beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


3種そろって初見

屋外の午後8時半の気温が20度以上でほぼ無風状態、ホタルの飛ぶ条件が整いました。

8時半から9時まで、ヒメボタルは2個体、ゲンジとヘイケが合計10個体余り、ただし地上や樹上で光っているものがほとんどで、飛び回っていたのは数個体だけでした。

交尾中のヘイケボタルのペア1組を確認。

デジカメ内臓のLED照明で接写しましたが、ほとんどがピンボケとなりました。
e0094349_21155469.jpg

上がゲンジ、下はヘイケです。
e0094349_9154793.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-05-31 21:16 | ホタル

マツクイムシシーズン

台風2号の影響は小倉ヶ浜ではほとんど無しでした。最終的に風が沖に向かって吹いていたため、打ち上げられたものも特にめぼしいものがなく、磯乞食にとって面白くない結果に終わりました。

小倉ヶ浜では毎年恒例の殺虫剤散布が始まります。
e0094349_86235.jpg

ベクターのカミキリムシが実際にどれだけいるか、また殺虫剤の散布でどうなるかも何も調べられない、さらに松の健康管理もなし、枯れ木は放置されたまま、海岸林を死の静寂に導き、天敵の鳥たちやクモを追いやり、砂浜の生態系も巻き添えにしています。

例えば、砂浜のイカリモンたちも成虫になる頃でしょうが、どうなるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-31 08:09 | 海岸

蛾のファッションショウ

家の周囲でホタルはまだ光っていませんが、様々な虫が現れています。その中で外灯に集まってくる蛾の仲間の色彩・模様と形が多様で面白いのですが、種類が多すぎて同定が面倒くさいため見て見ないふりをしていました。

最近目立っている黒マントの蛾はホタルガによく似ていて、同じようなオレンジ色の斑紋が見えます。しかし、ホタルガ独特の白い帯が羽根の上にありません。
e0094349_97637.jpg

オンライン図鑑で探してみましたが、全くわからず、降参です。

今朝は地味な模様の蛾3種の画像を残しておきます。もちろん、名前はわかりません。
e0094349_994061.jpg
e0094349_994857.jpg
e0094349_995762.jpg

そのままファッションのデザインに盗用できそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-27 09:11 | 蛾と蝶

救命胴衣の漂着

このところ北東から東の強風が吹き続けて、小倉ヶ浜では岸に向かう飛砂が見られます。

赤岩川河口のコンクリート階段に砂が堆積して下の段上には砂丘に育つ海浜植生ができつつあります。
e0094349_930303.jpg

汀線の打ち上げではミズクラゲが出現しました。
e0094349_9311328.jpg

オレンジ色の救命胴衣が打上げられていたので検分したら、長期間漂流したものらしくエボシガイが付着して成長していました。
e0094349_9325573.jpg
e0094349_933428.jpg

所有者の名前も何も記載されていないので、海上保安庁に連絡しようがない、ただの打ち上げゴミです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-26 09:35 | 海岸

美しい蛾

蝶は昼間飛ぶ蛾、と言われています。それが正しければ蛾は「夜の蝶」になりますね。それはさておき、蝶にくらべて蛾の多様性は圧倒的です。昼間飛んでいるやつらもいるし、美しさでも負けていないものを見受けます。

今朝見つけたものは、すてきな緑色をベースにして、それを不思議なパターンの茶色の影で引き立てています。
e0094349_8301969.jpg

何かのカモフラージュにしても、これは目立ちますね。

オンライン図鑑で名前を探したら「(アシブト)チズモンエダシャク」のようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-25 08:32 | 蛾と蝶

ポポーの実など

庭のポポーの実が順調に育っていて、小指の先くらいになっています。枝先に一つだけのものからクラスターになったものまであります。大きな葉が茂って、実を隠すようになりました。
e0094349_12472995.jpg

e0094349_12484268.jpg
e0094349_12484951.jpg
e0094349_12485818.jpg

ポポーに横にあるユスラウメの実が赤くなり始めました。
e0094349_12495117.jpg

ユスラウメは、上から見て、鳥の眼が届かない葉陰に実が着いています。
e0094349_125009.jpg

少し離れた場所で西洋グミも真っ赤に熟しています。

熟したグミの実は真っ赤になって目立っているのに鳥が食べないのは何故でしょう。
e0094349_12525528.jpg

e0094349_1253394.jpg

ホタル見物の時期に熟すグミやユスラウメは、お客をもてなすのにちょうど良い果物です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-24 12:55 | ポポー pawpaw

オオミズアオがやってきた

他人のアドレスでスパムメールを送りつけるやからがいますので要注意です。アドレス帳に侵入されたようで、リストの皆さんに送信されていると思います。

今朝は5時半頃にウドノセに着いたら、なんとタヌキの子供が浜辺にいました。先日来、アクセス道路(小倉ヶ浜有料道路)で小さいタヌキの轢死体を2回続けて見たばかりです。その片割れの生き残りがいたのかもしれません。死骸はグロイため写真掲載はしません。今朝のは撮影できませんでした。

家に戻ったら、玄関前にオオミズアオがいました。昨夜の訪問者です。
e0094349_732061.jpg

日向市に来て5年にして、初めてこの蛾と会うことができました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-21 07:32 | 蛾と蝶

大津波による赤崎(小泉海岸)の離岸堤の変化

赤崎(小泉海岸)の砂浜消滅は3月14日のブログ(http://beachmollu.exblog.jp/i32/3/)で速報を出しました。

津波の前と後の空中写真を比較したら、津谷川河口の砂洲で出来ていた砂浜がえぐられて海岸線が大きく内陸に移動していました。海岸にあった垂直護岸と避難路の階段、そして松の海岸林がほぼ完全に消滅していたことに衝撃を受けました。

e0094349_9144660.jpg
大津波で変化した海岸線の空中写真を再掲します。

自分が撮影した3月5日の写真は、地震・津波後に水没した砂浜の上で撮影したものだったので、小野寺さんから送られてきた津波後の4月10日の写真との直接的な比較はできませんが、離岸堤などの明確な構造物の変化は読み取れます。

国道45号線の津谷川の上の橋は、橋脚が残っていますが本体は流失しました。
e0094349_920269.jpg

津波前の河口は砂の堆積で閉塞状態だった(ただし、サケの遡上路の確保のため浚渫されていた)ものが大きく開き、砂洲が消滅しました。
e0094349_9222397.jpg

堤防の上の道路は形が残っていますが護岸が相当痛んでいます。
e0094349_9264878.jpg
e0094349_9265756.jpg

津谷川の堤防道路から砂浜に出る手前の駐車場とトイレが破壊され、浄化槽がむき出しになっています。
e0094349_9241389.jpg

その近くにあった3階建ての建造物は姿をとどめていますが津波にのまれたようです。

松林の本体は根こそぎになったようですが、一部で根株だけ残っています。
e0094349_9292259.jpg

砂浜の砂を足止めしていた離岸堤は空中写真で見てわかるように5基ありました。

下の3月5日に撮影した自分の写真では北側の3基が写っています。
e0094349_9324043.jpg

サーファーが駐車場と海岸にいました。津波の時もいたはずですが、無事に逃げ延びたでしょうか。
e0094349_9324890.jpg

4月10日の小野寺さんの写真では、河口からもっとも遠い、砂浜から岩礁の移行部の沖に設置された離岸堤だけが原型をとどめています。2番と3番は一部が見えますが、4番と5番は水面上に姿がありません。
e0094349_9345350.jpg

e0094349_935449.jpg
e0094349_9351215.jpg
e0094349_9352145.jpg

河口に近い、おそらく砂の堆積層が厚くなっている所で、離岸堤は地震・津波の影響で埋没したのかもしれません。(海水中の状態を見ないと実態はわかりませんが、一番北側の(岩盤上の?)離岸堤が形をとどめていることから、それ以外は単に下に向けて沈んだのではないかと想像しています)

3月5日の写真で見ると、垂直護岸の河口部のコーナーで、津谷川に面した部分に大量のテトラポッドがありました。また、その海側にも砂に埋没したテトラポッド群の上部が見えました。
e0094349_942141.jpg

津波後の写真で見た限りでは、これらのテトラポッド群は残っているような気がします。

小泉海岸は海水浴場であり、サーフィンスポットとしてよく知られているようです。
http://www.rias.miyagi-fsci.or.jp/mt/kankou/k_sea.html

YouTube動画で昔の姿を見ることができます。

サーフィンのメッカ小泉海岸海水浴場(遊泳禁止区域)2010/08/11
http://youtu.be/-yAHoKf6yko

小泉海岸海水浴場1 2010/08/11 宮城県気仙沼市
http://youtu.be/DwUOt0-chE0

Junior Open! (CHIAKI7755 さんが 2010/08/03 にアップロード)
http://youtu.be/z8yWmw_UmJA

これらの動画の背景になっていた圧倒的なテトラポッドの離岸堤が水面下に沈んだようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-17 09:50 | 津波と地震

大津波による気仙沼市本吉町大谷海岸の変貌

長須賀海岸の南西にある大谷(おおや)海岸沿いにJR気仙沼線の線路があり、砂浜の東よりにある大谷海岸駅には道の駅(ハマナス・ステーション)が併設されていました。

長須賀海岸(=御伊勢浜)の海岸林と護岸が壊滅状態となったのに比べると、大谷海岸の駅前と西側のハマナス公園の階段護岸、そして松林の一部は残っているようです。

津波の1週間前に自分が撮影した大谷海岸の様子は前のブログで紹介しました:
beachmollusc ひむかのハマグリ : 3月4日朝の大谷海岸
http://beachmollu.exblog.jp/14433061/

4月10日に小野寺さんによって撮影された被災1ヶ月後の大谷海岸の写真を送ってもらいました。そのいくつかを下に紹介します。

道の駅を海側から見たところ(遠景)と(近景)
e0094349_853242.jpg

e0094349_8534221.jpg

二階がレストランになっていましたが、その屋上まで津波で浸水したそうです。
e0094349_8553100.jpg

道の駅の屋上から見下ろした東側の大谷海岸の様子
e0094349_8592523.jpg

同じく、西側に見える大谷海岸の様子
e0094349_8593926.jpg

道の駅から線路をまたいで砂浜に降りる階段があって、浜にはコンクリートの階段護岸があります。
e0094349_9143867.jpg

大谷海岸の砂浜の西よりで垂直護岸と海岸林が激しく損壊しています。
e0094349_9151538.jpg

e0094349_92124.jpg

e0094349_932111.jpg
e0094349_933186.jpg
e0094349_933940.jpg

下のYOUTUBEの映像で津波後の大谷海岸の様子がはっきりと記録されています。(他にも映像はいろいろありますが、これが一番わかりやすい)

http://youtu.be/3T6CWVxEEP8
2011.4.17宮城県気仙沼市大谷海岸
no8blue1no1life さんが 2011/04/27 にアップロード
2011年4月17日現在の大谷の海沿いの状況
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-15 09:09 | 津波と地震

津波による長須賀海岸(御伊勢浜)の変貌

3.11に三陸海岸を襲った大津波で砂浜海岸がどのように変化したのか、それは空中写真だけではわかりません。

津波の1週間前に本吉町の3つの海岸(赤碕:小泉海岸、大谷海岸、そして長須賀海岸:御伊勢浜)を歩いて自分で撮影した写真映像と見比べることができる写真を現地の小野寺氏から送っていただきました。

まずは長須賀海岸(地図では御伊勢浜)で、4月10日撮影、津波の1ヵ月後の状態です(近景と遠景)。
e0094349_1833472.jpg
e0094349_18335846.jpg

次は津波前に自分で撮影した画像です。

護岸も海岸林もほとんど消えてしまいました。津波の引き波で破壊され、海側に押し流されたらしいとのことです。
e0094349_18494199.jpg
e0094349_18495932.jpg

海水浴場のコンクリートの垂直護岸には津波の時の避難路として階段が設置されていました。

ここは白砂青松の砂浜海岸として環境省の「快水浴場百選」の一つに認定されていました。ちなみに日向市の伊勢ヶ浜も快水浴場百選の一つです。

コクガンの渡来地として日本の重要湿地500の中にも含まれています。
http://www.sizenken.biodic.go.jp/wetland/83/83.html
カモメ類に混じって黒い見慣れないカモのような鳥が浜辺にいましたが、それがコクガンだったのか。
e0094349_18592810.jpg


YOUTUBEサイトでも画像情報があります。
震災後 気仙沼 お伊勢浜  http://youtu.be/IKD8ntwtUps
震災後の気仙沼 御伊勢浜  http://youtu.be/eDgjMTlNNfA
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-13 18:59 | 津波と地震