]

by beachmollusc | 2005-11-20 15:15 | ナミノコガイの仲間 Donax