beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


バームが消えた砂浜

今朝は雨降りのため海岸へ出かけませんで、昨日の朝の写真です。

台風12号の大波が続いた影響を受け、GIビーチの砂浜が綺麗に平坦にならされました。
e0094349_15415760.jpg
e0094349_1542866.jpg
e0094349_15421626.jpg

夏の間にできた砂浜の凹凸がなくなって、バームの砂は沖のバーに移動したようです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-30 15:44 | 海岸

プラヌラの孵化

2週間前に準備不足でアンドンクラゲの卵発生をゆっくり観察できなかったため、
新しい個体が産卵してくれることを期待して繰り返し夜の採集に出かけました。

昨夜は2週間前と同様にラッシュアワーとなって1時間で9個体を捕獲でき、
そのうちメス1個体が帰宅後に産卵してくれて、放精したオスからの精子を
使って人工授精させることに成功しました。

昨夜9時半に発生開始で、今日の午後1時半頃に孵化が見られました。
写真は卵膜を破って泳ぎ出る時のアンドンクラゲのプラヌラ幼生です。
e0094349_1510246.jpg

孵化後のプラヌラは繊毛運動で泳いで視野から即刻消えました。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-29 15:10 | 立方クラゲ Cubozoa

アンドンクラゲの初期ポリプ

9月14日の採集時にバケツの中でアンドンクラゲの産卵がおこり、
それから受精・発生したプラヌラが2-3日ほど浮遊した後に定着、
初期ポリプとなって約10日のものです。
e0094349_21563930.jpg

複数のポリプの写真を組み合わせていますが、触手は2-3本です。

触手の先端に楕円形に見えるものは刺胞で、1本の触手に1個の刺胞が原則らしく、
稀に2個見られます。本体の体内にも刺胞が形成されていて、発射したら使い捨ての
補充が起こります。発射済みで未充填の場合はカラッポとなります。

さてこのポリプはとても小さく、刺胞でしとめてから体内に取り込んで消化する餌の
大きさに限界があるでしょう。

浮遊性カイアシ類の卵から孵化した直後のノープリウス幼生がギリギリの大きさ
だろうかと想定しています。餌の採集が大波の影響で難しくなっていたのですが、
そろそろ海に出かけて採集してポリプに食わせないといけません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-27 22:04 | 立方クラゲ Cubozoa

平岩港に砕ける大波

今朝の日の出時間は、週末のサーフィンを楽しみに熊本や福岡からやってきた皆さんが恨めしそうに沖を眺めている中を平岩港に向かって小倉ヶ浜の南端の砂浜を歩いてきました。

それでも大波にめげないで立ち向かっているサーファーが数名いました。
e0094349_20193630.jpg

平岩港のところから沖に伸びている防波堤の陰で少し波が低くなっています。

平岩港はもともと小さな岩礁の岬に無謀にも作られたので、大きな波のエネルギーが集中しています。
テトラポッドが積まれた中央部が凹んでいるのは、おそらく崩壊過程にあるのでしょう。
e0094349_20254067.jpg

港内で撮影すれば迫力があるでしょうが、遠くからでも相当見事な砕け波が見られます。
e0094349_202351100.jpg
e0094349_20235967.jpg

朝日が昇る時間帯はとても綺麗で、テトラポッドやコンクリートの護岸も見苦しさを感じません。

平岩港の航路浚渫で大量に溜まった砂の搬送がほぼ終わっていました。
そのために重機が往復していた通路には大波が届いていました。
e0094349_2028879.jpg
e0094349_20281690.jpg

普段の波が当たらない海岸植物の生育する砂丘の裾部分まで大波が来ていました。
e0094349_20294028.jpg

1000キロ以上の遠くからの波ではこの程度で済みますが、至近距離で台風が通過すればどうなるでしょう。

今回の時化の波で埋まった航路の新規「浚渫」工事が待っているでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-26 20:32 | 海岸

台風12号の置き土産

今朝の日の出はGIビーチで迎えました。
e0094349_22333553.jpg

大型の12号台風がはるか東を北上した影響で、強いうねりが押し寄せていました。
週末ですが、この波ではさすがにサーファーが来ていません。
e0094349_22375161.jpg

いつも散歩するコースに海水が押し寄せていて乾いた砂浜部分がほとんどありません。
e0094349_2238893.jpg

ミッキーと一周するコースを進むのが無理なので、海岸の上の道路を散歩し、
上から見下ろしたウネリの波の砕ける姿を撮影しておきました。
e0094349_2240332.jpg

塩見大橋から見たトドロバエに大波が当たって砕けていました。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-25 22:36 | 海岸

小倉ヶ浜に秋の気配

夏と冬とで潮汐のリズムが変わります。

秋はその入れ替わり時期になり、波打ち際の姿に変化が見られ始めています。

今朝のGIビーチは大潮の満潮時間で、波はバームに直接当たっていて、
繰り返しやってくる大きい波の波頭がそれを越えていました。
e0094349_1113598.jpg

汀線の姿に変化が見られるだけでなく、海岸植物にも変化が見られます。
草丈が2mを優に超える大きなススキの一種、ダンチクが大きな穂を出しています。
e0094349_119285.jpg
e0094349_1193853.jpg

Arundo donaxというダンチク(giant cane)の学名はナミノコガイ類の属名Donax
同じ種名で、学名で学術情報検索の時に強いノイズとなります。西欧では外来種で
悪者扱いです。ダンチクは笛を作る材料になり、原産地での用途は色々あります。

donaxという言葉の意味は「クサビ」の形を意味しています。ナミノコガイ類の貝殻は
クサビ型で、砂の中に素早く潜る形です。ダンチクの種名がdonaxとなっている理由
はわかりません。

海岸のアクセス道路に奇妙な実をつけた蔓性植物を見つけました。その花がどのようで
あったか記憶していません。
e0094349_11213812.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-09-24 11:22 | 海岸

ミミイカの産卵

アンドンクラゲ採集の際に捕獲して飼育中のミミイカが水槽の中で産卵しました。
e0094349_15342682.jpg

底面循環ろ過のエアリフトの管の曲がり角の下にに固めて産み付けました。
卵数は100近くあると思います。

水槽内にあり、目視で正確な測定ではありませんが、卵細胞の直径が1.5ミリくらいで、
それを包む球形の卵のうの径は約3ミリです。

動画検索で、ヨウツベにミミイイカの産卵中の映像がオンライン公開されています。
砂潜り行動も、2本の腕で器用に砂を掻き揚げて潜る姿を見ることができます。

産卵したということは、おそらく交尾済みで、いずれ赤ちゃんが孵化するでしょう。
頭足類は一般に産卵後に死亡するので、今後は赤ちゃんの飼育が課題です。

ミミイカ種苗生産について 増殖室 八木秀志 (愛媛県水産試験場)
http://www.pref.ehime.jp/060nourinsuisan/210cyuyo-suisi/00007513051226/tayori/V08/08mimiika.pdf
仔イカは生き餌しか食わず、アミ類が天然の餌という相手なので苦労しそうです。

小倉ヶ浜の潮間帯の砂中に(本来多いはずの)アミ類が非常に少ないのが難点です。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-23 15:33 | その他の動物

小倉ヶ浜の朝日

夜のクラゲ採集に出かけた翌朝も海岸の散歩に出かけています。
素足で湿った波打ち際を歩く快感は捨てがたいものがあります。

20日の夜のアンドンクラゲは2個体だけだったので、
そろそろ繁殖シーズンの終わりかもしれません。

21日の朝はGIビーチでしたが、朝日がすでに射していました。
駐車場所から浜に降りる景色が抜群によい海岸です。
e0094349_8391856.jpg

このビーチは小倉ヶ浜の最北部にあって、はるかかなたの4キロ南に今朝出かけた
サーフィン・ビーチがあります。

カラスがチョウセンハマグリを食べる岩場が新しくできています。
e0094349_8432628.jpg

掘って獲った稚貝をいつもの遠くにある食卓までもって行かずにすむ、
近くて便利な場所を開拓しています。

今朝は日の出前にビーチに到着しました。
朝日の出る景色を狙っているカメラマンが2名いました。

サーファーたちも日の出の時間が好きなようです。
e0094349_845362.jpg

沖に小型漁船が1隻見えましたが、ハマグリ採りではなさそうです。

海岸に赤い眼をした熊のような動物がいました。
e0094349_847058.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-09-22 08:47 | 海岸

マムシとノウサギ

日向市に来て5回目の夏に初めてマムシを見ました。今朝の散歩道に転がっていた死体です。
e0094349_11491727.jpg


この家のまわりに、昔は沢山マムシがいたと脅かされていたのに全然出会わずでした。

他のヘビ類では珍種のシロマダラや綺麗なヒバカリ、そして普通にいるシマヘビ、ヤマカガシ、アオダイショウのほぼ全種が回りに出てきています。

朝から草刈隊が来て、ホタルの里の周辺環境整備をしてもらっています。
トット君もそのメンバーで、先ほど草刈中に発見したノウサギの仔を連れてきました。
e0094349_11511287.jpg

無茶苦茶に怯えていて、ジットすくんだままです。

飼育するわけにも行かないので、親のところに戻れるかどうかわかりませんが、
草刈が終わったら放免しましょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-20 11:53 | 日記

珍客登場

昨17日の夜、念のため門川の庵川に出かけてアンドンの残党が出ているかどうか見てきました。

結局、小さいアンドンクラゲが1個体現れただけです。

繁殖が終わった親クラゲが消えつつあるのかもしれません。
満1年で命をつなぎ、秋から春は小さなポリプとして無性的に増える時代です。

狙った相手は1個だけでしたが、久しぶりに面白い動物がやってきました。

昔、三崎の臨海実験所の海岸の桟橋で灯火採集していた時によく出てきたミミイカ君です。
e0094349_8584640.jpg

退屈していたのでひしゃくですくい取り、空いていたバケツに入れて持ち帰りました。

飼育用の水槽にいれたら、底面ろ過のジャリの中に潜ってしまうという驚きがありました。

ミミイカが砂の中に潜ることは、あるダイバーのブログでコメントがありましたので新発見ではありません。

餌を食べてくれればよいペットになりそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-09-18 09:02 | 日記