beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


最近あちこちで咲き始めた花

e0094349_731960.jpg

放棄された田んぼの畦道で咲き始めていますが、これは道路わきにも川岸にも
あちこちで見かけます。単なる野生植物ではなさそうです。しかし、人が植えて
いるとは思えない場所にもあります。いったい何という植物なのか知りませんが、
しばらく目を楽しませてくれそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-30 07:05 | 植物

デンデン

e0094349_2018288.jpg

雨がよくふるようになって、晴れ間を見つけてはワンコの散歩ですが、今朝方路上で
出会った割と大きなデンデンです。車に轢かれる前に横断しなければなりません。
山奥の養鶏場に出勤する皆さんの車が散歩の時間より少し後に通ります。
クワットさん、もし見ていたらこのデンデン虫の名前を教えてください。
陸産貝類の図鑑は買いましたが、まだ開いていない有様です。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-29 20:22 | その他の貝類

サワガニ

e0094349_20135016.jpg

サワガニは渓流の沢に住むカニだそうですが、ワンコの散歩中に出くわしました。
とても鮮やかできれいな色のカニです。田んぼの水路にいる汚らしい連中とは
一味違いますね。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-29 20:16 | その他の動物

ミナミテナガエビ

e0094349_19144164.jpg

昨日から真夏のようになって暑いので、川でエビ採りをして体を冷やしました。
大きなテナガエビが1個体とスジエビかヌマエビかよくわからない(まだ調べて
いない)ものを多数捕獲して、水槽の掃除用に一部を残して田んぼに放流して
おきました。
田んぼには朝はカモのペアが来て引っ掻き回しているほか、時々カワセミが
やってきて放流した魚を狙っているようです。
水中をよく見ると、まだミジンコなどは見えませんが、ミズスマシらしきものが
泳いでいました。かなり安定してきて、底では草も生えだし、いろいろな生物が
増えていると思います。お玉は大小いくらでもいるし、ヤゴが増えているはず
です。いろいろなトンボの訪問もにぎやかです。ギンヤンマも飛んでいるし、
オハグロトンボ、シオカラトンボ、アカトンボ、その他です。チョウチョも多いが
トンボもいっぱいの里山らしい環境になっています。ただし、くさいカメムシが
多いのは周りの杉林のおかげでしょう。林の中を突っ走るマイマイカブリも
見かけました。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-27 19:22 | その他の動物

イシガメ

e0094349_12251388.jpg

借りた休耕田んぼを水田に復活させる仕事をやっていただいた黒木さんが
今日は自分の田んぼで見つけたイシガメを連れてきてくれました。
こちらの田んぼでかわいがってあげることにします。
ただし、この亀の連れ合いが前の田んぼに残っているかどうか、気になります。
さっさと逃げてもとの住処にもどるかもしれません。
イシガメは宮崎県のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類にされています。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-25 12:31 | その他の両生・爬虫類

ミズカマキリとタイコウチ

先週、大分でメダカを追っていたときに網に入ったまま拉致してきた虫たちです。
種類の査定は怪しいかもしれませんが、ミズカマキリやタイコウチ、ゲンゴロウに
タガメなど昔はごく普通の虫たちだったはずですが、いまや滅多に見られません。
e0094349_13461793.jpg
e0094349_1346324.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-06-23 13:46 | その他の昆虫

田んぼの住民たち

e0094349_1042742.jpg
e0094349_1043741.jpg
e0094349_1044810.jpg
e0094349_1045847.jpg

水田に一定量の水を張って維持することは大変なことであるとわかってきました。
浮き草が増えつつあり、ドジョウやメダカ、カワニナなどを放流する準備を進めて
いますが、生息場所として単調になっているので、一工夫すうr必要を感じます。

水田の見回り中にムシやカエルたちに出会います。長いやつもかなり多数いる
みたいです。餌が豊富だから当然のことです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-22 10:08 | 田んぼと里山

野生メダカとジャンボタニシ

e0094349_7434112.jpg
e0094349_7435271.jpg

ハマグリの話を聞いて回っているときに、野生メダカの集団が付近にいると聞き、
探してみました。水田はちょうど田植えの作業中のところが多く、宮崎よりも一月
遅い感じでした。水田の周辺の水路に、水草や藻が生育していて、メダカの集団
ばかりでなく、コオイムシやミズカマキリなどもいて、フナとメダカが健在でした。
しかし、水路の壁面には赤いツブツブが点々と見られ、それを産んだジャンボ君
たちがたくさんいました。水田の障害になるはずですが、駆除していないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-20 07:48 | 田んぼと里山

番匠川

e0094349_73729100.jpg
e0094349_7373936.jpg
e0094349_737481.jpg

下関から日向市に戻る途中で大分県の佐伯市に立ち寄り、番匠川の河口干潟に
ハマグリが生息しているかどうか、地元の住民や海岸で釣りをしていた人たちに
話を聞いて回りました。以前(数十年以上前)にはたくさんいたそうですが、最近は
まったくいないそうです。漁協が立てたハマグリの採取禁止の看板が見つかりました。
塩が満潮で干潟の様子を見ることはできませんでした。移植放流をやっていると
聞いたので、地元漁協に問い合わせる必要があります。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-20 07:42 | 日記

ホタル船

e0094349_7301888.jpg
e0094349_7303060.jpg
e0094349_7304570.jpg
e0094349_7305640.jpg

豊田町が自慢するホタル鑑賞の船です。鵜飼い船と同じだそうで、1隻が2百万円。
3隻でシーズン中フル稼働して10数夜、28名掛ける3隻の収入(大人1500円)
では原価償却は無理ですね。船をオフシーズン中に維持するだけで赤字です。
道路わきの川を20分あまり下りながらホタルを見るのですが、川の水は汚くて
悪臭がしました。ホタルの光はきれいですが、何か無理している印象を受けました。
[PR]

by beachmollusc | 2006-06-19 07:36 | ホタル