beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


暖かい冬

寒波はそこそこ来ていますが、底冷えするほどまで強烈ではありません。
シイタケがホダから出ていたのが、大きくなっています。1本だけなのはなぜだろう。
e0094349_10211551.jpg

昨年はデコポンでしたが、今年はポンカンが2個だけ実りました。
お正月にあわせてくれたようですので、元旦に収穫します。
e0094349_10225949.jpg

サクランボの木はついに葉を全部落としましたが、そのおかげで蛹が見えています。
e0094349_10235570.jpg

これはアゲハの一種でしょうか。隣の柑橘類にも蛹が着いています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-12-30 10:24 | 日記

浦城海岸

北浦の浦城海岸の砂浜にはナミノコガイの高密度の集団が生息しています。
また、キサゴの一種がいることも特記事項です。
この海岸の港から島浦の島に連絡船とフェリーが出ています。
e0094349_2046389.jpg

リアス海岸の浦城湾の外海に出るすぐ前の壷のような地形の中に出来ている
ポケットビーチで、外洋から寄せる波が適度に砕け、砂粒もよく淘汰されている
きれいな砂浜です。

国土地理院撮影の1974年の空中写真です。
e0094349_2051569.jpg

この当時には浦城湾内の水産養殖、真珠養殖などは行われていなかったようです。
砂浜海岸の一部の海底に礫が堆積しているような黒っぽい部分が広がっています。

ここの砂がどうやって堆積し、維持されているのか、気になります。
ナミノコガイは1+と2+才の年令と大きさが異なる双峰の集団を造っていました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-12-29 20:53 | 海岸

北浦から蒲江のリアス海岸

26日に北浦の浦城海岸まで遠征してナミノコガイのサンプルを集めてきました。
そのついでに宮崎県と大分県の県境にある陣ヶ峰の展望台までドライブして、
リアス海岸を撮影してきました。展望台の三角点の標高は431mですが、
山頂まで舗装道路があって、電線が引かれていたのにはびっくりしました。
谷間の下に見える海岸集落は大分県佐伯市の波当津のようです。
e0094349_19561315.jpg

右下に見える山頂は遠見山で標高371m、中央のもっとも遠くに見えるのは蒲江の
元猿山で270mでしょう。マリンカルチャーセンターがある元猿海岸がかすかに
見えるような気がします。その手前には屋形島が見えます。

展望台の下の内陸側の斜面には茶畑が見事に出来ていました。
周辺に杉の植林がほとんどなく、松の木が健全であったことが印象的でした。
e0094349_19582075.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-12-29 19:58 | 海岸

光回線工事

NTT西日本の代理店さんの勧誘があって、光回線を使ってみることにしました。
現状のADSLでも特に問題はないのですが、NTTが破綻する前に光回線を経験しておくのもよいかもしれません。

自宅の前までケーブルが来ていないことは知っていたので、そのことを代理店さんに言ったのでしたが、来ていることになっていると言い張っていたので、それではどうぞと17日に予定していたら、やっぱりケーブルが来ていないということで2台の作業車と人員が空振りで帰りました。
24日には、近くの集落まで伸びていた幹線から延長ケーブル4本をつないで、家の前まで光ケーブルの配線工事がありました。そのときの様子です。
e0094349_11465079.jpg
e0094349_1147179.jpg

電話線の周りにグルグル絡みついた光ケーブルがついにやってきました。
今日の午後に屋内まで引っ張る工事が予定されています。
これをやると、何か不具合が起こる予感がしています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-12-27 11:48 | 日記

竜胆の種

リンドウの花が終わり、枯れた花から種の採取をしました。
鞘は長さが4~5センチで先端から種がこぼれて出てきます。
e0094349_18122338.jpg

種を実体顕微鏡で見ると薄い翼を持っています。
同じような翼を持っている松の種とは異なり、種子の位置が端っこに偏っていません。
この小さな種は、風で吹き飛ばされ、空を舞って分散するのでしょう。
e0094349_1815166.jpg

種の背景にある縦筋は0.5mm間隔です。ミクロプランクトン計数用のスライド・グラスを使いました。
[PR]

by beachmollusc | 2008-12-21 18:17 | 植物

冬晴れの小倉ヶ浜

良い天気に誘われて正午頃に小倉ヶ浜に出ました。雲ひとつ無しの浜の画像を撮影しておきたかったからでした。

浜には不届きな車の車輪の跡が残っていました。
e0094349_15313840.jpg

南ほどではありませんが、赤岩川の北側の浜の中央部にもチョウセンハマグリの殻が多数打ち上げられていました。2才+の殻は南に比べて桁違いに少ないけれど、大きい3才以上はやや少ない感じです。小倉ヶ浜における稚貝の分布は南で密度が高いようです。
e0094349_15332792.jpg
e0094349_15333671.jpg
e0094349_15334658.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-12-19 15:36 | 海岸

お魚の行方

14日、日曜日のお昼前の時間に小倉ヶ浜の中央部に出たら、たった一人で釣りをしている姿がありました。何を相手にしているのか聞いてみようと思ったところが、釣り人はすぐにやめて海岸を去りました。冬晴れの上天気で、波も荒れていない、この海岸を楽しむ人の姿が少ないの不思議でした。釣り人を滅多に見かけないのは魚がいないからでしょう。地引網をやっても魚が入らないそうですから。
e0094349_10383924.jpg
e0094349_10384841.jpg
e0094349_10385746.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-12-16 10:39 | 海岸

冬の産卵

寒さが緩んでカエルの合唱が聞こえています。産卵を確認しました。
多分、先に来ているヤマアカガエルでしょう。アカガエルは早春に交代します。
e0094349_1852285.jpg

ちょっとでも物音を立てるとカエルたちは鳴くのをやめ、姿をくらまします。
かなり遠くでも敏感に反応するのは捕食者、特に鳥を警戒しているようです。
水の中を徘徊している足跡です。大きさからみてアオサギでしょう。
e0094349_1865562.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-12-14 18:07 | 田んぼと里山

よいニュースと悪いニュース

小倉ヶ浜の南部、吉野川の河口付近を見てきました。

よいニュースは、2006年度生まれ(2+才)のチョウセンハマグリの稚貝のフレッシュな(死に立ての)貝殻が無数に転がっていました。捕食されて死んだばかりですが、海中にたくさん生きている証拠です。3+才の2005年生まれの貝殻も相当多数転がっていました。

2005年生まれが来年ぐらいから漁獲サイズになり、さらに再来年に続く稚貝が育っているようです。満潮の汀線に沿った打ち上げゾーンに殻が並んでいました。
e0094349_15563622.jpg

e0094349_15574845.jpg

悪いニュースのほうですが、初夏に散々薬を撒き散らした場所で、松がかなりの規模で紅葉していました。マツノザイセンチュウを運ぶカミキリムシの行動時期にあわせて殺虫剤を撒いたかどうかさえ、怪しいものです。予算消化だけの利権化した薬剤散布事業で松が守れるはずもなく、ここでも全国でやっている同じ間違いを続けているようです。
e0094349_1611436.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-12-11 16:01 | Meretrix ハマグリ

タテハモドキ

よい洗濯日和となったのでフル回転です。
お昼過ぎに干してあったトレーナーの上に何か派手なものがやってきました。
周囲にツマグロヒョウモンはまだ飛び回っていますが、こいつは目玉模様がくっきりした、明らかに別な南方系のチョウチョです。タテハモドキであろうと見当をつけました。
e0094349_12435612.jpg

タテハモドキについて、宮崎県で初見記録が報告されていました。
http://www.ei-net.ne.jp/kyokai/zukan/B276/tatehamodoki.pdf
[PR]

by beachmollusc | 2008-12-10 12:44 | 蛾と蝶