beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


砂に関する本

最近出版された「砂」に関する2冊の本について、AMAZONJPの書評欄に投稿しました。

A Grain of Sand by Gary Greenberg
Voyageur Pr (2008)

砂粒の姿, 2009/1/30

地質学(堆積学)の定義では便宜上2mmより小さく0.063mmより大きい粒を「砂」としている。このように大きさだけ定義されているが、砂粒となっている鉱物組成は極めて多様であり、成因も様々である。この本は肉眼だけでは詳細が見えない砂粒を相手に、解像力を高め焦点深度を深くした顕微鏡写真で、形の面白さと色彩の美しさを見事に表現している。芸術と科学の融合、あるいは自然の造型美のミニチュア版として、砂粒の画像を楽しめるように工夫されたすばらしい本である。芸術的な美的な表現が主体であるが、この本では砂を造り出し、循環させる地球科学的な基礎情報が説明され、さらに、「砂浜の動態:砂の動き」や「鳴き砂」についても紹介されている。世界各地から集められた砂粒のギャラリーだけに終わっていない。
--------------------------------------------------------------------------------

Sand: The Never-Ending Story by Michael Welland
Univ of California Pr (2009)

地球の過去から未来の果てしなき物語, 2009/1/30

この本は、信じられないほど広範囲の話題を網羅しながら、「砂」の物語を「砂」に語らせています。地球科学を中心にしていますが、歴史・芸術・文学・科学技術など、砂に関する多くの考えられる限りのあらゆるエピソードがあり、その中には意外な事実が数多く出てきます。雑多な話が綴られて、時には与太話に飛んでいますが、全体的に話の筋道がしっかりしていて、明快でリズミカルな文章で書かれているので、最初から最後まで飽きずに楽しく読むことが出来ます。科学啓蒙の本としては、極めて質の高い、近来稀に見る優れた作品であることは間違いありません。日本の話題としては、風船爆弾に使われたバラスト砂のエピソードをはじめ、仁摩のサンドミュージアムの世界一大きな砂時計や安倍公房の「砂の女」などが出てきます。ただ、残念ながら、「浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ」の辞世の句は知らなかったようです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-30 10:40 | 日記

浦城海岸のナミノコガイ

先月26日に浦城海岸でナミノコガイ集団を確認し、3年分の年級群が出ていたので、
その後の追跡を始めました。

沖縄のナミノコガイは同じ年に半年にわたって繰り返し産卵・繁殖します。しかも、
異なった年級群がシンクロ繁殖しないこと、同じ年級群が同一年内に2回産卵する
らしいこと、などが二枚貝類での一般繁殖パターン(年一回の集中シンクロ産卵?)
という温帯の標準的なありかたと明らかに異なっているようでした。

温帯のナミノコガイ集団については海外の異なる種でいろいろ調査報告が出て
いるのですが、たいていは月に一回程度のサンプリングのために解像力不足に
なっていて、時期的に複数回の産卵があるかどうか、同じ個体が年内に繰り返し
産卵するかどうか、繁殖戦略の詳細が不明です。

外洋に面した砂浜では繁殖時期に来る台風などの影響で産卵しても浮遊幼生が
沖に運ばれて帰れなくなる「無効分散」のリスクがあります。沖縄ではその影響が
極めて大きく、それに応じた繁殖時期の分散(リスクヘッジ)が起こっているようでした。

発生に関しての繁殖水温の制約があるようなので、ナミノコガイ(チョウセンハマグリ
も同様)は初夏の水温上昇までは繁殖できないようです。温帯では繁殖適温の時期
が限られているので、「その期間だけ集中的にやるしかない」でしょう。

この繁殖戦略の問題はチョウセンハマグリで調べてみたいのですが、まとまった数で
繁殖サイズで大きさが異なる個体を入手する必要がある、という大きな制約があります。
つまり、100個体のオーダーで少なくとも2週間間隔で調べる必要があります。
年金生活者はその購入費用だけでパンクします。毎日ハマグリを食べるというのも、
好きな人でも嫌でしょう。私はもともと二枚貝は好きな食材ではありません。

鹿島灘や九十九里浜では、それぞれの県でチョウセンハマグリの繁殖について調べて
いますが、宮崎県では半世紀前に、ついでのやっつけ仕事があっただけです。
小倉ヶ浜でチョウセンハマグリの繁殖期が7~8月と考えられ、禁漁期が7~9月に
設定された根拠は希薄です。データ不足ですが、ヤマカンで6月からが繁殖時期で
あって、9月までに再度産卵があるかどうかでしょう。

北浦の浦城海岸までは片道1時間のドライブですので、定期的にサンプリングする
ことはあまり負担になりません。先月も今月も良い天気で、共に北風が強かったの
ですが、この海岸が東の海に面しているので風の陰となって飛砂もありません。

e0094349_9585822.jpg
e0094349_9591067.jpg

貝殻由来の砂粒が多く、それが比重の関係で波によって篩いわけされ、白い砂の
層が波打ち際で縞模様になります。砂浜を掘ると、縦方向にも縞模様が見られます。
e0094349_9592382.jpg

この砂浜で汀線に打ち上げられていた貝類はキサゴが多く、バカガイとトリガイが
ありました。また、ツメタガイもいるようです。ここでフジノハナガイが見られないこと
がかなり面白いと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-28 10:02 | ナミノコガイの仲間 Donax

ヒメバカガイの謎

小倉ヶ浜では日曜日とあって、砂浜でサッカーを楽しんでいる少年グループを見かけました。
ビーチバレーやビーチサッカーなど、いつでも誰でも楽しめるはずですが、運動公園の方は
繁盛していても、広大な砂浜はほとんど利用されていません。

今日の汀線付近にはヒトデ類のヒラモミジが多数打ち上げられていました。
e0094349_18394745.jpg
e0094349_18395640.jpg

突然沸いたように出現したので驚きです。フレッシュな死骸だけでなく、死後の時間が
かなり経過したと見られる個体もありました。また、スナヒトデも見つかりました。

さて、本題ですが、バカガイ類の小型種であるヒメバカガイの殻がおびただしい数で
打ち上げられています。蝶番が弱い貝なので二枚の殻がそろっているのが少なく、
死にたてのフレッシュな死殻と古いのを識別してまとまった数について調べることが
困難です。ツメタガイに開けられた孔のみえる殻もありますが、チョウセンハマグリの
稚貝ほどその率は高くなさそうです。
e0094349_18471486.jpg

このヒメバカガイは過去の小倉ヶ浜の調査で、古い時代の報告には出てきません。

国内でこの種がどのように分布しているのか、まだ詳しく調べていませんが、自分が
見て来た南日本の多くの海岸で見かけた記憶がありません。鹿島灘のサンプルが
研究協力者から送られてきたときに、種類の判別がすぐ出来なかったのも、見慣れ
ていなかったからでした。

小倉ヶ浜では「保護水面」の調査としてチョウセンハマグリの稚貝の生息密度を調べる
仕事が1970年代から続けられ、近年では休止されていましたが、2006年に再調査
が行われました。その報告によると水深5~6メートルで曳かれた桁網に大量に入った
とあります。各年度の報告を入手していないので、いつごろからヒメバカガイが出現し
はじめたかを確認できませんが、最近になって現れたのではないかと疑っています。
たとえば2000年の水産試験場の報告では何も言及されていません。

ひょっとすると、鹿島灘からチョウセンハマグリの稚貝を移植放流した際にヒメバカガイ
が種苗の中に混ざっていて、再生産して定着したのかもしれないので、それを確かめ
たいと考えています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-25 19:03 | 海岸

バード・ウオッチング

塩見川の土手を散歩しながら鳥達を眺めてきました。
川にはカワウとカモたちがいて、岸辺でくつろいでいる連中に近寄るとすぐ逃げ去ります。
川の水面のゆらゆらした中を逃げてゆくペアです。
e0094349_17501412.jpg

乾いた田んぼでトラクターが仕事をしていました。その後を追ってコサギかチュウサギの
どちらかわかりませんが、一緒に歩いています。ケラやカエルを食べるそうです。
e0094349_17523164.jpg
e0094349_17524378.jpg

ハクセキレイが10羽あまり周囲を飛び回っていました。何か餌が出てくるのでしょうか。
e0094349_17535492.jpg

ニンゲンに慣れた鳥達は撮影が楽ですね。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-24 17:54 | 田んぼと里山

貝殻に穴を残さない捕食者

小倉ヶ浜の汀線付近に打ち上げられているチョウセンハマグリの稚貝の死因について検死調査の手始めとして、貝殻に孔が空けられている率を調べています。
画像は孔を開けられたチョウセンハマグリの稚貝です。1円玉は直径が2センチあります。
e0094349_9485672.jpg

ちなみに昨年12月11日に小倉ヶ浜南部海岸で幅100m以内に集中していた死殻で、2+才の数センチの殻(2枚が蝶番でつながっていたものだけ)を見ると、259個のうち191個(74%)にツメタガイ類の特有の円形の孔が見られました。おそらくホソヤツメタの捕食でしょう。孔の大きさが小さいので、捕食者の方も小さい個体が多いようです。2年前にツメタガイの砂茶碗(卵塊)が大量に浜に打ち上げられていた(http://beachmollu.exblog.jp/4636367)ことを振り返れば、2006年生まれのチョウセンハマグリを同じ年生まれのホソヤツメタが襲っているようです。捕食者の大きさとそれが開ける孔の直径との関係を調べる必要がありますので、飼育実験をしなければなりません。

チョウセンハマグリの稚貝の他の死因としては、噛み砕かれていたのが2個(ただし、2枚の殻がつながったままの条件で採集したので過小評価している)、殻の腹縁に孔が開けられていた(これはアクキガイ科の巻貝が捕食者と考えられる)ものが2個あった。残る64個の殻には捕食者の残した痕跡が見つからなかった。

貝殻を飲み込んで噛み砕く魚類(クサフグやエイの仲間)による捕食率を調べるためには、容疑者を捕まえて調べてみる必要がある。またキンセンガニも貝殻をバラバラにして中身を食べるので、殻の砕き方の特徴を踏まえてから、砕けた新鮮な殻の破片を砂の中から集めて調べることも必要であろう。

殻に明瞭な痕跡を残さずにチョウセンハマグリの稚貝を殺している容疑者としては、ヒトデ類が重要であろう。ただし、生きたまま打ち上げられ、そのまま死んでしまうと見られる稚貝がかなり見つかっていて、それを調べると、カクレガニに寄生されている率が極めて高い。また、ヒトデ類以外に殻の損傷をもたらさないで食べる捕食者がいるかもしれない。たとえば、タコの仲間が関与しているかどうか気になっている。アカニシはこの浜にはいないようであるが、孔を開けずに二枚貝を食べるような巻貝がいるかもしれない。とにかく砂浜に生息する生物の自然誌の情報が乏しいので、その孔を埋めることも重要である。

金丸昌洋(1980)「日向灘のチョウセンハマグリについて」栽培技研、9: 1-11, という報告には<小倉ヶ浜のヒトデによる食害調査>のデータが示されている。それによると、1979年の保護水面調査の時に採集されたヒラモミジガイとモミジガイ(砂浜に生息するヒトデ類)のそれぞれ82個体中の57個体と、18個体中の14個体の胃袋内に2~4センチをピークとしたチョウセンハマグリの稚貝が見られた。(6センチ以上の成ハマグリもかなり食害されていた。)

フジノハナガイもチョウセンハマグリと一緒に食べられていて、モミジガイ2種の餌はほとんどがこれらの二枚貝であり、他の貝類は数が少なかった。

最近数年間、これらのヒトデ類が小倉ヶ浜に打ち上げられている姿はそれほど多く見られない。ツメタガイも同様であろうが、チョウセンハマグリやその他の貝類の変動とリンクして個体数が変動しているのだろう。

チョウセンハマグリ資源の変動についてその要因を定量的に把握し、漁獲管理の基礎情報の一つにするべきである。まず繁殖のタイミングと浮遊幼生の出現時期の把握、稚貝の着底の時期と場所、そして稚貝の二次的な移動・分散などを知ることが最も重要である。その過程の中で稚貝がどのように減耗するのか、つまり、初期減耗における捕食者の影響の大きさを調べ、その対策を講じることを考えるべきであろう。

一昨日、北小倉ヶ浜に打ち上げられていたフレッシュなモミジガイとその成れの果ての映像を示しておきます。ヒトデ類は骨格が結合されていないので、死んだ後はバラバラになります。
e0094349_9332370.jpg
e0094349_933335.jpg

<追記>どこかに違和感を感じて調べてみたら、スナヒトデをモミジガイと混同していたようです。小倉ヶ浜の砂浜のヒトデ類はモミジガイとヒラモミジの2種であるという先入観に囚われていました。上の写真はスナヒトデに訂正しておきます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-23 09:34 | Meretrix ハマグリ

スギの紅葉

冬が深まると家の周囲のスギが真っ赤になることは最初の年に気がついた。花粉を出す花がついて色が変わっているのかと見て回ったが、近隣に花をつけたスギの木は極めて少ない。全くないことはないが、滅多に見つからない。下の写真は花が咲いたスギと葉が枯れているスギである。赤く見えるところでは枯れ葉が圧倒的に多く、強い風が吹くと枝ごと落ちてきて、枯れ枝が林道に一面に堆積する。
e0094349_17241950.jpg
e0094349_17242151.jpg

スギの葉っぱが赤くなっている様子を見ると、木の位置が日当たりの強い場所であることが多い。しかし、それもまだらになっている上、木の大きさにも関係なさそうである。鹿や熊が樹皮をはがしてスギの立ち枯れを起こすという話もあるが、熊はいないし、鹿も滅多に見ない。
e0094349_1730037.jpg

e0094349_1730453.jpg

寒い地方では、スギが葉っぱに赤い色素を出して太陽光の直射の害から組織を守るという情報もある。宮崎県は寒い地方か、という疑問があるが、山間部では寒波が来れば氷が張るし、霜柱も立つ。しかし、それは早朝の一瞬の出来事である。色素生産による時期的な紅葉も混ざっているような気もするが、それだけではなさそうである。

海岸林の松枯れ問題も気になるが、スギ林は挿木苗からつくられたクローン集団であると聞いたので、疫病が出たら、それには極めて弱いはずである。一斉に枯死して枯れ木の山、すなわち山火事の燃料になったりしたら、エライこっちゃになるだろう。カリフォルニアの山火事はただの対岸の火事ではない。あちらでは樹木の立ち枯れが蔓延したのを放置していた結果、被害が激化したとされている。何しろ、宮崎県の県の面積の約半分はスギ林である。家のまわりも完全に取り囲まれている。

情報検索してみたら、大分から宮崎の北部にスギの病気が蔓延していることについて調査報告が出ている。松枯れほど人目につかない問題なので調査研究結果も目立たないまま、病気の本質についてもまだ解明されていないようである。九州大学の黒木逸郎,讃井孝義が報告した「宮崎県におけるスギの葉枯症状被害の分布と枯死葉上にみられる病害」(九州森林研究、2005年)
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/58/58pr006.PDF
一斉調査によると、葉枯れの被害は耳川と一ツ瀬川の中、上流域に広がっているそうである。

宮崎県だけでなく、九州全体についても調査されているが、面白いことに四万十帯の中に集中している。このことから、地質的な環境条件が背景にあるのかもしれない。
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/57/57pr009.PDF

最近の報告を追ってみて、病原体は特定されず、生理障害についても明確ではないようで、この問題に携っている研究者グループが苦労している様子が下の二つの報告から読み取れる。
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/54/54pr001.pdf
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/60/p142-143.PDF

スギの植林において、病害問題に関する対策は考えられているらしいが、下のような報告もあった。

スギ挿し木苗の赤枯病 (讃井孝義,水久保孝英、2002 Kyushu J. For. Res. No. 55)
樹病学はスギ赤枯病の研究そのものという感じの時代があった。しかし,薬剤散布等の防除技術が確立された現在では,報告を見ることは少なくなった。以前,筆者らは,宮崎県のスギ造林はすべて挿し木苗によっており,苗木の赤枯病はほとんど問題とならないことを報告した。
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/55/55pr005.pdf
自宅近くに最近植えられたスギの苗の多くが赤くなっているが、これであろうか。

現在の林業のあり方が環境的に健全でないこと、適材を適所に植林しているようには見えないことを見ていると、財政赤字を膨らませながら一向に持続的な林業が出来るような状態に出来ない理由が見えてくる。赤くなったスギの木も林業関係者と一緒に苦しんでいるのかもしれない。

<追記>
「サイエンス」にアメリカ西部の樹木の枯死問題のレポートがあります。
Science
23 January 2009: Vol. 323. no. 5913, pp. 521 - 524

Widespread Increase of Tree Mortality Rates in the Western United States
Phillip J. van Mantgem et al.

Persistent changes in tree mortality rates can alter forest structure,
composition, and ecosystem services such as carbon sequestration.
Our analyses of longitudinal data from unmanaged old forests in the
western United States showed that background (noncatastrophic)
mortality rates have increased rapidly in recent decades, with
doubling periods ranging from 17 to 29 years among regions.
Increases were also pervasive across elevations, tree sizes,
dominant genera, and past fire histories. Forest density and basal
area declined slightly, which suggests that increasing mortality was
not caused by endogenous increases in competition. Because
mortality increased in small trees, the overall increase in mortality
rates cannot be attributed solely to aging of large trees. Regional
warming and consequent increases in water deficits are likely
contributors to the increases in tree mortality rates.


今朝のニュース:2009/01/23 04:05 【共同通信】

樹木の枯死、30年で2倍に 温暖化の影響と米チーム

 米西部の天然林でモミなどの樹木が枯死する比率が、約30年前と比べて2倍になっているとの研究結果を、米地質調査所やワシントン大などの研究チームが、23日付の米科学誌サイエンスに発表した。地球温暖化と、それに伴う水不足が原因とみられるという。

 これまで熱帯地域の森林で同様の報告があったが、温暖地域では初の大規模な分析。研究チームは、他地域の森林でも同様の現象が起こっている可能性を示唆。「世界の多くの人々は温暖の森林の近くに住んでおり、何が起こっているかを調べることが重要だ」としている。


原文では「地域の温暖化」としていますがニュースでは「地球温暖化」としています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-21 18:05 | 評論

小倉ヶ浜北部

塩見川の河口のすぐ南側には駐車場がないのでこれまでゆっくり見ていませんでした。
松林の海側に高い柵が作られているので、それをチェックしました。
柵は砂丘の上部にあります。砂丘の植物は冬枯れですが、このあたりはほぼ自然の帯状分布で異なる草が成育しているようです。
e0094349_1962654.jpg
e0094349_1965131.jpg

柵の海側には内向きの看板がありました。ハマグリの密漁禁止のお知らせです。
e0094349_1974016.jpg

e0094349_19192250.jpg

若い松を守る囲いがありました。1960年代頃の松の植林ではこのような囲いが全面的に造られていた状況が古い空中写真から読み取れます。
二重の防護で台風の風からも松の苗が守られるでしょうが、小倉ヶ浜でここまでする必要があるのでしょうか。

妙なヤグラがありましたが、これは何のためでしょう。ヤグラ好きなKさんが造ったものか?
e0094349_19122017.jpg

浜には2台の車が入っていました。(伊勢が浜の階段に堆積して邪魔になったので持ってきたと聞いた)砂を積み上げた場所の端に車の進入路があります。この通路をフカフカにしておけば浜に出られないと思います。
e0094349_1916929.jpg
e0094349_19162215.jpg

この車は4駆ではないようですが、車輪が砂にめり込んでいないのが不思議でした。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-20 19:17 | 海岸

GIビーチ

18日昼前、北小倉ヶ浜、サーファーがGIビーチと呼んでいる海岸に出ました。
駐車場所にはサーファーの車がずらっと並んでいました。
e0094349_8101554.jpg

昼飯に戻るのでしょうか、皆さん海から次々と上がってきました。
塩見川の向こう側の海岸に仮設テントがありますが、ウナギシラスの季節になると現れるので、その漁に関係しているものでしょう。
e0094349_8124455.jpg

砂浜の汀線付近の砂が堆積してフカフカになっています。波打ち際を歩くと足がめり込みます。いつものカラスがいますが、近くによっても逃げないでいるものがいました。
e0094349_8142298.jpg

海岸植物は冬枯れ状態ですが、笹薮は元気に伸びているように見えます。
e0094349_8144527.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-01-19 08:16 | 海岸

アリソガイ

15日に小倉ヶ浜の南部で二枚そろいのアリソガイの殻の打ち上げを見つけました。
大きいバラバラの殻と小さい二枚そろいの死殻は割合普通に打ち上げられますが、
大き目のフレッシュ・デッドの打ち上げは珍しいことです。殻長94mmです。
e0094349_8542235.jpg

アリソガイとは、小倉ヶ浜だけでなく、日本各地の砂浜海岸で遭遇しています。
沖縄にはよく似たリュウキュウアリソガイが分布していて、佐敷干潟では時々生きている貝を見つけることが出来ました(沖縄本島では絶滅寸前でしょう)。

鎌倉海岸で山田海人さんが13.5cmのモンスターアリソガイを見つけています。
http://www.kamakuratoday.com/suki/kaito/181.html
殻の輪郭がハマグリに似ているために間違えられることもあります。しかし、手に取ってみれば、極めて薄い殻であること、ちょうつがいのかみ合わせが殻の内側にあることで、バカガイの仲間であることがわかります。
e0094349_9125645.jpg
e0094349_913586.jpg

小さいときはうす紫のきれいな色ですが、ある程度大きくなるとその色が消えて、単調な白っぽい殻となります。ハマグリなども同様に稚貝時代の殻色が成貝と違っています。また。大きい貝の殻には汚れた色の殻皮があり、ハマグリのように美麗ではありません。和名の由来は、越中「有磯濱」という産地にちなんだものだそうです。

アリソガイの若い貝の殻は極めて薄いものです。出雲大社の前の砂浜で、干潮時に潮間帯の砂の上に水管穴を見つけたので、手を砂の中に突っ込んでそれと知らずに本体をつかんだら、クシャッと殻が割れました。荒波が寄せる外海の砂浜に生息しているくせに、なんて弱い殻なのだと驚きました。浅瀬ではなくて、波の影響が弱い深めのところに生息場所の中心があるのでしょう。干潟にもいるようですが、内湾であっても、主な生息環境は波浪があって細砂が堆積する環境に限られると思われます。もともと外海に面した砂浜海岸が生息場所の中心ではないでしょうか。

WWFJのScience Report Vol. 3 (1996) 「日本における干潟海岸とそこに生息する底生生物の現状」(和田恵次ほか)の68頁にアリソガイを「絶滅寸前」として、「宮崎県日南海岸はかつては多産地だったが、現在では非常に稀である」という記述がありました。

「非常に稀」とされると違和感を感じます。青島海岸から小倉ヶ浜までの日向灘沿岸の砂浜には(多産ではないが)普通に分布しているように思われます。

海産貝類はレッドデータの対象として吟味される地域が少なく、現時点で千葉と愛知の2県でアリソガイは「絶滅危惧Ⅰ類」と認定されています。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=110505030131551

宮崎県の改訂RDでは:
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000097439.xls
ハマグリ、シオヤガイ、スダレハマグリなどが追加されていますが、アリソガイはありそうでないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-18 10:06 | その他の貝類

講演会

昨日は日向市のお役人さんたちと議員さんも加わった聴衆を相手に講演してきました。
その要旨をここに出しておきます。

小倉ヶ浜の未来を見つめる - 砂浜海岸における自然景観と環境保全のありかた

山口正士
(ルミナス・ヒムカ水生生物研究所)

講演要旨

 宮崎県の海岸線延長は406kmで全国の1.15%を占め都道府県別で29位である。県の土地面積は14位(全国の1.7%)であるが、島が少なく、日向灘沿岸の大部分が直線的な砂浜であることを反映させている(宮崎県の海岸線延長において砂浜は約1割)。環境庁・自然環境保全基礎調査(第五回)、海辺調査、1998年)によると、海岸線で自然海岸の占める率は約6割(全国8位)であった。

 砂浜海岸においては全国的に侵食問題が広がっている。宮崎県では日向市の美々津海岸と宮崎市の赤江浜、一ツ葉海岸、住吉海岸などで侵食対策事業として護岸や突堤、離岸堤、人工リーフなどのコンクリート構造物が大規模に建設されている。いわゆる(人工)ヘッドランド建設の計画も進行中である。これらの構造物は自然景観を損ねるだけでなく、沿岸生態系を撹乱し、沿岸水産資源(特にチョウセンハマグリなど)の幼稚仔の成育環境を破壊している。チョウセンハマグリの漁獲は半世紀前には日向灘の全域の砂浜海岸(北浦から串間まで)に分布していたが、現在は小倉ヶ浜と金ヶ浜に局限されている。

 砂浜の侵食問題は海面上昇の時代を迎えて世界的に深刻化している。先進国では、砂浜に建設された海岸構造物による侵食対策は景観を損ねるだけでなく、連鎖的に侵食が広がる結果を招くという過去の経験から学んで、養浜を中心にした自然の営力に逆らわない方式が多くの場合に採用されている。ところが日本では、全国一律に莫大な金額の予算を投入し、砂浜海岸の景観と生態系の撹乱・破壊を中央政府が主導して続けている。小倉ヶ浜がそのような流れの中に組み込まれることを避けるためには、海面上昇を想定した上で、今後の侵食の可能性を考慮しておかねばならない。

 海面上昇は汀線の陸側への移動をもたらすので、後浜部分を十分に広くするか、砂丘で嵐の波浪による一時的な侵食を受け流すような状態を維持することが望ましい。もし、前浜の位置を固定するように強固な防災構造物を建設すると、多くの場合、常に波が護岸に当たる「岩礁海岸化」を招く結果になる。

 砂浜の維持を優先させる場合には、セットバックによって、砂浜をそのまま内陸に移動させるべきである。小倉ヶ浜の場合は飛砂・潮害防災の観点から十分に幅が広い海岸保安林があるので、その海側に拡大植林された部分を伐採し、本来の砂丘として海浜植物が覆う環境に戻すべきである。これは、「ビーチ・サイクル」と呼ばれている砂の移動・循環を維持し、嵐の波浪の破壊的なエネルギーを吸収する広い前浜を保全するために必要である。この「緩衝帯」の保全によって内陸側は侵食から守られるだろう。

 日本では、1960年代から全国一律に、海岸保安林の拡大植林とそれに付随した堤防と護岸の建設が進められた。その基本モデルは冬の季節風による飛砂が激しい日本海沿岸域で内陸側の農地や民家を守ることであった。宮崎県では強風による陸への飛砂は少なく、また海岸林は照葉樹林に遷移するので、これまでのようにクロマツを主体にした保安林を維持する必然性は考えられない。松林は菌類と共生関係にあり、本来は貧栄養環境で成育するため、枯葉の除去などの手入れがなされないと健康状態が悪化して松枯れの影響を受けやすくなる。松枯れ対策としての薬剤散布は重大な環境汚染を招き、林床の生態系だけでなく、沿岸の水産生物に悪影響を及ぼす。

 日向市の小倉ヶ浜は、台風時を除けば穏やかな気象条件のもとで、緩やかな傾斜で広大な前浜(潮間帯)において、サーフィンが快適に楽しめる波浪条件に恵まれている。この環境は基本的に保護動物のアカウミガメの産卵上陸、そして野鳥のコアジサシの営巣に好適である。しかし、後浜部分における人為的な改変、特に海岸保安林の拡大植林とその前面の護岸と堤防が繁殖空間を奪っている。

 アカウミガメとコアジサシの保護については、ボランティア活動が行われているが、保護対象の行動・生態・生理などに関しての配慮が不足している。特にアカウミガメの卵の掘り出し移設は望ましくない。産卵・孵化時期の環境保全について、営巣場所の立ち入りの制限などの具体的な管理施策が必要である。海浜植物や海岸昆虫などは、砂浜の厳しい物理環境に適応して分化しているが、海岸環境の改変によって生存が危ぶまれている希少種が多い。

 海岸保安林行政を地域の特性に沿って調和させること、すなわち松の海岸林維持・拡大の結果で砂浜生態系を破壊しないように、さらに将来的に砂浜侵食に耐えるような自然の海浜生態系を取り戻すことは、同時に、他に類の見られないすばらしい自然を復活させることになるだろう。中央省庁がバラバラに仕切る縦割り行政の弊害を打破し、地域の意思を反映させた、理に適った地域行政を望みたい。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-17 12:06 | 日記