beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧


仏川内の浮石探し

家の脇を流れている奥野川(塩見川の支流)の向こう岸には林道、仏川内(ホトガウチ)線が走っていて、この舗装林道で山を越えると、山口そして本谷の集落に出ます。
e0094349_8335764.jpg

15年前に木製ガードレールとして日本で最初に設置されたのが、この林道とそれに続く小原・永田線だったようです。昨日の浮石探しのついでに、全線を走って見て確認しましたが、木製ガードレールは奥野河川プール脇にあるものだけでした。歩測してみたら約80mで、施工記録と合っていました。

平成06年  木製防護柵設置工事 発注者:日向市役所農林水産課
林道仏川内線 和光コンクリート工業 C2土中 80m

河川プールの所の小原橋(市道)の横が林道の始まりのようですが、ここに林道標識はなく、上流での産業廃棄物反対の看板があるだけです。(林道脇は家庭からの粗大ゴミの捨て場に利用されています)
e0094349_8381498.jpg

ガードレールは一部、約10mが欠損していますが、失われた支柱も含めて修復されていません。
e0094349_8401170.jpg

また、川に下りられるところに人が通れるような切断部があります。設置後に切断されたようです。
e0094349_8422280.jpg

壊れた部分を見ると、コンクリート支柱の構造がわかります。
e0094349_8405852.jpg

重たい丸太を上下2本支えるのでがっちりしています。丸太はボルト止めで、木が腐ったら簡単に取り替えることができるはずです。ただし、丸太の太さと長さは設計規格に合っていないといけないようで、間伐材の利用という掛け声に整合していないようです。おそらく、国土交通省のガードレール規格を決めている(何とか協会という天下り機関)の「お仕事」つくりで、きめ細かな規制をかけるため、林道のような、もともと必要がほとんどない場所で、低コストで実効的なガードレールをつくることができないのでしょう。

80mの終点から先は、金属製のガードレールが下が崖になった場所にあります。
e0094349_852137.jpg

木製ガードレールが一時的に流行っただけに終わったようなのは、意味の無い規制(大型車が衝突しても跳ね返す能力を持たせる)を特に必要のない状況に当てはめ、建設コストが増大しているためかも知れません。

仏川内には昔は集落があり、今でも墓地だけ残っているそうですが、そこまでの通路が藪になっているので行って見ていません。林道に案内看板があります。
e0094349_8571341.jpg

山の上に「浮石」というモニュメントのような物がある、という話が佐藤忠郎著「郷土の地名雑録」にありました。
e0094349_9221154.jpg

その手がかりを探していたら林道の支線の入り口に小さな目立たない方向指示の案内を見つけました。
e0094349_8591826.jpg

1.5キロ先、ということで、未舗装作業用道路を登ってみました。1km先の峰の上に送電線の鉄塔があり、そこまでは何とか(ガレ場で車体の腹を数回こすりながら)走行できました。残り500mは、自分の車では無理と判断し、方向転換できる場所に止め、歩いて探索を続けました。しかし、その先は枝道が複雑になっていて、案内標識も無く、峰の上は鉄塔しか見つからないで、結局浮石のありかはわからずじまいでした。

峰の上から日向市方面が遠望できましたので、写真はやや不鮮明ですが紹介します。まず、細島港と小倉ヶ浜の方面です。
e0094349_965899.jpg
e0094349_97861.jpg

日向市の市街地もみえましたが、その手前の麓で高速道路の谷を渡る橋や山の斜面を削りとった場所などが見えました。
e0094349_991844.jpg
e0094349_992711.jpg

山の斜面を大きく削り取った広場が見えましたが、これは何のためでしょう。
廃棄物処理と関係あるかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-16 09:11 | 日記

コブハクチョウのその後

午後に街の郵便局に出かけたついでにコブハクチョウの様子を見てきました。

富高川の向こう岸でトリオにパンを与えている人がいました。
堤防の上にはそれを見物する人たちが集まっていました。
e0094349_2044337.jpg

コンパクトデジカメの限界です。
e0094349_2045081.jpg

ぐるっと回ってトリオがいる岸に着いた時には食事時間は終わって、人々は解散していました。

トリオは水から上がって毛づくろいをはじめ、くつろいだ様子です。
居合わせた人に聞いたら、夜は安全な中州に上がって寝ているそうです。
e0094349_2083721.jpg
e0094349_2084423.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-10-15 20:08

木製ガードレール

今朝の散歩道は自宅前の広域基幹林道、塩見谷・土々呂内線につながっている未舗装で未完成の「ふるさと林道」小原・永田線です。

最近、この道の草刈がなされ、歩きやすくなりました。永田は小原から山越えして国道327号線に出たあたりの集落であって、この林道が完成していれば、自宅から国道に出る近道となったはずです。幹線林道も同様に草刈されて、草で道幅が半分になっていた状態から、小型車がすれ違う広さになりました。これらの草刈は失業対策事業だったようです。

宮崎県及び県内の市町村では、現下の雇用失業情勢に対応するため、「ふるさと雇用再生特別基金」及び「緊急雇用創出事業臨時特例基金」を活用し、地域における継続的な雇用機会を創出する事業や、離職を余儀なくされた方に対する短期の雇用・就業機会を創出・提供する事業を行っています。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/shoko/rodo/chiiki_koyo/page00167.html
平成21年度市町村緊急雇用創出事業特例基金事業一覧から:
日向市 林道及び市有林等美化整備事業
市内全域の林道の除草・ゴミ収集等を行うとともに、市有林の防護柵の維持補修・鳥獣被害の防止・周辺の草刈や下払いを行い、健全な育林を進め森林資源保全を行う。3,900(千円) 3(人)

この林道には木製のガードレールが要所要所にあります。
e0094349_12271998.jpg

この林道は奥野の集落付近で途切れたままです。地主がごねたかどうだかで建設途中で中止され、そのまま10年以上放置されています。

木製ガードレールはひむか神話街道の林道などにも施工されていますが、日向市内の林道:仏川内線で第1号の延長80mが建設されたようです。それに続いて小原・永田線で1994-1998年にかけて、のべ629 m建設されたという実績が記録されています。
e0094349_12273086.jpg
e0094349_122737100.jpg

途中に作業道の分岐があって、沢に沿って山中に登って行けます。
e0094349_12274427.jpg
e0094349_12275135.jpg

小原側の始点から中断された終点まで約400mです。この終点は谷間になっています。林道を延長するならば、橋を架けるか、谷間をカーブさせて周辺を削り取ることになりそうです。
e0094349_12275952.jpg

永田側でも同じようなガードレールを見ることが出来ます。

未完成の林道に放置された木製ガードレールからは使用された木材の腐食、耐久試験のデータが取れそうです。木材(間伐材の杉ではなくて松が使われている?)が腐っても、新しい丸太に取替えできるというのが売りです。また、金属のガードレールよりも森林の背景になじむと主張されています。

宮崎県に設置された木製防護柵の評価  その3  約10年間使用したビームの静的曲げ強度 2006 日本木材学会大会研究発表要旨集 加藤英雄 (森林総合研)、長尾博文 (森林総合研)、井道裕史 (森林総合研)、軽部正彦 (森林総合研)、原田真樹 (森林総合研)、金丸和生 (和光コンクリート)、張日紅 (和光コンクリート) :宮崎県日向市の林道仏川内線(1994年施工)の木製防護柵ビームに関するレポート

この仏川内林道の木製ガードレールをそのうち見に行くつもりです。 

木製ガードレール ウッドGr(日本木製防護柵協会)の施行実績 1994-1998
http://www.wood-gr.jp/index.html

平成06年  木製防護柵設置工事 発注者:日向市役所農林水産課
林道仏川内線 和光コンクリート工業 C2土中 80m

平成06年 木製防護柵設置工事 発注者:日向市役所農林水産課
ふるさと林道 小原~永田線 内山建設 C2コン中 54 +172 m
平成07年
ふるさと林道 小原~永田線 河野建設 橋梁用 18
ふるさと林道 小原~永田線 河野建設 C2土中 28
平成08年
ふるさと林道 小原~永田線 河野建設 C2土中 85
ふるさと林道 小原~永田線 内山建設 C2土中 44
ふるさと林道 小原~永田線 内山建設 C2コン中 84
平成09年 ふるさと林道 永田~小原線 黒高組 C2コン中 44
平成10年 林道永田~小原線1工区 内山建設 C2コン中 100

和光コンクリート工業の製品案内の頁
http://www.wakocon.co.jp/products/woodgr/index.html
http://www.doboku-kenzai.com/d/iae/iae_index.html

<日本で最初に木製ガードレールを開発したのは宮崎県日向市の和光コンクリート(金丸和生社長)。金丸社長の父、和光会長(68)の生家は林業。安い外材に押されて郷里の山が荒れるのを見て心を痛め、間伐材のガードレールへの利用を思いついた。
  98年、国交省の「防護柵設置基準」が改正され、それまで「鋼材」と限定されていた材料の規定がなくなったのを機に、本格的に開発に取り組んだ。>

特許庁長官表彰受賞

 木製ガードレールが防護柵設置基準に適合したという情報は全国に広がり、問い合わせが相次いだ。地場の林業振興に役立ててほしいという開発当初の目的から各地域の会社に特許実施権を付与し、生産を委託する形で木製ガードレールの普及を図ることにした。現在では日本木製防護柵協会(事務局:和光コンクリート工業)を設立し、北は東北から南は沖縄まで約30社が加盟している。
 同社ではこの木製ガードレールのほか、環境型護岸用ブロックなども開発し、全国60社以上に特許実施権を付与している。こうした特許実施権を積極的に付与し、知的財産を有効活用する姿勢が評価され、特許庁から2004年度知財功労賞の特許庁長官表彰を受賞した。
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/renkei/renkei_h17/company/072.html

特許庁長官の表彰にもかかわらず、下のURLではこの会社の特許(発明)が認められず、不服審判を求めて敗訴した判例があります。裁判所の文書は「本当に、マジ」難解です。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20071005103227.pdf
tokkyo.hanrei.jp/hanrei/pt/7345.html
種別 拒絶査定不服の審決 審判請求日 2005-06-09  確定日 2007-10-16
事件の表示 特願2002-39009「木製防護柵」拒絶査定不服審判事件〔平成14年11月8日出願公開、特開2002-322622〕について、次のとおり審決する。
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由
第1.手続きの経緯・本願発明
本願は、平成14年2月15日の出願(国内優先 平成13年2月21日)であって、平成17年4月21日付で拒絶査定がなされ、これに対し、同年6月9日に拒絶査定不服審判の請求がなされたものである
  (中略)
第4.むすび 
以上、本願発明は、刊行物1発明及び刊行物2記載の技術から当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものである。
よって、他の請求項に係る発明について検討するまでもなく、本願は、拒絶されるべきものであるので、結論のとおり審決する。

平成15年までの木製ガードレールの施行実績記録は全国各地にありますが、その後のデータが見当たらないのはなぜか、不思議に思っています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-14 12:39 | 日記

白鳥がやってきた

借りていた本を返却するため日向市立図書館に向かって走っていたら、富高川の塩見川と合流するところに近い橋のすぐ下に白鳥が3羽いました。急いで車を止め、川の堤防から撮影しました。
e0094349_13502268.jpg
e0094349_13503172.jpg

しばらくして塩見川方面に揃って飛んでいったので、図書館に向かいました。

最近、塩見川も富高川もカモたちが多数やってきていて、水面と岸に群れています。
e0094349_1354528.jpg

図書館で館長さんと話し込んでいたら昼時になり、帰宅途中でスーパーで買い物を済ませてから塩見川のどこかにまだいるだろうと探しました。

327号線から塩見川が見えるところにいたので、再び撮影しました。
e0094349_1356539.jpg

白鳥のトリオは、川の中でジョレンでシジミを獲っていたおじさんの近くまで水面を移動した後、下流の方に飛び去りました。
e0094349_13564424.jpg

鳴き声と羽ばたきの音が、近くからでは、かなり迫力を感じさせます。
e0094349_13524298.jpg

電話で呼び出した柏田さんと一緒に追跡してみましたが、JR線の鉄橋あたりまで飛んで行ってしまったので、昼飯を食べていなかったすきっ腹を抱えて帰宅となりました。

追記:ハクチョウの渡りにしては変なので調べてみました。

嘴が橙色でその上にコブが見られることから、コブハクチョウという種類と思われます。カモ類に比べて人間の姿を恐れていないようなので、飼育されていたものと想像しました。

在来種のオオハクチョウとコハクチョウは日向市まで南下することはなさそうですが、コブハクチョウは各地で飼育されている外来種であり、それが野生化していて、どこからかやってきたようです。カモたちと同様に草食性ということから、おそらく塩見川で餌は不自由しないでしょう。気に入って住み着いてくれるかも知れません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-13 14:01

赤岩川の河口

小倉ヶ浜の中央部、干潮時間の様子です。

赤岩川の流量が減ってきたら、海に出る砂浜上の部分で蛇行しています。
e0094349_8141578.jpg

海に流れ出る近くでは伏流が進んでいるらしく水量が少なくなっています。
e0094349_8152189.jpg

干潮の潮間帯は広々としていて、バームの形成がはじまったばかりのようでした。
e0094349_8162072.jpg

満潮線付近ではスナガニが張り切ってお仕事しています。
e0094349_8163174.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-10-13 08:18 | 海岸

干潮の朝、GIビーチにて

日の出が次第に遅くなっていて、目覚めの時間との同調が外れだしました。今朝は日の出前に出発して小倉ヶ浜の最北部、GIビーチの台風後を見てきました。日の出直後に浜に到着です。
e0094349_18322262.jpg

昨日がサーファーによる砂浜清掃日で、駐車場では集められたゴミが燃えていました。誰も火を見ていなかったので驚きましたが、すぐにサーファーが数名出現しました。

嵐の後は砂浜が平に均されます。干潮時刻だったので、広々とした綺麗な砂の上でミッキーが走り回り、すぐにダウンでした。満潮線付近にはスナガニの頑張った跡が無数にあります。砂が波で洗われて綺麗になって、砂粒の周りの餌が少ないので大量に砂を処理しているのでしょう。
e0094349_18364296.jpg

カラスどもは熱心に潮干狩りしていたようです。
e0094349_18372665.jpg

浜に出る道は見事に草刈がされていましたが、刈り残されていた可憐な花を見つけました。
ハマエンドウと同じような色合いで、マメ科の仲間のようですが、名前は知りません。
e0094349_1839493.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-10-12 18:39 | 海岸

小倉ヶ浜の平岩港

小倉ヶ浜の最南部の岩礁部に平岩港があり、そこから消波ブロックが沖に向かって伸びています。

この港が漁港ではないことに気がついたのは最近のことです。しかし、岸壁に係留されている船はすべて漁船のように見えます。港の位置から見て砂が航路から港内に流れ込むことは避けられないようです。

地域再生計画というタイトルで平岩港の防砂堤の建設を国庫補助するという情報がありました。

地域に密着した港づくり(港整備交付金、農林水産省関係  平成17年度∼21年度(5ヶ年)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiikisaisei/dai3nintei/302toke.pdf

平岩港の堤防建設の理由が述べられています。

平岩港は、小倉ケ浜南端に位置しており、小型漁船の基地として利用されているほか、隣接する小倉ケ浜を中心としたこの一帯は、海水浴・磯遊び・サーフィンなどの海洋性レクリエーションが盛んであり、若者を中心として賑わっている。また、小倉ケ浜は、全国的に有名な「ハマグリ碁石」の材料であるチョウセンハマグリの産地でもある。漁船は3トンクラスの小型船を中心に現在35隻係留されているが、台風等の荒天時には隣接する小倉ケ浜海岸からの砂が港内へ堆砂し、埋塞して航行が出来なくなるため、近隣の重要港湾である細島港への避難を余儀なくされている。

(目標2)平岩港の防砂堤の整備により泊地浚渫コストの縮減を図る。(年間浚渫量12,000m3→約4,000m3)

浚渫費用の具体的な数字を探しましたが出てきません(1立方メートルあたりの単価がわかれば計算できるでしょう)。

建設ネットで出されていた下の落札情報はこれに関すると思われます。

北部港湾事務所 平成19年度港交付金第9-51-1号 防波堤工事 平岩港平岩地区
入札日 2007年9月13日 予定価格 11,228,572円
落札業者 宮前建設  落札回数 1 回落 落札金額 10,600千円【落札率:94.4%】

さて、この建設費用(多分、これは一部だけ)に見合った浚渫コストの「縮減」は達成されるのでしょうか。文書ではこの重要なところでシランプリですね。

35隻の小型漁船が係留されているという記述がひっかかリます。今年の3月に港内で海水を汲んだときに撮影した写真を見てください。この数字は2~3倍のサバを読んでいるのでしょう。
e0094349_20452862.jpg


小倉ヶ浜は遠浅海岸であって、港に砂が流れ込まないようにするためには防波堤(防砂堤?)をドンドン沖に向かって延長させることになりそうです。そして堤防のおかげで波が静穏になる部分に砂が溜まり、それが広がって、堤防のさらなる「延長」をもたらすことになるかもしれません。さらに、強い台風が来れば、この防波堤が壊れ、その災害復旧事業が見込めます。つまり、土木建設業者の仕事は終わりがなく、地域の基盤産業である「土建化」に大きく貢献すると思われます。

今朝の小倉ヶ浜南部ではサーフィン大会を控えているらしく、旗が並んでいました。
e0094349_19561839.jpg
e0094349_19563395.jpg

平岩港の方で浚渫砂を積み上げたらしい場所にまだ重機がありました。
e0094349_1956498.jpg

かなりの数、弱ったチョウセンハマグリが打ち上げられています。
e0094349_19582749.jpg
e0094349_19583913.jpg

最近、二枚貝の天敵であるツメタガイ(ホソヤツメタ)の卵塊(砂茶碗)の打ち上げも増えています。
e0094349_19595015.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-10-11 20:00 | 海岸

ゲンノショウコ

今日の午後は日向市で海辺の勉強会の講義です。いつものように、欲張って大きく膨らんだパワポファイルを削りとって時間内にまとめる作業を続けました。それでもまだ長すぎるような気がしています。3回分の講義を1回に圧縮しているので、聞く人が消化不良になるかもしれません。

砂浜海岸の成り立ちとその生態・循環システムを広く認識してもらわないと、環境保全の理解が得られません。各省庁が競争しながら、税金がつぎ込まれる「公共事業」の暴走(工事のための工事)で自然環境が損なわれている(砂浜の防災機能の低下、海浜植物と野生動物、沿岸水産生物の再生産を阻害)現実を知ってもらうことが講義の狙いです。それでも、今のところですが、小倉ヶ浜は奇跡的に(各地で見られるていような)重大・深刻な環境破壊は進んでいません。今後の地元住民と地域行政の努力しだいで、破壊を食い止めて自然環境を保全することが出来るお手本となるでしょう。

今朝の散歩で道端に目立ったのはゲンノショウコの可憐な花です。
e0094349_9573381.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-10-10 10:03 | 植物

赤岩川河口でチョウセンハマグリが斃死

台風通過後の砂浜チェックに出かけました。小倉ヶ浜の中央部、赤岩川の河口の左岸(北側)です。
e0094349_9171714.jpg

今回の台風の大波は、前回と同じく階段護岸までほとんど到達していなかったようです。
e0094349_9184997.jpg

カラスが波打ち際で大きなチョウセンハマグリと格闘していたところに出会いました。大きかったので持ち運べなかったようで、カラスは飛び去りました。残されていたチョウセンハマグリは弱っていて殻を閉じる元気が残っていませんでした。
e0094349_9152218.jpg
e0094349_9152920.jpg

北に向かって波打ち際を歩いたら大小の打ち上げ貝が転がっていました。
e0094349_9165621.jpg

数はそれほど多くないのですが、狭い範囲にまとまっていました。

北から歩いてきた人が両手にハマグリを持っていたので、北では数が多いかと聞いたら、少なかったそうです。昨日はチェックしていませんが、台風の高波が残っていたはずで、打ち上げ貝を拾う人の出現は今朝からだったと思います。

100mくらいの範囲にあった打ち上げ貝を集めてみました。6センチ以上の親貝が17個、6センチ以下4センチくらいまでの3から4才の貝11個を拾いました。

未成貝は死んでいて殻口が閉まらない状態のもの1個と殻がきっちり閉まっているもの10個に対し、成貝は生きているものなし、殻口が少し開いたままで閉まらない(貝柱が生きている)もの11個に対して完全に死んで貝殻が開いたもの4個でした。まだ生きている未成貝がどうなるか、海水に入れて観察中です。
(10日朝のチェックで、すべてが回復のきざし無し)

前回の塩見川河口付近で大量死した大型の貝の場合と同様に、嵐の通過後に、弱っていた貝が打ち上げられたようです。河口付近に集中していたことも共通です。元気な貝であれば、砂に潜って身を守るはずです。貝を弱らせた原因はよくわかりませんが、今回も大雨というほどでない、まとまった雨が降りました。汚染物質が川から海に洗い流されているような気がしてなりません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-09 09:44 | Meretrix ハマグリ

空振りが二発

昨日は台風の雨の中、宅配さんが注文品を届けてくれました。ネットの地図販売店で伊能忠敬の中図(九州を南北に二分割したもの)のコピーです。

チーム伊能は日本全体を測量し、当時(2世紀前)の日向市周辺の地図も残っています。
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/tadataka.html

せっかく大枚をはたいて購入した地図ですが、想像したほど詳細でなく、地名の記載がぼやけて判読できないものがほとんどです。小倉ヶ浜と金ヶ浜が当時何と呼ばれていたかを探ったつもりでしたが、空振りに終わりました。塩見川は記載されていて、平岩も知名として書き込まれているようですが、浜の名前はスルー。
e0094349_83048.jpg

しかし、当時の宮崎県をはじめ九州全体の海岸線の様子がマクロでわかるので貴重な史料です。

オンラインで閲覧できる大図では中図とかわらず、延岡の部分だけ、拡大図が見えます。
番号:184   図名:日向 延岡  図の大きさ:130.4cm×102.5cm
記載内容:北方 美々津 山陰 神門 (米国議会図書館所蔵の図に国土地理院で彩色)
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/sisak/ino-frm2.html

ジャスミン台風はドンドン東にずれて進んだので紀伊半島上陸も逃し、知多半島に進んだようです。遠州灘の表浜が直撃されたようですが、どうなったかは後でOmotehamaブログで拝見しましょう。台風接近中の浜の状態の静止画と動画がアップされています。
http://www.omotehama.org/report09/

台風の影響が及ぶ前の状況を記録し、通過後に再度映像を記録して比較することで、砂浜の変化を知ることができます。平常時のベースライン調査記録が大切です。大きな変化が起こった後で騒ぐだけでは何の役にも立ちません。

自宅裏の大きな柿の木がどうなるか、シブガキですが実が沢山なっているのを昨日12時頃に撮影しておきました。それを今朝8時撮影と比べてみれば、何も変化無しです。結果的に空振りですが、それで良し。
e0094349_8305933.jpg

風が最強で毎秒5メートルしか吹かなかったので青い落ち葉もほとんどありません。周囲を山で囲まれた谷間で、南東に開けた場所ですが、南側は栗農園が防風林となっています。ここでは平地よりも風が弱かったはずです。幸い、今度の台風で日向市近辺の農業被害はほとんど無かったでしょう。

追加:
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/8296131.stm
イギリスのBBCニュースで動画が出ていました。

直撃を受けて被害を受けられた皆さんにお見舞い申し上げます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-10-08 08:34 | 日記