「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


砂浜の朝霧

e0094349_116138.jpg

今朝6時頃の小倉ヶ浜です。塩見川の北側の浜から南に向かって撮影しました。
山霧はしばしば見ていますが、砂浜の上に霧がかかっている景色はさらに幻想的
な光景でした。
[PR]

by beachmollusc | 2008-05-31 11:08 | 海岸

産卵上陸

e0094349_8165620.jpg

今朝の小倉ヶ浜、南部のサーファーが多い海岸でウミガメの産卵上陸の様子を見に
出かけました。写真はミッキーが上陸している所です。
e0094349_8182756.jpg

そして産卵、というのは嘘です。この巣穴は日曜日の上陸だそうで、卵はすでに移設
されています。未熟なママガメが汀線にかなり近い場所で産んでしまったようです。
e0094349_8195531.jpg

7時頃、浜を引き上げようとしたら、殺虫剤の噴霧チームが集合していました。
e0094349_822720.jpg
e0094349_8221851.jpg

渚では、スナガニたちが盛んに活動しているのですが、殻らに影響が出るかどうか、
見守らねばなりません。
e0094349_8233280.jpg

e0094349_824555.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-05-27 08:25 | 海岸

クロアゲハ

e0094349_65588.jpg

アゲハチョウの飛翔のすばらしさにはつい見とれてしまいます。
ヒラリヒラヒラ、2個体が接近遭遇したとき、互いにすばやく飛び交っている時
どのような情報を交わしているのでしょうか。
スイカズラの花が満開ですが、それをめがけてやってくるアゲハたちの数は
半端ではありません。ミカン農家はどのような対策を講じているのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-05-26 07:00 | 蛾と蝶

シーズン突入

先ほどから家の周辺のホタルの出現状況を見ていました。
川にそってゲンジボタルが1個体だけ、休耕田湿地の周囲でヘイケボタルが
2個体、そして杉林においてはいまだ姫の出現は見られず、の結果でした。
昨年もヒメボタルの出番が一番遅かったので、同じ傾向のようです。

今朝、小原地区、すなわちわが家の周辺のホタル達3種について解説した
案内看板が河川プールの駐車場のところの林道沿いに建立されました。
e0094349_2055982.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-05-25 20:56 | ホタル

若い奴

e0094349_9234344.jpg

雨の合間に近場をお散歩中に草むらの中で鎌首をもたげていた子です。
体長は50センチくらいか、模様は大人になっていますが、まだ幼さが残っている
ように見えました。
おまけですが、キイチゴの赤い実が色づき始めています。選手交代のようです。
e0094349_9261319.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-05-24 09:26 | ウミガメ

海岸のホロコースト

e0094349_70016.jpg

今朝は5時半に小倉ヶ浜の中央部、運動公園のところから砂浜に出ようとしたら、
遊歩道の入り口で張り番をしているおじさんに呼び止められました。薬剤散布を
やっているので松林の中に入らないでください、ということでした。改めて周囲を
見渡したら、やっていました。
e0094349_723386.jpg

風に乗って殺虫剤の霧が松林の上に広がっていました。
おじさんに薬剤の種類は何かと尋ねたら、知らないという返事、何を撒いていて、
それがどのような性質のものかを認識していなかったようです。人々のアクセスを
止めるだけの指令を受けて番人をやっているだけです。国有林部分だけでなく、
民有林部分にも散布するといっていました。業務を担当しているのは地元の森林
関係部署でしょうが、与えられた予算の消化業務を毎年繰り返しているだけでしょう。
e0094349_77514.jpg
e0094349_771598.jpg

このような薬剤散布は松林の中の生態系を滅茶苦茶に破壊すること、その期待
されている効果:つまりマツクイムシ(線虫を運ぶと考えられているカミキリムシの
薬殺による)防除が効果的に行われてきているとは思えないこと、すでに全国的に
この薬剤使用での対策は見直されつつあること、そして重大な見落としとなって
いる砂浜海岸でのアミ類など小型甲殻類やエビ・カニ類が死滅して、砂浜で成育
している水産魚介類の稚仔の餌を殺し、ゆりかごを破壊していること、などなどから
マイナス要因に注意を払わずに、松だけを見て生態系の保全を考えない、乱暴な
事業は廃止するべきです。環境省は林野庁に遠慮して口を出さないことにしている
と思われます。環境省の「ぱしり」である自然保護団体も口をつぐんでいます。

保安林の保全は重要な課題ですが、それは人為的な管理が大変な松だけに頼る
のでなく、串間市の石波海岸や高知県の大岐の浜などのように、松以外の環境に
適した樹木が育つような自然にまかせた林を維持するべきです。

この松林では、松に直接薬剤を注入する事業も行われています。さらに実験的に
線虫に耐性を持つ品種の松を育ててもいます。効果が疑問であり、副作用が強い
薬剤散布にたよらないで、健全な海岸保安林を守り育てるようにするべきで、その
試みを辛抱強く続けることが行政の責任です。国の補助金を受けてそれを消化する
だけ、その効果も被害も検証しないまま、だらだらと毎年薬を撒き続ける公共事業は、
薬の製造販売元と散布事業者を養うだけに過ぎません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-05-22 07:19 | 環境保全

タヌキとの出会い

e0094349_813417.jpg

今朝の小倉ヶ浜、大雨の後遺症で川から流れ出たゴミが多量に打ち上げられていた
のですが、その中で釣りをしている人がいました。黒鯛を狙っていると言っていました。

打ち上げゴミの中に奇妙な物体がありました。ぬいぐるみが入っているカップのような
ものに「たぬきそば」とあるところを見ると、インスタント麺の景品か何かだったもので
しょうか。ちなみに、6時前で周囲はすでに明るい路上を横断するタヌキと遭遇した
すぐ後でした。その写真は撮れませんでしたが、タヌキとの出会いが重なりました。
e0094349_873322.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-05-21 08:06 | 海岸

お見合いするアオスジ

e0094349_20354418.jpg
e0094349_20355483.jpg

庭にやってきたアオスジ君達が盛んになにやらやっています。一方は同じ場所で
じっとしていましたが、他方は周囲を飛び回って、着地してはウロウロ、バタバタ、
デモンストレーションです。撮影者がいてもあまり気にならない、ではなくて、それ
どころではなさそうでした。
[PR]

by beachmollusc | 2008-05-20 20:38 | 蛾と蝶

野生のイチゴ3種

e0094349_8361991.jpg

庭の畑や片隅にはびこっているヘビイチゴは真っ赤になってさかんに宣伝している
のですが、食べられたものではない。
e0094349_8373964.jpg

林道脇のヤブや草むらの中で大量に生えている、これは食えますが、後味がいま
いちで、あきがきます。
e0094349_8392256.jpg

数は少ないが、樹木のようなキイチゴはさわやかな酸味があってかなり美味しい。
これなら栽培してもよいかもしれない。

栽培中のブラックベリーは見事に実っていて、後で大量に収穫出来そうです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-05-19 08:42 | 植物

よい波

e0094349_825196.jpg
e0094349_8252710.jpg
e0094349_8253591.jpg

はるかかなたの台風であっても小倉ヶ浜にはかなりよさげな波が立っています。
週末で藻あり、天気も上々、サーファーが早朝から海に入って楽しんでいました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-05-17 08:26 | 海岸