beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


今朝であった幼虫さん

e0094349_10491993.jpg

なかなかの美形でした。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-29 10:50 | 蛾と蝶

葛のミニチュア

e0094349_7271745.jpg
e0094349_7272980.jpg
e0094349_7274099.jpg

葛の花は終わっているようですが、マメ科の草が色々咲き出しています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-24 07:28 | 植物

今朝の林道にて

ツユクサが花盛りですが、その他色々面白いものが目に付きます。
カラスウリらしきもののつるの先端が妙な姿になっていたり、
つる性の草に大きな変な花が咲いていました。
e0094349_8422813.jpg
e0094349_8423837.jpg
e0094349_8424840.jpg
e0094349_8425918.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-09-23 08:43 | 植物

闖入者

e0094349_8383089.jpg

いつの間にか台所に入り込んでいました。
こいつは変な色模様ですが、(にほん)アマガエルでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-23 08:39 | その他の両生・爬虫類

葛の動物園

http://www.yahoolavista.com/kudzoo/index.html

自分の写真はありませんが、葛が繁茂している姿を動物に見立て、葛に引っ掛けてkudzoo
なんてしゃれているサイトを見つけました。葛は英語ではkudzuです。昔日本からアメリカに導入され、ジョージア州などの南部諸州で大繁栄して、いまやあちらさんでは特定外来種の待遇を受けているようです。ただし、ツルを利用して大きな籠を編んでみたり、食してみたりする人たちのサイトも見つかります。アメリカのこういったところは好きですね。日本でも昔は色々に利用されていたものですから、忘れ去らずに復活させたいものです。

http://www.nancybasket.com/gpage2.html
http://www.maxshores.com/kudzu/
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-22 20:30 | 植物

ヘビより花

e0094349_8152078.jpg
e0094349_8153287.jpg

林道沿いにミズヒキが花盛りになっています。
また、名前のわからない白い花が咲いていました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-21 08:16 | 植物

小さな訪問者

玄関前のコンクリートの上で滑りながら歩いていたおちびさんです。
生まれたばかりのヤマカガシのようです。
秋は仔ヘビの誕生が多いようで、車に轢かれてペッシャンコのチビを散歩の途中でよく
e0094349_15451361.jpg
e0094349_15452361.jpg
見かけます。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-19 15:45 | その他の両生・爬虫類

3年未満?

e0094349_7553434.jpg

家の南側には栗林があって、収穫が近づいているので持ち主が毎朝やってきて手入れ
しています。地面に落ちた栗はイノシシが食うか、虫が入るので人間の食用にはならない
ようです。

栽培されていない野生の栗が散歩道沿いに何本かあって、すでに小さなイガグリが
道路に散乱し始めています。イノシシが通っている獣道らしきものがかなりあります。
そのためか、イガグリは皆カラッポになっています。

写真は、家のすぐ近くの草むらの中から頭を出して実をつけている若い木です。
人の背丈もないようですが、がんばっていますね。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-11 08:01 | 植物

種子島で10月に漂着物学会

e0094349_8311240.jpg

漂着物学会の種子島大会の行事予定が発表されました。
http://www.drift-japan.net/
その中でチョウセンハマグリの頂紋の発現パターンを指標にした集団解析の結果を
発表する予定です。
上の写真はチョウセンハマグリの当歳(満1年に満たない、殻の直径が数ミリ)稚貝の
顕微鏡写真ですが、左上のように発現しない(黒いのは体内の消化器官)ものから、
ニ本の黒いチョンチョン模様が出るもの、そしてその延長(といっても別の層で)幅広く
広がるもの、さらに全体が濃い紫色に染まるもの(写真なし)に分かれます。
それぞれのパターンの出現組成が地域集団ごとに大きく異なっていることを見つけ
ましたので、その意味について考察するわけです。
[PR]

by beachmollusc | 2007-09-10 08:40 | Meretrix ハマグリ

まだ暑い秋

気温は下がりませんが、太陽の傾きが変化してしだいに日長が短くなっています。
植物は光のほうに反応しているのでしょう。秋らしくなりつつあります。
今年の最初の彼岸花とツリガネソウの花を見つけました。カラスウリも実っています。
e0094349_872018.jpg
e0094349_873131.jpg
e0094349_87409.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-09-07 08:07 | 植物