beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧


砂防ダムとがけ崩れ

e0094349_17555850.jpg
e0094349_1756951.jpg

ヘビのいたところより上の渓流には砂防ダムがあります。
このダムのすぐ近くで今年の台風の大雨のときに崩れた斜面がありました。
この林道が一時的に通行できなくなったのはこのがけ崩れのせいでしょうか。
もっと上まで行っていませんので他に崩れているところがあったかどうか知りません。

砂防ダムが建設された時期はかなり古いもののように見えます。
幸いなことに、このダムでせき止められた土砂はありません。
つまり、なぜこの場所に作ったのか理解に苦しみます。

もしこの渓流で大規模な土石流が発生したら、
我が家がまずその最初のターゲットになるかもしれませんが、
地形的に見るともっと上で誰も住んでいない開けた場所で止まるはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-31 18:04 | 日記

長い奴

e0094349_17491581.jpg
e0094349_17492525.jpg

今朝は山道を登ってみました。
水汲み場の付近で茶色の長いものを発見、これは50センチくらいだったのですが、
フリーズしてくれて、楽に撮影ができました。撮影後にゆっくりと道路を渡って行き
ました。模様がわかりにくい個体でしたが、ヤマカガシかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-31 17:52 | その他の両生・爬虫類

タンポポ?

家のすぐ近くで咲いていたタンポポ?です。
なぜか今までタンポポを見ていなかったような気がするのですが、変ですね。
e0094349_17305087.jpg


日本のタンポポとセイヨウタンポポ (著者小川 潔)の書評で、わが意を得ました。
<日本のタンポポが少なくなり、セイヨウタンポポがはびこっているのは、
「駆逐」されたのではなく、環境の改変と種の「特性」によるものだ…
ということを30年の調査から解明。>

そうなのだ、在来種を駆逐したのは外来種ではなくて、ヒトによる激しい環境改変の
おかげで在来種が消えた後に外来種がはびこっているようになった、という方が
真相であるケースが多いと思われます。メダカも同じようなもので、カダヤシや
グッピーのせいではなさそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-30 17:34 | 植物

野生のクリ

e0094349_1716188.jpg

ワンコと散歩する道のりが伸びてから、新たな発見が続きます。
道沿いにクリの木があって小さな実が道路に落ちています。
中身がないイガグリですが、周囲に中身のない薄い実と食べかすの皮が散っていました。
どうやらイノシシの餌になったようです。小さいから食べにくかったでしょうね。
ドングリの大きめのものと、わずかに見つかった食べ残しのクリの実を比べてみると、
大きさにあまり違いがありません。
e0094349_17203780.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-10-30 17:28 | 植物

レンゲ畑の準備

29日、日曜日の午後、黒木さんにお願いして、水を張っていない田んぼを来春には
レンゲの花がいっぱいになるようにするための準備をしてもらいました。
トラクターで回転刃をまわしながら走って、あっという間に草ボーボーの場所が畑に変身。
e0094349_422143.jpg

e0094349_4221197.jpg
e0094349_422213.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-10-30 04:26 | 田んぼと里山

赤い実

e0094349_9212692.jpg

赤い実がきれいだったので撮影しました。これも名前は知らないので、だれかヘルプみー。
秋が深まったはずなのに、今日も夏日の予報です。
おまけにキクの仲間もきれいに咲いていましたので
e0094349_9234927.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-10-29 09:23 | 植物

よもぎの花

e0094349_18232719.jpg

ヨモギからなにやら伸びて変なものが見えるので良く見たら花が咲いているようでした。
これでも花なのか、という花でしょうが、ヨモギにとっては大切な繁殖努力でしょう。
旱魃の影響で種を作って子孫を残すつもりかもしれませんが、普段はどうやっていた
のか、考えてみると変ですね。ヨモギもアレロパシーとやらで単独群落を維持するように
他の植物の生育を阻害するような物質を出しているらしい。
色々な花が咲き終わっていますが、これからlがアザミの出番のようです。
e0094349_18282519.jpg

沖縄では海岸に自生していた奴の葉っぱがチクチクでしたが、山道にもいるんですね。
これも根っこはニンジンみたいになっていて食べられるのだろうか。
いざというときに備えて、食えるものは普段から気をつけてみておくと良いかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-28 18:30 | 植物

しいたけ栽培

e0094349_18363862.jpg

杉が悪いのではないのだよーーー。植えすぎるのがいけないの。

ちゃんと管理された杉林はフィトチッドの源泉だし、ヒメボタルは光ってくれるし、そして
シイタケの栽培に良い環境も作ってくれます。
周囲では、(来春の収穫に備えて?)下草の雑草刈りを済ませて、種菌をつけたクヌギ
のホダ木を組んでいます。カラカラ天気が続いていますが、菌は大丈夫かしら。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-27 18:41 | 田んぼと里山

水源涵養?

e0094349_18322076.jpg

林道が縦横無尽に作られている日向市です。
山の中に看板があったので、その上のほうを見上げると、
e0094349_18335977.jpg

このように、杉、杉、杉、です。どうしてここまでむやみやたらに杉を植えなければならなかったのか、時流にさからうようなへそ曲がりは居なかったのでしょうか。
全国的に同じ光景が見られます。行政が旗を振っていた(半ば強制的)らしき話を聞きます。
保水力とか、水源の涵養とか、考慮しないで突っ走っていたのでしょうね。

ところで、足元を見ると、大きな穂を出している巨大猫じゃらしはきれいでした。
e0094349_1840567.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-10-26 18:42 | 植物

ミステリー

刈り取りが終わった後で草ボウボウの田んぼになにやら怪しげな模様が見えました。
いのししが出没するという噂を聞いていますが、これは猪君がやったのかしら。
カメラの液晶モニター画像が出なくなっても撮影できますが、ぴんと合わせがうまく行かないようです。ぼけていてごめんなさい。
e0094349_831768.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2006-10-25 08:31 | 田んぼと里山