「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


田植え

e0094349_18295259.jpg

今朝の風景です。
稲の苗が準備されました。
夕方には田植えが終わっていました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-31 18:30 | 田んぼと里山

ユスラウメ

e0094349_854379.jpg
e0094349_854484.jpg

昨年は苗が小さく、花も実もつかなかったユスラウメが今年は紅白そろって咲いて
います。梅雨のころ、多分ホタルが舞う時期には実が熟してくれるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-29 08:56 | 植物

田植えが近い

e0094349_950143.jpg

近所の谷津田で田植え前の準備作業が進められています。
昨年は初夏台風に襲われて散々でしたが、今年はどうなるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-28 09:51 | 田んぼと里山

杉林の中で

e0094349_8413317.jpg

杉の人工林が一面に広がる薄暗い山腹で急に山桜が咲き出しています。
アカっぽい葉が先に出て、花が後から出てくるようです。

植え過ぎの杉の林のまんなかで、頭を出したる山桜かな

がんばれよー、と応援したくなります。

山のツツジが見ごろになっていますが、昨日ワンと散歩中にすれ違った軽トラの
荷台に(盗掘?)ツツジが載っていました。
e0094349_847369.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-03-27 08:51 | 日記

白い花の意味

周辺で一気に春めいてきました。山道を歩くと一面の芽吹きと白い花が特に目立ちます。
マムシグサが突然頭をもたげる様は不気味ですが、冬眠から覚めた皆さんは元気一杯です。
e0094349_849683.jpg
e0094349_849198.jpg
e0094349_849388.jpg
e0094349_8495017.jpg
e0094349_850161.jpg

白い花たちが目立つのは何か意味がありそうです。
背景がまだ暗いのでシロが目立つのか、訪花昆虫がこの時期にはシロを求めて
いるのか、何らかの生態的な背景が感じられます。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-26 08:52 | 植物

やっとお出まし

e0094349_7573917.jpg

土筆は田んぼの畦道で生えると嫌われるらしく、なかなか見ることができません。
川の土手もコンクリートだし、土筆もドジョウやメダカ並みに減っているのかしら、
などと思っていたら、やっと出てきました。

レンゲ畑を作る実験、昨年はうまく行きましたが、今年は発芽時期に合わせて他の
草を退治するタイミングを失って、見事に失敗でした。秋に発芽させるタイミングを
見極める必要があります。

近くの休耕地で、昨年秋に草刈りされた場所でレンゲが沢山咲いていました。
e0094349_833674.jpg

また、ミヤコグサを一面に咲かせる実験も失敗したようです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-25 08:04 | 植物

シイタケ

奥野川の川べり、杉林の日陰を利用してシイタケを栽培している所では、雨が降って気温が上昇してから急速に育っています。持ち主の黒木さんは収穫に大忙しの様子です。
e0094349_9244357.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-03-24 09:24 | 日記

崖に咲くツツジ

e0094349_7451240.jpg
e0094349_7452276.jpg

散歩道から見て谷の向こう側の岩山で、ピンク色のツツジが咲いている様子です。
杉を植えることが無理な急斜面で、岩肌が所々に露出しているような場所で、しぶとく
育っていて、春の景色を彩る先陣となっています。これに続く山桜は、残念ながら、
山奥にほんの少しだけです。山ごと杉の人工林にされてしまっていて、視界が悪くて、
秋のモミジも春の桜も楽しめないのは困ったものです。

なんとかして、季節ごとに野山の景色が楽しめるような、景観資源の設定ができる
ようにしたいものです。足元の野草も大事ですが、山林を展望する景観を大切に
して、林道でズタズタになった無様な姿を修復したいと願っています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-22 07:56 | 植物

海岸の花

e0094349_1753542.jpg
e0094349_1754741.jpg

北小倉ヶ浜の海岸では先にハマダイコンの花が、そしてハマエンドウの花が続いて
咲き出しました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-20 17:55 | 植物

カエルの合唱

e0094349_15514588.jpg
e0094349_15515890.jpg

久しぶりにまとまった雨が降り、温度も上昇しているのでカエルがにぎやかです。
とても臆病な連中で、近寄る前に泥の中に潜って逃げてしまいますが、アオミドロの
上で逃げそびれた奴が1匹いました。アカガエルかヤマアカガエルのどちらかです。
鳴き声から判断すると現在はアカガエルのようです。真冬はヤマアカガエルでした。
生み出された卵塊が沢山ありますが、どうやらカラスが食べに来ているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-19 15:57 | 田んぼと里山