「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


ゴルフ場でボクシング

Kangaroos Box on Golf Course
http://jp.youtube.com/watch?v=7OwKBTZq--E&feature=related
オーストラリアのゴルフコースではカンガルーのボクシングが見物できるようです。
先日行われたタイトルマッチ(私は見ていませんが、ニュースがうるさかった)で
首投げや蹴飛ばしなど、何でもありだったそうですが、カンガルーと一緒ですね。
ブッシュ・ゴルフ計画の参考にするために、情報収集していたら、遭遇しました。

ブッシュ・ゴルフとは、今日思いついたばかりの遊びです。

ニュースで評判のゴルフ接待では1回につき5万円もかかるようですが、
悪いおじさんたちのお遊びとは一味違う、お金をかけずにファミリーや友人
同士で楽しむためのブッシュ・ゴルフは次のようなアイデアです。

わが家の周囲には放棄耕作地が広がっています。地主さんが草刈を
して、奥野川沿いにでこぼこの面白い地形の草原が出来ました。

さらにまた、休耕田が5面あって、端っこは草がボウボウです。イノシシ
たちが掘りまくったりしていますが、彼らだけの遊び場にしておくのは
残念なことなので、ホモ・サピエンスにも使ってもらいましょう。

休耕地を、そのまんま、草刈をしないでおくとすぐに笹薮、ススキ原、
セイタカアワダチソウに占領されて荒地になってしまいます。
その場所で作物を作らないでも、定期的に草刈をして、遊び場所として
使えば、いざというとき(必ず来ますよ)にはすぐに耕作地に戻せます。

お題目は以上ですが、遊びの方は、海岸で拾って集めたゴルフボール
ではなくて、ソフトボールを使います。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-29 17:37 | 日記

フユイチゴ

e0094349_9272167.jpg

収穫するのが面倒な場所にたくさん実っています。
触っただけでポロリと落ちるほどに完熟すれば結構美味しいものです。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-26 09:29 | 植物

ジョウビタキ

e0094349_17532162.jpg

一月前くらいから家の周りに現れて、飛び回っている派手鳥が、今朝の良い天気で
浮かれたのでしょうか、色違いの2羽がディスプレイに熱中していました。
派手な方がオスですね。
遠距離の小さい鳥を、望遠レンズでないデジカメで撮影するのはかなり困難です。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-25 17:55 | 日記

サルナシに注目

e0094349_9413415.jpg

家の近くの行き止まり林道(途中で建設工事が中止されて袋小路)にはサルナシが
6株ほど生えています。そのうちの一本が絡み付いていた杉の木が倒れて、一緒に
崩れ落ちていました。

先日、サルナシの実をいただいたので、この近所のサルナシに実がついているか
どうかを調べてきました。実は全く見つかりません。これまで花も見ていません。
雌雄異株のツル植物なので、もしかしたらオスかメスの一方だけかもしれません。

太くなった蔓は固くなっていて、ポキポキと折れます。それから挿木苗ができるか
どうか、試すことにしました。クズと一緒に大型の枠を覆わせる栽培ができれば
面白いと思います。キウイフルーツの原種ですから、大き目の実がとれる株を
みつけて育ててみたいと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-24 09:48 | サルナシとマタタビ

小春日和

e0094349_1817212.jpg

今日は塩見川の周辺でミッキーと散歩してきました。
すばらしい天気の休日となり、川では高校生くらいの3,4名がルアー釣りをやって
いました。マルカを狙っていたようですが、捕獲禁止になっているはずの魚です。
そばの田んぼで土を耕してあった所にコサギらしき鳥が集まっていました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-23 18:20 | 田んぼと里山

カニ籠

e0094349_18271463.jpg

奥野川の家のすぐ下の所に山太郎狙いのカニ籠が仕掛けられていました。
水が透き通っているので、籠の周りにハヤ(カワムツ、タカハヤとオイカワの3種)が
群れている様子が良く見えます。籠に仕掛けられた餌に引かれているようで、籠の
周りを行ったり来たりしています。20センチくらいの食用サイズのハヤも見えます。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-21 18:30 | 日記

竜胆の花

e0094349_1752206.jpg

今年もお気に入りの花が咲き始めました。
昨年採取した種から苗を作ることは失敗でしたが、今年こそ。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-20 17:53 | 植物

林道に出てきた山太郎

e0094349_18131251.jpg

道端などでサワガニの姿は良く見かけますが、モクズガニと陸で出会うことは珍しい。
奥野川の水中にはこれを捕獲するカニカゴが仕掛けられていることがよくあります。
この子の大きさは左右の足の先端を結ぶと12センチくらいです。かなり大物でした。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-19 18:15 | その他の動物

秋が深まる

ツワブキが花盛りになっています。
e0094349_10193382.jpg

そして、塩見川にはカモたちの群れが日増しに増えているようです。
e0094349_10202371.jpg
e0094349_10203472.jpg

連中の鳴き声はだみ声ですね。
カモは増えていますが、サギたちの種類も数も増えていないのが寂しいところです。
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-18 10:21 | 日記

読了

Endless Forms Most Beautiful: The New Science of Evo Devo and
The Making of the Animal Kingdom by Sean B. Carroll

読み出しは少し退屈だったのですが、著者の研究室で解明された話題、特にチョウチョの
斑紋を作り出す仕組みの分子遺伝学が面白かったので、後半は一気に読みました。
本の表題Endless Forms Most Beautiful はダーウィンの種の起源の名文句から
きています。

たんぱく質をコードする遺伝子がすべてを決めると間違って受け止められつつある世間
の風潮に対し、最近の発生学と分子遺伝学の結合による、遺伝情報の「発現の仕組み」
の解明をわかりやすく紹介しています。これで、勘違いしてなんでもありの話を作っていた
ドーキンズおじさんの出番がなくなりました。

一般向けに書かれていますが、この本の真髄を理解するためにはホックス遺伝子などに
ついての分子遺伝学の基礎知識を必要とします。

とても良い本なので翻訳がどうなっているか調べたら、すでに和訳本が出ていました。

シマウマの縞 蝶の模様 エボデボ革命が解き明かす生物デザインの起源
ショーン・B・キャロル (著), 渡辺 政隆 (翻訳), 経塚 淳子 (翻訳)

この本の主題に関連する良い本の和訳版も紹介しておきます。

ホメオボックス・ストーリー―形づくりの遺伝子と発生・進化 (単行本)
ワルター・J. ゲーリング (著), Walter J. Gehring (原著), 浅島 誠 (翻訳), 黒岩 厚 (翻訳), 古久保‐徳永 克男 (翻訳), 辻村 秀信 (翻訳), 倉田 祥一朗 (翻訳), 新美 輝幸 (翻訳)

眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く (単行本)
アンドリュー・パーカー (著), 渡辺 政隆 (翻訳), 今西 康子 (翻訳)
[PR]

by beachmollusc | 2007-11-15 08:24 | 日記