「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧


春の花

50年ぶりの太平洋横断津波が来るようですので、午後には小倉ヶ浜を上から見渡せる米の山(標高約200m)へ出動します。1960年に比べると一桁小さい規模の地震だったようですが、それでも巨大地震のトップクラスです。どのような影響が砂浜海岸に出るか、出ないのか、見極めたいと思います。

日向市で今回の津波に影響を受ける可能性が高いのは、塩見川の下流域周辺でしょう。それは、河口から遡る津波がもっとも怖いからです。一ツ瀬川の河口近くで田んぼを住宅地に変えている新富町が県内でもっとも危ない地帯であると思います。

さて、まとまった雨と温度の上昇を受けて、植物が一斉に開花と芽吹きを開始しています。レンゲは少し前の暖かい日に咲き始め、ドンドン広がっています。ピントが花にあっていませんが、我慢しましょう。
e0094349_11385238.jpg

沖縄の(寒緋)桜の花は見ごろを過ぎた頃でしょうが、日向市ではサクランボの花が咲いています。
e0094349_11404338.jpg
e0094349_11405630.jpg

授粉を助ける昆虫も活動していますので、いずれ実を鳥たちとの競争で食べることになるかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-28 11:41 | 植物

ハマグリはハマグリでした

タイトルを見て突っ込みを入れたがる人がいるかもしれませんが、ハマグリについて重要な事実が判明しました。ハマグリの模式標本は疑っていたチョウセンハマグリではなくて、ハマグリです。なんだ、やっぱり。

デンマークのコペンハーゲン博物館からの画像はまだですが、模式標本の写真が出ている論文のコピーが送られてきました。

Cernohorsky, W.O. 1974. Type specimens of Mollusca in the University Zoological Museum, Copenhagen. Records of the Auckland Institute and Museum 11: 143-192.

上の論文にハマグリの模式標本についての記述と写真が掲載されていますので、その部分をスキャンしておきました。
e0094349_7415850.jpg

この論文でsyntypeが1個しかないこと、その殻の大きさは殻長が73.7 mm, 殻高が60.0 mmであることが書かれています。

現在使われているハマグリの学名Meretrix lusoriaの原点を遡ると、リンネ(1758年)Systema Naturae の100番で Venus Chioneという名前の中にRumph. Mus. t. 42, f. G があります。
e0094349_89637.jpg

リンネが引用したRumphiusの本に出ているt. 42, f. G (Chama laevis)の画像はどうしようもないほど単純化されています。リンネがその実物を見たかどうか怪しいものです。
e0094349_816473.jpg

下のRoeding(1798年)の「販売カタログ」リストでVenus lusoriaとされているものが公式に認定された「最初の」ハマグリの学名に関する記載「論文」となっています。
e0094349_894459.jpg

Roedingの記載にはGmelin(1791年):sp. 16 β;そしてChemnitz:6, t. 32, f. 340の2つが参照されています。

Gmelinが記載したsp. 16 β というものは、リンネのVenus Chioneから区分されたものです。下のように、Gmelinの記載には画像がなくて、その記述にはすでにリンネが記したRumphiusに加え、(Pet. aq. amb. t. 18, f. 20)、そしてRoedingも記した (Chemn. Conch. 6. t. 32, f. 340)があります。 
e0094349_810256.jpg

(Chemn. Conch. 6. t. 32, f. 340)という引用は公式に学名表記の参照元として認定されていない(貝類図譜)であるMartini and Chemnitz Conchylien-Cabinet の第6巻、32図版の340図を見よ、という意味です。この貝類図譜は全11巻で、ハマグリが出ている第6巻(1782年)はChemnitzが出版しています。

Chemnitzはドイツ語でハマグリの殻が日本で貝覆いに使われていたことなどを詳しく記載しているようですが、ゴシック文字のドイツ語古文は読解が難しいので、資料を送ってくれたMoolenbeekさんに英語に翻訳をお願いしています(その詳細は後で)。それよりずっと前にRumphiusが日本の貝覆いについて詳しく記述しています。前の記事を参照してください。
http://beachmollu.exblog.jp/11875954

Chemnitzが出した図譜のハマグリの画像は下です。
e0094349_8565194.jpg

Rumphiusのハマグリ画像に比べればまだましですが、これを元にして種が認定・分類されたわけです。

以上をまとめれば、Roeding(1798)が記載したVenus Lusoriaという種名が最初の学名として認められた背景には、Chemnitzの標本の存在とその図譜に出ている画像、その貝殻に貝覆いの絵が描かれていたことの記述、を根拠として種が特定できた、という筋書きのようです。

その絵の描かれた貝殻にチョウセンハマグリが使われていた可能性を追求していましたが、結局ハマグリの殻が使われていたことが判明したので、「意外で、面白い話」にはなりませんでした。

デンマーク博物館の模式標本に話を戻せば、殻長が73.7 mm, 殻高が60.0 mmという大きさは、貝覆いの標準サイズ(小クラスで約9センチ)にかなり劣っています。また、描かれている絵は平安時代かその後の古い話が題材になっているようですが、絵のバックにあるはずの6角形の模様があるかどうか分かりません。つまり、デンマークにある殻が何年頃にどのような経緯でもたらされたものか、その詳細を知る必要があります。

私のヤマカンでは、貝覆いセットとして作られたものではないかもしれません。デンマークからの返事待ちが続きます。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-24 09:16 | Meretrix ハマグリ

柳の花粉集め

柳の蕾が膨らんで花が咲き出したら、ハナアブと思われる虫が花粉集めに来ています。
e0094349_10593310.jpg

e0094349_10595131.jpg
e0094349_10595877.jpg

忙しく飛び回っていて、シャッターチャンスがなかなかありません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-23 11:00 | その他の昆虫

ハマグリ稚貝の天敵がウヨウヨ

昨日も今日も早朝に冷え込んでミッキーの飲み水に氷が張っていました。太陽熱温水器の給水管の接続部が氷の圧力に負けて外れ、水漏れが起こっていたのを本日の午前中に修理しました。昨年の寒波の時は漏れて流れた水が凍ってツララができていましたが、今年はそこまで激しく凍りません。

海では午後の干潮がよく引くようになっています。昨日の午後3時前にGIビーチにでかけました。
e0094349_1934919.jpg

ミッキーは広くなった砂浜の上で走り回り、ご機嫌です。
e0094349_19342622.jpg

ホタルガイ(ムシボタルかもしれない)が出ているかチェックしたら、ものすごく沢山いました。チョウセンハマグリの0歳の稚貝の天敵です。プールのようになっているラネルの周囲の湿った場所に集中していました。
e0094349_19341836.jpg

砂の表面のすぐ下を潜航して進むので、歩き回った跡が良くわかります。
e0094349_19365575.jpg

この巻貝は1センチ未満の小さいものです。下のスコップはミニチュアです、念のため。
e0094349_19381456.jpg

とりあえず80個体ほど集めて持ち帰りました。1日たっても食べかすのチョウセンハマグリ稚貝の殻が吐き出されていません。まさか、殻が消化されて消えるようなこともあるかもしれません。

昨年の夏に生まれて冬を越すチョウセンハマグリ稚貝の大きさは1ミリ前後と思われます。それを丸呑みして食べるのがOlivella、つまりホタルガイの仲間です。昨年は潮間帯での発生数が少なく、採集数がわずかでしたが、今年は豊作です。捕食者がたくさんいるということは、餌も多いということでしょう。

生まれてから半年の0歳稚貝を見つけるのは至難の業ですが、ホタルガイの胃袋の中から見つけるのは簡単です。ホタルガイを捕獲する小型のドレッジを使って、潮間帯だけでなく沖にも集団がいるかどうか、それが天敵として重要であるかどうか、採集調査するべきです。

ホタルガイ・ムシボタルは潮間帯の最下部に出現します。しかし、集団の本体は水深5m前後にいるかもしれません。小倉ヶ浜ではこの天敵に関する基礎調査がなされていませんが、鹿島灘などでのデータを見るとサンドバーの沖側に集中分布している可能性が高そうです。潮間帯にウヨウヨいるということは、沖にはものすごい数がいて、稚貝をパクパクやっているかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-21 19:48 | その他の貝類

アムステルダム大学の合わせ貝

Zoological Museum Amsterdam, Faculty of Science のサイトを見つけ、合わせ貝が収蔵されている標本にありますかとメールで質問しました。
http://www.science.uva.nl/zma/collections.cfm/0B2F553C-7A9E-41D9-862BF056C9563EA8
アムステルダム市内にある、歴史の古い動物園ARTISに収蔵されていた標本を継承しているとの説明に期待したとおり貝類専門のRobert G. Moolenbeekさんが返事をくれて、それから一気に情報が増えました。

この方はSeashells of Eastern ArabiaやGuidebook to Pecten Shellsという貝類本を共著で出版し、インドネシアやカリブ海などの世界中の熱帯産貝類に詳しい研究者です。カリブ海のピンクガイStrombus gigasの貝製品について貝塚出土の製品について研究したり、インドネシアのジャワ沿岸の貝類相の滅失についてオランダ領だった頃の古いデータと比べた最近の変化(悪化、貝類相の多様性の減少)について報告しています。つまり、潜水野外調査もする、考古学にも手を出す、研究分野が分類オンリーではありません。頼もしい助っ人が現れました。

van der Meij, Sancia E T. / Moolenbeek, Robert G. / Hoeksema, Bert W. (2009)
Decline of the Jakarta Bay molluscan fauna linked to human impact
Marine Pollution. Bulletin, vol.59 no.4, 101 - 107.

昨日メール添付で送られてきたアムステルダム大学博物館で展示されている合わせ貝2組の写真ですが、それと一緒のラベルの日本語が達筆であるだけでなく、簡潔すぎて意味が読み取れません。日本国内のこの方面の達人の助けが必要です。
e0094349_90026.jpg
e0094349_90870.jpg

周防国、かもめ介(すけ、かい?)
湊?沼国、平家?ねはし

描かれた物語の地名と題であろうかと想像できますが、何だこりゃです。周防と平家しか分かりません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-20 09:06 | Meretrix ハマグリ

砂の循環

北西の強風が吹いている小倉ヶ浜の最南部を見てきました。

なぜか、カラスが群れていました。
e0094349_2018117.jpg


e0094349_2073266.jpg

砂の上に障害物があれば、その周りで渦ができ、周囲で堆積と侵食が起こって、面白いパターンが見られます。単純な竹竿でもこの通り。
e0094349_20182716.jpg

小倉ヶ浜では陸側から海に向けて吹く強風で、飛砂は海に向かって飛んで行きます。
e0094349_2092611.jpg

波が運んで浜に打ち寄せ、バームとして積みあげられた砂が海に戻ります。

冬の日本海沿岸や九州の西岸では強風が岸に向かうので、本来は砂は陸側に積もって砂丘が形成されるのですが、近年は乾いた砂が飛ぶような広い砂浜が消えて、海と岸の間で砂の自然循環が遮断されています。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-19 20:13 | 海岸

希少な色彩の組み合わせ

昨日も門川の庵川干潟でハマグリの死んだ殻を拾い集めました。生きていない殻だけを集めている変な潮干狩りです。周囲で普通の潮干狩りの人は二人見かけました。

収穫は上々で、最大9センチ弱、貝覆いに使えるサイズの合弁を1個と、最小は1センチくらいの合弁で、大小様々な色々な模様の標本が集まりました。海外との標本交換の備えができました。

獲物の中に特に奇妙な色模様の3センチクラスのハマグリがありました。ツメタガイに食われて穴があいていますが、合弁です。
e0094349_10481970.jpg

全体的に茶色で太い縞模様のスダレと呼んでいるパターンですが、その上に斑点模様があり、さらにジグザグのzonariaパターンが重なって出ていました。また、殻の後方のお尻(砂に潜っている時に上になって水管が出る位置の周囲)の上が黒くなっています。茶色の縦帯縞もゾナリア模様も共に出現率が低く、両方の模様が一緒に出た貝殻は今回が初めてです。ちなみに、天野(1937)が伊勢湾で調べた2751個体の中にこれらのパターンが重なった殻は一つもありません。天野の分類ではABEF型となってまさに珍品ですから、お宝にしておきます。天野の色彩型分類は以前のブログ(ハマグリの殻の斑紋)を見てください。
http://beachmollu.exblog.jp/i19/5/

デンマークとオランダの博物館の貝類担当の専門家からやっとこさ返事が来て、ハマグリの模式標本の謎解きが進んでいます。貝覆いの殻はかなり沢山ヨーロッパに流出していて、オランダには特に多いようです。平戸に滞在していたオランダ人たちが遊女と一緒に貝あわせゲームを遊んだときにくすねた物だったかもしれません。今のところチョウセンハマグリの合わせ貝はありません。

そろそろコペンハーゲンから標本の写真が来る頃なので、楽しみに待っています。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-18 10:56 | Meretrix ハマグリ

貝殻模様をPCで描く

The Algorithmic Beauty of Sea Shells (The Virtual Laboratory) by Hans Meinhardt
1995年初版で、すでに4版まで出ている本ですが、貝殻の上に現れる模様をコンピュータに描かせるというのが主題です。その初版が出てすぐ購入しましたが、付録として付いてきたフロッピーのプログラムが理解できなかったので、そのまま現在に至っています。

これの真似事は世界中で繰り返し行われているようです。
カリフォルニア大学バークレイ校サイトに大学院生による研究成果の宣伝がありました。
Sea mollusks taste their memories to build shells
By Robert Sanders, Media Relations | 01 April 2009
http://berkeley.edu/news/media/releases/2009/04/01_seashells.shtml
e0094349_2138284.jpg

BERKELEY — University of California, Berkeley, graduate student Alistair Boettiger has amassed a beautiful collection of seashells, but not by combing the beach. He created them in his computer.

これは神経細胞ネットワークモデルとかいうものらしく、元祖の化学反応の波動モデルとは一味違うようです。

本物の貝殻の模様を左に、コンピュータで作ったイメージを右に並べています。その中段右端のペアの二枚貝はマルオミナエシLioconca castrensisですが、これに見られる大小の三角形が複雑に組み合わされたパターンは類縁とは関係なしに、数多くの巻貝と二枚貝に見られます。

先日門川の庵川干潟で拾ったハマグリのハンペラの殻にこのパターンが見事にできていました。殻の大きさは約2センチです。
e0094349_21463818.jpg

この模様が出るハマグリはそれほど多くありません。出ても殻のごく一部に限られていることが多くて、この殻のような見事なパターンは珍品です。

Hans Meinhardt の本の第2版には134頁の8.6図で三角形模様について形成理論が展開されています。この著者は、ある1点から二つの方向に分かれて移動する「殻の色素沈着」を進める部分(外套膜の縁で貝殻の石灰質を沈着させるが、同時に、部分的に色素を沈着させる)の存在と、それを一斉に停止させ、その後に改めて同じような色素沈着を繰り返すようなメカニズムをモデルとしています。

下の8.6図にはマルオミナエシとそれに近縁の数種で見られる三角模様の多様性・複雑さを示しています。
e0094349_10444092.jpg

色素沈着の1点からの2分岐とそのオン・オフの繰り返しというモデルは分かりやすく、その中で、更なる複雑化したパターン形成を理解する基礎となります。成長線(停止線)の前後でパターンのリセットが行われていることが明らかに見えます。

台湾沿岸で採取され、現地の貝類愛好家によって「新種」として記載されたハマグリ類の殻を昨年末に入手しました。下は、台湾沿岸で採れた、それ以前のサンプルの中の似たようなパターンの貝と並べた写真で、左端の貝がいわゆる「新種」です。色模様だけが根拠の新種分類記載で、過去の分類モノグラフをまるで参照していない、「トンデモ新種」です。2世紀前だったらこのような分類記載は普通に行われていたのですが、今の時代に見られるというのはタイムスリップしたような感じです。
e0094349_10484514.jpg

このようなパターンはハマグリ属の各種で見られ、約200年前にラマルクがzonariaという種名をつけました。

模様が派手で変化に富んでいることで、形態の差異を忘れさせる効果があるようです。複数の別種にこの種名が付けられているようですので、ラマルクがどの種を想定していたか決め手が無く、現在の分類上はシノニムとされるようになっています。

台湾の自称新種もおそらくすでに記載されているどれかの色彩変異でしょう。しかし、この台湾北西岸の集団は殻の形態がハマグリとほぼ同じで識別ができません。しかし、分子遺伝的に分化が進んでいて、別種と見なされるほど酵素多型の型が違っています。熱帯海域のハマグリの分類が整理されていないので、これをどう見るか、悩ましい相手です。

Sowerby: Thesourus Conchilyliorum (1851年)に掲載されているCytherea meretrix, Fig. 50はこの台湾産のハマグリとそっくりです。
e0094349_1142378.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-02-16 21:55 | Meretrix ハマグリ

延岡市土々呂の櫛津干潟

延岡市南部で門川町と接する土々呂はリアス海岸で、妙見湾が深く切れ込んでいます。その中に広がる櫛津干潟にハマグリが生息していることが宮崎大の三浦教授のグループの調査で明らかにされています。

三浦知之・岩切真実・森岡主臣・狩野泰則(2007)
延岡市妙見湾(櫛津干潟)に出現する貝類と甲殻類
宮崎大学農学部研究報告 53, 43 - 57.
http://ir.lib.miyazaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10458/497/2/KJ00004555771.pdf

本日の真昼の干潮の潮位はそれほど引きませんが、この場所のハマグリをまだ調べていなかったので、とりあえず現地の様子を見に出かけてきました。

国道10号線ではマラソンの最中で、反対車線でゾロゾロとランナーが走っていました。その切れ目を突いて、海岸めがけて右折し、極めて分かりにくい道を進み、目的の干潟の西部にようやく到着しました。
e0094349_18325846.jpg

干潟はほとんどが干上がって露出していて、澪筋にカモなどが群れています。人影は全くなし。
e0094349_1834594.jpg

海岸沿いにミッキーと散歩しながら歩いていると、道端の排水路のところにハマグリの殻が捨てられていました。
e0094349_1835448.jpg

やはり、このあたりに分布するらしいのですが、見回したら泥干潟であってハマグリの成育にはあまりよい環境とは思えません。

海に近い場所に砂が楕円形に盛り上がって堆積している奇妙な地形があって、そこは近くの河口から出てくる流れの影響を受けているようです。砂堆の上では大きく育った木にトンビが止まっていました。
e0094349_184053100.jpg

その河口(幼稚園の脇)は底がカキでギザギザですが、川から湾に向かって魚(多分ボラ)の群れが泳ぎ出ていました。

河口部分にはウナギ獲り用のポッポ(筒)がたくさん沈められていて、その上を大群が泳いでいました。
e0094349_18471293.jpg

e0094349_1845929.jpg

e0094349_18444166.jpg

魚群が回転しながら移動するので水面が渦巻状になります。

魚影が濃く、海鳥も沢山いて、干潟の生命は機能しているようです。干潟の浄化作用が働いているようですが、周囲に人家が密集し、湾奥の山の上にゴルフ場が建設されていることを考えれば、これは不思議に思えます。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-14 18:50 | 海岸

天下一

寒波が戻って、今朝は霜がおりていました。

近所で未熟な?ウグイスが練習中のような鳴き声が聞こえ、紅白の梅の花弁が散っています。

庭に放置しておいた木瓜の花がほころび始めたばかりです。蕾は美しくても咲いてしまうと名前の通り。
e0094349_9202498.jpg
e0094349_9203138.jpg

オンラインの園芸ショップカタログで見かけて、名前に釣られて衝動買いしてしまった木瓜です。何しろ天下一という肩書きつきですから、遊びに来た弟がそのラベルを見つけて「俺のことだ」と喜んでいました。

大きな実がなるというのが売り言葉の苗でしたが、昨年は何も実らずでした。今年はどうなるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-02-13 09:24 | 植物