beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


ポポーとパッションフルーツの苗

e0094349_641453.jpg

宮崎県でも路地栽培が可能かどうか、実験開始のパッションフルーツの苗です。
青島では路地で越冬していますが、日向市の山中では冬に枯れてしまう可能性
が高いので、それを防ぐ方法を編み出せば間違いないのですが、冬に入る前に
収穫できればそれでよし、とします。苗は3本植えました。
e0094349_6442238.jpg
e0094349_6443171.jpg

ポポーの苗も4本植えました。実生苗の2本には葉が出ています。
アメリカ産の接木苗はまだ休眠中で、葉と花の芽があります。写真はテイラーという
品種の花芽ですが、苗の高さが1mもないので、実をつけることは無理でしょう。
ウエルズという品種の苗の花芽は毛むくじゃらです。野生から選抜された品種で
すから、それぞれの個性が強いだろうと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-29 06:48 | ポポー pawpaw

ニョキット出ました

e0094349_7134699.jpg

杉林に侵入している竹がお子さんを作っていました。
多分、収穫しても、すでに伸びているので食用にはならないでしょうね。
朝早くからアセをダラダラ垂らして、一生懸命背伸びしているような感じでした。
e0094349_7161877.jpg

おまけは、朝日が出て当たる寸前のフジの姿です。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-28 07:17 | 植物

ネギを背負ってこなかった

e0094349_18582964.jpg

家の脇の奥野川に今年もカモが来ています。昨年5月に引っ越してきた時にいたのを
憶えていますが、その時はペアを組んでいました。今年は1羽だけです。
昨年は田んぼに水を張った後すぐにペアで水浴びにきていました。
相棒はどうしたのだろうか。

川べりに咲いている、これが今の旬の花です。
e0094349_1911782.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-04-26 19:01 | その他の動物

ホトケノザがんばる

e0094349_8441226.jpg

近所のシキミ畑の中の草むらで赤紫のパッチが見えたので接近してみたら、なんと
ほぼ消えてしまったはずのホトケノザがまだ咲いていました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-24 08:46 | 植物

イモリとオタマ

e0094349_12205226.jpg

奥野川の谷津田では田植えが終わり、カエル天国となっています。
そしてイモリが冬眠から目覚めたのか、田んぼに入っている姿を見かけました。
冬の間はどこかに潜んでいたのでしょう、まったく見かけませんでした。
また、長い連中も活動を開始しています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-23 12:23 | その他の両生・爬虫類

長浜の海岸侵食

e0094349_8105675.jpg
e0094349_811737.jpg
e0094349_8111986.jpg
e0094349_8112875.jpg

海岸の環境保全は看板を立ててもできません。
というか、看板があるということは、現実に問題があることを意味しています。
長浜のウミガメの産卵上陸のデータはウミガメ協議会のサイトにあったかどうか
忘れましたが、昨年度は全国的に産卵上陸が激減していたと聞いています。
長浜でも海岸侵食が進行中で、ウミガメの産卵できそうな場所は見当たらず、
状況はかなり怪しくなっています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-22 08:16 | 海岸

長浜のチョウセンハマグリ

e0094349_7553589.jpg

17日は快晴でしたがオンショアの強風で波が高く、引き潮がいまいちとなりました。
その代わりに(おかげで)三度目の正直で沖に屋久島がはっきり見えました。
これまでは、目の前にあるはずの屋久島を全く見ることが出来ないままだったのです。

大潮の干潮とあって、地元の人々がかなりの人数でハマグリ採りに繰り出してきました。
小さいジョレンやレーキを使って砕波帯でカキカキしています。
一番早く漁を始めていたおばあさんの獲物の中にはナミノコガイもありました。
e0094349_81571.jpg
e0094349_811518.jpg

少し後から漁をはじめたご婦人たちの獲物にはチョウセンハマグリと一緒に
キンセンガニがありました。貝の天敵を取り除くのはバランス上よいのですが、
このカニは食用にはならないはずです。どうするつもりだったのかわかりません。
e0094349_8232085.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-04-22 08:01 | Meretrix ハマグリ

ミヤコグサ

e0094349_20152745.jpg

宮崎市青島にて、宅地用に整備された元田んぼか畑の空き地に一面に咲いていた
ミヤコグサとシロツメクサです。空き地もこのようにしておくと景観が楽しめます。
e0094349_20171250.jpg

種子島でもミヤコグサが道路わきに咲いていました。この場所ではハマヒルガオと
思われる花と一緒に咲いていて、とてもきれいでした。

ミヤコグサは緑と黄色のコントラストが優れていて、グラウンドカバー用の植物として
有用なものと思えます。花が咲く時期も春から秋までと長いようです。レンゲや
クローバーと同様に利用できそうで、種も採りやすいかもしれません。

青島の種は豆の鞘が真っ黒でしたが、種子島のは茶色でした。遺伝的にも違って
いるのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-21 20:21 | 植物

外来打ち上げ物

e0094349_2123192.jpg

種子島の長浜海岸は全長15キロくらいあります。写真はその中央部の阿高磯の
集落前の浜です。満潮時には浜がほとんど海水に覆われていますが、2年半前
と比べて海岸の侵食がかなり進行しているようでした。
打ち上げゴミには海外からやってきたと思われるものが多く、ハングルが特に
目立ちました。楕円形のプレートは何のためのものだろうか。
e0094349_21281178.jpg

e0094349_21283719.jpg
e0094349_21284762.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-04-20 21:29 | 海岸

種子島調査

e0094349_2164467.jpg


昨日の長浜海岸です。波は高くても潮は良い状態でした。
浜に打ち上げられたゴミには漁業者起源のプラスチックが目立っています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-04-18 11:34