「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


秋の気配

林道脇の植物の様子が変化しだしています。
今季最初のミズヒキの花が咲いていましたが、撮影が難しいのでパス。
つる性植物の面白い花がぶら下がっていました。
そのほか変な花の咲かせ方が目立ちます。
e0094349_8103114.jpg

e0094349_8113094.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-08-31 08:11 | 植物

ボス

e0094349_7203858.jpg

わが家のボス君を紹介します。これは風呂場に住んでいる2匹の大きい方、足の先
から反対側の足先まで10センチあります。大きいくせにシャイな奴で、すぐ逃げて
しまうので窓ガラス越に計りました。ボスのおかげでゴキどもが増えないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-30 07:23 | その他の動物

根無しの花

e0094349_7552821.jpg

林道脇の開けた所で草むらの上に広がっている根無し草が花を咲かせています。
沖縄本島の名護湾の海岸で一面に広がっていたのを見たことがありますが、この草は
妙な場所が好きなようです。
スーパーマクロで花を接写して見ました。
e0094349_7553728.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-08-20 07:58 | 植物

眼の保養

今朝の散歩道で見かけたお花です。台風の傷跡が消えて、植物が茂りだしています。
e0094349_7302772.jpg
e0094349_7304270.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-08-17 07:31 | 植物

カモ

e0094349_762549.jpg

門川町にある小川でホタルを増やしたいので現場を見て欲しいという地元の方の案内で
川筋を見てきました。下流では葦が生えていてカルガモをはじめ、サギなどの鳥が
見られ、その餌となる魚、ボラの仔やハヤの魚影が濃い上にテナガエビなどもいて、
状況は適度に富栄養状態でよさそうでした。アカミミガメたちも水面で遊んでいました。
谷筋の上流ではコンクリート護岸がなくて、さらに良いかと思ったら、あいにく真っ赤な
泥水がゴルフ場から排水されていました。その排水の水質検査が必要です。
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-15 07:14 | その他の動物

ご用済み

e0094349_7445633.jpg

週末の間に谷津田の稲がようやく刈り取られています。
台風の後も不順な天気が続いているので稲刈りの日和がなかなかありませんでした。

イノシシや鳥などを威嚇してがんばったミッキーのお友達は見捨てられていました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-13 07:48 | 田んぼと里山

台風後の谷津田

e0094349_9295826.jpg

今朝の様子です。
今回の台風は南からほぼまっすぐ来たので、風は北よりが続きました。
そのおかげで、北に山があるこの田んぼでは風の陰だったはずです。
また、稲穂は北に向いて寝ていますので、通過後の風を受けていたようですが、
吹き返しがほとんどなかったので南風の影響も心配されたほど激しくはなかったもようです。

日向市の平地の田んぼでは稲が一面になぎ倒されていましたが、奥野川上流の谷津田では
それと比べて被害は軽かったと思われます。
ミッキーのお友達もあいかわらず元気に田んぼを守っています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-04 09:34 | 田んぼと里山

二度目の冠水

e0094349_20364183.jpg

日向市付近に台風が上陸した丁度その頃です。
日向市での積算雨量は前回の記録更新の約400ミリよりははるかに少なかったのでしたが、
今回の雨でも奥野川が増水して川岸の田んぼが冠水しました。この田んぼが川の一部に
なっていた時間は2時間もありませんでした。

時々突風がありましたが、これまでの風では樹木に目立った損傷はありません。

これから「吹き返し」が来るはずですが、どうやら山がさえぎってくれる風向になりそうです。
周囲は雨もあがり、虫の音が聞こえるようになっています。まるで台風の眼の中のようです。
眼が上空を通過するのを見るつもりでしたが、とっくに眼は崩れてなくなっています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-02 20:43 | 日記

旧南郷村でタニシが残っていたわけ

e0094349_7235672.jpg

旧南郷村、現在美郷町南郷区の甲斐恒利さんの実家にある古いコンクリート製の池
には鯉が泳ぎまわっていました。その排水溝にヒメタニシが群れていたのでした。
池の周囲の甲斐さんの田んぼにもタニシが住んでいます。農薬を出来る限り使わない
で耕作をしているそうです。水源は家の裏山にあり、それをパイプで引いています。
そのために他の水田で使われている農薬の影響を受けないでいるようです。
周囲の水田にタニシは住んでいないそうです。このような特殊な条件がそろった場所
だったので、奇跡的に在来のタニシが残されていたのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-01 07:29 | 田んぼと里山

無人のオートキャンプ場

e0094349_7113755.jpg
e0094349_7114811.jpg
e0094349_7115620.jpg

渡川の上流にある樫葉オートキャンプ場目指して林道をドライブしました。
集落から抜け出て、やっとのことで到着したキャンプ場は全く無人でした。
事務所は閉鎖され、飲み物の自動販売機も動いておらず、立派な施設は長い間
利用されている形跡が見られません。ただし、草刈はされているようです。
飢えたアブの集団が襲ってきたので早々に逃げ出しました。

いくら周囲の環境が良いといっても、どこから行くにしても極めて遠い場所にあります。
旧南郷村の中心部からは新しいトンネルで距離が縮小されたといっても1時間以上もの
ドライブですが、さらにその中心部まで日向市から1時間近くかかります。
似たようなオートキャンプ場は日向市の南部と東郷区にあり、おまけに南郷区でも
水清川流域にもありました。そこも先日見てきましたが、夏休みでも無人のままでした。

ついでに「ひむか神話街道」というスーパー林道を旧南郷村から西都市までドライブ
してみましたが、延長距離が20キロほどの林道部分で出あった車は林業トラックが1台、
そして道端の草刈作業の車が1台だけでした。神話街道だから神様しか走らない?
[PR]

by beachmollusc | 2007-08-01 07:22 | 日記