beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧


日向市から宮崎市青島までのドライブ

東九州自動車道の未完成区間の一つ日向市と門川町の間が開通するまであと4日となりました。これが開通すると日向市から北へ向かう延岡方面が若干早くなり、しかも無料開放実験区間となるので門川町内を通る片道1車線の国道10号の渋滞が少しだけ解消されるでしょう。ただし、延岡から北の大分県佐伯との間はまだ数年後の開通予定のようです。

日向市から南へ宮崎市に向かう区間は高鍋まで未完成です。高鍋は日向市と青島の中間点にあって、ドライブ中にちょっと休憩するポイントとしています。国道10号と220号で日向市から青島まで渋滞がなければ約80キロを2時間で走ります。

自動車道の高鍋と西都の間が最近開通し、そして無料化となり、一ツ瀬川の10号線・日向大橋の最大のネックである渋滞が改善されるように思えます。新富町から宮崎市(佐土原)に入る、この日向大橋は複線化工事が進められているようですが、完成はかなり先になりそうです。

宮崎市内の渋滞は一ツ葉有料道路で海岸沿いを走り、大淀川をまたぎ、空港の脇を抜けて220号線に出る道をとれば避けることができます。しかし、北線と南線が直結していないままの、世にも不思議な有料道路です。東九州自動車道の西都・高鍋間の完成で北線の存在意義(宮崎市の市街地をバイパスすること)は薄れています。

西都ICから宮崎ICまで走るためには、清武JCTから宮崎自動車道を走らなければならず、1区間だけ有料となっています。料金は300円で一ツ葉の南北合計400円より安くなり、運転時間も10分程短縮できます。

さて、本日は西都ICからの二度目の自動車道利用で青島までドライブしました。西都までは広域農道と県道40号線で都農、川南、木城経由です。農道沿いの黒木巌さん宅に立ち寄り、直販店で野菜などを購入するため、国道10号から行きませんでした。

デジカメには撮影時間が記録されるので、要所要所でシャッターを切って撮影してみました。ピントが合わないのは走りながらの撮影なのでしかたありません。両手のハンドルは放さずカメラのシャッターを押すという技を磨きました。写真は適当にクロップしています。

午前9時に出て買い物で道草しながら、高鍋ICまでの所要時間は1時間ちょうどでした。農道から40号線を尾鈴山の山麓を走っていたら、現在工事中の東自動車道と2回交差しました(写真は09:51)。
e0094349_19182243.jpg

路上には数箇所に切原ダム建設反対の看板が見られます。川南町と県は口蹄疫にやられて財政が悪化しているはずですが、この農業用ダムの関連負担に耐えることができるのでしょうか。
e0094349_19235169.jpg

木城町に入ると自動車道に「誘導するサインがありました(09:55)。
e0094349_19261349.jpg

小丸川沿いに東に向かい、自動車道に出ます(09:58, 09:59)
e0094349_19273822.jpg
e0094349_19274916.jpg

インターに入って自動車道のスタート(10:00ジャスト)
e0094349_1929226.jpg

宮崎までの走行距離が看板に出ていました。
e0094349_19295781.jpg

先行するトラックが超安全運転で、制限速度の70キロより10キロ低い速度でした。

おかげで、追い越し路線区間があるところで後続車のダッシュが続きました。

新富町に入ったのが10:05です。
e0094349_19325779.jpg

前回の通行時に見つけた「わき見注意」の大きな看板を撮影しておきました。
新富町の新田原(にゅうたばる)基地のジェットが低空で飛ぶので、それに気がとられるためです。今回は飛んでいませんでしたが、前回はジェットと立体交差しました。沖縄の嘉手納基地脇の国道58号にもこのような看板が必要かもしれません(10:08)。
e0094349_19355854.jpg

西都市に入り、西都ICのところを通過したのは10:10でした。
e0094349_19372368.jpg
e0094349_19373277.jpg

西都を抜けて次は国富町に入ります。この自動車道はかなり内陸部を走っています(10:16)。
e0094349_19385685.jpg

続いて大淀川を渡って宮崎市に入り、宮崎西ICは10:25に通過。
e0094349_19445095.jpg

清武ICは10:31に通過。
e0094349_19461729.jpg

終点の宮崎出口が近づき、料金所には10:37に到着。
e0094349_19481874.jpg

料金300円を払って自動車道から出るとすぐ、一ツ葉道路との複雑で危険な合流場所があります。
e0094349_19494680.jpg
e0094349_19495768.jpg

国道220号線に合流し、空港入り口の分岐点を10:40に通過。
e0094349_19514482.jpg
e0094349_19515325.jpg

この国道220号線は時速制限で60キロとなっていますが、事実上高速道路並みなので、皆さん80キロ以上で走っています。道路標識にわざわざ「この道路は高速道路ではありません」と書いたものがあるのが笑えます(一ツ葉道路にも同じことが書かれた標識があります)。

ところが、面白いことに、運動公園付近から「突然」50キロ制限になっています。
e0094349_1956857.jpg

これを見落としてスピードを緩めない間抜けなドライバーが、いつも速度違反で捕まっている場所が数箇所あります。路上にも大きく50キロと書いてあるのですが、スピードを落とさなければならないような道路状況ではないので、警察の「お気に入り」の稼ぎ場所となっているようです。

この道を走っていると上空を二羽の(コブ)ハクチョウが飛んで横切りました。
あっという間で、写真には撮れていません。

運動公園を10:44に通過、青島街道(旧国道)に10:48 に入りました。
e0094349_1959492.jpg
e0094349_200515.jpg

南宮崎から日南・志布志方面に向かうJR日南線のこどもの国駅を10:49に通過。
10:50に目的地の青島に着きました。
e0094349_2035661.jpg
e0094349_2041010.jpg

買い物の寄り道をせず、最初から国道10号線で進んでいたら、10分以上前に着いていたはずです。
つまり、日向市から青島までの正味運転時間として、一ツ葉道路経由よりも高鍋から自動車道を利用した方が(120分対100分で)20分程度短くなるようです。

高鍋から日向市まで自動車道が完成する数年後には90分で青島までの片道ドライブとなるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-30 20:10 | 日記

パッションフルーツの冬支度

パッションフルーツの鉢植えを3株大事に育てています。そのうち2回目の冬を迎える1株は大小の青い実を6つつけたままです。今年購入した2株は大きな葉をつけて成長を続けています。

これまでは、家の前のミッキーの囲いこみスペースにおいて、垣に取り付けた網のフェンスに登らせておいたのを、越冬のため、からまった「まきひげ」を切断して網から外し、鉢の中の支柱にまとめました。
e0094349_11132348.jpg

現在3株はベランダの特等席に移動して、1坪サイズの簡易ビニール温室の到着を待っています。
G11というベランダに置くだけの温室で、約3万円、それに加えて9000円の小温室用の温度調節、加熱送風器の出費となりました。
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/minatodenk/cabinet/00770835/img55988317.jpg
これで3株ともこの先の冬場を乗り切ってもらうつもりです。

パッションフルーツが占拠していたスペースにはシマサルナシの鉢植え苗を移動させています。
e0094349_11142246.jpg

この苗の元になった野生株の採取場所がわからなくなっていますが、多分、近場のオスです。盛んに新鞘を出して成長を続けています。

このシマサルナシと一緒の鉢にウラジロマタタビの苗もあり、来年は一緒にフェンスに登らせます。
e0094349_1119517.jpg

井戸小屋の南側には久住から来たウラジロマタタビ、実生苗から3年目が伸びていて、さらに通販で購入した赤い実がなる「ハーディ・レッド」というサルナシの園芸種が家の南西角に伸びて屋根まで届いています。
e0094349_11204282.jpg

サルナシ・マタタビ果樹園とは別に、庭でも各種のサルナシ類が成長を続けています。

来年は、自宅でサルナシ類の花が咲いて実がなることを期待しています。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-29 11:22 | サルナシとマタタビ

冬将軍の先触れ

今朝6時に起きて、けっこう寒いなと思ったら、北側の屋外で一面の霜でした。

焚き火で切り株の焼却をやっている場所の周辺は真っ白しろすけ。

途中まで掘って、放置した杉の切り株のところで、午前7時ころの様子です。
e0094349_19332567.jpg

地面の草どもが綺麗に霜化粧していました。
e0094349_19333360.jpg
e0094349_19334117.jpg

日向市の今朝の最低気温のデータを見ると4度です。

日向の気象観測所は塩見地区のどこかなので、距離的には近い場所のはずですが、わが家は山間部の谷間で、もっと低温になるみたいです。

昨夜見た天気図で高気圧が上空にかかってくることは知っていて、放射冷却による早朝の温度低下も予想していました。しかし、寒気の襲来はないのでパッションフルーツは大丈夫だろうと思っていました。家の南側では霜にならず、露だけだったのでかろうじてセーフ。

明日の朝も冷え込みそうなので、パッションフルーツの大鉢3個を霜が当たらない軒下に移動させました。

さきほど、午後7時に放射温度計で避難先のパッションフルーツの葉面温度を測定したら、すでに5度に低下していました。新兵器の温度計で、レーザー光を当てた場所のピンポイント温度が測定できます。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-27 19:41 | 日記

岩礁海岸で咲いている黄菊、白菊

本日は、「片付け衝動」に駆り立てられ、朝から夕方まで家の内外の整理整頓でした。

ミッキーのお散歩は近所だけ、いつもの林道です。

昨日でかけたGIビーチの海岸で、白い菊の花が咲いていることに気づきました。駐車場からビーチに降りて、黄色い菊が咲いているのは南側で、白いのは北側です。一緒に咲かずに、住み分けているのが奇妙でした。

黄色い方はすでに紹介済みですが、咲き方と葉の特徴の差異をはっきりさせるために写真を撮り直しました。
e0094349_1844267.jpg
e0094349_18443492.jpg

白い方の写真です。園芸店で売っている菊と同じようにも見えます。栽培されたのが逃げたものか。
e0094349_18453575.jpg
e0094349_18454320.jpg

どちらの菊も岩にへばりついて育っているし、塩分の影響を受けても平気なようです。
園芸店で購入した白と黄の菊を庭のワンコのお墓の上に植栽したのですが、数年で消えました。海岸で育っている菊たちの野生的な逞しさを見ていると、消えてしまったことが不思議でなりません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-26 18:50 | 海岸

ヤグラの消滅

天敵さんが苦労して建設したモニュメント、誰のために何のために建てられたのか意味不明(本人いわく、目立てばいいんでしょ)の構造物が家の裏の土地(借地)から消えました。

種から3年育て、大きく育ったポポーの苗33本を来春にも植栽するべき場所を考えた結果、ヤグラの場所を使いたい、そしてヤグラの材木が腐りかかっていて危険な構造物となっていたためです。

設計・建設理念?が立派なテゲテゲだったので、その存在は人目を引きましたが、利用者(上に登った人)数は建設後3年で、のべ(本人をのぞき)年間数名程度という低い利用率でした。美里町西郷区にある、山上のモニュメント(夢開の塔)に匹敵する利用率でしょうか。

ポポーの農園はサルナシ・マタタビの栽培とドッキングしています。ポポーの木質が風に弱いのでサルナシ類の植栽ゾーンが防風帯を兼ねています。

アメリカ南東部(宮崎県と似た気候帯)原産のポポーは、文献によると、森林の中で高木に囲まれて育つ中位の樹種のようです。苗は紫外線に弱いので、実生苗の栽培の最初の数年間は直射日光を避けるそうです。ポポーが風に弱いことも、おそらく他の樹木が風を受けてくれる環境で育つことだろうと想像しています。

ポポーの栽培が日本で普及しなかった事には色々な理由があったと思いますが、アメリカでは育種・品種改良が進んでいて、タバコ栽培の代替作物としてポポー果樹園の普及が南部諸州で進められています。

宮崎県でも全国一の規模のタバコ栽培は頭打ちから減産が進むでしょうから、今のうちに代替作物栽培の研究に取り組むべきです。テゲテゲ農事試験場による、サルナシ類には眼もくれず、ポポーってなんね?では困ります。県の農林水産分野の試験研究の成果報告書をオンラインで見ると、悲しくなります。

サルナシ類の栽培理念については過去ブログをどうぞ。

宮崎県の山間部の農地保全と蔓性果樹、特にサルナシ類
http://beachmollu.exblog.jp/10747041

さて、天敵タワーですが、20日開始で翌21日までの二日間に解体が終わりました。
解体中の経過をほとんど撮影していなかったのが少しだけ惜しまれます。

20日の天辺が取り除かれた時の様子です。
e0094349_8254699.jpg

本日(25日)朝の様子は下の写真の通りで、綺麗になっています。

タワーのあった場所には草が残っています。

切り株の除去とヤグラ解体作業中に巻き添えにならないように枠でガードしておいた山桜とダラの木は無事でした。伐採後に自分達で勝手に育ってきた樹木達です。このような樹木は育つのに時間がかかるので、移植を視野に入れて、大切に守ってきました。
e0094349_82799.jpg

杉の切り株をユンボで抜き取ったものを山積みした様子(20日)は下の写真です。
e0094349_830816.jpg

今朝までにヤグラの廃材で燃やした姿、焼け跡が下のようになりました。
e0094349_831595.jpg
e0094349_832854.jpg

切り開いた地面を見てまわると、あちこちにモグラさんたちの活動した痕跡が残されていました。
e0094349_8335098.jpg

サルナシの苗を植えた場所でもトンネル作業をされているようです。
e0094349_8342978.jpg

苗が傷む恐れがありますので、対策を考えます。

タワーの跡地などで、ユンボが入れなかった場所に切り株がまだかなり残っています。

通路として邪魔な位置の切り株を取り除くために、株の周りを掘ってみました。
e0094349_8365074.jpg

杉の切り株は垂直方向に根っこが伸びていないので、水平方向の根株を切断して簡単に取り除くことができます。しかし、掘ることは簡単でも、切断作業中の腰痛の再発の危険があるため中止しました。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-25 08:38 | 日記

海岸で花盛り

本日、22日は一日中雨で、ミッキーの散歩はお預けです。

夕方、コンポストを購入するつもりでJA経営のホームセンターのグリーントップに出かけました。農業資材のコーナーによく似たものがありましたが、穀物入れでした。そこにいた店員に聞いても「コンポストって何?」という有様です。

日向市内には、このグリーントップ以外に、HIヒロセ、ホームワイド、ナフコ、そして駅前のトライアルと合計5つのホームセンターがあるという乱立状態です。人口約6万の地方都市としてこれだけの数がある所は珍しいでしょう。最近、さらに、日向市から南の10号線沿いに雄鶏マークのホームセンターが次々に出現してるのも驚きです。日本海の各地で多く見かけていた系列ですが九州に進出でしょう。

コンポストは後のこととして、グリーントップの店内に入ると、売れない商品を叩き売りしていたので衝動買いを続けました。LLサイズのウエーダーが格安だったので、自分用はすでに持っているのに購入、奥野川でホタルの里つくりの調査で川に入るサポートメンバーのために購入しておきました。奥野川の上流の川岸にあった地鶏の養鶏場が廃業したので、カワニナの復活作戦を本格的に始めたいと思っています。

業務用の大きなアルミ鍋があったので、屋外で闇鍋パーティを楽しむことができそうなので購入しました。本当は、ハマグリなど大型の貝をまとめて煮るためです。

その他、パンを切る長い包丁がただ同然だったので買いました。

カーテンも格安を買いました。最初に取り付けて5年なので、そろそろ取替え時です。

他のホームセンターでも叩き売りをするときが楽しみで、特に宮崎市内のハンズマンの店が有名です。

さて、今日の写真は昨日GIビーチで撮影した海岸の花盛りです。種類は知りませんがキク科でしょう。
e0094349_19172374.jpg
e0094349_19173110.jpg
e0094349_19173842.jpg

あちこちの岩の割れ目から育っているタフな植物です。
e0094349_19182929.jpg

アゼトウナというものによく似ています。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/compositae/azetouna/azetouna.htm

海岸ではツワブキが花盛りですが、わが家や周辺のもののようにならずに、平べったくなっています。
e0094349_19195337.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-11-22 19:20 | 植物

リンドウが花盛り

リンドウを種から栽培してみたら、野生の時の姿と違う、見事な花の咲き方を見せてくれました。
e0094349_20241578.jpg
e0094349_20242342.jpg
e0094349_20243078.jpg
e0094349_20243729.jpg

小さな種をプランターに密に撒いてしまって、小さな苗が込み合っていたものの一部を鉢に移し、その鉢をホタル増殖水路の上において(底から水が上がるようにしておいた)、今年初めて大きく伸びました。

長く伸びた1本の茎からずらっと花が並んで咲いている姿は野生では見られません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-21 20:28 | 植物

果樹園の準備

自宅の北側の約300坪の土地は、サルナシ採取を一緒にやっている木登り上手なKさんの所有で、借地としています。

この土地は杉が植林された約30年前のさらに前は桑畑だったようで、土地はかなり肥沃です。

サルナシ類を植栽した場所は竹が3本、互いに支えあう支柱としています。20セットほど作っています。天敵さんが建てた棚と連携させています。

サルナシ・マタタビの植栽ゾーンを林道から見た様子です。手前に天敵さんが植えたコナラの苗が並んでいて、いずれ街路樹のようになるでしょう。
e0094349_19394154.jpg

4年前に杉が伐採され、その切り株が残っていたので使い勝手が悪かったため、サルナシ類だけかと思っていましたが、幸いにも切り株を取り除くとこができたので、次はポポーの苗を植栽することにしています。
e0094349_19361776.jpg

今日は、天敵さんによって彼が建てた櫓の解体作業が始まりました。テゲテゲに作ってあって未完成のまま丸太や板が腐食し、危険な構造物となっている上に、ポポーの植栽予定地を塞いでいます。

北側の土地は整地してビジターの駐車場とする計画です。
e0094349_19355975.jpg

この土地の北東側(写真の左手の向こう側)の奥野川沿いの元水田も借地にしていますので、それを見下ろす位置に、ビジター用の簡単な休憩場所をつくり、ホタル鑑賞、スポーツ観戦(下の土地でバレーボールなどができるはず)、そしてバーベキューなどができるように整備します。

100m南の奥野河川プールに駐車場とトイレがあるので、そこも利用でき、近隣の皆さんが集まって色々な催しができる場所にしたいと考えています。

櫓の3階部分が撤去され、その廃材を補助燃料にして杉の切り株を焼きました。
e0094349_19373446.jpg

切り株の山を全部焼き終えるのはまだ先のことになりそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-20 19:42 | サルナシとマタタビ

赤岩川の河口

涼しくなってからミッキーがオーバーヒートでバテて動けなくなる心配がなくなり、昼間でも砂浜の上を自由に走らせることができます。赤岩川は普段の流量が少ない(吉野川はもっと少ない)小河川で、膝までの深さしかなく(吉野川はくるぶしまで)、ミッキーはバシャバシャと川を渡って向こう側に遊びに行ってしまいます。

コンクリート階段と向こう岸のゴルフ場の護岸の間を抜けた位置から、流れは大きく南に蛇行しています。河口のところのカラスが群れていました。多分、何か獲物が打ちあがっていたのでしょう。波浪は普通の二段砕けで高さは1.5m程度でしょう。
e0094349_1841818.jpg

河口に対してやや斜めに流路があり、沖で砕けた波のなごりが上流に向けて「ミニポロロッカ」となって逆流していました。

下の写真は河口付近です。
e0094349_1862547.jpg

上流に向けて蛇行していますが、逆流は蛇行の変曲点まで届いていました。
e0094349_188628.jpg
e0094349_188151.jpg

逆流と川の流下とが、せめぎ合っていました。

塩見川では逆流が河口から数キロも上流まで上っていることがあります。
大潮の時に潮の変わり目を狙えば、大きな強い逆流が赤岩川でも観察できるはずです。
e0094349_1883975.jpg
e0094349_1884751.jpg

蛇行している部分では、流れの南側の縁の砂がえぐり取られていて、南側に流路が移動中であることがわかります。
e0094349_18104547.jpg

砂が削られていない北側にはシギが数羽いて、何かわかりませんが盛んについばんでいました。
e0094349_18121659.jpg
e0094349_18122476.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-11-19 18:15 | 海岸

メキシコハマグリ

ハマグリ類の標本の総点検のため、今年のはじめに福井市自然史博物館の収蔵標本をそっくり貸し出していただきました。

その時に出会ったモンスターのような巨大な二枚貝について1月31日の過去記事で紹介しています。
http://beachmollu.exblog.jp/12065697
チョウセンハマグリというラベルがつけられていた貝殻でしたが実際はメキシコハマグリであったわけです。

福井市自然史博物館から依頼され、同館の「博物館だより」に自然史リレーエッセイの作文をすることになって、このメキシコハマグリとの出会いをテーマとして書きました。そのプリントが郵送されてきたので、出来上がったものをスキャンしてご紹介します。(クリックで拡大)
e0094349_19114565.jpg

アメリカ、カリフォルニア州のFish and Gameの研究者から贈呈された大小シリーズの貝殻写真がプリントでは小さくてわかりにくいので、大きい写真をどうぞ。
e0094349_18591348.jpg

福井市自然史博物館に収蔵されたハマグリ類の標本として特記されるべきことは、地域絶滅した東京湾産の現生の殻標本が多数あることです。湾岸の貝塚から出土したハマグリの殻標本は沢山ありますが、現生の標本が集団として残されているのは(私が知る限り)この博物館だけです。また、日本海沿岸のハマグリとしても、福井県高浜町の自然貝層から出土した縄文時代のハマグリの殻が多数あるのも他にない貴重なサンプルです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-18 19:03 | Meretrix ハマグリ