beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


鳥インフルエンザの蔓延

RandD Management の小久保さんにこの問題についてメールを送ったら、彼が新しい評論をアップしたという返信があった。

http://www.randdmanagement.com/c_genome/ge_037.htm

鶏に対するワクチン接種の問題は、日本では厳重に禁止されているはずなので、表には出てこない。しかし、小久保さんの指摘のように、裏で何が起こっているかはわからない。マスコミの記者はこういった問題点まで掘り下げて事実を押さえたうえで報道して欲しい。

ついでに、鶏糞の移動がウイルスを蔓延させるかもしれないことも追求するべきです。産業廃棄物となった大量の鶏糞は焼却処理工場へ運ばれているようです。新富町の前の町長が処理工場からみの汚職で逮捕されたのが1年前のことでした。贈賄側は私の家のすぐ近くに養鶏場を持っていました。

大学や研究所の中だけで研究している日本のウイルス学者たちは、野外でのウイルスの生態に疎いのではないかなと心配になっています。国際的にはまだごく少数の研究者がやっているだけですが、野外でのウイルスやファージの生態は農学や環境学の基礎分野として極めて重要です。日本はその後追いさえほとんどやっていない現状はなさけない。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-31 08:50 | 評論

黄砂のシーズン

中国から飛んでくるのは渡り鳥だけではありません。
今年は去年に続いて「黄砂」の飛来が多くなるだろうという予報がすでに出されています。

ダストに付着して色々な病原性微生物やウイルスが飛んでいることは多分間違いないでしょう。黄砂がらみでは、酸性雨をもたらすエアロゾルを観測しているようですが、微生物やウイルスの飛来もモニタリングするべきです。

もし、空中を飛んでくる微細なダストに鳥インフルエンザウイルスが取り付いて運ばれたら、それこそ「風船爆弾」となります。ウイルスのほとんどは上空で紫外線を浴びて破壊されるでしょうが、ダストのくぼみの中で保護されているものもあるでしょう。微細なダストはどこにでも侵入できます。ウイルスが1個でも鶏舎に入ったら、いくらでも増える可能性が生まれるでしょう。

空中のダストは、そのまま地上や海上に落ちるだけでなく、雨や雪の核になって地上に落ちるかもしれません。過去2年間は冬に積雪が多かったのが、今年は中国大陸も日本の日本海沿いの海岸部でも雪なしのようです。3年前の冬のデータをまだ確認していませんが、同様に雪なしであったならば、日本海を渡ってくるダストが雪に閉じ込められてしまう効果があるという想像も
できるかもしれません。

韓国では油断していたわけではなく、野鳥の鶏舎への侵入などに対する防御はやっていたようでした。日本でも同様ですから、野鳥が持ち込んだという線はとても考え難いのです。場所的にかなりでたらめに発生していることも「風船爆弾」を示唆しています。これから本格的な黄砂シーズンですから、もしそれがウイルスを運んでいるとしたら、今後も各地で発生するかもしれません。これを書いた後で宮崎県、新富町でも発生か、というニュースがありました。清武と日向の真ん中の位置にあって、厳重な警戒態勢がとられていたはずの場所でした。

沖縄は養豚が盛んであって、もし鳥から豚にウイルスが伝播して変異すると怖いことになります。沖縄県では特に厳重に防御する必用があります。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-30 16:16 | 評論

中国鳥流感情報

中国で2005年の5月から発生したH5N1と今回の宮崎県のウイルスは同一系統
であると報道されましたので、青海湖について検索しました。
中国語を読解するのは、今では使われている漢字が違っているので難しいのですが、
画像を見ながら想像できます。(中学校で漢文を勉強しましたが役に立ちませんね)
http://news.sina.com.cn/z/qhqlg/index.shtml

かなり内陸、大陸の奥深い場所で、黄河の源流域の北に位置している湖です。
巨大な塩湖ですね。
http://www.6m9m.com/product.asp?id=1324
画像検索すると観光名所であることがわかりました。
ここの環境破壊が進んでいるという情報もありました。
ものすごい数のカモメの仲間らしき鳥の集団がいます。ズグロか、ユリカモメか?
この鳥たちがウイルスを運搬しているのでしょうか。

<青海湖中的海心山和鸟岛都是游览胜地。海心山又称龙驹岛,面积约1平方公里。岛上岩石嶙峋,景色旖旎,自古以产龙驹而闻名。著名的鸟岛位于青海湖西部,在流注湖内的第一大河布哈河附近,它的面积只有0.5平方公里,春夏季节却栖息着10万多只候鸟。为了保护岛上的鸟类资源,这里还设有专门机构,负责鸟类研究和保护工作。>
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-29 10:18 | 日記

カラスの潮干狩り

e0094349_148894.jpg

今朝の小倉ヶ浜はとても良い凪ぎでした。
各地から集まってきたサーファー達には最悪でしょうが、ハマグリ漁には絶好条件です。
沖に何隻も小型漁船が出漁していました。素もぐりで潜ってハマグリを採っています。
e0094349_1411360.jpg

潮が引いて、海岸の一部が砂州のようになっています。岸に平行に凹凸ができている
からです。結果的に澪筋のようになる部分ができますが、その周辺でカラスたちが
何かやっていました。カラスの犯行現場には証拠が歴然、フジノハナガイとチョウセン
ハマグリの稚貝を砂の中から掘り出していました。貝が食べられる前に邪魔が入りました。
e0094349_1414723.jpg
e0094349_14142133.jpg
e0094349_1414361.jpg

ツメタガイに開けられた穴がない死殻がかなり沢山浜に打ち上げられていますが、その
一部はカラスに食べられたのでしょう。しかし、どうやってこじ開けたか、ミステリー。
コンクリート護岸まで運んで、上空から落として殻を割っているカラスもいるようです。

カラスの脳みそは特別良く発達しているそうです。個々の貝が潜んでいる場所を見つける
能力が私と同じくらいあるようです。なかなか侮れない競争相手です。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-28 14:15 | Meretrix ハマグリ

鳥インフルエンザ情報

韓国では昨年11月下旬から今年の1月にかけて5例の鳥インフルエンザ発生があったが、
それを受けて日本ではどうなっていたのかを検索してみた。引用しながら説明する。

3年前の事例を受けての調査結果と最近の韓国での発生を受けて、関係者の間では
一応の動きがあったことが検索してわかった。

マスコミのニュースでは、国際ニュースとして各社が韓国における発生については簡単に
報道していたが、過去の経験と情報を踏まえて国内での警戒まで踏み込んだニュースは
出していなかったようである。

まず、前回3年前の情報であるが、韓国と日本の密接な関係がすでにわかっていた。
この時は国内の野鳥について「かんたん」な緊急調査が行われていただけであった。

<2004年5月27日 「高病原性鳥インフルエンザ対策に関する緊急調査研究」の研究成果について 平成16年5月27日 文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/05/04052701.htm#betten
緊急研究の主要な成果
(1)  ゲノム疫学研究
成果の要約:
  日本の分離ウイルス全て及び韓国の分離ウイルスは遺伝的に極めて近縁な同一遺伝子型で、タイやベトナム分離ウイルスとは遺伝的に異なる型であることが明らかになった。野鳥のウイルス検査を実施したところ全て陰性であった。
1) 日本および近隣アジア国で分離された高病原性鳥インフルエンザウイルスについて遺伝子の解析をしたところ、日本および韓国の分離ウイルスは互いの遺伝子が99%以上一致し、同一遺伝子型の極めて近縁なウイルスであった。一方、タイやベトナム分離ウイルスは日本の分離ウイルスと一部の遺伝子が異なっており、異なる遺伝子型であった。
2) 高病原性鳥インフルエンザの発生地域(山口県、大分県、京都府)周辺の野生鳥類から検体を採取し、ウイルス分離ならびに血清抗体調査を実施したところ、各々の現地調査で得られた野鳥個体合計292羽、水鳥及びカラスの糞合計577検体の全てが高病原性鳥インフルエンザウイルス陰性であった。
3) 韓国の高病原性鳥インフルエンザ発生地から日本に渡ってくる可能性のある渡り鳥として9目20科67種の絞り込みを行った。  後略>

以上の情報があるから、日本では韓国からの発生ニュースが極めて重要であったはず。
その後、過去3年間に緊急調査以後の取り組みがないようだったのは遺憾。

<平成19年1月12日 環境省 報道発表資料
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=7901
環境省では、昨年11月25日に韓国南部の全羅北道(チョルラプクド)において鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)が確認されたことを受け、渡り鳥等の高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査を強化しており、昨年12月の調査結果がまとまりました。
1.昨年12月の調査結果について
 鳥取、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島の各県18調査地点において採取したカラス類、カモ類、シギ類等の野鳥糞便の144検体(681個体分)について検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウィルスは、確認されませんでした。 また、カラス類、カモ類、シギ類等の野鳥が多く集まっているねぐら等の場所で生息状況の確認を行いましたが、現在まで野鳥の大量死等の異常は確認されていません。
 なお、引き続き、今月も同様の調査を継続することとしています。>

一応、対応の動きを見せていたが、なぜ、宮崎県で調査していなかったのだろう。

京都府は、前回の発生を経験しているので、警戒態勢を敷いていた。

<平成18年11月29日 京都府農林水産部畜産課
韓国における高病原性鳥インフルエンザ(H5N1:強毒タイプ)の発生に伴う対応についてhttp://www.pref.kyoto.jp/news/press/2006/11/1164776481881.html
11月23日に韓国の肉用種鶏場において、高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受け、京都府では本病の侵入を防ぐとともに万一の発生に備え、下記のとおり対策を進めておりますので、お知らせします。>

京都と同様に過去に経験している大分と山口の二県ではどうなっていたか。

大分県のHPでは「食べても大丈夫」の情報のみ。韓国での発生は注目されたのか不明。
http://www.pref.oita.jp/13900/toriinflu2/index.html

山口県では宮崎県での発生を受けてから後で対策が始動していたらしい。

経験済みの県でこのような状況であるから、他の各県では推して知るべしだろう。
韓国情報を受けて「警戒」体勢に入った関係者が極めてかぎられていたことがわかった。
3年経てば担当部署が変わってしまう行政慣行も影響しているのだろうか。

なお、韓国と日本で発生したウイルスは中国のある場所から来ているという報道がある。
それが事実であれば、渡り鳥の種類と経路を絞り込んだ上で、詳細な国際協力研究調査
を計画して「渡り鳥説」を検証するべきであろう。ちょこっと調べてみて、陰性でしたという
報告で止まってしまう、日本の行政による調査というのはいったいなんのための調査なの
だろうか。調査のための調査というジャンルもありでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-27 19:53 | 評論

鳥インフルエンザ

日向市(最近の合併で一緒になった東郷町)にも出現した高病原性鳥インフルエンザについて、地元住民に不安が広がっているが、その実態について(オンラインニュース)報道を見ている限りでは、肝心なことが知らされていない。マスコミの記者たちが不勉強なのか、勉強してもわからないのか、とにかく表面的な報道のみである。

http://www.forth.go.jp/tourist/topics/p2006/map20061130.pdf
このファイルは世界的な状況を地図の上で示しているのでわかりやすい。
ゆっくりながめていると色々なパターンが見えてくる。
中国の公式データには異常に低い数値が出ているのが気になる。
例によって、官僚統制国家の本領を発揮しているのだろうか。

日本は清浄化済みということになっているが、「そうあってほしい」という
強い願望を厚生労働省や農水省が持っているだけなのだろう。
2004年以来出てこなかったので大丈夫とでも思っていたのだろうか。

しっかりした科学的な調査とそのデータに基づいた分析をしないでおいて、
出てきたらあわてて「モグラ叩き」的な調査では何も解明できない。

野鳥について、特に渡り鳥の渡り経路などがどのくらい把握されているのか、
そして、どの鳥にどのくらいの免疫抗体が出ているのか、
そもそもどれがキャリアーになっているのか、いないのか、
感染した野鳥はどのくらいの潜伏期の後で発症するのか、
海を越えて渡ってくるとすれば、どのような経路で来るか、
汚染地帯は広いが、そのどこからどうやってくるのだろうか、
こういった単純な疑問に関して情報が見つからないのは、
調査がされていないのか、またはデータが隠されているのか。

人の場合、このウイルスに感染して発病した後の死亡率は大変高い。
しかし、感染してもそのまま抗体ができて発病しない人もいるだろうし、
発病しても治癒するひともあるだろう。図のデータの陰になって見えない
部分はどうなっているのだろうか。

これが人に感染しやすい新型インフルエンザに変異した場合に、
スペイン風邪並みの死亡率となることが恐れられているが、
昔とは栄養状態が違っていて、健康な人の抵抗力は大きい反面、
日本のように高齢者やアレルギー疾患を持つ人の割合が高い、
つまりリスクの高い人ではどうなるのだろうか。とにかく弱者に
しわ寄せが来る社会構造になっているのが問題である。

宮崎県は養鶏を含めて畜産が盛んなところである。その産業基盤を
ゆるがすような問題に対して基本的な情報収集は全力でおこない、
たとえ表面的に沈静化しても、その後を「そのまんま」にしておくような
ことがないように願いたい。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-26 09:55 | 評論

何だろう

e0094349_2082873.jpg

南日向の平岩地区の山中の田んぼ用水路で見つけた草です。最初は浮き草だと
思って、一部分を採ってみたら、浅い泥底にしっかり根っこを張っていました。
ウキクサダマシと仮に名前をつけておきましょう。
今の時期に湧き水が流れ続けている用水路はめったに見つかりません。
この草は奇跡的な存在です。
それにしてもウキクサによく似ている。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-25 20:11 | 植物

日の平

e0094349_18125363.jpg
e0094349_18133100.jpg

広域農道からわき道に入った日向市の南部の集落を訪れたら、干支の皆さんが
お出迎えしてくれました。イノシシが中央で威張っていました。
e0094349_1815182.jpg

残念ながら、集落外れの山間部の谷津田はかなり荒れていました。
タニシ探索は今日も不首尾でした。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-24 18:16 | 田んぼと里山

山中の湿田

e0094349_20125244.jpg
e0094349_2013350.jpg
e0094349_20131368.jpg

日向市から都農に向かう広域農道を走っていたら山中で道路の脇に水たまりのような
ものが見えたので立寄りました。タニシ探索が目的です。ここの持ち主は不在で話が
できませんでしたが、無農薬農業をやっている黒木さんの田んぼのようです。近所に
ある「中心の里」という施設で聞きました。水の中には稲の切り株が見えましたが、
タニシは見つかりません。しかし、用水路にクレソンとホテイアオイが植えられていて、
わが田んぼと同じ事をやっています。カワニナもいましたが、ここではホタルが多く
でるそうです。当然!
e0094349_20192613.jpg
e0094349_20194578.jpg

乾いた田んぼには稲の切り株を覆い隠すほどの雑草とレンゲソウが生えていました。
田のほうでは咲いていませんでしたが、あぜ道には数本でしたがレンゲの花が咲いて
いました。
e0094349_20221143.jpg
e0094349_20222532.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-01-22 20:22 | 田んぼと里山

奥野川下流の堤防にて

e0094349_16341785.jpg

奥野川の上に国道327が走る「あさひ橋」から下流にかけてミッキーとお散歩しながら
周りを見てきました。

堤防の脇の田んぼはすべて水がなく、乾燥していて、手入れしてあるところは土だけ
の表面、サボっているところは枯れ草に覆われ、そして中途半端なところでは数種の
雑草がパッチを作っていました。その雑草はナズナの小型のようなもので、レンゲソウ
ではありませんでした。ところが堤防の斜面にはヨモギが主力でしたが、レンゲソウの
パッチも結構育っていて、斜面の下側でびっしりでした。レンゲの花はまだでした。
e0094349_16402863.jpg

畦を歩いていたら、スミレが咲いていました。引退した人気競馬馬みたいな陽気が
続いているので、勘違いして早く咲いているのでしょうか。
e0094349_16425531.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-01-20 16:43 | 植物