「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧


コウイカの繁殖期か

山中の林道探検にはまっていましたが、浜にも出かけています。

今朝の北小倉ヶ浜ではコウイカ類の甲羅の打ち上げが眼につきました。繁殖が終わった個体が死んで、甲羅だけ残り、それが浮遊して打ち上げられるということでしょうが、甲が痛んでいるのが気になりました。
e0094349_17162842.jpg

タバコのフィルターも一緒に打ち上げられています。

ハマエンドウの花が相変わらず綺麗なのでスナップ撮影です。
e0094349_17174476.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-04-30 17:19 | 海岸

三ヶ瀬川のカワトンボ

ホタルのシーズンが迫りつつありますが、わが家に最も近いゲンジボタルの群生地となっている三ヶ瀬川の様子を見てきました。

日向市の基幹林道(塩見谷・土々呂内線、起点が奥野河川プールで延長約23キロ:案内看板には22.996メートル、と誤差1m以内で測量したのかもしれない(そんなはずがない)不思議な数字があります)を西門川の388号線まで走破しました。
e0094349_1916181.jpg

NPO法人、門川「こどもの森」の小屋がある付近で三ヶ瀬川の(上流の)渓流に降りてみました。
e0094349_19181723.jpg

e0094349_19434025.jpg

このあたりにはわずかな農地とシイタケ生産施設があるだけです。

川には多数の茶羽根のトンボが飛び交っていました。ハグロトンボかカワトンボか、はたまた別の種かさっぱりわかりませんが少なくとも2種類混ざっていたようです。自宅の周辺でも飛び回っていますが、ここには桁違いに沢山いました。
e0094349_1927375.jpg

(オス?が)縄張りを作っているようで、決まった場所にこだわっているようです。そこに巡回してきた別の個体と互いに反応する様子が面白くて、しばらく眺めていました。突然水面に着水する姿も繰り返されていました。写真撮影のチャンスが少なくて、木の枝の陰でバタバタやっている個体です。
e0094349_1929652.jpg

これは一種のディスプレイでしょうか、お尻を突き上げていました。
e0094349_19295238.jpg

同じ場所で、少し小型の別種と思われるトンボがいました。川の石の上にいたものを追ったら岸辺の草に止まったところで撮影できました。この種名もわかりません。
e0094349_19314885.jpg

猪の内トンネルのところで猿の鳴き声を聞いて、車を止めたら、トンネルのはるか上に野猿がいました。ただし、瞬間的に姿を見ただけで撮影はできませんでした。猪の内トンネルの写真です。車が中ですれ違う幅はありませんが、林業トラックが通行できるようにデザインされているようです。
e0094349_19344843.jpg

三ヶ瀬川流域の村落でも「農地・水・環境保全向上」事業が行われています。
e0094349_2024079.jpg

国道388号線に出たところで三ヶ瀬川が五十鈴川に合流します。
e0094349_1958359.jpg

この国道を北郷の方に向かって走ると、途中に沈水橋がありました。そこで作業中のお年寄りに尋ねてみたら、種籾を川の水に漬け込んでいました。発芽を促進させるのでしょう。
e0094349_19395886.jpg
e0094349_1940819.jpg

岸から川の中を見たら、オタマジャクシがいました。カジカガエルのお玉でしょう。最近、その鳴き声が奥野川でも聞こえています。
e0094349_1946667.jpg

五十鈴川は若干濁っていましたが、上流の川岸で、道路工事やその他いろいろな土木工事が行われていたので、その影響でしょう。

北郷の村落内にレンゲソウが一面に咲いている農地がありました。わが家の周囲でレンゲソウのシーズンは終わりつつありますが、内陸部ではまだ咲いています。
e0094349_201402.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-04-29 19:46 | トンボ

ポポーが結実したらしい

今日も林道を走ってきましたが、特に収穫なしです。国道327号線から東郷町の広瀬のところで耳川を渡り、山の中の集落を鵜戸木、長崎、日田尾、そして田の原(たのはる)と石並川の源流の渓谷を辿って、車で走って見てきました。

石並川は県北でもっとも美しい川の一つであると思います。源流域では渓谷が深く刻まれていて、杉の人工林もわりと少なく、畜産施設はありますがどうやら軒並み廃業しているようです。標高300m以上の山頂付近に田畑や住居が広がっていて、そのような所まで開拓した先人たちの労苦がしのばれます。

やや下流の方に河川プールとキャンプ地がありますが、周囲の自然景観は美しく、川水が清らかでとてもよい環境につくられています。

流域の自然景観を写真で表現するのが難しい場所ですが、田の原にある広域農道脇のやまびこ直売店に写真絵葉書がありました(あまりアピールしなかったので、購入していません。ごめんなさい)。

田の原でサルナシの里つくりをしているKさん宅に立ち寄り、先日差し上げたハンダマに関する情報、資料を渡してから帰路につきました。サルナシとマタタビの蔓は今頃はまだ伸びていないため探しにくいと教えてもらい、来月の後半に生えているところに案内してもらう約束をしました。

自宅に戻って庭を点検したら、ポポーの花が授粉したらしく、幼果らしきものが束になっているので撮影しました。このようなものが4つできています。
e0094349_1424323.jpg

今後、うまく育ってくれるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-28 14:23 | ポポー pawpaw

林道探検

日向市の塩見川の支流である富高川の上流、源流域の様子を見に行って、新緑で眼を洗ってきました。

県内の山奥の国道よりも立派な広域農道を走り、本谷地区で山中に入る枝道を曲がり、山口の集落を通過し、林道山口線そして仏川内線を通って、分水嶺を越えました。その林道がわが小原地区に出る奥野川の上流、横尾谷の渓谷沿いの林道につながっています。ごくわずかに舗装されていない部分がありますが、ほぼ全域が立派な4m幅の舗装道路です。しかし、地図には載っていません。今日は珍しく対向車1台に出会いましたが、めったに車は通りません。これは生活道路ではないからです。宮崎は全国一の林道県であって、高速道路は後回しです。過去の地域出身代議士の利権の歴史を物語っているのかもしれません。

最初に出くわしたのが、名前は出ていませんが、おそらく(市役所)が立てたアリバイ看板です。
e0094349_13235436.jpg

ホタルをダシにして、渓流の自然環境を壊す事業予算を獲得したようです。

この看板のすぐ近くに大きな砂防ダムがありましたが、日向市内だけ数えて、全部でいくつ(不要な)砂防ダムが建設されているのか、誰か教えてください。渓谷を遮る大型の砂防ダムの建設費は1つが数億円だと聞きました。

さらに上流にはもっと立派な看板がありましたが、伸びた草の陰に隠れていました。
e0094349_13265720.jpg

何が書いてあるのか見るために、草を倒して見えるようにしました。
e0094349_13273450.jpg

事業者がPRのために作った看板のようですが、説明文として書いてあることは意味不明で支離滅裂です。
このどこがどうして変であるか、読者の皆さんの突っ込みに期待します。

看板の周囲の急傾斜の山腹には一面に杉が植林されていました。杉林の「保水力」に期待しているのでしょう。谷筋の渓流を観察していると、杉の人工林のところでは、雨が降った後のわずかな時間だけ水が流れていて、普段は水の無い沢となっています。
e0094349_13321260.jpg

しかし、谷の反対側の斜面は自然林のまま残されたようで、一面に見える新緑が見事です。
e0094349_13323569.jpg

人工林を尾根まで急斜面の上に広げて林道を縦横無尽に建設し、さらに渓谷の流れを遮る砂防ダムを並べた、過去の大きな負の遺産が眼につきます。それがさらに産み出す災害復旧事業がおまけについてきます。

分水嶺近くの高い場所、多分標高300mくらいから見下ろした景色です。谷を挟んで自然林と人工林のコントラストがはっきりと見えます。
e0094349_13314585.jpg

林道の側面の吹き付け面では水抜き穴からアカメガシワがたくましく成長していました。
e0094349_13371060.jpg

この林道が舗装整備されたのは最近数年間のことでしょう。日向市の林道ですが、予算が余っているのでしょうか、最近あちこちで林道が新規に舗装されているようです。誰も通らない道なので、知る人ぞ知るの世界です。
e0094349_1346629.jpg

林道を探検したのは、サルナシやマタタビの姿を求めてでしたが、さっぱり見つかりません。
どこか似ている蔓植物がありましたが、これは違うものでしょうね。
e0094349_1338454.jpg

葉の特徴から見てマメ科のようですが、面白い実をつけている蔓植物を見つけました。
e0094349_13395540.jpg

小原に戻ってきたら、長年放置されていた石積みの炭焼きガマが働いていました。これは自宅から1kmのところにあります。周囲に薪炭用の樹木を増やして、炭焼きの需要に備えると良いでしょう。
e0094349_1341542.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-04-27 13:46 | 日記

北川流域の家田・川坂湿原

昨日の北川ホタルの館におけるホタル博士講座の前に、長井地区の家田・川坂湿原を見ました。これらの湿原を埋立て、工業団地の造成が進められていたところ、ヒメコウホネ群落やグンバイトンボなどの希少種の生息する重要湿地であると環境省によって認定され、一転して保全区域となったそうです。

宮崎のページ・ようこそ宮崎の中に「家田・川坂湿原」の説明があります。
http://www.0503ak1025.net/zz-ieda.html

<「家田(えだ)・川坂湿原」は鏡山(645m)などに降った雨の伏流水が湧いて流れる家田川の周辺の湿原である。先の大戦中に食料確保のために水田にしたが、減反政策で水田の耕作が放棄されて元の湿原に戻った。(旧)北川町は工業団地にする決定をして家田湿原の約半分を買収して埋め立てをしたが反対運動が起こり、2002年に埋立て工事を中止し、湿原は壊滅直前でかろうじてその生命線を維持できた。>

以前からその存在は知っていましたが、今回初めて現地を見ました。

浦城海岸でナミノコガイの定期サンプリングを済ませ、須美江から北川に抜ける県道240号線で鏡山の中腹を通り、家田川の源流が刻んだ渓谷沿いの険しい山道を下って平地に出た場所に湿原がありました。

湿地の上手は沼になっていますが、樹木がよく茂っていて、道路から見てその状態は良くわかりません。少し下流の人里周辺で家田川は石積みとコンクリート護岸の直線水路になっています。昨夜の雨で増水したらしく、かなりの濁流が流れていました。

ヒメコウホネの群落がこのような人工的に改修された水路に群生している姿は不思議に思われました。おそらく水路の底は泥が堆積しているのでしょう。鉄砲水で堆積土砂が洗い流されるならば、このような植物は成育が難しいはずです。3面張り工法が広がる以前の時代に河川改修されたのでしょうか。
e0094349_745472.jpg

湿地の近くでは東九州自動車道の建設が進められていて、遠くにコンクリートの支柱が並んで見えます。
e0094349_7455937.jpg

可愛岳(えのたけ)の花崗岩の侵食された姿が不思議な形となって、そして727mという高さもあって、地域景観のランドマークになっています。長井地区では家田川周辺の田園風景と見事にマッチしています。
e0094349_746992.jpg

【可愛岳、えのたけ】のページ
http://www3.ocn.ne.jp/~jl6obb/yama/enotake/enotake.html

家田川の流域でも「農地・水・環境保全向上対策」の活動が行われているPR看板がありました。その隅っこにホタルの絵が描かれていました。
e0094349_851351.jpg

家田・川坂湿原の環境保全について宮崎県が「整備計画」を始めている様子が伺われました。
聞いた話ですが、この整備工事の場所でホタルが増えることが期待されているようです。
e0094349_87437.jpg
e0094349_871461.jpg

1200万円の道路と橋です。宮崎県の予算には余裕があるのでしょうか。
e0094349_8312744.jpg

現地の様子を見た印象で、この湿原はトンボたちの楽園でしょうが、ホタル、特にゲンジボタルの生息環境としては難しいようです。たとえ人為的に幼虫を放流しても育つことは期待できないでしょう。水底がヘドロになっていて、ホタルの幼虫の餌になる貝類が成育していない(できない)ような気がします。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-26 08:24 | ホタル

里の畑でキジをよく見かけます

山の中ではコジュケイがやかましく鳴いていますが、ヤマドリの出す音はまだ聞こえていません。
家から街に出る途中の奥野の集落を通過するときに畑の周辺をうろついているキジのオスとメスを頻繁に見かけています。車を路肩に止めて、デジカメをオンにしてズーム最大で、外に出てから、被写体を狙っても、そのときには藪の中に逃げ込んでいます。何度かトライしましたが、先日やっと姿を捉えました。
e0094349_83441.jpg

今日は北川町(延岡市)のやっちみろ会の「ホタル博士講座」の講師を務めます。
北川のゲンジボタルは有名でしたが、防災のための河川改修工事などで激減したそうです。
それを取り戻したい、という地元の人たちの意欲的な活動を支えてみようと思います。
http://beachmollu.exblog.jp/3565493
http://beachmollu.exblog.jp/2609070
http://beachmollu.exblog.jp/5837460
http://beachmollu.exblog.jp/3574308
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-25 08:40 | 田んぼと里山

クレソンの花を訪れる蝶

気温が上昇してきて、クレソンが花を咲かせて退場する時期となりました。これからはセリの天下です。

ホタル水路に植えてあるクレソンの花をしばらく眺めていました。アゲハたちは上空を飛んでいてもほとんど興味を示しません。アオスジだけちょこっと立ち寄っただけでした。

外来種の植物が繁栄する場合は、それを食べる天敵や病原体が新しい場所にいないか、少ないことが背景にもなるようです。しかし、花が咲けば蜜や花粉をいただきに来るものがいます。

タテハの類でしょうが、小さなグレーの地味系と大目玉の派手な少し大きめの2種がせっせと吸蜜しているようです。昆虫類について名前を調べるようなことは中学生の時以来やっていないので、せっかくやってきてくれた蝶たちの名前がわかりません。チョウチョに詳しい皆さん、見ていますか。
e0094349_12331864.jpg
e0094349_12334116.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-04-24 12:34 | 蛾と蝶

天敵昆虫学

マタタビがクサカゲロウを誘引する話をきっかけに、天敵昆虫についていろいろ検索して調べてみました。
クサカゲロウとマタタビ(月刊『クリンネス』 面白むし話 2009年1月号掲載)
http://www.ikari.jp/column/c2/01/c2_200901_01.html

ルーラル電子図書館http://lib.ruralnet.or.jp/index.php:
検索結果:クサカゲロウ、では26件の情報タイトルと概要を見ることができます。(本文の閲覧は有料)
「防除の助っ人 土着天敵を さがす・飼う・ふやす」
月刊 現代農業:1999年06月号 
[概要]
見出し ●こんなにいるよ!田んぼや畑は土着天敵の宝庫●意外なアブラムシ大食漢 テントウムシ●強いアゴでアブラムシをバリッバリッ ヤマトクサカゲロウ●幼虫の間にハスモンヨトウ100匹! ハリクチブトカメムシ・シロヘリクチカメムシ●1日60匹を攻撃産卵 アザミウマヒメコバチ●天敵資材をふやして効かす ククメリスカブリダニ●自然のコナガ抑制の立役者 コナガサムライコマユバチ●細菌兵器!カビが侵す バーティシリウム・レカニ(糸状菌)

上野高敏さん( 九州大学大学院農学研究院 生物資源開発管理学部門 生物的防除学講座 天敵昆虫学分野)が天敵昆虫に関する研究情報を公開しています。出来立てのホヤホヤで、まさに発展中のサイトです。
http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/ibc/ueno/suiden.html
水田で暮らす有益な天敵昆虫たち

水田は,主食であるコメの生産の場であると同時に,農村や里山の景観を形成します.さらに,農耕地の生物多様性は一般的に貧弱なものですが,水田は(かつては広く存在した)低地の湿地を代替する環境としての機能を持つため,生物多様性がかなり豊かです.それゆえ田んぼの生物多様性については以前から関心が持たれてきました.しかし天敵昆虫類に関して言えば,ほとんど認知されてこなかった種が多いことや種やグループの特定が困難であることから,どのような天敵昆虫が暮らしているのかについての研究は進んでいません.

このサイトでは,水田に住む様々な天敵昆虫やクモ,害虫,中立の生物,について紹介していきます.>


インターネットの上で、このような情報が増えているので、家庭園芸や減農薬農法の強い助っ人となるでしょう。これがさらに、実践的な情報・意見交換の場を通して、問題解決の技術情報が共有されるようになる時代が来ることでしょう。また、テントウムシやクサカゲロウなどの天敵昆虫を農業資材として開発して、販売してする業者が国内にもすでに出現しているようです。(欧米では、それがかなり前からあることを知っていました)

シジミ蝶の幼虫が獰猛な捕食者となっていること、一部はアリの巣に入り込んでアリの幼虫を食べることは知っていました(イギリスのシジミ蝶の一種、ラージ・ブルーの絶滅と保全問題を取り上げて講義ネタにしたことがあります)。上に紹介した「面白むし話」には、竹を食害する虫を退治するゴイシシジミの話がありました。天敵による生態的なバランスを壊す、害虫も益虫も一緒くたに殺戮してしまう薬漬け農業から脱皮する必要がありますが、それには虫たちや微生物の生態的な関係を深く知る、調査・研究することです。そのような研究に人員や資金を投入することが将来に対する投資です。目先だけの景気・雇用対策ではなくて、将来に対する布石を打つのが政治家の本来の務めでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-24 08:42 | 田んぼと里山

ハンダマにアサギマダラが大集合

今日の昼前、青島の家に植えられたハンダマ(沖縄での通称)の花に見慣れないチョウチョが群れて吸蜜していました。調べてみたらアサギマダラのようです。

金時草(キンジソウ)のすべて、というサイト
(http://www.geocities.jp/kabeastu/index.html)
に詳しい情報が書かれていました。
e0094349_18372591.jpg
e0094349_18373388.jpg
e0094349_18374143.jpg

動きはそれほど早くないのですが、ふわふわ飛んでから止まるとすぐに羽根をたたんでしまうので、シャッターチャンスがなかなかありませんでした。何とか見えるショットをアップしておきます。

アサギマダラが手乗り蝶になりそうな状態で周囲を飛ぶ姿はなかなか面白いものです。この野菜を食べる気は全くないのですが、バタフライ・ガーデンのメニューを増やすために日向に移植するためにもって帰りました。湿気の多い場所で育つ草のようですから、ホタル水路の周辺に植えておきましょう。

青島では蝶の卵が付きすぎて食用にならないほどになったようです。宮崎県で大増殖してもらって、越冬地の奄美大島のtさん(綾蝶-あやはべらサイト)のところに送り出しましょう。
http://ayahabera.com/

しかし、ハンダマは、成虫がその蜜を好むだけで、幼虫の食草にならないかもしれません。キジョランという絶滅危惧(危急)種の植物が必要かもしれません。成虫はアザミの花からも蜜を吸うそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-23 18:48 | アサギマダラ

giant earthworm

今朝の雨上がりの林道では勘太郎ことシーボルトミミズがうろついていました。体長はおよそ30センチ前後です。これが歩く時に体節が伸縮しながら、とてもすばらしい、メタリックの青い光沢を見せてくれます。

体の表面に規則正しい微細な反射構造があって、それが反射する光が干渉した結果の色、つまり構造色、でしょう。伸縮に伴って色調(波長)が微妙に変化します。ミミズが歩くと青く光るゾーンが流れるように動いて見えます。きっと誰かがこれについて詳しく研究しているだろうと思いますが、体表面の微細構造の情報は見つけていません。

デジカメの撮影で、この色彩を記録できるかどうか、試して見ました。
e0094349_940119.jpg
e0094349_9401238.jpg

オーストラリアの原住民がイメージする虹色の大蛇をモチーフにしたアート、rainbow serpentの画像と見比べてください。
e0094349_943408.jpg


淡い緑色に光る「ホタルミミズ」確認 飯田で県内初 4月11日(土) 信濃毎日新聞
http://www.shinmai.co.jp/news/20090411/KT090407SJI090016000022.htm
これは知らなかった。

世の中には物好きな人がいるもので、検索したらホタルミミズにとても詳しいサイトがありました。
工房"もちゃむら"のなんでも研究室 研究員 ドラえまん 「光るミミズを探す」
http://www.geocities.jp/at_mocha/mimizu/mimizu-light.htm
pdfのファイルで、ホタルミミズ情報をまとめていますので、見てあげてください。
www.geocities.jp/at_mocha/mimizu/phosphoreusVer5.pdf
日本中から見つかっていますが、宮崎県の記録が見当たりません。これは探さないといけません。

日本で一番大きいミミズはシーボルトミミズでしょうが、世界一大きいミミズについて検索したら、自称世界一のミミズ情報サイトなるものがありました。体長6mのミミズというのはすごい。実物をぜひ見てみたいものです。
WORM DIGEST - The Mighty Worm
http://www.wormdigest.org/content/view/102/2/

United States: The Oregon Worm grows two to three feet long, and it gives off the smell of lilies when handled. It burrows five feet deep and is rarely seen. In fact, there have been no official sightings since the 1980s.

The Giant Palouse was found in Washington State. It grows up to two feet long - about the length of a baseball bat. It hasn't been spotted since 1978. Population growth and development may be to blame.

Australia: The Giant Gippsland can grow to three feet, but it can stretch up to 10 feet. It's rarely seen, but Australian farmers can hear gurgling sounds coming from the ground as it moves through the earth.

New Zealand: The North Auckland Worm grows 4-1/2 feet long and gives off light at night. It's so bright you can read by its light.

South Africa: The South African Giant Earthworm grows to be up to 22 feet and is the largest earthworm known. The record-setting specimen was found beside a road in William's Town, South Africa, in 1967. The worms normally grow to only about six feet. (Did I say "only"?) >


ニュージランドのドデカイ発光ミミズで読書ができる、というのはすばらしい。養殖して庭に置けばガーデンライトに利用できそうです。

アメリカでは巨大ミミズが消滅しているようですが、交代で外来ミミズが活躍して問題を起こしています。

Scientific Americanという科学雑誌で、外来種のミミズがアメリカ五大湖周辺の森林生態系破壊に関わっているという記事を掲載していました。
Invasive Earthworms Denude Forests in U.S. Great Lakes Region
http://www.sciam.com/article.cfm?id=invasive-earthworms-denude-forests
アメリカ大陸北部、五大湖周辺は氷河に覆われていた時代にミミズが消滅し、その後はミミズなしの生態系で樹木から出る落ち葉などが食われないで厚く積もることが生態系の基礎構造となっていたそうです。そこにミミズが入り込んで、落ち葉を食べつくしてしまって、森林生態系の根幹をゆるがせている(かもしれない)、というお話です。樹木の交代が起こるでしょうが、おそらく森林そのものが消えることはないでしょう。

この問題は10年以上前から注目されていますが、例によって森林破壊→地球温暖化、という図式でグレードアップされ、それをマスコミがとりあげてから情報が飛び交っています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-04-21 09:44 | その他の動物