「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧


ホタルの里、田野

東郷町の道の駅から国道327を離れ、耳川の支流をさかのぼると道路際に看板が。
ホタルの里つくり、東郷町よお前もなのか。しかし、看板が汚いし、川も汚いね。
アオサギやカラスなどが飛んでいるから魚はいるんでしょう。
耳川は上流から下流まで工事ラッシュで水が酷くにごっていましたが、支流ならば
きれいかと思いきや。ただし、この川に平行しているもう一本の支流はきれいでした。
何とか牧水という何をした人か知りませんが、その川沿いに記念公園があって、河川
プールまでありました。
e0094349_1731715.jpg
e0094349_17312783.jpg
e0094349_17314464.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-08-31 17:30 | ホタル

日向ドゼウ再発見

e0094349_17143152.jpg
e0094349_17144143.jpg
e0094349_17145112.jpg
e0094349_1715159.jpg

日向市と合併した東郷町を抜けて隣の美郷町に入ったところに小八重(こばえ)という
小さな集落がありますが、国道沿いにいつか見たのと同じ絵が眼に飛び込んだので
立寄ってみました。ドジョウの養殖場がありましたが、誰も番をしていないようなので
近所の田んぼのおばさんに聞いたら、餌やりは誰か地元の人に任せて、主は別の
ところにいるそうです。北川町の看板と同じドジョウの漫画だし、日向ドジョウというの
も同じなので、同じ経営者なのでしょう。この村の谷あいには立派な砂防ダムあり。
オバちゃんによれば、昔はタニシは多かったがコンクリート水路になってから見ない
そうです。いずこも同じ、そろそろ秋です。タニシを見つける旅は失敗に終わりました。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-31 17:21 | 魚類

ダム

e0094349_1724276.jpg
e0094349_1725352.jpg

河川敷の中でなにやらやっていますが、何のために何をしているのか読めませんでした。

e0094349_1734564.jpg
e0094349_1735986.jpg

耳川は椎葉の巨大なダム以外にも多数のダムと水力発電所があります。写真の
ダムはわりと小さいものでしたが、流木がぎっしりとたまっていました。ちなみに、
昨年宮崎県北部で大洪水を起こした耳川や北川にはでかいダムがありますが、
洪水がなかった五十鈴川や塩見川にはダムがありません。何か因果関係は?
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-31 17:08 | 環境保全

斜面の崩壊

e0094349_16544249.jpg
e0094349_16545242.jpg
e0094349_1655437.jpg
e0094349_16551581.jpg

椎葉村の手前の諸塚村でも崖がいたるところで崩壊して、杉がなぎ倒されている姿
が目に付きました。河川敷では重機がいたるところで大活躍です。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-31 16:56 | 環境保全

椎葉村にて

e0094349_16325815.jpg

日向市から耳川沿いに国道327号線を走って椎葉村までやってきたら道端に面白い
標識がありました。使えないトイレがあるのかなと思ってその場所まで来てびっくり。
e0094349_16331136.jpg

e0094349_16332096.jpg

e0094349_16463971.jpg

確かに使えない状態でした。これは昨年の秋の台風による洪水でトイレの施設の
周辺がえぐられて、がけっぷちで危険な状態です。
e0094349_16334089.jpg

すぐ近くの「お休みところ」も同様に土台をえぐられたらしく、お休みしていました。

昨年の耳川の洪水は川岸の道路の損壊箇所多数をもたらしました。その災害復旧
工事がいたるところで見られました。口の悪い人によれば(私ではない)、この工事で
日向の地域経済はしばらく大丈夫、だそうです。災害復旧の費用はどこから来るのか、
興味のある人は調べてみてください。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-31 16:42 | オモシロ英語

ため池の周辺

e0094349_4385325.jpg
e0094349_439789.jpg
e0094349_4391795.jpg

周辺の水田は刈り取りが終わったゾーンに取り囲まれていましたが、ため池のすぐ
近くではまだ稲穂が垂れていました。畦を見たら、除草剤の影響を受けやすくて、
最近の田んぼではほとんど見られなくなったというコナギなどの雑草が生えていて、
イモ虫まで見つかりました。殺虫剤も影響していないのでしょうか。最近の農薬は
水に溶けて流れてしまうので、田んぼではそれほど強い影響を与えずにすんで
いるのかも知れません。しかし、結局は海に流れて海辺で影響しているはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-30 04:45 | 田んぼと里山

岩淵大池(ため池)

e0094349_43418100.jpg
e0094349_4344115.jpg

e0094349_4354516.jpg

昨日、小丸川の上流が流れている木城町に立寄って、オニバスの自生地(池)とされている
ため池を探し出しました。古いため池のようですが、県内唯一のオニバスの自生地として、県
の天然記念物として奉られていました。ぐちゃぐちゃと説明文が書かれていた看板を見ていたら
突然の雷雨で、看板のひさしの下で雨宿りしました。

池の水面は一面にヒシの葉で覆われていて、ヒシの白い花が点々と見えましたが、ぐるっと
まわってみた限り、オニバスとやらはまったく見つかりません。そこにちょうど犬と散歩中の
おじさんが通りかかったので、オニバスはどうなっているか聞きました。

去年はわずかな株数で出たが、今年はまったく出ていないそうです。ヒシがひしめいている
のは影響していないだろうということで、鯉ヘルペス騒ぎの影響で池の魚を取り上げなかった
ので、底にたまった泥をかき回さなかったことが災いしているんじゃないか、というご意見を
いただきました。ため池という人工的な環境とは、稲作の生産活動のサイクルにしたがって
人々が使いこむことで維持されているのでしょうか。「天然記念物」などとして下手に奉って
しまっては、もともと「天然」ではないものは迷惑するのでしょう。触らないことで保全しようと
すれば保全できないという矛盾が生じるケースかもしれません。消えてしまったらおしまい。
天然記念物行政は根本から見直す必要を感じます。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-30 04:36 | 環境保全

秋の味覚

e0094349_9515582.jpg

ワンコたちが大騒ぎしていたので外に出たら、隣の栗林のおじさんが来ていて、
栗を収穫していました。そして、おすそ分けをいただきました。
先日、富山のホタルイカの生姜煮をお土産に差し上げたので、そのお返しの意味も
こめられていたと思います。さて、栗ご飯でも炊きましょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-28 09:54 | 植物

ウイングスパン19センチ

e0094349_359696.jpg

でかい奴がきました。このサイズは記録物です。
沖縄の家にも大型の蛾が飛んできたものでしたが、これほどでかいのは見ませんでした。
ヤママユガというものでしょうが、情報では羽のスパンが15センチまでとなっています。
ヨナクニサンには負けているようですが、美しさでは勝っているように思います。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-26 04:13 | 蛾と蝶

畦に咲く花

e0094349_842525.jpg
e0094349_843421.jpg
e0094349_844288.jpg

稲が刈り取られた水田には用がなくなったU字溝水路に水はなく、朝露にぬれた
草のなかに色々な花が咲いています。露草が一段ときれいで、またリュウノヒゲ
に似た花がたくさん咲いています。
[PR]

by beachmollusc | 2006-08-24 08:08 | 植物