「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


ムシボタル

潮が引いた砂の上でモゾモゾ動いている小さな巻貝を発見し、ムシボタルらしいので、採集して飼育を開始しました。ムシボタルの分類は極めつけで激しく混乱していると考えています。どこかの首相のように「全知全能を傾けて」調べてみたいのですが、私は首相と違って「神様」ではないので無理のようです。

沖縄で見たムシボタルは厄介千万で、ちょっと見た見かけは同じでありながら、胎殻を見たら大きさ・発達の具合が異なり、同じ集団の中に浮遊幼生を出すのと直接発生するらしいのとが混ざっていました。房総半島産のものは明らかに数種類が混在していたと思います。全国の砂浜海岸からサンプルを集めていますが、これだけは分類に手を出したくない貝です。もしもこの問題にはまったら一生を棒に振るかもしれません。

採取してからシャーレに入れた状態で集合写真を撮りました。
e0094349_8315811.jpg

いろいろな模様の個体変異が見られますが、いくつかのパターンに識別できるようです。
ナミノコガイやチョウセンハマグリの稚貝と同様に、砂の中で生活する貝類がなぜこのような多彩な模様と色の個体変異を見せるのでしょうか。この問題ならば、進化を理解する糸口の一つであると思われますので、一生を棒に振る価値がありそうです。
個体別に実態顕微鏡写真を撮影したので、異なるパターンとグラデーションを寄せ集めておきました。
e0094349_8354730.jpg

とりあえず、飼育しておいて、生きている貝を襲って食べるかどうか、そしてもし交尾して産卵するようだったら卵発生を見ましょう。

欲を言えば、個体別に配偶実験をやって色彩の遺伝様式を明らかにするのもやってみよう。キュウシュウナミノコでやっていた途中で棚上げの色彩模様の遺伝・交配実験は、今年から再びトライする計画です。山の中で海の貝を飼育するので、デカイ種類は海水の供給がネックですが、小さい貝は飼育が簡単です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-27 08:40 | その他の貝類

カラスとハマグリ

今日は塩見川の南側に出てみました。昨日の場所とは川を挟んだ対岸になります。
ムシボタルは全く見えないし、ハマグリもフジノハナガイもヒメスナホリムシもアミ類もスナガニも極めて少なくて、驚きました。河川水が南側に向けて海岸を洗っているようですが、水質に問題がありそうです。それが当たっていれば、塩見川の水質を改善することで、河口付近にチョウセンハマグリの稚貝が増えるはずです。

松林から海岸に出る場所に、かなり腐食している不思議な手すりがあります。これは何のためだろう、と考えたのですが、どうやら垂直護岸が建設された当初に、浜に降りて行く階段があったのではないでしょうか。
e0094349_1853235.jpg

この場所から正面の沖にトドロバエの岩礁が見えますが、潮が引いた浜の汀線のところにも岩礁があります。そこで、カキを岩からはがして採取している人を見かけました。掻きとって、牡蠣をとっています。
e0094349_187817.jpg

その近くでカラスが2羽、潮干狩りしていました。そのうち一羽がハマグリをゲットして嘴に咥えて飛び立ちました。その行った先は塩見川の向こう側で、いつもハマグリの殻が散らかっている岩場でした。飛び立ったすぐを狙って流し撮りした結果を見ると、嘴に貝が挟まれている様子が写っていました。
e0094349_18112742.jpg
e0094349_18113684.jpg

ミュー6000タフはエライ奴です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-25 18:12 | 海岸

カラスがヒトデを食べた!

新しいデジカメ、オリンパスのミュー6000タフが来たので、その野外テストのため、昨日の干潮を狙って小倉ヶ浜に出かけました。カラスたちが盛んに潮干狩りをやっていたので、現場チェックしながら被害者たちの様子を撮影しました。

現場の様子ですが、カモメ達が汀線付近でくつろいでいました。連中は何をしているのか、わかりません。サギやシギなどと違ってボケーとしています。世間話でもしているのでしょう。
e0094349_9575061.jpg


昼間の干潮の引き方が大きくなり始めています。塩見川の河口付近では、大潮の干潮には広大な干潟状に砂浜が干上がります。日本の太平洋岸では、日に2回の干満があり、大潮と小潮が約2週間周期で繰り返されます。このサイクルは月齢で決まっていますが、2回の干潮の潮が引く程度は異なっていて、春から秋にかけては昼間がよく引き、冬の間は夜間によく引きます。満潮線の位置は干潮の汀線位置のような大きな変化はありません。つまり、春になると大潮の昼間の干潮でよく潮が引くので、潮干狩りシーズンとなります。
e0094349_1003939.jpg


傾斜がゆるい砂浜の汀線の位置は潮の干満の潮位差(大潮で約2m)によって、大きく変わります。小倉ヶ浜では、満潮線から陸側の(通常の波浪が届かない)乾いた砂が100m前後の幅を持っています。汀線が大潮の干潮時にさらに100m近く海側になるため、実に広々とした砂浜となります。小倉ヶ浜で砂浜侵食が起こっていると思い込んでいる人々が多いようですが、砂浜の広さが異なる時に見た変化の記憶と世間で騒いでいる侵食問題とがリンクしてしまうのでしょう。マスゴミの決め付けと刷り込み効果は絶大です。

空中写真で過去半世紀の小倉ヶ浜の汀線変化を見て比べると、ほとんど変化がありません。ただし、2000年以後の写真がないので、平岩漁港の防波堤の影響が読み取れません。2000年の時点で、平岩漁港付近では砂浜の汀線が海側に拡大しています。(つまり堆砂が進んでいるので、その分が北側で削り取られている可能性が考えられます)。砂の量が有限であり、新たな供給が乏しい環境のように思われるので、平岩港の航路浚渫で出た砂の取り扱いには注意が必要です(取り除いた分が侵食を誘発するかもしれません)。

今のところ、塩見川の河口近くから赤岩川河口までの間で、護岸に対して砂が堆積し続けていて、特に北側では古い垂直護岸がほぼ砂の下に埋没しています。つまり、砂丘は成長を続けているわけです。特別大きな波浪が来るまでは、このあたりが(一時的)侵食を受けることはないでしょう。より南側では砂浜が拡大中です。

さて、塩見川河口の北側でカラスたちがホジホジした跡を見て回ったら、びっくらこいた発見でした。なんと、ヒラタモミジが掘り出されて、中身が食われてしまっていました。
e0094349_9591287.jpg
e0094349_9592615.jpg
e0094349_9593886.jpg

ヒトデの形に砂が掘り出されていて、その星型の砂が転がっていました。念のために突いて見ましたが、砂だけでした。ヒトデの本体は体壁が破られて内臓が消えていました。カラスは悪食です。

カラスが掘り出していた相手は、チョウセンハマグリの稚貝、フジノハナガイ、そしてヤドカリが入っていた貝殻(ウミニナの類)でした。
e0094349_1041653.jpg
e0094349_1042885.jpg

このほかに、砂の表面に何かの這い回った跡があったので、それをチェックしたら、ムシボタルが出てきました。
e0094349_10553.jpg

e0094349_1061767.jpg
e0094349_1062569.jpg

カラスはこれを相手にしていないようでした。何しろ小さい巻貝です。フジノハナガイ同様に、掘り出してそのままにしたらしい様子も見られました。

ムシボタルは基本的に掃除屋だろうと思っていますが、ごく小さい生きている貝を襲って食べることも考えられます。そこで、飼育観察をするため、30個体ほど採集して持って帰りました。詳しいことは項を改めて続けます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-25 10:27 | 海岸

ツメタガイはチョウセンハマグリの左右の殻を選ぶか

チョウセンハマグリ稚貝の捕食痕についての続きです。

ホソヤツメタ以外のタマガイ科の巻貝が捕食者となっている場合もあるでしょうが、ここでは一緒くたにしておきます。ツメタに開けられた(と考えられる)「孔」のあるチョウセンハマグリだけについて比較して見ます。

先に進む前に、左右両方の殻に一つずつ開けている、という不思議なことが(今のところ)小倉ヶ浜だけで約1%見られました。それとは別に、左右の一方の殻に貫通した孔が2つ見られた貝殻が2つありました。なぜ二つ目を開けてしまったのか、という点が不可解ですが、空想すると、一つ目の孔を開け終わってから殻が開かなかったのではないか、ということが思い浮かびます。そもそも、このツメタの孔とは、餌の閉殻筋を弛緩させる毒液を注入する「しかけ」かもしれない、という想定です。貝の中身がすでに死んでいた場合には殻が開かない(茹でても開きません)ので、努力を重ねるのではないか(そしてムダに終わる)ということです。中身が死んだ二枚貝は、殻を閉じる筋肉が腐れれば蝶番の力で自動的に開きます。つまり、死に立ての貝でなければこのような変なことは起こらないでしょう。だから、出現率が低い。また、小倉ヶ浜の場合、生きたまま打ち上げられて浜の乾燥した場所に長時間取り残されて死んでいるチョウセンハマグリの稚貝がかなり多数見られます。満潮で再び潮をかぶっても復活できないモノがいるのかもしれません。

二つ孔の貝の画像の例を出しておきますが、ほぼ左右対称のもあればズレているのもありました。殻を閉じて斜めから見ると楕円形ですが、正面から見たら正円に近い輪郭です。
e0094349_96693.jpg

さて本題の左右のどちらかに孔が偏って開けられているかどうかの問題です。
結果は下のグラフを見てください。
e0094349_975722.jpg

千里浜ではだいたい同じようですが、他はどこでも、どちらかといえば左殻を開けるのが好きなようです。
カイ二乗検定というのをやれば、有意に異なるかどうか議論できるのですが、きっちり同数になることを前提にした検定をやることについて、本質的に疑問を感じているので、あえてやりません。(複数のサブサンプルを用いる必用もあります。)

チョウセンハマグリの稚貝の殻について、形態が左右で明瞭に異なっているとは思えません。多分、ツメタガイが餌を押さえ込む姿勢、そして、砂の中に潜んでいる姿勢が絡んで、殻の左右上下の位置関係が偏るのかも知れません。しかし、一方に極端に偏っているわけでもないので、これ以上追求する意義を感じません。

さて、ツメタガイの仲間は二枚貝類を専門的に襲って、孔を開けて食べるようですが、チョウセンハマグリの稚貝と同じ環境に暮している他の二枚貝類はどうなっているのでしょう。小倉ヶ浜の場合は、おそらくヒメバカガイ、フジノハナガイ、ワスレガイが主な同居者であり、他にマルサルボウの稚貝、ナミノコガイなどもいるようです。これらの死殻についても調べていますが、ヒメバカガイは二枚そろいが少なく、ワスレガイの稚貝のみ、まとまった数のサンプルがとれています。孔あき率はまだ出していませんが、犯人が同じだろうということ、そして犯人のツメタの大きさと餌の大きさがある程度相関関係にありそうだ、という点がチョウセンハマグリの稚貝と同様に思われます。

ワスレガイに開けられた孔の写真を下に示します。
e0094349_9244772.jpg

おまけはフジノハナガイですが、この貝は沢山いるくせに打ち上げが少なく、しかも孔の開けられた率が大変低いので不思議に思っています。
e0094349_926329.jpg

ホソヤツメタがチョウセンハマグリの稚貝集団と一緒に混ざっている他の二枚貝類、特にヒメバカガイとワスレガイを盛んに捕食していることは孔の開いた打ち上げ貝殻の様子でわかります。これらの同居者たちは、(高密度であれば)餌の取り合いの競争相手となっているかもしれませんが、ツメタガイ類やヒトデ類などの餌食となる場合にターゲットの分散効果があるかも知れません。資源の維持管理の観点から、チョウセンハマグリ稚貝の生存率が捕食者の影響をどの程度受けているか、それが他の二枚貝を含めた群集の中でどのようになっているのか、調べておくべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-24 09:32 | Meretrix ハマグリ

チョウセンハマグリの稚貝の敵

小倉ヶ浜の汀線付近に打ち上げられていたチョウセンハマグリの稚貝で殻が二枚とも揃っていて砕かれていないもの、そして殻長1から5センチに絞って、捕食された孔の様子を調べてみた。昨年12月以来、繰り返し採取して集めた約700個中に孔がダブっている割合を見るためであったが、ついでに左右の殻で偏りがあるかどうかも調べた。その検死作業の過程でツメタガイ類とそれ以外の捕食者の影響の相対的な重要性も見ることにした。

このデータは、満1才から3才くらいまでのチョウセンハマグリの稚貝が潮間帯の下部からサンドバーとの間の生活環境でどのような敵から攻撃を受けているかを推察する一助になるだろう。

この大きさの範囲の稚貝では、エイやフグなどに噛み砕かれたと思われる破片はあまり見かけない。また、1センチ未満の貝殻は目視で見つけることが極めて難しく、砂から篩って取り出すような別途の調査法が求められるので、ここでは考慮しない。もちろん、より小さい稚貝の捕食者とその影響を調べることは重要な課題であり、いずれそれにも取り組みたい。

小倉ヶ浜以外の海岸でも打ち上げられた死殻を機会があるごとに拾い集めている。頂紋や色彩型の出現頻度が地域集団間でどのようになっているのかを知るためであるが、捕食者の地理的な差異を推察することにもサンプルが利用できる。今回は十分な数が集まっている、千葉県の片貝海岸(協力者である千葉県在住のKYさん採集)、石川県の千里浜、高知県の大岐の浜、鹿児島県の脇本海岸、そして小倉ヶ浜を比較した。

大岐の浜では2005年以来繰り返して4回採集しているが、いつも貝の大きさが揃っていない。その他の場所のサンプルは一度に集めた、ほぼ同じ年生まれの(水産学でcohortと呼ばれる)同一年級群である。成長の個体差があるが、貝の大きさには正規分布に近い頻度分布が見られる。片貝海岸の場合は下のグラフのようになる。
e0094349_20102441.jpg

殻が揃っている死殻は死後の経過時間がそれほど長くないし、まとまって採取できる場合は海で稚貝が大量に成育していて、それが盛んに捕食者の攻撃を受けている状況を示しているだろう。この状況は、稚貝の移植放流事業を計画する場合の参考になるはずである。餌になる貝も捕食者もどちらも自然変動しているから、ここで示されたデータの再現性は弱いが、時期を変えて繰り返してデータを蓄積すれば地域的、時期的な捕食の受けやすさを推量できるかもしれない。

砂浜海岸では、ツメタガイに良く似たホソヤツメタが開けたと思われる孔が特定できそうである。孔の開けられる位置が殻頂付近に集中すること、そして孔が外から内側に向けて直径が小さくなる、つまり円錐状の孔がそれである。下の写真では外側と内側から見た典型的なツメタガイ孔を示す。孔の大きさは、時には小さいものもあるが数ミリ以上である。(ツメタガイの大きさと開けられた孔の大きさは比例関係になっているだろう:実験室飼育観察でその関係式を出しておけば、捕食者の大きさの情報も得られるはずである)。
e0094349_20205464.jpg

検死作業の過程で小倉ヶ浜に限られた面白い孔が見られた。これは下の写真のように1ミリ未満の直径で、ほぼ円筒形で、きれいな孔、髪の毛がやっと通るようなピンホールである。
e0094349_20233553.jpg

このような孔を開けることができる犯人として、とりあえず小型のタコを考えたい。沖縄にはタカラガイなどにこのような極めて小さいピンホールを開けて捕食するタコがいるし、黒潮流域で伊豆・房総半島あたりまでにも同じことをやってしまうタコが生息しているらしい。小倉ヶ浜以外のサンプルでも出てこないかとじっくり探してみたが、他所からは全く出てこなかった。

小倉ヶ浜の岸近くには砂底から岩礁があちこちに出ているので、そのような場所にタコが潜んでいて、砂の上に出てくるのではないか、と想像を逞しくしている。ピンホールのあった貝殻は8個で、ツメタガイの孔がダブルであった7個と似たようなほぼ1%の出現率であった(サンプル全体で778個)。

おまけであるが、二枚の殻がかみ合う腹縁に小さな刻み込みを穿って捕食したらしい痕が、どこの場所でも少し見られた。これはアクキガイの仲間の巻貝の得意技と思われる。

以上のようなツメタガイ類の孔、ピンホール、腹縁の刻み孔、全く孔なし(ただし途中まで開けて中止されたものがわずかな数あった)の4つのカテゴリーにまとめて地域ごとに出現率を比べたグラフが下のようになった。
e0094349_2036332.jpg

ツメタガイ類が汀線近くの数センチの稚貝の重要な捕食者であることは明らかであるが、約75%以上の片貝、脇本、小倉ヶ浜に対し、大岐の浜と千里浜は約50%であった。

孔を開けずに捕食するものは主にヒトデ類(スナヒトデとモミジガイ、ヒラタモミジなど)であろうが、ヒトデ類の捕食については小倉ヶ浜で調査報告が出ている。巻貝類で二枚貝に孔を開けずに捕食する可能性が考えられるものがある(テングニシなど名前にニシが付く巻貝類が怪しい)ので、それを調べて確認するべきであろう。鹿島灘ではホタルガイが捕食者として報告されているが、小倉ヶ浜にこれが生息しているだろうか。

過去の小倉ヶ浜では、鹿島灘産のチョウセンハマグリ稚貝を長距離輸送して、弱っているものを本来の生息場所とずれた位置に放流していたようである。捕食者たちが、待ってましたと襲い掛かった様子が想像できる。放流された稚貝の運命について追跡調査は行われたのだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-23 20:48 | Meretrix ハマグリ

サザレイシ

本ブログのリンク先の一つである「原体験コラム」の中に「自然の形と知恵シリーズ」というエッセイ集があります。(http://www.proto-ex.com/gentaiken/gentaikentop.htm)
その70番エントリーとして「サザレイシ」の項目が眼につきました。その中で<「さざれ」のもともとの意味は「わずかな、ちいさい、こまかい」の意です。>と書かれていたので、やっぱりそうであった、と腑に落ちました。

小倉ヶ浜の北の端から隣の伊勢が浜にかけて、通称「さざれ石」の岩塊が多く見られます。小さな石ころではありません。日向のお伊勢さまと呼ばれる大御神社には大きな「さざれ石」の神座があります。(http://www.oomijinja.jp/)そして、この石にちなんだクッキーのような菓子が作られて販売されています。いただいて食べてみましたが、食感はジャリジャリしませんでした。

表面がツブツブ・ザラザラとしており、まるで生コンクリートを捨てて固まったかのような石(岩)です。>と神社の宮司さんが表現しているとおり、砂礫が集合して固まった、地質学的な名称では礫岩であり、極めて大きなものまであります。堆積物として貝殻などの石灰質が含まれていたものが水に溶け出し、それが再び一緒に固まって岩となるのでしょう。セメントを使ってコンクリートを造る時に、砂や礫の割合を間違えると、崩れやすい脆いものができますが、日向の天然の礫岩を見ると、まさに「できそこね」のコンクリート状です。つまり、かなり簡単に割れて崩壊するように思われます。神様が座る足場としては多少不安感があります。

礫岩が、地下深くで高い圧力を受けて生成した場合にはしっかりと固まって、壊れにくい岩となるでしょう。日向のさざれ石はあまりしっかりできていないようなので、堆積層としては浅い場所で生まれたものでしょうか。もともとこのような砂礫が堆積する環境は、河川が山間部から平地に出るようなところでしょう。その中に石灰質成分が礫岩形成に十分なほど含まれるようになるのは、おそらく珍しいことだろうと思われます。陸上で石灰質の地層を流れる河川は、多くの場合、石灰分を溶かしてしまうので、川底の砂礫中に石灰が残るようなアルカリ性の環境は珍しいかもしれません。

ところが、海では事情が異なります。海水は弱アルカリ性であって、その中に溶けている各種のイオンがその平衡状態を保ちます。表層の海水は普通はカルシウムイオンが過飽和となっていますので、貝殻やサンゴの骨などは水中のカルシウムから簡単につくられてしまいます。また、カルシウムイオンは温度が高いほど水中での溶解度が低下するという「へそまがり」(多くはその逆)ですから、温度が高い熱帯の海でサンゴ類が繁栄する理由の一つとなっています。

サンゴ礁の海岸で、場所によりますが、砂浜の潮間帯に板状の岩盤が見られます。沖縄や奄美の海岸ではこの「ビーチロック」が普通に見られます。自分が持っているビーチロックの写真画像はデジタル化していないので、ここではオンラインで見られる解説記事を紹介しておきましょう。
(http://www2.117.ne.jp/~tnk1998/b.r.html)
このサイトで次のように説明されています。<ビーチロックは比較的新しい時代の完新世の海面変化を示す良好な指標となりうる。

完新世、つまり過去2万年間の、さらに最近の海面安定期(過去5000年間)に現在の安定海水面に対応して形成されていますので、ビーチロックができる速度は(地質的に)極めて速いわけです。確かかどうかわかりませんが、ビーチロックを割って調べたら中からコーラ瓶が出てきたという噂を聞いたことがあります。それが真実であれば、人間の世代の長さで岩ができてしまうわけです。

ビーチロックができた後で地盤が上下に変動した場合、陸上に押し上げられたり水面下に沈んだりするので、それが水面変動の指標となります。しかし、海水に浸からない、陸上に乾出したビーチロックは沖縄の海岸で見た記憶がありません。水面下に沈んだビーチロックとしては、本島北部の大宜味村にある塩屋湾の外側にあるようです。下はGOOGLE EARTHの2007年に撮影された空中写真からその場所をクリップしたものです。
e0094349_10534157.jpg

湾の外側に島があって、島の南西側の海中にそれらしき構造が見えます。その南側の沖に離岸堤群があります。ここでは岩礁の映像が端で二又になっているように見えるので昔から不思議に思っていますが、水中の様子を見るために潜ったことはありません。

話を元のさざれ石に戻しましょう。日向市の海岸で見られるさざれ石が生まれた環境と時代背景などを明らかにすることは面白い研究テーマになりそうですが、科学的な検討対象にされてこなかったようです。神様の時代からあったものかどうか、その筋の専門家を招いて詳しく調べてみるべきでしょう。

いつもワンコを走らせている小倉ヶ浜の北端のビーチには、さざれ石の根無しの大きな塊が、別の岩盤の上に転がった(多分元の姿勢から反転した)形で鎮座しています。その姿は津波か台風の大波で海側にあった岩が打ち上げられたようにも見えます。(以前のブログで「津波石?」として紹介:http://beachmollu.exblog.jp/6966140)
この想像が当たっているかどうかを検証することも面白いでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-22 10:08 | 日記

砂浜侵食問題は裏返せば堆砂問題

大洗海岸のヘッドランドが砂の中に埋もれていた姿を写真画像で見たことがきっかけで、鹿島灘ハマグリの衰亡問題を調べ、それが砂浜侵食によって稚貝の発生場所が消えたことと結びついている事実を再認識した。これに関連し、砂浜海岸において、人工構造物の建設によって(短期間に急激に)進む砂浜侵食と堆砂現象とが表裏一体であることが(一般に認識されていない)重要な視点となることを述べてみたい。

鹿島灘の場合は鹿島港の建設も重要な要素であろうが、大洗港の「防砂堤」という港に砂が来ないようにとした堤防の建設が問題の引き金を引いていたように思われる。その防砂堤と、さらに沖の防波堤の建設と延長の繰り返しに応じて、これらの堤防群がもたらした波浪の陰の場所に砂がドンドン堆積し、航路では堆砂を浚渫して、その捨て場として(自然の養浜、つまり堆砂が急速に進んでいたところに)養浜までやっていたらしい。

前のブログでも論じているが、改めて関係する画像を示し、堆砂の時代変化を見よう。1974年と1980年のカラー空中写真はオンラインで公開されている国土地理院の画像(http://w3land.mlit.go.jp/cgi-bin/WebGIS2/WF_AirTop.cgi?DT=n&IT=p)であり、汀線変化の画像はGOOGLE EARTHの2006年の画像の上に、それぞれの年度に撮影された国土地理院と海上保安庁の写真(http://www4.kaiho.mlit.go.jp:8082/Air_code/INDEX/s_index00.htm)の写真画像から読み取った汀線位置を書き加えたものである。
1974年
e0094349_7415791.jpg

1980年
e0094349_7422391.jpg

そして汀線変化:年10m弱の速度で汀線が沖に向かって広がり続けた。
e0094349_7323342.jpg

2006年の全体像:
e0094349_7503796.jpg

以上のように、防砂堤で仕切られた南側で砂浜海岸が拡大を続け、そして沖の防波堤の岸側では堆砂が進んだのであろう。

数十年という短期間では、この海域のlittoral cell内で起こっている砂の供給と消失の全体としての変化は小さかっただろうから、堆砂した分量の砂が防砂堤のはるか南側の海岸から消えたはずであって、それが鹿島灘北部の深刻な砂浜浸食を引き起こし、ヘッドランド事業の拡大を促し続けたと思われる。

ヘッドランドがずらっと並んでいる姿をGOOGLE EARTHの画像で見ていると、茨城県水産試験場の過去のレポートで示された「チョウセンハマグリの高密度の稚貝集団が現れていた、傾斜がゆるい、遠浅の砂浜」が失われてしまっていることが読み取れる。

レクリエーションビーチとなって整備されてる大洗海岸は、堆砂が進んで遠浅であり、稚貝が小規模ながら発生するようであるが、もっと南にあった本来の「種苗の発生場所」は失われている。関係情報は下の報告に詳しい。

稚貝の分布生態と砂浜環境が密接に関係していることから、砂浜汀線の人工改変はチョウセンハマグリ集団の再生産と維持に強く影響する。汀線で成育する稚貝時代の生態がようやく理解された時期になってから成育環境が改変を受けて「海のゆりかご」が消えてしまったのである。

根本 孝、 飯塚 新一、 松浦 健郎、 所 高利 (2006) 鹿島灘沿岸域のチョウセンハマグリ分布に及ぼす海岸変形と底質変化の影響  日本水産工学会 学術講演会 講演論文集 Vol.18、7-10.

根本 孝、二平 章、安藤 隆二 (2004) 鹿島灘砂浜域におけるチョウセンハマグリ稚貝の汀線分布と砂浜環境変化  日本水産工学会学術講演会講演論文集 Vol.16、69-72.

小曽戸 誠・山口安男・鈴木正伸 (2000) 汀線域に放流した鹿島灘はまぐり稚貝の生残 茨城県水産試験場研究報告 38, 1-8.

二平 章(1998)鹿島灘ハマグリ稚貝の発生量変動 茨城県水産試験場研究報告 36, 15-21.


(旧)運輸省港湾局防災課が編集して発行した「日本の海岸」という1970年に刊行された書籍を古書店から入手した。これはその年度からはじまった「海岸事業5ヵ年計画」の発足を機に、防災課が企画して当時の海岸の状況、特に保全施設に関する資料を取りまとめたものである。この中には海浜利用状況資料として、全国各地の代表的な海水浴場が写真入りで示されている。(宮崎県では青島海水浴場が南宮崎海岸という名称で地図で位置が示され、汀線長1500m、年間利用者数43万人という情報だけである)。

日本の海岸、第12節(106-110頁)には「茨城県の海岸事情」のなかに「大洗港 大貫海岸」の項がある。
大洗港の大貫地区において特に侵食の傾向が強く、大貫地区海浜1300メートルに昭和40年度より侵食対策にて突堤13基を新設し、更に43年から護岸の根固めを実施する計画を進め漸次効果をあげている」と記されている。その突堤群の写真をスキャンしたものを下に示す。
e0094349_8561263.jpg

1974年の国土地理院の空中写真でこれらの突堤を確認しようと探したが、明瞭に見えたのは3本だけで、2本が埋没していたようである。残る8本は全くわからない。そして1980年の写真では、これらの突堤が消えたらしい場所の沖で、新たに離岸堤群が建設されていた。これが「漸次効果をあげた?」結果であろうか。次に1986年の写真で見ると、この元突堤群の位置はほぼ完全に堆砂に埋もれて見えなくなっている。離岸堤も砂に埋没したらしい。大洗港の防砂堤に近い位置では、侵食対策のため建設された構造物が堆砂によって次々に埋められたのであろう。そのとどめが埋没ヘッドランドである。

鹿島港に押し寄せる波浪のデータが、この書籍に示されていた。1日2回の観測で1962-1968年のデータとして波向別波高出現回数がグラフに示されていたので、これもスキャンした。
e0094349_9293450.jpg

北東ないし東北東を中心として、海岸線にほぼ直角に当たるような向きで波浪が寄せていることになる。

昔のデータであるが、現在でも大きな差異はないとすると、鹿島灘の海岸に寄せる定常的、平均的な波浪は海岸線に対してやや北よりであるが、ほぼ真正面から、直角に近いあたり方であろう。過去の多くの空中写真の波浪の映像もこれを示している。大洗港の南側海岸でも似たような傾向があるとすれば、このような波浪が砂浜海岸に当たる場合、沿岸漂砂はトータルでやや南向きになるはずであって、北向きに強く流動するとは考え難い。現実では、結果として、大洗港の防砂堤の南側で、堤防建設以来、堆砂が急速に進んでいる。これは何を意味しているのだろうか。

砂浜海岸において汀線から沖に突堤や防波堤が建設された場合、その先端部周辺に波浪のエネルギーが集中し、付け根の周囲が陰になって堆砂が進むようである。これは必ずしも定常的に流れている平常時の漂砂によらず、突発的な暴浪による強い撹乱時に大量に流動した砂が、陰の部分に流し込まれて置き去りにされる現象によっているのではないだろうか。結果として、海岸線の「自己組織化」現象が起こっていて、エネルギー的に安定した地形ができるようになっているのだろう。空中写真で全体的な地形と構造物に対応した汀線変化を見ると、そのように読み取れる。

人間側の都合に合わせようとして防波堤や突堤、離岸堤などを造っても、相手は桁違いのエネルギーを使って絶え間なく働いている「自然の営力」である。人工構造物がらみの砂浜侵食には堆砂現象を同時に含んでいるので、海岸のエネルギーの場を一体的に考えないで、視野の限られた対症療法的な工学的対処精神で、総合的・効果的な侵食対策ができるとは思われない。大洗海岸だけでなく、各地の砂浜海岸で見られる過去の実績がそれを明らかに証明している。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-21 07:40 | 海岸

浜大根の花

ここのブログではカテゴリーを一つ選ぶことになっているので、海岸植物をドウスベキカ、悩ましいところです。
植物の中あるいは海岸のサブカテゴリーが設定できたらよかったと思います。カテゴリーを多数並列で示すと、自分でもわけがわからなくなり、今朝はカエルを「両生・爬虫類」のことを忘れて「その他の動物」に入れていました。

前置きはともかく、強風の中、小倉ヶ浜に出かけてみたら、北西風が波頭を沖に向け吹き飛ばしていました。中央部ではサーファーもなし、誰もいないのでミッキーを自由に走らせて、発散させておきました。

帰り道でふと見かけたのですが、一株だけハマダイコンの花が咲き始めていました。里では菜の花がすでに盛んに咲いているのですが、より暖かいはずの浜ではまだ春景色になっていません。
e0094349_18503060.jpg

ついでに、自宅のムラサキハナナはやっと芽生えたばかりです。これが咲くのはまだかなり先でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-20 18:50 | 植物

アカガエル

冬の間に2種類のアカガエルが産卵集合しています。今朝は実験室の入り口ドアの前で励んでいたカップルがいました。さて、これはヤマアカガエルかニホンアカガエルか、どちらでしょうか。
e0094349_8151223.jpg

昨夜の雨で増水した湿田の中を見ると、2種類の卵塊がありました。多分、両方とも繁殖を続けているのでしょう。まずは昨年の暮れから断続的に、雨の後の暖かい日に見られたのと同じタイプの卵塊です。
e0094349_8164361.jpg

続いて、新たに見られるようになった少し小ぶりのものです。
e0094349_8181261.jpg

湿田の中ではすでにオタマがウヨウヨしていますが、孵化直後のものから大きくなったものまで混ざっています。
e0094349_8191944.jpg
e0094349_820193.jpg

二種の見分け方について検索してみたら、専門的な解説付きのサイトがありました。
http://seichoudoku.at.webry.info/200702/article_25.html
これによると、ニホンアカガエルのようです。
両種が交尾しても染色体の数が違うことなどで発生が進まないようです。
見かけはかなりよく似ていても、ヒトとチンパンジーくらい違うようです。

さらに同じ仲間でタゴガエルも周囲の川岸に住んでいるようですが、湿田には来ないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-20 08:20 | その他の両生・爬虫類

小倉ヶ浜の打ち上げ貝

チョウセンハマグリ稚貝に二つ孔があることでサンプルを見直していましたが、1%くらい出てきます。そこで、もっと詳しく調べるためにサンプルの追加を拾いに出かけて戻ったところです。

ついでに打ち上げの貝殻とカニ殻を撮影しておきました。
まずは大量発生しているヒメバカガイです。こいつらが多過ぎて、一緒に少数混ざって転がっているチョウセンハマグリを見つけるのがやや難しくなります。画面の中にチョウセンハマグリのペアの殻が1個あります。
e0094349_1254202.jpg

鹿島灘ではチョウセンハマグリの稚貝よりも深い沖合いに生息していると報告されたミゾガイの細長い紫色の薄い殻も沢山あります。これがどうやって岸まで運ばれて打ち上げられるのか、ちょっと不思議です。

もっと不思議なことは、イソシジミの打ち上げが多いことです。本来は干潟にいるはずの貝です。
e0094349_1312071.jpg

日向市史、自然編には、塩見川河口周辺干潟の底生動物が写真入りで解説されています。その255頁に「オキシジミ」とキャプションが付けられた写真の貝がこのイソシジミです。オキシジミも干潟の貝であり、塩見川の干潟に生息していてもおかしくない貝ですが、著者がよく似た名前の二種類の貝を混同したようです。説明文の方はイソシジミではなくてオキシジミのことを説明しているような気もします。

数が多いワスレガイの写真を撮ることを忘れましたが、珍しくベンケイガイが一つ転がっていました。
e0094349_13171321.jpg


干潟のカガミガイとよく似ているヒナガイは、外洋に面した砂浜の住民であり、ハマグリとチョウセンハマグリのペアやツメタガイとホソヤツメタのペア、などのように互いに生息域が異なっています。
e0094349_13194837.jpg

それぞれの生息環境に適応しているはずですが、どこが違っているのか、調べて比べてみると面白いでしょう。チョウセンハマグリとハマグリの差異は稚貝時代の環境に応じた行動生態の違いと関係しているようです。つまり稚貝の違いです。

打ち上げられたカニ類の甲羅はキンセンガニが圧倒的に多いのですが、今日はカラッパの類(メガネ君)が転がっていました。カラッパの仲間は、鋏を缶切りのように使って、巻貝の殻口のところから中身が引っ込んでいるところまで殻を壊して食べます。ホソヤツメタやダンベイキサゴなどの、これにやられたと思われる殻が転がっていましたが、写真を撮っていません。
e0094349_13254026.jpg
e0094349_13254829.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-02-18 13:25 | その他の貝類