beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


伊勢が浜の離岸流

e0094349_845423.jpg

日知屋城跡から見下ろした伊勢が浜の写真です。ここの海岸は砂浜部分がすべて
階段にされています。砂浜は綺麗にされ、無機質の環境に「整備」されています。
以前はチョウセンハマグリなどがいたようですが、今では貝類が生息している様子は
認められません。

この海岸の地形はU字形で、沖から入ってくる長周波の波「うねり」を岸近くで
増幅する効果があるはずです。ここでは津波が高まるものと思われます。

昨年の夏、この日向市の伊勢が浜ではインドネシア人の漁業研修生が犠牲になった
痛ましい水難事故がありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/iimonourimasu7/35174269.html
e0094349_8451989.jpg

これは事故の後に立てられた看板でしょうが、離岸流の説明が不十分です。
また、離岸流とは別の砂浜海岸の危険(急に深くなる場所ができる)とが混同されて
いるようです。

離岸流がどのようなときに発生し、どのような性質があるかを理解していない、市の
行政担当者が急いで看板を作ってしまったように思われます。

離岸流は水面近くの「幅が狭い」表面流です。泳いでいてこれに捕まったときは、
流れに逆らわず、脇に逃げれば助かります。(サーファーは離岸流を利用して沖の
方、波の高まる外側に出ます。)

沖に向かって急速に流され、遊泳が得意な人でもパニック状態になるので、離岸流の
発生時は遊泳を禁止し、監視を怠らないという態勢をとることが重要です。漫然と
危険を指摘するだけの看板は、行政の「実のない」アリバイ工作です。

波の高さと周期を見れば、発生はほぼ予測できるし、高い場所から水面をよく
見れば、海岸のどこに発生しているかがわかります。離岸流は滑らかな表面に
なっていて、浮遊物があれば沖に向かって流れているはずです。

沖から岸に次々に寄せてくる波が岸辺で重なりあって水面が高まり、その結果、
溜まった海水が沖に向かって戻るのが離岸流です。その高まりが大きくなるほど、
岸に向かって吹く風の効果が重なり合うと離岸流がさらに強くなります。

以上のようなことは海辺で遊ぶ場合の常識になるように、学校で安全教育の一環と
するべきです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-01-30 08:45 | 海岸

花が咲き出している

e0094349_8273824.jpg

塩見川の土手を散歩中に見つけたびわの花です。
自宅の庭に植えた苗木はまだ人の背丈なので、しばらく待たねば花が見られない。
土手の周辺ではスイセンや梅の花が咲いていました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-01-27 08:30 | 植物

カモメ

e0094349_9352063.jpg
e0094349_935389.jpg

干潮で干上がる砂浜が広がりはじめたようです。
チョウセンハマグリの定着初期の稚貝は、潮間帯のすぐ沖側で干出しないところに
出来る砂が波でえぐれた場所にいるようですが、これから次第に干上がる場所に
移動してくるでしょう。干上がる場所では微細藻類の濃度が高い、河口付近などに
集中するはずです。降雨によって海岸林経由で陸から砂浜に染み出る栄養塩類
が微細藻類の繁殖を助けているようです。川から出てくる栄養分も重要ですが、
同時に農薬や界面活性剤など汚染物質も流れてきますので、稚貝の行動に影響
しているかもしれません。昔は河口付近に集中する傾向があった数ミリの稚貝が
近年の調査では見られなくなっているのは、その影響かもしれません。

昨日の小倉ヶ浜では波打ち際に珍しくカモメの仲間がペアで何かを漁っていました。
小型甲殻類や多毛類が多ければ、鳥たちがもっともっと集まるはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-01-26 09:46 | 海岸

マツクイムシ

小倉ヶ浜には立派な保安林が残っています。日向灘沖で大地震が発生し、大津波が海岸に押し寄せてきた場合に、みごとに受け流してくれるでしょう。しかし、その松林には所どころに赤く枯れた松ノ木が見られます。海岸に出る道の脇に伐採された枯れ松が積んでありました。
切断面を撮影したのは、これがマツノザイセンチュウにやられたかどうか見るためです。
小倉ヶ浜ではいまだに定期的な殺虫剤の散布をやっているようです。これはセンチュウの運び手になるカミキリムシを殺し、被害の蔓延を防ぐことが目的とされています。しかし、これが本当にカミキリムシを殺しているかどうか、その結果を調査した事例では巻き添えになった他の昆虫ばかりが殺されていました。松林の生態系を構成する土壌中の小動物も巻き添えになっているはずですが、さらに昆虫類に近い甲殻類、エビ、カニ類にも殺虫剤の影響は絶大です。

小倉ヶ浜の砂浜にはスナガニ類の姿が極めて乏しく、砂浜の潮間帯を見てもキンセンガニなどの密度が極端に低いし、小型甲殻類で岸辺に集まる稚魚の餌として重要なアミ類やコツブムシの仲間、その他大勢が見られません。薬害の影響であることは明瞭でしょう。
e0094349_1355392.jpg
e0094349_13555434.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-01-21 13:55 | 環境保全

からすのための公共事業

e0094349_10133095.jpg
e0094349_10134247.jpg

小倉ヶ浜には赤岩川の河口から北にコンクリートの階段が建設されています。
継ぎ足しながら伸ばしていったらしく、また壊れてから修復工事を繰り返したような
形跡も見られます。とにかくつぎはぎで部分ごとにデザインが違い、北の端では
階段から斜面にデザイン変更で、見苦しい景観を作っています。いったい、この
ような護岸(生態的には海岸での自然循環を遮断)がどのような理由で建設され
てきたのか、わかりません。多分、下の写真のように、カラスが(チョウセン)ハマグリ
の殻を上空から落として殻を割って食べる便宜を図るためだったのでしょう。
e0094349_1013561.jpg

しかし、カラスたちは海岸にある天然の岩をちゃんと利用しています。
e0094349_10205339.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-01-16 10:21 | 海岸

なつかしや

e0094349_94063.jpg

小倉ヶ浜海岸への往復の途中で日向市内にて懐かしい物体を発見しました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-01-16 09:41 | 日記

これなんかどうでしょう

e0094349_1241394.jpg

地元のスーパーで見つけたものですが、これを見たときにガメさんのことを思い
浮かべたのはなぜでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-01-14 12:42 | オモシロ英語

面白いというより不思議な英語

e0094349_1802911.jpg

たまには気分転換してと思っていたら、コーヒーのパッケージの英語が不思議だった。
意図的に何か意味をつけているのかな、と思ったら日本語表示もあったので単純な
スペルミスのようです。しかし、このような間違い方は珍しい。
[PR]

by beachmollusc | 2008-01-13 18:04 | オモシロ英語

小倉ヶ浜のハマグリ漁

小倉ヶ浜の北半分では護岸建設が進められていますが、南半分では砂浜がより遠浅に
なっていて、サーフインの波もよくたちます。

9日の午後も春のような陽気で、鉄砲隊が跳梁している山から逃げて海岸に出ました。
正月からずっとサーファー泣かせの凪が続いています。波打ち際ではカラスやコサギ
そしてチドリなどが餌を漁っていました。
e0094349_8542348.jpg
e0094349_854362.jpg

そして沖合いではハマグリ漁の漁船が数隻出ています。素もぐりダイビングです。
漁船が操業している部分に(チョウセン)ハマグリが多い(多い場所に漁船が寄る)
わけですが、小倉ヶ浜の中央から北よりには漁船が見当たりません。2006年の
宮崎県水産試験場の調査(HP参照)結果を裏付けています。
e0094349_901110.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-01-10 09:00 | 海岸

野生鳥獣の捕獲数の推移

http://www.sanson.or.jp/tyouzyu/data/yuugaihokaku-list.html
山村地域住民と野生鳥獣との共生、というサイトで参考資料を見つけました。
そのデータからグラフを作ったのが下の二つです(環境省、全国の集計データ)。
猿は狩猟の対象になっていませんが、有害動物駆除事業として認可され、税金で
捕獲、捕殺されています。捕獲された猿は実験動物として殺されているようです。
http://www.coara.or.jp/~wadasho/yaseidoubuths.htm
e0094349_10424897.jpg
e0094349_10425947.jpg

猪が増え続けているのが良くわかります。
ここで気になることは、ノウサギの捕殺数が減少を続けていることです。
たしかに、日向市に来てから野外でウサギを見たことがほとんどありません。
米の山公園の山頂で飼いウサギが逃げたものらしきのを1回見ただけです。
いったい何が起こっているのでしょう。

タヌキも減少しているように見える。
その詳しいサイトを発見: http://tanuki-c.hp.infoseek.co.jp/index.html
鳥獣保護法の実態について、野生動物研究者のコメントがあった。和英両方で
書かれている。ここでも、毎度おなじみになっている行政に問題あり。
これは行政にぜひ読ませたい:「狩猟とワイルドライフ・マネジメント」
http://tanuki-c.hp.infoseek.co.jp/fieldnoteJ.html

ハンターが高齢化して視力も落ちているのでしょう、千葉県で猿と間違えられた女性が
撃ち殺されたという事件があったようです。香川でも猿と間違えてハンター仲間を射殺。

宮崎県でも最近ハンターの同士討ちがあった。
http://www.za.ztv.ne.jp/up36uvks/h17jikojirei.html
[PR]

by beachmollusc | 2008-01-09 10:46 | 評論