「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧


沖縄の紅葉 (再)

2000年7月の沖縄サミット開催を控えた琉球大学では全学の建物のお化粧直しが始まった。大学生の前で大見栄を切るのが好きな某国の大統領が来学するやもしれぬ、という情報が流(さ)れたらしく、建物の外壁がカビなどで黒ずんだキャンパスを貴賓客や海外からの報道陣に見られたくないという「体面上の問題」という外務省好みの理屈を立てたのか、サミット関連予算の食いつぶし合戦に文部省も堂々と参戦、聞く所によるとこれに14億円をせしめたそうである。全学の建物がシートで覆い隠され、外壁の塗り替え工事が行われ、その頃が丁度繁殖期で建物の各コーナーで巣作りしていたイソヒヨたちがひどい目に合わされていた。そして、ペンキの吹きつけ作業が予告なしに行われた区域では多数のエアコンの室外機が塗装されて働かなくなった。この間、うわべは綺麗になった建物の中で、教育・研究の充実のためにはお金が来なかったことは言うまでもない。

その同じ頃、沖縄ではすでに長年見慣れてきている琉球松の紅葉シーズンとなっていた。いわゆるマツクイムシにやられた松が、緑豊かな島中で真っ赤に染まる季節となっていた。そして、これもサミット関連予算に付けを回したのかどうかわからないが、サミット開催日までには、来島者の視野に入りそうな枯れ松は一本残らず処理されたようであった。それから2年余り過ぎた現在、再び大々的に松の紅葉が進行中である。沖縄県では、県木リュウキュウマツをみんなで守ろう!というスローガンを立て、「沖縄県松くい虫の防除に関する条例」を平成14年6月1日から施行した(県農林水産部、みどり推進課: http://www.pref.okinawa.jp/churahome/02-jul-kenugo2.pdf)。つまり、マツクイムシの被害が目立つようになったのは1980年代からであったので、20年くらい場当たり的な対策事業を続けて効果なしのまま、それでも降参しないで一方的な宣戦布告をしたというわけである。これは同時に進行中の「オニヒトデ対策事業」とまったく同じパターンである。

マツクイムシはマツノザイセンチュウという長さ1ミリくらいの線虫類の1種が樹幹の中で繁殖して松枯れが引き起こされるという寄生虫病である。そして線虫を運ぶ昆虫、マダラカミキリがその被害を広げるわけである。カミキリムシは本来は松と平和共存している無害なものが、不運にも厄介者の運びやというレッテルを貼られ、駆除の対象となってしまった。そして、すでに全国的に広がったマツクイムシの被害拡大を防ぐという名目でカミキリムシ駆除のため空中から殺虫剤が撒き散らされ、その他大勢の昆虫たちを巻き添えにしてしまっている。昆虫を食べる鳥たちや小動物もその影響で巻き添えになっているはずである。さらに海岸の松林を守るということから、沿岸の海洋生物がこの薬剤散布の影響を受けているはずであるが、具体的な情報がない。つまり、関係者には松とマツクイムシが視野の中にあるだけのようである。

この問題を「生物の生活」という文系学生対象の講義のトピックスとして紹介するために調べていて驚いたことに、マツノザイセンチュウは1970年代までにアメリカから日本に進入したという情報があった。そしてアメリカでは松の木がこの線虫と平和共存しているという。人間に寄生する線虫が喘息、アトピーや花粉症などのアレルギー病を抑える抗体を生産して宿主を助けているらしいという話があるように、寄生虫であっても宿主と平和共存しながらお互いに助け合っている姿も見られる。しかし、外来種として異なる場所に移入、侵入した生物の場合は既存の生態的な秩序を激しく乱すこともある。マツクイムシはこの典型的な事例であろう。それでも長い時間が経過すれば、自己破滅的な現象は次第に落ち着いてくるのが進化の仕組みとして働くようだ。マツクイムシで死んだ松はモザイクになっているし、生き残った個体では新しい共存関係も成立し始めているかもしれない。この寄生性線虫の原産地であるアメリカではどのように共存関係ができているのか、日本の松がなぜ寄生の結果で枯れてしまうのか、などの基本的な情報を得る研究・調査を進める先に、目前の不都合だけを乱暴な方法で除去するような駆除対策事業に突っ走るのは生物の生態を理解できていない愚者の行為である。 (2002.10.17)

追記 沖縄県では1986年以後は松枯れ対策事業で薬剤の空中散布をしていないそうである。しかし、マツクイムシの被害が出ている45都道府県中33県(7割)では2001年度も相変わらず散布を続け、民間でもゴルフ場などで散布を続けているという。薬剤散布の効果について科学的な検証もせずに、自然環境の破壊を続けることをやめようとしない国と地方の行政担当者の頭の中はどうなっているのだろうか。(2002.10.19)

追記の追記
今日は平成18年度の最後の日であり、沖縄県にとっては特別な日でもある。
上のエッセイは5年前に書いたものであるが、その年から5年間でマツクイムシを根絶
という宣言が県から出されたのをネット上で見たので、まさに今その成果が確認される
べき時。文中のpdfファイルはすでに消えているが、更新されたサイトには乗っている。
ただし、当初のいさましかった根絶宣言は消去されている。

5年間で税金をどれだけつぎ込んだのか知らないが、おそらく100億円くらいであろう。
沖縄の林業の総生産と比べてみたいが、データが見つからない。
県の担当者にはすでに事業の成果の総括について問い合わせのメールを出してある。
どのような返事が返ってくるのかお楽しみ、なのだ。(2007.3.31)
[PR]

by beachmollusc | 2007-03-31 18:54 | 評論

天然記念物、アーマンたちの天国と地獄 (再)

オカヤドカリの仲間は沖縄ではアーマン(またはアマン、沖縄本島には3種類あり)と呼ばれ、地元では昔から釣り餌に使われ、また県外では夜店などで売られてペットにされてきた。いまどきのインターネット上の販売サイトでは、「商品説明: 天然記念物の珍獣オカヤドカリを沖縄より独自のルートで仕入れました。もちろん許可を得ていますので安心してください。」という風に、いつの間にか珍獣にされている。また、「オカヤドカリ(オキャッピー):カラーキャップに入ったオカヤドカリです」とか、大型のムラサキオカヤドカリなどはパープルアーマンとブランド名がつけられ、かなりの高値で売られている。とにかく天然記念物というタイトルを持つ付加価値つきの商品として生き物が「違法でなく」堂々と流通するのは世界的に見ても大変ユニークなことだろう。

天然記念物を拾い集めて釣り餌にできるほどアーマンが沖縄のどこの海岸でもゴロゴロしていたのは今は昔、沖縄の海岸では最近数十年でどこでも急速に姿を消してきている。「雑草のようなものを天然記念物に指定したのはナンデダロー」という疑問はすでに過去の話となってしまい、結果的に「先見の明」がお役人にあったのだと評価しなければならない状況ができている。このオカヤドカリたちの消滅を招いた原因は詳しく調べられていないだろうが、生息環境の破壊、すなわち埋立てや護岸工事、そして沿岸部の環境汚染などの悪影響が容易に想像できる。そこで、天然記念物についての「文化財保護法」の中身を見てみよう。

第三条「政府及び地方公共団体は、文化財がわが国の歴史、文化等の正しい理解のため欠くことのできないものであり、且つ、将来の文化の向上発展の基礎をなすものであることを認識し、その保存が適切に行われるように、周到の注意をもつてこの法律の趣旨の徹底に努めなければならない。」

オカヤドカリ類についての学術調査が琉球大学の仲宗根教授によって実施されたが、その結果を受けて、この法令のもとで「文化財としての保存」のためオカヤドカリたちについて何らかの具体的な方策がとられてきたとはとうてい思えない。法律が守られない場合の罰則もキチンと決められているのだが、今の悲惨な状況を招いた行政上の責任者が告発され、誰か処罰されたという話は聞いていない。文化庁の天然記念物行政とは、形だけ指定しておくだけとなる傾向が強い印象を受けてしまうのは沖縄のジュゴンについても同様である。

アーマンたちの地獄が続いている最中に、彼らのために天国を作ろうという計画が持ち上がっている。沖縄市の沿岸で、中城湾内の港湾浚渫工事で出てきた土砂の捨て場対策として浮上した埋立て計画がらみの事業である。その計画を実施している国の行政機関のサイトを見ると、「新たな環境の創出」という項目の中に「人工海浜・海浜緑地の整備:埋立地の南側には、海域から陸域への自然な連続性を持った、自然海浜に類似する人工海浜・海浜緑地を整備します。」というのがある。これとは別途に「中城湾港海岸(中城2地区):オカヤドカリ類の生活環境の創出【事業費(補助)170百万円】が計画されている。誰も頼みもしないのに一億七千万円使ってアーマン・マンションを建設しようというのだ。とにかくお役人は「創出」というキーワードが大好きなようだが、この場合に使うことが適切な用語とは思えない。事実は、公共工事で生息環境を失ったアーマンたちのために人工的な生息場所を作ってみようかという、(天然記念物保護を口実に使う)土建・公共事業のさらなる「創出」でしかない。

オカヤドカリ類はたしかに陸に生息している動物であるが、それは成体であって、幼生時代は海中を漂うプランクトンでもある。幼生をはぐくんでいる沿岸流を変化させて停滞させる埋立て、それに伴う海水の汚染、さらに海から陸へ移り住むときに海岸で見つけ、宿に使うための微小な貝殻の供給を阻止して、どうやってアーマンたちの生息を保証できるのだろう。「自然海浜に類似する人工海浜」が生態的な機能を持つかどうか、科学的な検討を重ね、アーマンたちの天国を「創出」できるという確信が得られた上でこの事業は計画されたのだろうか。土建・公共事業の補助金に眼がくらんで魂が抜けてしまった人々には幻のアーマンの群れが住み着いているようだが、その「まぶいぐみ」はできるのだろうか。  (2003.10.19)

上は昔のHPの独り言こーなーから再掲載した。
「まぶいぐみ」とは:
http://www.will-way.com/wan_will/alpha/majun/archives/2005/12/post_2.html
アーマンとの関連:目取真俊著『魂込め』 朝日新聞社(1999年)
書評の例 http://www.jca.apc.org/gendai/20-21/1999/magumi.html
[PR]

by beachmollusc | 2007-03-31 07:33 | 評論

代掻き

e0094349_915365.jpg

奥野川上流の谷津田では田植えの準備が進められています。
昨日、29日の朝、小原の黒木さんがトラクターで代掻きをやっていました。
e0094349_932183.jpg

奥野の集落を通りかかったら、収穫されなかった大根が花盛りで菜の花と
競い合っていました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-03-30 09:14 | 田んぼと里山

カワニナ採集

e0094349_955432.jpg

東郷町のパン屋さん、田中さんの姉弟の二人に手伝ってもらって、用水路で大発生
しているカワニナを採集しました。奥野川でホタルを増やすために移植しました。
用水路の畦道には大型のスミレと野生化した?エンドウの花が競って咲いていました。
e0094349_982971.jpg
e0094349_98413.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-03-30 09:09 | 日記

黄砂

月曜日から始まって、今がピークのようです。韓国全体と西日本で広く観測中。
http://www.jma.go.jp/jp/kosa/
昨日は雨だったのでわかりませんでしたが、今日は晴れ渡っています。空が
ややくすんで見える程度ですから、ここの近辺ではたいしたことはなさそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2007-03-28 13:43 | 日記

ムラサキケマン

家の周囲で花盛りのムラサキケマンです。
この写真は隣の栗林の下で群落を作っていたものです。
アルカロイドをもつ有毒植物だそうです。
e0094349_10411881.jpg
e0094349_10412938.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-03-28 10:41 | 植物

れんげ畑の今

e0094349_829477.jpg

シードバンクから育った、日当たりの良い方では満開状態になっていますが、
杉林の陰になっていて日当たりが悪い方、種まきをしたレンゲ畑はまだ咲いて
いません。菜の花がレンゲソウの中からところどころ頭を出して咲いています。
e0094349_8305143.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-03-28 08:32 | 植物

白い花のスミレ

e0094349_12572062.jpg

シロツメクサの種を撒いた場所では留守中にいっせいに発芽したようです。
おまけに以前から気にしていたスミレが咲いていました。なんと真っ白な花を咲かせ
ています。
e0094349_130998.jpg

別名地獄の釜の蓋、キランソウも小さいながらなかなかきれいな花を咲かせています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-03-26 13:00 | 植物

砂浜めぐり(宮崎北部)

e0094349_1952439.jpg
e0094349_19521495.jpg

旧北浦町、現延岡市の下阿蘇海岸は施設的によく整備されています。
ここは、かつて、半世紀前の記録でチョウセンハマグリの産地だったようですが、
現在は極めて古い死殻、それもほとんどが破片、が少し砂浜の上に転がって
いるだけです。ただし、ナミノコガイは健在のようです。
前回の訪問時にカモメたちが群れていましたが、今回もかなりいました。
カラスたちもそばの小川で水浴びしていました。
鳥たちはどうやらナミノコガイを捕食しているような気がします。
e0094349_1957272.jpg

熊野江海岸ですが、ここには栽培漁業協会の施設があります。
貝類はほとんどいません。見た目はきれいですが砂浜は砂漠状態です。
e0094349_19584663.jpg

須美江海岸も海水浴場ですが、生物的には全く面白くない場所です。
スナップが曲がっていますが、撮影してみただけで心が入っていなかった証拠です。
e0094349_2002032.jpg

最後は浦城海岸です。真珠養殖か何かの施設があったようで、その廃墟みたいな
建物がありました。ここは今回がはじめての訪問でした。
ナミノコガイがかなり多く生息していました。そして白い砂が表面に縞模様を作って
いました。ナミノコガイのサンプルを採集したついでに砂を採取しておきました。
まだ今回のサンプルは整理中で、この海岸のものまで手が届いていません。
[PR]

by beachmollusc | 2007-03-25 20:03 | 海岸

砂浜めぐり(大分南部)

高知からの戻り道で、海岸道路沿いに旧蒲江町、現佐伯市にある砂浜海岸を見てきました。
6年前が最初で、その後もそれぞれ1回ずつ訪問しています。
e0094349_193233100.jpg

まずはリッパな箱物のマリンカルチャーセンターがある元猿海岸です。
6年前には砂浜にベニガイやサクラガイなどきれいな貝殻が沢山打ち上げられて
いました。前回2年前にはそのような貝殻は見られませんでしたが、今度こそはと
柳の下のドジョウを狙ってわざわざ遠回りをした結果、貝殻は全く何もなしでした。
最初の時に多かったナミノコガイも消えてしまっているようです。
e0094349_19354799.jpg

お次は蔓原海岸です。ここは黒い砂の上に白い軽い砂が乗っていて、奇妙な
縞々模様を見せていました。元猿海岸と同様に打ち上げられた貝殻もないし、
何かが変でした。
e0094349_19383173.jpg

宮崎県にすぐの波当津海岸です。ここはサーフィンビーチで、かつてはチョウセン
ハマグリがいたようです。ナミノコガイはいますが、ハマグリの気配なしで、打ち上げ
貝殻もありません。白い縞模様がここでも見られました。他所の砂を持ってきてから
ぶちまけるとこのような状態になるので、その白い砂の正体を確かめる必要がある
と思いますが、採取して持ち帰るのを忘れてしまいました。
以前、この浜に近い民宿に泊まって聞いた話では、沖合いで海砂採取がされてから
浜の斜面の勾配がきつくなって、ハマグリが消えたそうです。漁協のボスがそれに
関連して汚職をしたとかいうおまけの話も聞かされました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-03-25 19:44 | 海岸