「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


河川プールに結氷

昼食後、買い物のため、下界に向けて1時過ぎに家を出て奥野川の上の小原(こばる)橋を通過中に異変に気がつきました。河川プールの堰のところで水面に「さざなみ」が見られないゾーンができていました。
e0094349_163562.jpg
e0094349_16317100.jpg
e0094349_1632597.jpg

太陽に照らされているのに、昼過ぎまでプールの一部で水面に氷が張ったままでした。買い物を済ませて3時に帰宅した時は、すでに消えていましたが、とにかくこのようなことは移住後5回目の冬で、これまで見たことがないことです。何でもそのせいにされる地球温暖化のせいでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-31 16:06 | 日記

渡り鳥と鳥インフルエンザ

養鶏だけでなく、北海道から鹿児島まで、全国的に各種の野鳥にH5N1(高病原性)鳥インフルエンザが発生しています。あたかも野鳥がウイルスを運んでいるかのようにも見えますが、渡りをする鳥の種類ごとに渡りの時期とルートの詳細についてわかっていないこともあって、漠然とした憶測に留まっているようです。

野鳥、特にカモの仲間がキャリヤーになっているらしいことはすでに指摘されているのですが、それぞれ種類と集団ごとの渡りのルートは調査されているのでしょうか。鳥の渡りは、一般論では、南北移動です。H5N1がらみの情報について前回の2007年の時に調べたことをおさらいしてみました。

日本では学者も中央行政も視野が日本中心になっていて、鳥インフルエンザの分布が熱帯アジアから中国を中心としていることを忘れているようです。そのため、本来は国際的な現象ですが、すでに国境防疫は破綻しているので、今では国内での二次的な拡散・拡大に翻弄されているわけです。

厚生労働省はチョンボ続きで失点を重ねてきましたが、同省サイト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index.html#section01
で鳥インフルエンザの情報発信を見ると、農水と環境省が意図的に隠している重要なポイント:WHOとOIEからの「世界各地で確認された人の鳥フル感染患者と死者の数」を出しています。そのマップを貼り付けておきます(2011年1月25日までの最新情報)。クリックで画像は大きく見えます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/pdf/03.pdf
e0094349_11172096.gif

昨年末までの情報をまとめた別の地図もあります。
e0094349_1143481.gif

農水省は鳥インフルエンザが発生するとなぜ公費で殺処分が行われるのかを一般市民にわかりやすく説明することをせず、変異したウイルスが人に感染する恐れについて無視しています。

下のサイトでは鳥インフルエンザ関連の地図情報をとりまとめて掲載しています。ただし、2009年まで。
Perry-Castañeda Library Map Collection
Avian Influenza Maps on Other Web Sites
http://www.lib.utexas.edu/maps/avian_influenza.html
このサイトには下のような渡り鳥の世界的な「回廊」、つまり主な往復ルートの概念図があります。鳥たちの渡りルートと無関係な東西方向の拡散も大きく、時期的にも整合しないので、人為的な拡散、つまり人がウイルスを何らかの形で広げていることは確かなようです。

人がウイルスを運んでいるとすれば、東南アジアや中国本土で蔓延している鳥インフルエンザは、ホンコンやシンガポールなどのハブを経由していつでも日本に侵入するはずです。
e0094349_115371.gif

標識調査で一部の鳥たちが季節的に南北に渡ること、同じ集団が繰り返し同じ場所を往復する傾向などが少しだけわかっています。しかし、たとえば宮崎県の各地、主に河川に、冬の訪れと共にやってくる鳥たちが夏の間はどこにいるのか、それがわかる十分な調査が行われているのでしょうか。

国内でのH5N1ウイルスの拡散と維持に関連する基礎調査を前回の4年前にサボった「つけ」の取立ては高くついています。野鳥の調査を少しだけやったようですが、キャリヤーとなる可能性がある豚と野生のイノシシについて抗体検査は行われていたのでしょうか。

口蹄疫でも野生動物についてまともな調査をやっていないので、もし土着化していたら3月頃に再発と言う悪夢が来るかもしれません。臭いものに大急ぎで蓋をするだけで終わらせるやり方は改めるべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-30 11:37 | 鳥インフルエンザ

フジノハナガイの稚貝

ナミノコガイは小倉ヶ浜では極めて少ないのですが、同じ仲間のフジノハナガイは多く、特に南の吉野川河口の近くで高密度ですが、一番北のGIビーチでも見られます。

ホタルガイの仲間の胃袋からチョウセンハマグリの稚貝とフジノハナガイの稚貝が見つかるので、GIビーチで干潮の時に砂の表面をよく見て、小さい水管穴のところを表面近くだけ砂と一緒にすくい取り、稚貝を洗い出しました。下の写真のメッシュは2mmです。
e0094349_152615.jpg

上の写真の40個体が採集できましたが、大きい丸い2個と「ハ」の字の見える小さい1個体はチョウセンハマグリの1才半(2009年夏生まれ)と昨年生まれです。大きいほうの殻の表面に小さい個体の大きさとほぼ同じサイズの時の成長(停止)輪が見えます。これは冬に成長が止まっていることを示していると思われます。

フジノハナガイの産卵期と成長のデータはまだありませんが、おそらくナミノコガイと同様でしょう。

上の写真のフジノハナガイの稚貝37の中の大きい2個体はおそらく2009年生まれ、そして大多数の小さいのが昨年生まれと考えられます。

フジノハナガイがナミノコガイと同様に1センチ超で成熟するとすれば、大きい2個体の兄弟・姉妹は今度の夏に繁殖すると予想されます。

ナミノコガイは満2才の夏に1回目の繁殖、その後2年間は大きくなりながら(3センチまで)繁殖を繰り返し、4歳以降でほぼ死滅するようです。フジノハナガイは2センチどまりで、寿命は3年くらいだろうと予想しています。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-29 15:40 | ナミノコガイの仲間 Donax

小鳥の撮影は難しい

300mm望遠レンズのデジカメ撮影をテストしてみて、小さい野鳥を捉える難しさを体験しています。

ジョウビタキが周囲を飛び回っているので簡単に撮影できると思ったのが見事に失敗。ほとんどピントが合いません。望遠レンズの被写界深度が浅いからと、自動焦点が背景に行ってしまうからのようです。マニュアルでのピント合わせは動き回る相手では通用しません。

デジカメのメモリーカードの容量が巨大化しているので数打てば何とかなると思っていたのが浅はかでした。

本日の練習で何とか見られる写真はホオジロを撮った1コマだけでした。
e0094349_15355276.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-01-27 15:36 |

ホンコンの野鳥に高病原性鳥インフルエンザ

宮崎県と鹿児島県で拡大中のH5N1、高病原性鳥インフルエンザについて海外情報を見ていたら、先週1月17日と18日にホンコンで野鳥に発生していました。ホンコンでは12月にも発生したということです。下の地図で緑の三角印の場所です(WAHIDサイトからダウンロードしました)。21日に最初の報告が出ています。
e0094349_1128560.gif

国際獣疫局に出された報告によると、ホンコンでは、1月17日にシキチョウ(四季鳥:熱帯アジアに分布)と18日にハシブトカラスがそれぞれ1羽ずつ、死骸で見つかったとあります。ウイルスの遺伝子配列の確認作業を進めているとありますので、日本で発生した系統とのかかわりはいずれわかるでしょう。ホンコンでは野鳥、養鶏場やペットなどについて引き続き全国調査を進めているので、これからまだ新たに出てくるかもしれません。

シキチョウについて情報検索してみたら、ハシブトカラスと同様に人間の周囲で極めて普通に見られる鳥であることがわかりました。

ついでに、JAPAN TODAYの昨日のニュースで、ホンコンは日本からの鶏の輸入を再度(昨年の島根県の発生で禁止後、12月28日に解禁したばかり)禁止したそうです。
Hong Kong bars Japan poultry imports  Tuesday 25th January, 02:11 AM JST
http://www.japantoday.com/category/business/view/hong-kong-bars-japan-poultry-imports

ホンコンでは、昨年11月に鳥インフルエンザ患者が報告されていて、中国本土を旅行中に感染したものと思われています。

一方、お隣の韓国で続いている口蹄疫については、牛と豚の全国での全頭ワクチン接種が進められている最中に新たに2件発生しているそうです。そして、追い討ちで新たなH5N1の発生確認がありました。

http://crofsblogs.typepad.com/h5n1/ 鳥フルのブログサイトから一部引用します:

January 25, 2011
Korea: FMD still not abating, new bird flu culls ordered
Via JoongAngDaily, a lot of bad news: FMD still not abating, new bird flu culls ordered.

The ministry, meanwhile, confirmed two new bird flu outbreaks late Monday, with one case involving an egg-laying chicken farm in Sangju, North Gyeongsang, which had not been affected by the avian influenza in the past.
All 201,000 chickens at the Sangju farm have been ordered culled along with 8,300 ducks at a farm in Icheon, Gyeonggi.

Counting the new cases, the country has reported 37 outbreaks since the first was confirmed on Dec. 31. And 5.15 million birds have been culled so far.

韓国では昨年12月以降、合計37例の高病原性鳥インフルエンザH5N1が発生し、5百万羽以上が処分されたとあります。

WAHIDサイトで韓国当局から出た報告を見ると同国の「極めて悲惨」な状態が良くわかります。

下のマップで見ると、韓国では国土の全体に口蹄疫が拡大していています。
昨年の宮崎県よりも1桁多い家畜などが殺処分されたそうです。(上のニュースと同じソースから引用)
More than 2.62 million cows, pigs, goats and deer have been culled and buried at a cost of over 2.5 trillion won ($2.2 billion).
e0094349_120660.gif

韓国のH5N1についての最新報告は近日中に提出されるでしょう。

近年のホンコン、韓国、そして日本での口蹄疫とH5N1の発生はほぼシンクロしているようです。

渡り鳥伝播説が破綻しているにもかかわらず、相変わらず人間によるウイルスの運搬・拡散についての徹底調査がなされていないように思われます。

野鳥にH5N1ウイルスが広がっていることは、すでに起こっている拡散の結果でしょう。ウイルスの感染ルートには1次的なものと2次的なものが複合しているので、それぞれを識別して徹底的に調査し、仮説検証を進めるべきです。口蹄疫もH5N1も共に関係各国に土着化していて、今後も季節ごとに発生を繰り返すかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-26 12:16 | 鳥インフルエンザ

天敵の天敵、カラスの潮干狩り

小倉ヶ浜の北端、GIビーチでチョウセンハマグリの稚貝のモニタリングを続けています。

砂浜の潮が引いた時に露出するゾーンでは、2008年と2009年生まれの稚貝が見られ、現時点でそれぞれ1センチと3センチ前後になっています。2010年生まれの当歳稚貝はまだ小さくて目視ではわかりませんが、多分1ミリ前後でしょう。

干潮は通常1日に2回あって、昼間と夜で低潮面の深さが異なり、冬は昼間より夜の方がよく引きます。春になると昼夜の干潮の引き方が逆転しはじめ、昼間に大きく潮が引くようになります。潮干狩りが春の行事となっているのは、この潮汐パターンの変化が背景になっています。

南半球では季節が北半球と逆転していても、潮汐周期は同じなので、その季節変化は反対になります。オーストラリアの海岸では3月ごろ、南半球の秋が潮干狩りによいシーズンになります。

カラスがチョウセンハマグリの稚貝を潮干狩りで盛んに食べていて、干潮で露出するところはほとんど食べつくしているようです。そして、露出しないところではヒトデ類とツメタガイやホタルガイなどに食われています。潮干狩りは昼間の行動ですから、冬の夜の干潮で露出する広大な潮間帯の下部では食われていないでしょう。

春の潮干狩りシーズンにカラスたちも海岸で活発にチョウセンハマグリの稚貝を食うようなので、その詳細を撮影するためのデジタル1眼レフに超望遠レンズをつけて待機しています。

昨日は飼育用のホタルガイ類を採集するために出かけ、望遠カメラの用意なしだったのが悔やまれますが、カラスが上空から稚貝を岩の上に落とす行動を初めて目撃しました。
e0094349_10561016.jpg

1羽が上の写真の岩の上空から口にくわえていた貝を放り投げました。貝が壊れなかったらしく、このカラスは盛んに貝を突いていたようです。その邪魔をしないように遠くから眺めていました。
e0094349_10561958.jpg
e0094349_1056274.jpg

しばらくして、貝が割れなくてあきらめたのか、貝をくわえたまま別の岩に移動しました。
e0094349_10563564.jpg

↓の所に移動したカラスがいますが、上の方に先客が1羽います。遠くに見える別の1羽はスナヒトデのお食事中です。
e0094349_1123083.jpg

スナヒトデはあちこちでカラスにやられてバラバラになっています。
e0094349_1122255.jpg

e0094349_1124366.jpg

潮溜まりの砂の中で隠れていたヒトデは無事でした。上の写真は砂に潜っていた奴です。
e0094349_1123798.jpg

スナヒトデは二枚貝の天敵ですが、それをさらにカラスが食べているので「敵の敵は味方」であっても、カラスが強力な天敵であることに変わりありません。

カラスに掘り出されたチョウセンハマグリの稚貝ですが、かなりの割合でそのまま砂の上に放置されています。
e0094349_1174793.jpg
e0094349_1175666.jpg
e0094349_118570.jpg

これが何を意味するのかよくわかりません。餌の大きさ(岩の上で割りやすい大きさ、または食べやすい大きさが選別されているのか?)はそれほど関係ないような印象です。

せっかく掘り出した餌を放置して、別のえさを探り続ける奇妙な行動です。カラスは極めて賢い鳥なので、何か意味があるはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-23 11:14 | Meretrix ハマグリ

日向岬の日本一の柱状節理海岸

ひむかのジオパークの目玉は何と言っても海岸景観の美しさと地形の多様性にあります。

岩礁海岸では柱状節理の奇岩が作り上げた景観が優れています。その代表的な「馬ヶ背」は、少しは名前が知られているようです。しかし、柱状節理の海岸は全国に点在していて、日向岬のものに注目してもらうためには工夫が必要です。

細島港から海岸めぐりの遊覧船がありますので、天気が良い時期にお勧めでしょう。

飛島丸(とべしままる)馬ケ背遊覧船
http://www.geocities.jp/umagasahyugamisaki/index.html

20日の午前中、この遊覧船をチャーターして、岩松フンちゃん先生を含む6名で海上遊覧してきました。

天気は、前日の好天から変わって、あいにくの曇り空で、写真撮影には難しい陽気となりました。しかし、凪で波が出なかったのは、この時期として幸いでした。

細島港を出航して外海に出る前に、現存するものでは日本一古い細島験潮所があります。明治時代から1世紀以上、海水面の記録をとり続けている地点で、現在は自動的にデータを取得してます。
e0094349_9591552.jpg

これも一種の「地質遺産」としてジオパークの構成要素となるでしょう。海水面の記録は同時に地盤変動を記録することになり、前のブログでも紹介したように、日向岬での地盤は過去1世紀極めて安定していて、日向灘地震や南海地震のときにほとんど上下変動を記録していません(対岸の足摺岬の験潮記録では1946年の大地震で2m近く地盤が隆起しました)。

この遊覧船のチャーター費用を工面してくれたのは天敵さんで、船の上でご満悦でした。
e0094349_104591.jpg

下は馬ヶ背のところを海から見た写真です。上から見えない洞穴があります。
e0094349_1055337.jpg

米の山のパラグライダー用の斜面が見えました。あまり利用されていないみたいですが、日向岬と小倉ヶ浜の絶景の組み合わせを上空から見て楽しめるはずです。
e0094349_1065920.jpg

平日でしたが、磯釣りを楽しむ人たちが大勢いたのには驚きました。
e0094349_1091715.jpg

遊覧線は瀬渡しを本業としてやっていて、釣り場の移動をアシストしていました。
e0094349_1092669.jpg

柱状節理の上を犬を連れて「散歩」していた人を見かけて、これにもびっくり。
e0094349_10111436.jpg

曇り空で暗くて、波に揺られる船からの遠くの写真はよくとれていませんが、日向岬の周辺の特に見事なスポットを紹介します。柱状節理の姿や浸食状況が様々で、場所場所でかなり変化があります。
e0094349_10142610.jpg
e0094349_10143576.jpg
e0094349_1014434.jpg
e0094349_10145132.jpg
e0094349_10145897.jpg
e0094349_1015714.jpg
e0094349_10151598.jpg

北アイルランドには世界遺産として認定されている柱状節理の海岸があります。
Giant's Causeway
http://www.giantscausewayofficialguide.com/
http://www.youtube.com/watch?v=bBARpgnYKvU

日向岬はこれに勝っていても劣るものではないと思います。
世界一と自己主張してよいかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-21 10:15 | 海岸

民主党の看板倒れ

日向市駅でフンちゃんを出迎えてから、市の職員も一緒に塩見川沿いの中国料理店で昼食をとりました。

この店の駐車場脇にあって、ずっと以前から気になっていた看板を撮影しておきました。
e0094349_825464.jpg

この姿は民主党の現状を象徴しているのではないでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-20 08:25 | 日記

沖田ダムのマシジミ

10日前に参列したJAの葬祭場で風邪ウイルスをたっぷりいただいたらしく、日向市移住後の5年目にして最初の風邪引きでした。熱は出ないで鼻水だけ、フンちゃんの講演がある19日までに直すように、暖かくした部屋でぐずっていました。これまで「バカは風邪をひかない」と嘯いていたのですが、「バカでも風邪をひくことがある」と囁いています。

延岡在住のブログ読者の方からメール連絡があり、沖田ダムで発生している二枚貝の写真が送られてきました。それを見たら、マシジミのようです。何でダムに発生しているのか、気になったので、風邪が抜けた昨日現場を見てきました。

沖田ダムは比較的新しい「治水ダム」、つまり洪水を防ぐ目的で建設されたようです。下流の農地を洪水から守る名目の農水の防災ダムと同じようなものでしょうが、管轄は国土交通でしょう。貯水が主目的ではなく、大雨の時に貯水して下流の洪水を足止めするために建設されたようです。
e0094349_9304745.jpg

ダム本体の貯水状況は設定された水準より低いようでしたが、渇水期だからでしょう。大雨の時だけ水を溜める、堤防の高さに余裕があるダムです。
e0094349_933827.jpg

ダムの周回道路(延岡市の市道)は1週が8キロ余りで、マラソンの練習用に距離標識がありました。

上流部が公園になっていたので、その辺にシジミがいるのかと思って川に出てみたら、3面張りのコンクリートになっていたのでびっくり。美しい渓流を固める行政と市民の神経に大きな疑問符がつきました。
e0094349_9364811.jpg

小さな谷間の渓流が何本かダムに流れ込んでいますが、これでは貯水目的に建設できないでしょう。
e0094349_947114.jpg

渓流の川底のジャリにはシルトが堆積していて、河川昆虫やホタルの餌のカワニナは少ないようです。コンクリートで固める「整備」をせず、生物が息づく自然環境を保全していたらホタルの名所になったかもしれません。

渓流はシジミが生息できそうにない環境だったので、ダムの水が溜まっている部分だろうと思って周回道路を移動したら、「親水広場」の看板がありました。
e0094349_9424783.jpg

e0094349_9422418.jpg

「広場」まで降りていってみたら、自宅の裏庭にも負ける狭い「広場」でした。
e0094349_9445792.jpg

岩石で岸を固めていて、「親水」はないでしょうが、その端っこに土砂の斜面がありました。
e0094349_9484185.jpg

そこでマシジミとご対面です。土砂の中から外に出て転がっている状態でした。
潜っている貝はジョレンで掘り起こす必要がありますが、その道具を持って出かけなかったので、転がっていたものだけ採集して持ち帰りました。

生きているもの9個と死殻1個。
e0094349_9512486.jpg

暖かくなってから本格的に調べてみますが、ダム湖の水が富栄養化して、シジミの餌が増えているのでしょう。

ダム湖の富栄養化には周囲の植物の枯れ葉などが貢献しているはずです。水は溜めっぱなしで水位変化が乏しい状況で、太陽光を受けて植物プランクトンが冬でも多いようです。

ダムの周回道路から林道がいくつも枝分かれしていましたが、新しいのが1本、作業道として建設中でした。ダム湖の上の斜面でも最近伐採された禿山部分がありました。
e0094349_9562773.jpg

宮崎県ではダムの周辺で大規模な林業・伐採が行われているのでいつもびっくりしています。ダムに土砂が早くたまって使えなくするように「努力している」みたいです。

このような状況をドゲンカセントイカンのですが、1期で引退する知事のことを考えていたら、誰かにそっくりなことに気がつきました。
e0094349_9585897.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-01-18 09:59 | シジミの仲間 Corbicula

裏庭のアオサギ

アカガエル(ニホンとヤマ)は冬に繁殖しています。低温のため、卵からオタマまで発生がゆっくりです。

特に雨の後で暖かい日にケロケロとかわいい鳴き声を出しているので、ヘビが活動していない今の時期に産卵集合する戦略は有効かもしれないと思っていました。

ところがどっこい。もっと強力な天敵がいました。カエルが大好きなアオサギ君が居ついています。

はじめは放棄水田に水を張った、アカガエルの主な産卵集合場所で狩りをしていましたが、次第に大胆になっています。ホタルの幼虫を飼育するため、庭を半周する水路を造って、井戸水を常時流しているのですが、そこでケロケロ鳴いているカエルを狙うことを学習してしまいました。

水田から畦道を登ってゆっくりゆっくり、慎重に歩いて裏庭にやってきます。
e0094349_9524722.jpg
e0094349_9525563.jpg

キッチンの窓から見ていると、こちらが動かなければ気がつかないらしく、それでも慎重に周囲を警戒しながら歩いています。そのうち、ニワトリみたいに堂々と歩き回るかもしれません。

このアオサギ君は、夏場にトノサマガエルを狙ってやってきていた奴と同一と思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-14 09:56 |