beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


サンゴ付き(第2弾)

e0094349_1325880.jpg

リュウキュウサルボウの場合、ホソスジヒバリガイと違って、貝殼が砂の
中に埋まっていますので、殻の上にサンゴが付着して成長するチャンスは
少ないようです。数千個のサンプルの中から、これまで3個だけ見つけました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-29 13:04 | その他の貝類

最終講義

e0094349_936179.jpg

下が2月7日に予定している最終講義のアウトライン、見出しです。
パワポのスライドを寄せ集めて見たら、ファイルサイズが256MBを超えて
使っていたメモリースティックに収容できなくなって512MBに交換。

砂浜海岸の環境と生物資源  - 最終講義 -  

ハマグリ類、特にチョウセンハマグリ資源
  * 沖縄のハマグリとハマグリ類の生物地理
  * 干潟のハマグリと砂浜のチョウセンハマグリ
  * 貝塚が語る過去の資源環境(アサリとハマグリ)
  * チョウセンハマグリの資源変動

砂浜環境(水産資源のゆりかごの一つ)の破壊
  * 河口域の水質汚染、海岸林での殺虫剤散布
  * 海砂の採掘、輸入砂の投入
  * 海岸構造物、水利ダム、砂防ダムの建設
  * 海岸侵食と防災
      高潮、津波に対する海岸林の防災効果
      海岸林の砂浜に対する栄養添加の効果

地域集団(メタ集団)の保全・資源管理
  * 砂浜の傾斜と稚貝の分布(見えない場所の環境保全)
  * 地域的な集団の分化(個々の集団の特性)
  * 安易な放流の影響:異種の放流と遺伝子撹乱、病原体の持込
  * まとめ:荒れた土地に種まきして何とする(放流シンドローム)
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-24 09:39 | 評論

チョウセンハマグリの資源変動

e0094349_10552748.jpg

茨城県水産試験場の報告から鹿島灘におけるチョウセンハマグリの漁獲量
の変動を過去1世紀に渡って見ることができます。
また、宮崎県の水産試験場の報告では日向市(日向灘北部)のチョウセン
ハマグリの漁獲量変動(1969年から1998年まで)と小倉ヶ浜における
稚貝発生量の変化を見ることができます。

どちらでも変動が激しいことがグラフからよくわかります。外洋に面した
砂浜環境で浮遊幼生が滞留し、加入すること、そして加入した稚貝が生き
残る条件の変動が激しいからでしょう。資源変動にかかわる具体的な仕組
みを明らかにして、資源管理に役立てることが基本として必要なのです。

日向市では鹿島灘から貝を持ってきて放流する事業を続けています。その
貝の供給も怪しくなりそうであり、地元での再生産に対して放流された貝
がどのような効果(あるいはマイナス効果)をもたらしているのかを検証
しなければなりません。「放流すれば増える」というのが錯覚であること
はグラフを見れば明白です。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-21 11:05 | Meretrix ハマグリ

雨上がり

e0094349_18203112.jpg

赤土は海の表面を拡散します。本部半島から瀬底島に渡る瀬底大橋の上
から見下ろした風景です。組み込んだ写真は本部半島の海岸で写しました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-19 18:22 | 環境保全

土地造成中の沖縄高専

e0094349_1750462.jpg

昨年開校した沖縄高専の敷地が造成されていた当時の写真です。
http://www.okinawa-ct.ac.jp/
現在は立派なキャンパスが完成しています。

沖縄で大規模な公共工事をすれば、このように赤土がむき出しになります。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-19 17:53 | 環境保全

瀬底島:海藻採り

e0094349_8212883.jpg

新しいネタが切れたので、古い写真も出動させましょう。瀬底大橋を
バックに、オバアたちが海藻を採っていた風景です。キリンサイとか
オゴノリの仲間だったと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-19 08:24 | 海岸

e0094349_752307.jpg

キャンパスに着いたら虹が出ていました。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-18 07:52 | 日記

殻の口側

e0094349_14115330.jpg

タカセガイの口側です。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-17 14:11 | その他の貝類

サンゴの着いた貝

e0094349_922494.jpg

取っておきのネタを出します。タカセガイの殻を覆ったミレポラとホソスジヒバリガイに着いたキクメイシモドキです。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-17 09:02 | その他の貝類

磯ノ浦

e0094349_14292935.jpg

同じく磯ノ浦ですが、今年の9月22日、パタソンと同行して夕方に立ち
寄りました。ほとんど誰も泳いでいない海岸です。アンドンクラゲでも
出ていたのでしょうか。

この海岸は、もしも海水浴シーズンの昼間に大津波が来たら惨事となり
うる場所です。浜から避難する通路が極めて限られていて、防波堤の所
で立ち往生になります。
[PR]

by beachmollusc | 2005-12-15 14:32 | 海岸