beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


小倉ヶ浜にて怪しい動き

e0094349_1304213.jpg
e0094349_1305229.jpg
e0094349_131183.jpg

昨日は小倉ヶ浜の北半分を踏査してきました。
赤岩川の河口から数百mにかけてコンクリートの階段そして斜面の護岸がつぎはぎ
になっていますが、さらに延長工事をやるのでしょうか。ウミガメの産卵場所を奪い、
ハマグリの生育環境を破壊します。

ハマグリのホームページ造りの途中で気がついたのですが、小倉ヶ浜で、昔は
赤岩川の河口付近にチョウセンハマグリの稚貝が湧いていたのが、最近はそれ
が見られないようです。その背景に、昔の初期稚貝の生息地だった場所に漁港
を建設していること、そして護岸で赤岩川の河口を固めてしまったことがあるかも
しれません。護岸のある部分の砂浜に打ち上げられるチョウセンハマグリの死殻
の数はない部分の半分程度です。コンクリートが海の自然環境を壊しています。

浜に打ち上げられている杉の流木を見ると根っこが貧弱で横に張っているだけ、
直根はないようです。これでは斜面ごと崩れ落ちて川を流れ下るはずです。
e0094349_13163732.jpg

e0094349_13144450.jpg

塩見川の河口近くにカラスの死骸が2羽転がっていました。トリフルシーズンが
来ていますが、その影響が出始めているのかしら。とにかく今年は渡り鳥のカモ
たちの姿が塩見川に少なくなっています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-30 13:19 | 海岸

(暫定)ホームページの公開

ハマグリ情報サイト:ひむかのハマグリのホームページを公開しました。
http://www4.ocn.ne.jp/~meretrix/
インターネットプロバイダーの無料ホームページサービスを利用していますので
自由な編集が出来ませんので、四苦八苦してやっています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-26 14:53 | 日記

打ち上げ殻

e0094349_1047238.jpg
e0094349_10475932.jpg

今朝、小倉ヶ浜の中央部でチョウセンハマグリの打ち上げ殻を拾い集めました。
2才クラスの数センチの殻が目立っていて、ツメタガイに食べられた跡が見られます。
ツメタガイの開けた穴がない場合はヒトデ(モミジガイの仲間)が犯人でしょう。
e0094349_10505710.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-12-25 10:51 | Meretrix ハマグリ

ミッキーと津波石?

e0094349_12193020.jpg
e0094349_12194367.jpg
e0094349_12195430.jpg

津波石?のチェックのため再び小倉ヶ浜の北端に出かけました。
海岸には誰もいなかったのでミッキーを自由に走らせながら、周囲の岩を観察。
前回見つけて気にしていた岩のほかにも小型のものがいくつか転がっています。
根石になっている同様な砂礫の固まった岩も海岸に広く分布しています。
基本的な岩盤はそれとは違うようです。
裏側から見た津波石?さんです。
e0094349_12235620.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2007-12-24 12:24 | ワンコ

五十鈴川の上流

e0094349_1994817.jpg
e0094349_1910275.jpg
e0094349_19101325.jpg

北郷に初めて出かけました。耳川に沿って国道327号線を東郷から西郷に進み、
和田という集落から国道388号線に移って、二つのトンネル(和田越え、山口)を
通り抜け、北郷の中心、タイル張りの堂々たる役所(美郷町の支所)がある宇納間
を通り、店もない誰もいない「道の駅・北郷」にびっくり、そして橋を渡るわき道から
立派な公園に出ました。写真は橋の上から見た五十鈴川です。このような山間地
の村に公共事業で建設された、ほとんど誰も利用しない施設を見飽きてきました。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-23 19:22 | 日記

津波石?

e0094349_18383372.jpg
e0094349_18384233.jpg

小倉ヶ浜の最北部、塩見川の河口の北の海岸でミッキーを走らせてきました。
海岸には岩があちこち顔を出していますが、一つだけ大きな丸っこい変な岩が
目に付きました。大きさは測定していませんが、長径5mくらいか。
気になったのは、この岩が岩盤の上に乗っかって浮いていることです。
日向灘で大津波が発生したら、このような岩が打ち上げられる可能性があるでしょう。
砂礫が固まって出来たビーチロックのような岩です。
地形から見て、上から転げ落ちた岩とは思えません。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-19 18:46 | 海岸

蔓植物の探索

e0094349_18304995.jpg

日向市の山中には林道が無数に走っていますので、ドライブして所々で止まって、
ワンコと一緒に歩きながら植物を眺めています。一番の狙いはサルナシですが、
滅多にありません。イノシシの好物ヤマノイモはどこにでも、いくらでもあります。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-18 18:33 | 植物

天神神社のしめ縄つくり

e0094349_82445.jpg
e0094349_824147.jpg

12月16日、日曜日は快晴で、朝から小原集落の幹線道路の草刈とゴミ拾いを
してから、神社のしめ縄の交換作業でした。
稲藁を足して伸ばしながら次第に太くする作業ですが、皆さんがうまく協力して
1時間余りで完成しました。
e0094349_8283787.jpg
e0094349_8284710.jpg

しめ縄の下にぶら下げる3つの束は名前を聞いても誰も知らないようでした。
それを別の組が作成して、取り付けてからケバを切って綺麗に出来上がりました。
e0094349_8302914.jpg
e0094349_8303872.jpg

昨年は縄をなうためのカウンター錘の役をしていたので撮影できませんでしたが、
今年はばっちり。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-17 08:32 | 日記

ハンター

e0094349_17482277.jpg

土曜、日曜とオレンジ色のベストを着用した皆さんが軽トラの荷台にワンコどもを乗せ、
朝早くから林道を走り回っています。
今日は正午頃に家の裏手を川の方角から山に向かって走りぬけた鹿1頭を見ました。
その後、山の中ではワンコが吼えまくっていました。猟銃の発射音は聞こえないので、
家の付近では使っていないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-16 17:53 | 日記

田ノ原にて

日向市と都農の境に近い山中をさまよってきました。
田ノ原の集落から山に登る農道・林道はしっかり舗装されていて、
どこまでも行けそうでしたが、山頂付近で引き返してから、
東郷町方面に抜ける道を走り、最後は耳川にたどり着きました。
山頂付近から田ノ原集落方面を見下ろした絶景です。
e0094349_18403841.jpg

その付近でススキの穂が一面に出ていて、日に当たった色が見事です。
e0094349_18414261.jpg

石並川の源流を見ることが目的でしたが、川に降りることが出来そうな場所はなし。
[PR]

by beachmollusc | 2007-12-14 18:42 | 日記