beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


屋久島の冠雪

e0094349_1650971.jpg

先日、沖縄に戻る途中で屋久島の上空から見たら山頂に雪が積もっていました。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-30 16:51 | 日記

ホタル籠

e0094349_9163765.jpg

宮崎県の最北部の山間にある北川町にはホタルの館があります。
ホタルの季節にはお祭りがあって、にぎやかになるようですが、
1月下旬では誰も訪問客がなく静かでした。ロビーの机にあった
ホタル籠は麦わらで手作りされた見事なものでした。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-29 09:19 | ホタル

アカメ

e0094349_11144199.jpg

宮崎県の山奥にある小林市の出の山を訪問してきました。
有名なホタルの産地を探訪したのですが、思いがけなくそこには
淡水水族館がありました。そして、日向市の塩見川で採取された
アカメが飼育されていました。フラッシュ撮影ができなかったので
ぶれてしまっています、ごめん。目が赤いのはナチュラルです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-28 11:18 | 魚類

はまぐり焼

e0094349_1293835.jpg

日向ハマグリの知名度を借りてどら焼きを作って道の駅で売っています。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-26 12:09 | Meretrix ハマグリ

阿多貝塚のハマグリ殻

e0094349_7153793.jpg

鹿児島県金峰町の阿多貝塚のハマグリ殻を借りだしました。これは、万之瀬川の河口干潟の現生ハマグリのご先祖だったものと思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-19 07:15 | Meretrix ハマグリ

幻のハマグリ

e0094349_723965.jpg

琉球新報のコラム「南風」に掲載された2002/07/11 佐敷のハマグリ
(上田不二夫)によると、馬のひづめほどもあった大きな佐敷のハマグリ
は昔琉球王に献上されていたそうである。佐敷の周辺には潮干狩りやら、
干潟調査の学生実習で20年くらい前から通っていましたが、ハマグリの
死殻さえも全く見つからず、ここでも絶滅したのだろうと考えています。

その死殻が佐敷の海岸で突然まとまって出現しました。海岸の地形が変化
して澪筋が移動して、ヘドロの下に埋まっていた貝殼が外に出てきたよう
に思われます。最大のもので殻長が10センチを超えている、まさに琉球
の小型の馬のひづめサイズもありました。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-18 07:32 | Meretrix ハマグリ

沖縄のチョウセンハマグリ?

e0094349_14485176.jpg

国立科学博物館に収蔵されている古い(ラベルが古いが年は明記されて
いない)サンプルとして、宜野湾とだけ記されたチョウセンハマグリに
よく似た貝殼がありました。これは、鹿島灘や日向灘のチョウセンハマ
グリに比べて膨らみが強く、殻の後端部がとがっていて、殻頂の位置も
中央よりもずれています。この宜野湾サンプルに最もよく似ているのは
下甑島集団です。比較のために同じくらいの大きさの写真を並べて見せ
ます。

沖縄本島では本土復帰のすぐ前までハマグリの仲間が生息していたよう
ですが、今は地域絶滅でしょう。宜野湾の海岸にハマグリ類の生育する
砂浜があったのか、疑問も残ります。しかし、北谷の遺跡からハマグリ
類の殻が出土しているので、金武湾や中城湾だけでなく、本島の西海岸
にも生息場所があったのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-08 14:59 | Meretrix ハマグリ

チョウセンハマグリ集団の地理的な変異

e0094349_12201168.jpg

最終講義で見せる資料を作っていますが、その一つです。データは2002年
から2005年にかけて集めた各地の貝殼サンプルについてで、まだ暫定的な
状態です。この頂紋が遺伝形質であるかどうか、いずれ確認したいと考えて
います。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-05 12:22 | Meretrix ハマグリ

軽石に付着して生長した貝

e0094349_1440338.jpg

同じ時に拾った軽石には貝類が付着していたものもいくつかありました。
この貝は岩礁の浅瀬に固着して育つ二枚貝の一種ですが、まじめに種の
査定をやっていませんので、知っている人は教えてください。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-03 14:42 | その他の貝類

軽石に付着して生長したサンゴ

e0094349_14343416.jpg

この軽石は宮古島の海岸で拾ったものですが、サンゴ(ハナヤサイサンゴ属)
が付着していました。小笠原の近海の海底火山が噴火した時の軽石だったと
思いますが、沖縄まで海流に乗って1000キロ以上の旅を続けていた間に
育ったのでしょう。どこで幼生が付着したのかはわかりませんが、この属の
サンゴの幼生は何ヶ月も外洋を浮遊することができますので、浮遊物やら
漂流物に付着して育っていることがよく見られます。
[PR]

by beachmollusc | 2006-01-03 14:39 | その他の動物