beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧


キイトトンボ

家の周りで多種多様なトンボが飛び回っています。ヤゴが変態して飛び立つのは
ホタルのシーズンとほぼ同じのキイトトンボですが、すでにつながった状態で飛んで
回っています。
e0094349_1836372.jpg
e0094349_18365264.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-06-30 18:36 | トンボ

お待たせの芽生え

e0094349_1827351.jpg

昨年10月に種まきしてから待ちに待った芽生えです。
まずはポポーですが、冬を越えて低温を経験することが発芽条件となっている
ので仕方がありませんが、それにしても待たせます。出始めたら発芽率は高い。
デカイ種(柿の種みたい)を脱ぎ捨てて、ごく小さい双葉が出たのが意外でした。

次はまだ少数が出始めたばかりの月桃の芽ばえです。同じく昨年秋に撒いて
おいたものです。種の原産地は種子島です。発芽温度が高いのでしょうか。
e0094349_18331116.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-06-30 18:33 | ポポー pawpaw

海岸のクズ

e0094349_7393100.jpg

小倉ヶ浜の海岸ではクズの花が咲き出しました。
面白いことに、山間部のクズに比べると海岸のクズは葉の形が違うようです。
e0094349_7404374.jpg

海岸で見つけたクズの種から発芽した苗も同じ形をしていますので、環境の差異で
というよりも遺伝形質の違いがあるのでしょうか。
e0094349_742087.jpg

下の写真で山間部のクズの典型的な葉を示します。
e0094349_7483123.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-06-29 07:42 | 植物

チョウセンハマグリの自殺願望

小倉ヶ浜の汀線に沿って歩くと、所々に生きているチョウセンハマグリが打ち上げ
られています。位置が悪いとそのまま干からびたり、カラスに捕まってお陀仏。

10数年前には大量に打ち上げられる騒ぎがあって、宮崎県の水産試験場の
調査が入りましたが、なぜ大量自殺が起こったかは不明のままです。

今朝の散歩でも最南部で1キロほどあるいて7個の生きている個体をゲット。
かなり大きい個体も見つかるので生殖巣の成熟状態をチェックしています。

貝殻を開けるために茹でてみると中から50%以上の確率でカクレガニの一種が
出てきます。大きなカニが入っているとハマグリの軟体部はやせ細っています。
そして大きなカクレガニ(ピンノ)はお腹に卵をぎっしり抱えています。
その最新のもの(昨日)を2例見せましょう。殻長54mmと36mmの貝です。
e0094349_7291849.jpg
e0094349_7292932.jpg

チョウセンハマグリは寄生しているピンノを道連れにして自殺しているようです。
仲間が寄生されないようにわが身を犠牲にする、なんと「けなげな」行為ですね。
実際は、多分、寄生されて弱っているため、波で砂中から掘り出されてしまって
から、すばやく潜れないために岸に打ち上げられるのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-28 07:43 | Meretrix ハマグリ

コアジサシ

e0094349_8172975.jpg
e0094349_818437.jpg

小倉ヶ浜の赤岩川河口、南側海岸のコアジサシ営巣が増え続けているようです。
今朝、汀で群れていた数は200羽近いように思えました。
サーファーがいる場所から遠く離れているし、陸上はゴルフ場で一般の人たちが
アクセスできない、そして赤岩川がバリヤーになっているので、営巣している場所
は人間の邪魔が入る可能性が少ない所です。
シーズン中は砂浜のこの部分を立ち入り禁止にして雛が巣立つまで守るような
措置は取れないのでしょうか。
砂浜にはウミガメの産卵上陸の跡と一緒に車のわだちの跡も見られます。
e0094349_8242982.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-06-27 08:24 | 海岸

邪魔が入ったのか

e0094349_7502846.jpg
e0094349_7504133.jpg

小倉ヶ浜では潮汐との位置関係から判断して今朝の夜明け頃に上陸したウミガメの
足跡が残っていました。これを良く見ると、上陸途中でグルグル廻って、産卵せずに
海に帰ってしまったようです。引き返し地点は満潮線よりすぐ上でしたが、誤岸から
かなり遠い場所でした。おそらく、上陸途中で何かが気になって中止したのでしょう。
想像すると、陸上の人間の存在を感じたためかもしれません。この誤岸の場所では
毎日のように上陸した痕跡が残されています。そして卵が掘り出された跡もあります。
砂浜では花盛りの草が広がっていますが、これはなんだろうか、後で調べよう。
e0094349_75879.jpg

カルガモのペアが砂浜に来て歩き回っていました。普段はカラスがいる所です。
e0094349_7585885.jpg

階段護岸の上にはハマグリの壊れた殻が増えていますので、カラスの潮干狩りも
活発なようです。
今朝も向こう岸のコアジサシのモニタリング中であったYさんの話では100羽以上
が営巣しているそうです。鳥も人間の干渉で営巣を途中放棄するので、注意深く
見守る必要があることは、ウミガメの産卵上陸を乱さない細心の配慮が必要である
ことと同じです。過干渉と過保護の「名ばかり自然保護」はいけません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-26 08:05 | ウミガメ

路上のウ○コだまし

e0094349_727019.jpg

今朝は海岸に出かけずに近所の散策でしたが、家を出たらすぐ路上に物体が!
またどこかのしつけの悪いワンコが置き土産してくれたのか、と糞ガイしながら
接近したら、なんだか生き物のようです。ちゃんと角まで生えているし、ゆるりと
歩いていました。おいおい、横断し終えるまでに車に轢かれるぞ、と声をかけて
やりましたが返事はなし。しかたなく保護監察処分です。
e0094349_7271329.jpg

体長は良く伸びると20センチくらいまでなりそうです。とにかく、これまで見たことが
ないサイズのナメ鯨でした。そのお名前を調べてみたらヤマナメクジですね。
キノコを食うとかいうのでペット仲間にしてみようか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-25 07:37 | その他の貝類

クサガメ、イシガメ、それとも交雑種?

e0094349_846254.jpg

小原のKさんが路上で見つけた亀さんを持って来てくれました。
この人は前にも田んぼで見つけたイシガメをつれて来てくれたことがありました。
この子は甲羅の長さが20センチ近いので大人でしょうか。
その種の査定ですが、困ってしまった。わからないが、どちらかといえばクサガメか。
イシガメの特徴もあるみたいな気がするし、ひょっとすると交雑種?
交雑種でも繁殖力があるそうなことがネットで書かれていた。
とりあえず、空いたタンクに収容しておきます。
以前のイシガメはあっと言う間に逃亡してしまったので、今度は壁が滑るタンクです。
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-24 08:54 | その他の両生・爬虫類

早朝の小倉ヶ浜

蛇の画像を見たくない人に考慮してまず今朝の小倉ヶ浜、最南部の様子です。
夏が近づくとこの花が咲きます。
e0094349_711498.jpg

波打ち際で自殺志願のチョウセンハマグリを探しましたが収穫ゼロでした。
川から流れ出た植物性のゴミが打ち上げられ、ハマトビムシが跳ね回っていました。
本来は海藻が打ち上げられて、ハマトビムシたちが張り切る場面です。
e0094349_732492.jpg

スナガニたちは波間に見え隠れしながらハンティングの最中でした。
人の気配ですぐ砂の中に潜ってしまうので、撮影は超難しい相手です。
ズーム最大であてずっぽうに撮影したら、ピンはダメですが逆光が良い感じです。
e0094349_75989.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-06-23 07:06 | 海岸

幻のヘビ君

ホタル幼虫飼育の準備としてカワニナの飼育タンクを片付けていたら、タンク(トロ箱)の
下に小さい蛇が潜んでいました。まだ幼蛇のようですが、マムシのような模様であり
ヤマカガシでもなく、アオダイショウの子供でもなく、見慣れない種類だったので、その
正体を調べるために捕獲しました。ネットであれこれ画像を見て説明を読んでみた結果、
どうやらシロマダラのようです。宮崎県のRDBでは情報不足のカテゴリーでした。
全国的に分布しているようですが、日本固有種で希少種のようで、全国各地のRDBで
様々なカテゴリーで記載されています。
e0094349_2015479.jpg

詳しい情報と画像は下のURLを参照してください。
http://baikada.com/JSM/?p=151
[PR]

by beachmollusc | 2008-06-22 20:15 | その他の両生・爬虫類