beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


大岐の浜の現状レポート

高知県の足摺岬の付け根の東側にあるポケットビーチ(的)な美しい砂浜海岸です。
これまで何度も現地を訪問してチョウセンハマグリの状況をモニタリングしてきました。

今年の夏ごろまでに、浜の海岸植生部分までの侵食が起こって、小さい浜崖が出来て
いたのを見た訪問者が「海岸調査研究会」サイトの情報コーナーに投稿していました。
http://www.kaigan-info.jp/weblog/cat118/
現地在住の海癒の岡田さんと情報交換したところ、ビーチサイクルによる一時的な侵食
であろうという意見で一致しましたが、念のために今回の旅行の途中で立ち寄ってみて
状況を確認しました。

この海岸は国立公園域内にあって、アカウミガメの保護区に指定されていることを示す
看板が立てられていました。
e0094349_19465528.jpg

訪問した10月16日は良い波が出ていてサーファーが波乗りを楽しんでいました。
e0094349_19481347.jpg

以前から海岸林の松枯れが進んでいたところですが、今回見たところでは、ほぼ完全に
松のゾーンが消えて、セイタカアワダチソウの群落になっていました。砂に埋もれた垂直
護岸から陸側に向けて、数十mがこの松の植林域でしたが、それが消滅したわけです。

しかし、古くからある(江戸時代からの?)照葉樹林が分厚く海岸林をなしているので、
松は不要です。ここでは松枯れ対策の薬剤散布をしないで、成り行きに任せたという
話を前に聞いたと記憶しています。それは地元住民の賢明な選択だったと思います。
高知や宮崎で海岸林として松を植える必然性はないでしょう。
e0094349_19551423.jpg

e0094349_19553972.jpg

この松の植林されていたゾーンは、本来は砂丘が出来るはずだった所と思われます。
垂直護岸を撤去(埋没していても地下水の浸透循環を阻害しているので有害)して、
松林をガードするための竹垣を撤去し、繁殖した外来植物を取り除き、在来の海浜
植物群落を復活させることで、日本中で失われてしまった自然海岸を甦らせることが
できるでしょう。国立公園の海岸として、できるだけ自然環境を保全し、ウミガメの産卵
上陸にも好適であり、チョウセンハマグリ資源も維持・利用できるようにするべきです。

砂丘の陸地側に海浜植物群落を維持・保全して、ビーチサイクルの侵食リザーブの
機能を復活させることが大岐の浜の環境保全上の重要な課題となるものと考えられ
ます。現在の砂浜部分は満潮線と海浜植物の成育ゾーンの間の距離が短くなって
います。とにかく、最近出来た浜崖から護岸までの距離が数十mしかありません。
e0094349_20145632.jpg

e0094349_20114724.jpg
e0094349_2012261.jpg

この海岸で浜崖が出来たのは昨年の台風の波浪が働いたものと思われますが、
それを誘導している懸念材料としては、南海地震が起こる前の地盤沈下(地震後に
隆起する)と、現地の海岸に建設された水産加工の工場が地下水を大量に汲み上げ
ているとすれば、それによる地盤沈下の影響です。地盤沈下で海面上昇があれば、
波浪による侵食が進み、垂直護岸に波が直接当たるような事態になる恐れも考え
られます。護岸がなければ砂丘部分がバッファーになるでしょうが、護岸の足元が
選掘されてしまい、それを消波ブロックで守るようなことをすれば、結果的に砂浜を
失うことさえ起こりかねません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-30 20:17 | 海岸

油壺訪問

10月21日、神奈川県三崎町、油壺の古巣を訪問しました。
油壺湾はほとんど昔のまま、湾奥のヨットの数が減って、水は昔より綺麗でした。
e0094349_1812049.jpg

験潮所と水準点をまずチェック、昔の施設が保存されていました。
e0094349_1884471.jpg

e0094349_18225841.jpg

昔のままの臨海実験所ですが、現在の実験・研究施設は陸の上に移転しています。
e0094349_18105845.jpg

現在の研究棟はずいぶん立派になっています。三浦一族が立てこもっていた砦の
遺跡の上に建設されたそうです。
e0094349_18214259.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-10-25 18:21 | 海岸

日記

18日
木曽岬町の漁業者シジミさんの案内でシジミ漁業の現地状況と長良川河口堰を見物しました。

名古屋大学理学部の近藤さんを訪ねてから浜松市までドライブ。

19日
浜松市の中田島砂丘を見物しました。たまたま現地の海岸侵食問題に取り組んでいる団体の活動に遭遇しました。砂丘の保全のために砂浜と格闘しているようでしたが、動き続ける砂を留めることが出来るとは思えません。悩ましい問題です。

箱根までスイスイとドライブした後で渋滞して、小田原までノロノロと、予定が大きく遅れて埼玉には夜8時に到着。

20日
埼玉から千葉までドライブして、九十九里浜を見てきました。
海岸道路に沿って、地下水汲み上げの工場施設が並び、砂浜が道に迫っていたのが印象的です。

21日
油壺訪問
三崎臨海実験所まで、電車とバスを乗り継いで行ってきました。
昔の景色がほとんど変わらないでいたので、タイムスリップの世界に入った感じ。実験所で昔なじみの佐藤さんに会って話ができました。
荒井浜の海の家、海上亭で昼飯を食べて店の人たちと昔話をして、浜で遊んでいたワン、ゴールデンリトリバのパールちゃんと仲良くしました。

荒井浜では城ヶ島と往復していた連絡船が廃業し、その桟橋だけ残っていました。
e0094349_1757564.jpg

海上亭は昔の場所にだいたい同じ雰囲気で残っていました。
e0094349_1758422.jpg

浜で泳いでいたパールちゃんが突進してきました。
e0094349_17552416.jpg

この後は当然の行動ですが、ブルブルしてくれました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-22 15:13

日記

現在、南海フェリーで徳島港から和歌山港に向けて航行中です。

一昨日、佐伯港から宿毛港にフェリーで渡りました。宿毛から足摺岬を経由して大岐の浜の侵食状態を見ました。詳しい報告と写真は後で改めてアップします。

昨日は四国を横断してドライブ、途中で大歩危と祖谷渓谷を見物して徳島では小松海岸を見物しました。

今日は和歌山から桑名までのんびりドライブします。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-17 09:28 |

Bruunの法則 - 海水面の上昇による海岸侵食

地球温暖化に伴って世界中の海岸で海水面の上昇が予測されている。験潮記録から推定されている過去半世紀の全世界の平均海水面の変化は10cm程度であり、それは海水の温熱膨張で説明されている。しかし、さらに温暖化傾向が進めば、世界的に水面上昇が加速されることは避けられないだろう。

海水面の上昇は低地の浸水や、熱帯の環礁の上にある海抜4m未満の低い島が地下の淡水レンズを失って居住できなくなる懸念、つまり住民すべてが疎開を余儀なくされる問題などが予想されている。あまり注目されていないが、砂浜海岸の侵食も重要な問題となるであろう。

日本では、世界的な海水準の上昇だけでなく、場所によって、地震・地殻変動と海岸平野で地下水の汲み上げなどで起こる地盤沈下が海水面の上昇を引き起こしている。地殻変動では短時間に大きな水位変化を起こすことがあるし、人為的な地盤沈下の水位変化も過去の地球上の気候変動で生じた変化よりも激しいことは珍しくない。

海水面の上下変動が海岸平野の砂浜に極めて強い侵食と堆積変化をもたらすことについて、日本語の海岸工学関係の書籍やサイトにはほとんど記載されていないし、問題として一般に認識されていないようである。ここでは高エネルギー環境(強い波浪)にさらされている砂浜海岸の侵食問題を考えるための基礎でありながら、日本の多くの関係者が忘れているBruunの法則について説明したい。法則を提唱した論文とその法則性を検証した論文を下に記す。

Bruun, P. M. 1962. Sea level rise as a cause of shore erosion. Am. Soc. Civil Engineers Proc., Jour. Waterways and Harbors Div. 88, 117-130.

Schwartz, M. L. 1967. The Bruun theory of sea-level rise as a cause of shore erosion. Jour. Geology, 75, 76-92.

この法則は、波浪と海岸流で運搬されて活発に流動する砂(後浜の砂丘と前浜から沖の流動部分)の収支がつりあっている(供給と消失が同じ)動的平衡状態を想定している。その条件で海水面が上昇(地盤が沈降)したら、その海底までの水深が水面上昇前と同じになろうとして、後浜の砂丘から前浜部分までの侵食で海に運ばれた砂が海底の堆積面を上昇させてバランスが保たれる。全体の断面図(Schwrtz, 1967による)としてこの状態を見ると、ビーチの形は保たれながら全体的に陸側に移動する。結果として、陸側部分で侵食される砂の量が沖側で堆積して海底をかさ上げする量に等しくなる。
e0094349_201032.jpg

このように、海水面の上昇は基本的に海岸侵食を駆動する働きがあるので、それに逆らって後浜の砂を残すために堅固な構造物で陸側を防護しようとすると、海岸の傾斜面が平衡にならず、護岸の海側で前浜を失う結果になるのだろう。侵食性の砂浜海岸で汀線を固定して陸の侵食を食い止めようとすると結果的に砂浜(前浜、潮の干満で露出する部分)を失う仕組みがこれである。

もう一つの重要な点は、水面の上昇が小さくても、それが水平方向の変化としてみると大きくなることがある。わずかな水面上昇でも、それが緩やかな勾配を持つ砂浜海岸であれば、平衡状態を達成するために多量の砂丘侵食をもたらし、結果として汀線を陸側に移動させる距離は大きくなる。

Bruunの法則は、侵食性海岸で砂浜保全を計画する戦略を立てる場合に必須であろう。しかし、日本中で行われている行政と海岸工学者による海岸侵食対策では、漂砂系に干渉する構造物の建設ばかりが盛んであって、法則を適用すること自体が無意味になっているのかもしれない。一時的な侵食から回復するビーチサイクルの実態も把握しないままで、いきなり侵食対策として固定的な構造物を造ってしまう「コンクリート文化」にどっぷり浸かった日本では、海岸にまともな砂浜が残されるようなチャンスは極めて少ないだろう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-13 20:10 | 海岸

サーフィン日和

連休でよい天気、さらに波も良い、という最高条件になった小倉ヶ浜にはサーファーが集結しています。運動公園の駐車場では、大分と熊本から遠征して来ている車のナンバーが目立ちますが、近畿や中部ナンバーもいました。

トンビが2羽浜にいて、海に出るサーファーたちを見送っていました。その近くには大きなホウボウの打ち上げ死体があったので、それを始末していたところだったのが、次々とサーファーが通るので、食事もおちおち出来ないようでした。
e0094349_849113.jpg
e0094349_8492285.jpg
e0094349_8493214.jpg
e0094349_8494237.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-10-12 08:49 | 海岸

秋のあぜ道

雨上がりと朝露が一緒になったような濡れた谷津田のあぜ道を散歩してきました。

湿った場所ではミゾソバが咲き、斜面でツリガネソウがにぎやかに咲いています。
ススキも綺麗ですが、足元でなにやら不思議な穂を出している草を見つけました。
e0094349_8273099.jpg
e0094349_827418.jpg
e0094349_8275624.jpg
e0094349_828960.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-10-11 08:28 | 植物

小倉ヶ浜のチョウセンハマグリ - 現況報告

さわやかな朝に誘われて、小倉ヶ浜の赤岩川河口、チョウセンハマグリの保護水面をチェックするべく出動しました。

南側の河口に向けて北から汀線に平行な浅い水路部分が干上がっていて、その流れが漣痕を造っています。
e0094349_9298100.jpg

e0094349_9292855.jpg

海水が残っている凹みの砂の上はチャイロに変色していました。
e0094349_9294435.jpg

色から見て、珪藻のようです。朝日に反応して砂粒の間から砂の表面に移動し、
光合成しながら増殖するので、陸から染み出る栄養分の効果があるようです。
このような場所にチョウセンハマグリの稚貝が集中分布する傾向が明らかです。
汀線に沿ってスナガニが活発に活動していて、砂団子だらけになっています。
渚の波間で餌を漁るシギらしき鳥の数十羽の群れが見えました。
e0094349_9295984.jpg

e0094349_9301517.jpg

チョウセンハマグリのフレッシュな死殻を見ていると、海の中の集団の様子が想像
できます。昨年の同じ時期に比べて、満2歳クラス(2センチくらい)はかなり少なく、
2006年生まれは2005年生まれに比べて生き残りが極めて少ないようです。

2007年生まれは今頃数ミリになっているはずですが、まるで気配はありません。
2007年には産卵期(幼生が浮遊していた事期)と思われる時期に強い台風が
接近していたので期待していませんが、その前の2006年生まれが少ない理由は
わかりません(親を乱獲したのか?)。

3才クラスの3~5センチの大きさまでは汀線に近い、ごく浅いところにいます。
そして、時々波間に躍り出て砕け波で波乗りをやっています。大きい波によって
汀線の陸側に打ち上げられたまま、砂の中に潜り損ねてそのままゴロンと
横たわっている生きた貝をしばしば見かけます。潜る元気がなくて、そのまま
死んでしまう個体があるようですが、殻の中をチェックするとカクレガニに寄生
されて身の痩せたのが大部分です。そして、弱ったものはスナガニの餌食に
なっているようです。カラスも同じくこれを狙っていると見受けられます。
e0094349_930425.jpg

打ち上げられた死殻の何割かは巻貝のツメタガイの仲間(ここではホソヤツメタ)
にやられたもので、殻のちょうつがいの付近に穴が開いています。また、殻が
噛み砕かれたものが時々見つかりますが、エイの類に食べられたものでしょう。

小倉ヶ浜のチョウセンハマグリ集団は一応存続していますが、現在3才の年級群が
来年の夏には繁殖集団になると思います。もしこれを乱獲すると、その後に続くはず
の2年分の集団が十分には加入していないために、再び、ジリ貧状態に陥ることが
予想できます。

この資源の繁殖・加入動態をモニターしながら、漁業者が漁獲管理するような仕組み
をつくる必要を感じます。特に、繁殖時期がどうなっているか、今の禁漁期間がそれに
マッチしているかの確認が必要です。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-09 09:30 | Meretrix ハマグリ

潮干狩りの跡

早朝の干潮の間にスナガニたちは潮干狩りに精を出すようです。
今朝の小倉ヶ浜には貝が掘り出された跡だらけでした。
犯人が残した足跡がはっきりと砂の表面に残っていました。
e0094349_16185916.jpg
e0094349_16191156.jpg

e0094349_16194230.jpg
e0094349_16195261.jpg

このカニたちは獲物の貝を巣穴にもって帰り、ゆっくり食べるようですが、
掘り出した貝をそのまま放置して姿をくらましていたのは、悪い時にお邪魔して
しまったためでしょうか。
フジノハナガイとチョウセンハマグリの稚貝で、だいたい2センチ弱の大きさでした。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-08 16:21 | 海岸

美々津海岸

日向市南部の耳川河口に立地して江戸時代に栄えた港町、美々津の街並みは時間が止まっているような雰囲気を漂わせている。

<江戸時代には九州山地の産物である木材や炭、たきぎを高瀬舟と呼ばれる小舟で耳川を下り河口の美々津に集積し、ここから大阪や瀬戸内方面に送り出していました。元禄年間には回船問屋や商家が数多く軒を連ね「美々津千軒」と呼ばれており美々津は大いに繁栄していたのです。>http://www.yado.co.jp/kankou/miyazaki/takatiho/mimitsu/mimitsu.htm

しかし、その美々津海岸の現在の姿は、自然を完全に失った異様な景観を見せている。

美々津海岸(2007年7月22日)
http://1st.geocities.jp/otojimahime/mimitu/mimitu1.html

かつて耳川流域ではアユなどを漁獲する河川漁業が栄えていた。しかし、最近では皆伐されたまま放置された山地からの土砂流出で河川環境が荒廃して、アユは養殖場にしかいないと漁師さんたちがぼやく有様である。河川漁師は絶滅状態となり、河川組合はアユを放流して遊漁者から料金を徴収するのが唯一の収入源のようである。これでは釣堀と大差ないだろう。

一方、河口の漁港の脇ではチリメンジャコを干す(はずだった)ジャリの敷かれた広場がむなしく広がっている。

あるサーファーのブログで昔の美々津を懐かしむコメントを見つけた。

<1970年代の終わり、初めて九州へサーフトリップに行った。
日向の美々津町と言う所だ。
そこに、耳川と言う、サーフポイントがあった。

それまで、ビーチブレイクでしか入った事がなかった私達は、
「こんなに、いい波があるんだ」
と、感激したくらい、いい波がブレイクしていた。
また、地元の人達も、やさしく私達を迎えてくれたので、
それ以来、休みになると仲間と日向に行くのが楽しみとなった。

耳川の朝はオフショアが多く、地元の人達は来るのが遅かったので貸切状態。
いつも、辺り一面、ちりめんじゃこが干してあり、長閑であった。
(中略)
何年も前から、耳川は、ポイントでなくなったと聞いた。
でも、機会があれば、もう一度行ってみたい場所である。

http://blogs.yahoo.co.jp/oban1957/29720350.html

10月5日の朝、美々津の海岸を初めて訪れて現地を見てきた。

あらかじめ情報を集めて現状を把握した上での訪問だったので、特に驚くことはなかった。海岸から一段高い台地にある集落を守る海岸林は思いのほか貧弱だった、そして海岸林の脇に古い昔の防波堤の名残を見つけた。
e0094349_824219.jpg


{美々津の大津波}
<明治30年代は日向灘や四国沖でマグニチュード6~7規模の地震が発生し、それによる津波が発生しており、明治32年には石並、明治37年と38年には中町、そして明治39年には中町、松原町、崎田町の3地区が大きな被害を生じ、38軒の家屋が流出、被災者は160人にも及んでいる。

太平洋戦争直後には、美々津海岸で陶磁器を拾い集め、これで生計を立てる人たちがいました。こうした人たちが集めたのは、明治の大津波で流出した回船問屋のお宝だったといわれています。このように度重なる津波により、美々津には明治の時代に多額の費用をかけた防波堤が建設されたと言い伝えられています。>

http://www.saigaidensho.soumu.go.jp/saigai/import.2006-12-27.190307-2/
明治の大津波は南海地震と日向灘沖地震が立てつづけで起こったからであった。
http://www.fukuoka-jma.go.jp/miyazaki/bousai/saigai_jishin.html

大津波だけでなく、美々津の海岸には台風の高潮が頻繁に襲い掛かってくる。

台風の高潮は、低気圧が海水面を上昇させてさらに風の波が上積みされて高くなる。美々津の現地におけるデータはないが、日南市の油津港の験潮記録では、最高で、海水面が天文計算潮位(平常時)より2mくらい上まで高まって、さらにその上で6mくらいの波高が重なるようである。美々津の街の標高では極端な高潮に襲われると波浪がなだれ込む可能性が高い。

{参考} 油津の験潮記録データ(台風による高潮のデータ)
http://www.nagasaki-jma.go.jp/kaiyo/tide/tidesum/PDF/ab.pdf

集落の前の海岸が遠浅の砂浜であれば、大嵐の波浪がそこで砕け、岸に届くまでに破壊力を失う。しかし、美々津海岸と集落の間にあった砂浜はかなり狭くなっていた。おそらく耳川の上流に次々に建設されたダムが、下流に運ばれていた土砂をブロックした結果だったのだろう。

痩せた砂浜では高潮の被害を受け続けるため、防災のための離岸堤が建設されたのが1970年代後半からだったようである。空中写真を時代を追ってみると、1980年代には海岸の護岸が次第に強化され、離岸堤も追加で建設された。1974年(国土地理院)と1993年(海上保安庁)の空中写真を見比べると、その間の工事で海岸が大きく変貌したことが読み取れる。
e0094349_834517.jpg

e0094349_841466.jpg
e0094349_842497.jpg
e0094349_843369.jpg

二段構えの離岸堤が砂とジャリをかろうじてつなぎ止めている。砂浜と呼ぶのがためらわれる前浜部分が防災機能を保ち、美々津の街は津波と高潮から一応守られているようである。その代償が惨めなコンクリート海岸の姿である。ここにあったサーフィンのよいポイントは失われたようであるが、近くの石並川河口付近では日曜サーファーの姿が見られた。すべてを失ったわけではないが、この海岸の象徴となっているへんてこりんなモニュメント(お船出)は次第に崩れてしまうだろう。国道10号線から美々津海岸への案内標識がほとんど読み取れなくなっていたが、それを気にする人はもはや誰もいないことだろう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-07 08:05 | 海岸