「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


砂浜海岸の地震による圧縮沈降

東日本大震災で東北地方の海岸平野が水没したこと、それに伴って砂浜が消失したことがわかりました。

大地震では、場所によって、地盤の隆起や沈降が起こります。しかし、海岸の(沖積)平野や河口デルタなどでは、堆積物のcompactionによる沈降が伴っていると想像されます。この英語に対応する日本語は「圧縮」ですが、水を含んだ堆積物の場合、堆積物(土砂)の間隙にある水が土砂粒子の圧縮で押し出されて「締まる」ことを意味します。

埋立地が大地震の時に「液状化」に伴って水が湧き出て地面が沈降する現象は、これと同様です。今回は千葉県浦安市などで大規模なインフラの破壊が起こったことが知られています。

大昔の大地震を探る調査では、実効的な密度が異なる水、砂、礫、岩石、人工物(木材)などが上下に移動した痕跡を見つけ出すための発掘が行われます。特に液状化による「噴砂」の痕跡が過去の大地震を見つける有力な指標になります。

東北地方太平洋沖地震災害1 水田の地割れと液状化・噴砂 (農山漁村の今昔物語)
http://blog.goo.ne.jp/arimay/d/20110410

東北地方太平洋沖地震災害2 水田の液状化・噴砂孔
http://blog.goo.ne.jp/arimay/d/20110411

寒川 旭
地震考古学 ―遺跡で調べる地震の歴史―
生産研究 55, 417(2003) .
http://www.jstage.jst.go.jp/article/seisankenkyu/55/5/417/_pdf/-char/ja/

大地震による堆積物の圧縮(それに伴う地面の沈下)がどの程度なのか、それを専門に調べた論文・報告はみつかりません。堆積物を載せている岩盤も同時に上下移動しているので、分離して評価することは難しいでしょう。この問題に関連する地質専門家に問い合わせてみましたが、よくわからないようです。そこで、砂浜の圧縮沈下について小倉ヶ浜の砂を使って簡単な予備実験をやりました。

実験には直方体のガラス水槽(内面が85x85、高さが200mm)を使いました。
e0094349_10321953.jpg

海水を入れてから、小倉ヶ浜の砂(細砂)を少しずつ落とし込んで、物指しの目盛で下から130mmまで埋めました。上澄みの海水は適宜取り除いています。(底から砂の表面までは140mmです)
e0094349_10371279.jpg

次にガラス壁を横から繰り返し軽く叩くと砂の層が沈降して海水の上澄みが現れます。軽い振動で約10mmほど沈下しました。
e0094349_10413969.jpg

e0094349_1171326.jpg

その後さらに、水槽を持ち上げてテーブルの上に落とすことを繰り返し、さらに10mmほど沈降しました。
e0094349_10432821.jpg

最終的にどこまで圧縮できるのか確かめていませんが、静かに堆積した砂の層が振動によって上下に15%程度まで圧縮されることがわかりました。

実際の沖積平野の砂浜で地震の振動でどこまで圧縮(地面の沈下)が起こりかを知るためには、詳細な現場の堆積状況についての情報と、それが地震の振動でどのように応答するかを見積もらねばなりません。また、砂の自重と波浪の振動による圧縮がどのように関係するかも調べないと予測できません。

一般人には砂浜はどこでも同じように見えるかもしれませんが、それを構成する砂の粒子の起源と性状(比重や磨耗度など)は多様であり、砂を載せている地盤のtopography起伏や砂の層の厚さも変化に富んでいます。砂浜の生物・生態研究は極めて遅れていますが、地球科学の分野でも同様に遅れています。基礎研究が進んでいないまま、海岸工学で構造物中心の防災対策がやみくもに進められていることは問題です。

今回の地震と大津波で、砂浜に建設された(莫大な税金が投入された)構造物が徹底的に破壊されました。その実態を徹底的に調査して、今後の防災で柔軟な発想のもとで生態と環境破壊を伴わないような道を探るべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-25 11:01 | 津波と地震

渡川ダムの貯水率

サルナシ類の開花状況を調べるにはまだ早いが、新緑の山を探索する森林浴に出かけることにしました。

渡川(小丸川の支流)のダムが渇水で底が見えるかどうか(4月20日に)確かめてきました。

このダムに関する情報と2005年7月に撮影された写真が「ダム好きさん」サイトにあります。
http://damsuki.com/dams/nph-txt.cgi/2818/htm/1.html

美郷町南郷支所企画観光課:
<渡川ダムはヘラブナの宝庫で、各地の太公望から人気の高いスポットです。>
http://www.miya-shoko.or.jp/nango-v/no02/damu.html

スーパーカブ110で渡川ダムから上渡川へ(1,2,3)
http://blogs.yahoo.co.jp/f86fsabrejp/27284270.html
http://blogs.yahoo.co.jp/f86fsabrejp/27290103.html
http://blogs.yahoo.co.jp/f86fsabrejp/27296714.html
上のブログサイトに、おそらく4ヶ月前のダム湖の写真があります。

渡川ダムのデータが記載された看板です。
e0094349_7295649.jpg

ダムの堰堤を下流側から見た様子とその下流の状況です。
e0094349_731512.jpg
e0094349_7311560.jpg

県道からダム湖を見下ろすと水面がはるか彼方に見えます。
e0094349_7325924.jpg

事務所で尋ねたら、20日午後現在の貯水率は1.4%だそうです。

ダム湖の周囲は樹木が生い茂っていて見渡せる場所がほとんどありません。

2005年の大雨で道路が崩壊した場所から撮影しました。
e0094349_7354486.jpg

最近購入したカーナビ画面で見ると撮影した位置と高度がわかります。
e0094349_7365618.jpg
e0094349_737814.jpg

ダムの上流で県道39号線と234号線が分岐する山草橋から見た上流部の様子です。
e0094349_7394222.jpg

時間が遅くなったので渡川の本流には向かわず、山草谷から39号線で神門に出てから日向市に戻りました。

その途中で国道446号線沿いの小丸川の本流を撮影して「おきました。
e0094349_7443044.jpg

小丸川の本流は水が涸れていませんでした。同様に国道327号線沿いの耳川上流もしっかり流れていました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-21 07:48 | 河川・水路・堰

渇水中の田植え

奥野川と同様に赤岩川でも農業用取水堰のところがカラカラに乾いています。
e0094349_18364592.jpg

しかし、その赤岩川の流域では水田で田植えがほとんど終わっていました。
e0094349_1838714.jpg

その水はどこから引いているのかよくわかりませんが、耳川から引いているのかもしれません。

宮崎県内では一ツ瀬川の発電ダムが真っ先に貯水率ゼロ(発電できなくなった状態)となり、続いて度川ダムもゼロに近くなっているようです。

宮崎日日新聞サイトの記事: 
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=37399&catid=74&blogid=13

水没集落渇水で出現 西都・一ツ瀬ダム 2011年04月19日

 長引く少雨で水位が下がっている西都市・一ツ瀬ダム周辺の東米良地区(旧東米良村)で、ダム建設時に水没した集落の住居や学校跡、旧道、棚田が姿を現し始めた。
 地元の人たちによると、1963(昭和38)年のダム完成以来、当時の集落跡が広範囲で確認できたのは初めてという。


田植えが終わった水田でも、今後も渇水状態が長引けば深刻な事態になるかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-19 18:53 | 田んぼと里山

海に戻る砂

18日は南西の強風が吹いたので小倉ヶ浜の砂浜では北東方向に、つまり海に向かう飛砂が見られました。

浜の上で風が強まると、乾いた砂が地上スレスレに飛びます。
http://www.youtube.com/watch?v=DbUBXYOlE2I
海面に落ちた砂は海底の砂に合流し、循環しています。

動画を撮影中、浜ではミッキーとハートを自由に走らせています。
http://www.youtube.com/watch?v=XygblASI0YA
ミッキーとハートがじゃれる、珍しいシーンが見られました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-19 07:24 | 海岸

飛砂の中を走り回るミッキー

4月15日午後5時頃、小倉ヶ浜のウドノセの砂浜で、強い南東風による飛砂が見られました。

ミッキーを見たいという某ファンのご要望に応え、飛砂の中を走りまわる所を録画しました。
e0094349_742026.jpg

ようつべは下のURLからどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=9yC-0oPAHRk

砂が飛ぶ時の強風は砂の上に風紋を残します。
e0094349_7434120.jpg

障害物の周囲で渦巻く風の当たり方しだいで、砂の堆積と運び去りが起こります。これは水中の砂が強い流れで動くことと良く似た現象です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-16 07:47 | 海岸

ポポーの開花

サルナシ類各種はすでに新芽から新葉が出ていますが、ポポーは今週になってから新葉が開き始めました。接木苗から育てている木では、葉が出る前に花芽が出ていて、昨日から開花が始まっています。
e0094349_1235826.jpg

e0094349_12353535.jpg
e0094349_1235459.jpg
e0094349_12355368.jpg

色も形もユニークで、何度見ても不思議な花です。下を向いて開くのは何故でしょうか。

外来種の植物であり、授粉昆虫がいるかどうかが鍵です。いなければ人工授粉が必要となります。

実生苗から育てた1本は4年目で4m位の高さになりましたが、まだ花芽ができておらず、花を咲かせていません。しかし、スタートは同じだった接木苗から育てた高さ1m半くらいの3本の木には花が沢山咲いていますので、今年こそ実をつけてくれるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-12 12:43 | ポポー pawpaw

砂丘を育てる飛砂

海岸地形の一つとして(津波と高潮に対する)防災と生態・環境に重要なものでありながら、日本中で軽んじられている砂丘について、その形成・維持過程と保全についての理解を一般市民に深めてもらわなければならない。まずその手始めとして、砂丘を育てる飛砂のメカニズムを紹介したい。

飛砂は砂浜海岸で強い風が吹くときに砂が飛ぶ現象である。風速が毎秒約8mから乾いた砂が飛び始めるが、台風の暴風の時は砂が濡れていても飛ぶらしい。

砂粒の大きさがある程度決まった粒の大きさに揃う自然の仕組みがある。(海水中でも似たような現象があって、波と流れの影響で砂粒が淘汰されるため、外海に面した砂浜で細砂が主になる。)

こまかい埃は風で飛び散ってしまうが、砂粒(便宜的な定義で粒径が2.0~0.0625mm) は飛んでは落ちることを繰り返す。特に「細砂」と呼ばれる粒径0.25-0.125mmの範囲は風の力で飛びやすく止まりやすい(それより大きいと飛びにくく、そしてより小さいと止まりにくい)。

参加型教育プログラム SAND FOR STUDENTS
トップページ >> 砂のテキストブック >> 砂とは何か?
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/sand/ja/textbook/text02.html

日向市の小倉ヶ浜のように冬の季節風が九州山地によって遮られている海岸で見られる飛砂は、日本海北部沿岸や九州西岸(例えば吹上げ浜)のように激しくない。

小倉ヶ浜では、海から陸に向けて吹く強風で砂丘が成長するが、その堆積速度はとてもゆっくりである。赤岩川の河口で階段護岸の裾の部分とその前に設置された(何のためのものかわからない)コンクリート構造物を観察で推測すると、過去4年余りで10センチ程度であろう。

下の写真は昨日(2011年4月7日)の階段護岸の南端部:
e0094349_13125429.jpg

e0094349_1317313.jpg

上を下の2008年6月19日の写真と比べると階段護岸の最下部が砂の堆積で埋積され、コンクリート構造物は、そのほとんどが砂に埋まっている。(アカウミガメの産卵上陸の足跡が見える)
e0094349_13172429.jpg

この堆積砂は護岸の南側の砂浜からの飛砂によっている。

昨日の午後は、赤岩川の流路が南に大きく蛇行し、乾いた砂が広がっているところから南東の強風で飛砂が起こっていた。川筋の湿った表面が黒っぽいので白い砂が上を飛ぶ様子が良く見える。
e0094349_13193727.jpg

この様子をコンデジの動画に記録しておいたのでYOUTUBEで見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=ic0TCdBXCmE
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-08 13:23 | 海岸

庵川の干潟(門川町)

beachmollusc ひむかのハマグリ : 門川町の在来ハマグリ  2008.3.11
http://beachmollu.exblog.jp/7485981

上のブログで記録したように、3年前にまとまった数のハマグリ標本を得た門川町の庵川西干潟の様子を見るため、4月6日大潮の午後の干潮時に見てきました。

公園と漁港のため埋立てられて、わずかに残されたマルバエ川河口の干潟です。水門から川の水がわずかに流れ出ていました。
e0094349_810474.jpg

干潟の奥の方は泥が堆積していますが、干潮の汀線付近では砂が多く、ハマグリが成育する干潟の条件を備えています。砂泥の凹んだところにはコアマモが成育しています。
e0094349_8244826.jpg

今年は、先月から見ていて、潮干狩りをする人の数が極めて少ないようです。
e0094349_8123232.jpg

奥の方で泥を掻き分けている所はスダレハマグリがとれているようです。干潟の砂泥の表面で合弁の二枚貝の新しい死殻を探していて多く見つかるのは、シオヤガイとスダレハマグリでした。ハマグリは古い殻ばかり。
e0094349_8145618.jpg

この干潟にはツメタガイが多く、その卵塊である砂茶碗がポツポツ見られます。
e0094349_8162956.jpg
e0094349_8163799.jpg

水温が上昇して昼間に潮が長く引くこれからの時期に消えてしまう海藻が繁茂しています。種類は確認していませんが、オゴノリの仲間が多いようです。
e0094349_8185413.jpg

沖合いの養殖筏から千切れてきたものかもしれないフクロノリの塊が汀線付近に転がっていました。
e0094349_8194919.jpg

収穫はほとんどありませんでしたが、浜辺でトビのピーヒョロロの鳴き声を聞きながら、春の日差しを受けて干潟を歩き回ることはよい気晴らしとなりました。
e0094349_8215614.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-04-07 08:22 | 海岸

干上がった奥野川の河床

塩見川の支流である奥野川の農業用水・取水堰のすぐ上流にある広域農道の橋の上から昨日午後に撮影しました。
e0094349_9452968.jpg

河床が干上がっているのがわかりますが、夏場は近所の中学生達が水浴びして遊んでいる場所です。

この写真の場所では昨年度の末期に重機が入って川の底面を平にする様な工事をやっていて、何のつもりだろうといぶかっていました。

また、それより前に、橋の架け替え工事の後で川底のジャリを浚渫して橋の脇の空き地に山積みしていたことがありました。

奥野川のこの場所の上流数キロ地点までアユが上っていて、足で踏んづけて捕まえたと言う昔話を聞いています。ウナギやモクズガニも多かったそうです。少し前の昔にはカワニナとイシマキガイがいっぱいいて、ホタルの乱舞が見られた川ですが、ゲンジボタルはほぼ消滅しています。

この流域の上流では新しい鶏舎が建設されていて、ホタルの里の復活など、遠い夢になりそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-05 09:56 | 河川・水路・堰

尻無し川

砂浜海岸の小さい川では渇水期に河口部分が消えます。水が砂の下に潜って流れているだけになって、砂の表面は乾き上がるからです。それは「尻無し」川とあだ名されています。

渇水状態が続いているので、(砂浜の上の流路が二回目の工事で直線化された小倉ヶ浜の南部にある)吉野川では河口が消えているだろうと思い、現地に出かけて確認してきました。

日曜日でしたが、昨日の小倉ヶ浜海水浴場(実際はサーフィン場)の駐車場は閑散としていました。

コンクリート階段を下りて、吉野川の方向にワンたちと歩きます。ミッキーは自分の行きたいところに勝手に進む悪癖がついていますが、ゴールデン・レトリバーのハートは歩調を合わせて一緒にお散歩です。
e0094349_8101279.jpg

吉野川が蛇行していた時の流路は平岩港の航路浚渫砂で埋められています
e0094349_813922.jpg

e0094349_812169.jpg

松林の前面で砂が堆積を続けている古い護岸の脇から吉野川が浜に出ています。

乾いた砂浜の幅が100mくらいあって、海に向かって半ばを越えたあたりまで水が残っていましたが、汀線付近は伏流していました。
e0094349_817291.jpg
e0094349_8171045.jpg

川の水は表面的に見ると海に流れ出ていません。
e0094349_8171929.jpg

この水路の直線化は川の流量が増えるとリセットされ蛇行状態に戻るでしょう。

一度予算化されれば、過去の実績をもとに永遠に工事が繰り返されるという、実に見事な税金の無駄遣いの仕組みができています。

川のお尻が隠れて見えないまま、行政による合法的な悪行の尻尾を捕まえて「お尻ペンペン」お仕置きすることは困難です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-04 08:20 | 海岸