beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


ホタル育成水路のプラナリア

今シーズンのゲンジボタルの幼虫は、秋が深まってから育成水路に放流する前に、室内飼育で4令までの幼虫に育てる計画です。現在1000個体余りが元気に育っていますので、順調に行けば、来年は自宅周囲で乱舞してくれるでしょう。

ホタルの幼虫には孵化直後の小さいカワニナとサカマキガイを水路から集めて室内水槽の中で与えています。その餌の回収作業をしていてびっくりしたのがプラナリアの大発生です。
e0094349_18314693.jpg

実体顕微鏡で見ると、対の目玉が内側に寄っていて愛嬌のある顔をしています。

生きているプラナリアはじっとしていてくれないので顕微鏡撮影が難しいため、動画で紹介することにしました。
http://www.youtube.com/watch?v=uNjta31sDOo

海外のサイトでプラナリアの動画は沢山ありますが、餌を食べる行動が映画のエイリアンみたいで気色悪く、あまりお勧めできません。

プラナリアは貝類の天敵となる可能性があるのでチェック中です。また、ホタルの幼虫の敵となるかどうかも調べます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-31 18:35 | その他の動物

オオゾウムシ

小倉ヶ浜の散歩から戻って玄関前を見たら大きなゾウムシがいました。2センチ以上です。
e0094349_7533188.jpg
e0094349_7534212.jpg

触ると死んだ振りをして動きません。

どうせ「オオゾウムシ」という名前をもらっているだろうと検索したらドンピシャリ。

朽木で幼虫が育つ虫ですが、木を枯らすような嫌われ者ではないそうです。

オオゾウムシ歩く、というYouTube動画がありました。自分で撮影する手間が省けました。
http://youtu.be/tDhXnZxHMj8
iromushiya さんが 2011/05/21 にアップロード
<動きが「たたり神」に似ていませんか>

「たたり神」というのはアニメの「もののけ姫」に登場していましたね。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-31 08:00 | その他の昆虫

ジャケツイバラの近況

ともさんのコメントに応えて、2年前に西米良村で購入したジャケツイバラの苗について報告します。

大きい鉢に植え替えて、今では人の背丈の高さに育っています。ただし、花はまだ咲いていません。
e0094349_18264431.jpg

蔓が真っ直ぐ伸びる傾向があるという情報から、1.8mの支柱で囲って育てています。

実は毎朝のように通っているGIビーチにもこの植物が生えています。その今朝の写真です。
e0094349_1829842.jpg

駐車場へのアクセス通路の山側にあって、注意してみていますが、花をまだ見ていません。

周囲では現在ハマナタマメが開花しています。
e0094349_18321825.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-07-30 18:32 | 植物

淡水産のヒルの仲間

ホタル幼虫の育成用の水路でカワニナを増やしていますが、その水路にヒドラとプラナリアが大発生していて対策に苦慮しています。

水路のプラナリアを採集して観察していたら、行動様式が違っている動物が見つかりました。プラナリアは滑るように動きますが、これはヒルのように吸盤で付着して匍匐前進します。

平べったくて、まるでウズムシと同じような外見で、体が伸びると2センチくらいです。とにかく、我々に飛び掛って血を吸うような「ヒル」とは一味違って、苛めるとダンゴムシみたいに丸くなります。

顕微鏡で確認したらまさにヒルの一種でした。背景のメッシュは5mmです。
e0094349_1153141.jpg

細く伸びる頭部には眼点が3対ありました。
e0094349_11533764.jpg

体の後端に吸盤が見えます。
e0094349_11542425.jpg

前の方にも吸盤があるはずですが、上からは見えません。

このヒルの仲間は一体全体何物じゃ、と調べてみましたが、日本の淡水産のヒルには30種あるそうで、オンラインでは、種まで調べることができる情報がありません。

おそらくユスリカの幼虫などを食べる捕食者と思われますが、ホタルの幼虫やカワニナを食べるかどうか、確認が必要です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-29 12:02 | その他の動物

海に戻るアカウミガメ

小倉ヶ浜海水浴場のサーファーが多い場所に産卵し、海に戻る途中のアカウミガメに出会いました。

動画をようつべにアップしておきました。
http://www.youtube.com/watch?v=94AhVYwXj9U
http://www.youtube.com/watch?v=Mf4tDJG5pT8

海岸に降りたとたん、ウミガメの足跡があり、はるか彼方の砂の上に海ガメの姿が見えます。
e0094349_8342124.jpg

満潮線より少し海側までやって来て、サーファーが多い時間になったらしく、海へ向かって真っ直ぐ進行できないで混乱していました。
e0094349_8343032.jpg

ミッキーはロープで足止めですが、自由なハートが挨拶に出向いてワンワン言ったら、カメサンがゆっくり動き出しました。その後、30分ほどで波間に消えました。
e0094349_8355899.jpg

産み終えて帰る時間には干潮となって、傾斜がゆるい小倉ヶ浜の砂浜では長い道のりです。
e0094349_8373093.jpg

上陸してから真っ直ぐの道筋を辿りましたが、帰り道は大きくジグザグです。多分、人が通りかかって何度も邪魔が入ったのでしょう。
e0094349_8374879.jpg

足跡から、上陸したのは昨夜の満潮が過ぎたばかりの頃だったとわかります。
e0094349_839920.jpg

e0094349_8395469.jpg

海浜植生が砂丘のふもとで砂を安定化させている場所まで長い道のりでした。
e0094349_8404733.jpg

草の生えている間の砂場に産卵巣を造っていました。理想的な場所を選んでいます。
e0094349_842589.jpg

産んだ後の砂かけ(カモフラージュ)を済ませています。

母ガメが砂を払った位置を想定すれば、どこに巣穴があるかピンポイントでわかります。

この場所を保全するべくマークしておいて、2ヶ月余りの孵化後の調査で孵化率を確認すればよいのですが、日向市の地元には卵を掘り出して移設する依存症にかかっている人たちがいるので困ったものです。じっと見守ればよいのに、余計な手を出す「動物愛誤」の病気です。
e0094349_8421446.jpg

亀の足跡に交差した重機のキャタピラー跡がありました。
e0094349_844345.jpg
平岩港の航路浚渫の砂を運搬しているようです。毎度のことですが、台風の波で砂が動き、トラップとなった航路がふさがっていると思われます。

<追加>

上のアカウミガメの産卵場所で撮影した8月7日朝の写真です。

スリバチ状態になっているのは卵を掘り出して移設した証拠です。
e0094349_9425743.jpg

台風9号の波はここまで届いていませんでした。

移設した皆さんは台風の波で卵がさらわれないようにしているつもりでしょうが、そのような場所は温度環境が異なるでしょう。移設で発生障害をおこすだけでなく、孵化まで進んでも仔ガメの性比が偏ってしまう恐れがあります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-26 08:45 | ウミガメ

フジツボとカキの殻が語る砂の堆積変化

GIビーチの砂浜では台風の大波で北側の浸食が激しかったのですが、その結果、岩に付着していたフジツボ類とカキの殻が満潮線近くに出現しました。もちろん、砂に埋まっていたので空の殻です。

今朝6時頃、小潮の干潮(最干潮は7時半)に撮影した、空気中に露出した岩のその1です。
e0094349_945981.jpg

フジツボ(多分シロスジフジツボ)の層が2段になっていて、時代に新旧があるように見えました。
e0094349_961539.jpg

カキ(種類はわかりません)殻はフジツボより下で、岩に付着した側だけです。
e0094349_97364.jpg

もう一つの岩ですが、カキ殻の上にフジツボ(イワフジツボか?)が付着していました。
e0094349_984250.jpg
e0094349_985198.jpg
e0094349_985977.jpg

フジツボやカキが岩に付着して育っていた年代がかなり続いた後、砂が堆積して岩の下部を埋めてしまったことを物語っています。この場所では同じことが何度も繰り返されていると思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-25 09:14 | 海岸

塩見川の変化

台風による撹乱の後、塩見川の河口での流路が変動を続けています。

今朝は日の出時刻にあわせてGIビーチに出撃、朝日が昇るとミッキーがすぐへたれるためです。

もやがかかっていたので、朝日にカメラを向けても大丈夫でした。6時頃、ボウズ山わきの太陽です。
e0094349_811029.jpg

塩見川は流路を北側に移動させ、小さく頭を出している岩(根は深いと思われる)の位置まで来ていました。
e0094349_813786.jpg

e0094349_8132483.jpg

目印の岩に川の流れが当たっています。
e0094349_81454.jpg

この岩の位置が、以前あったように流れの中央になるかどうか注目です。

海岸の砂の堆積は外力の変化に応じてダイナミックに変化します。人間の都合で砂浜海岸を構造物などで固定しようとすると不都合が起こるので、自然の営みをじっくり見て理解することが大切です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-24 08:17 | 海岸

タラノキの開花

ポポーとサルナシの農園をつくっている一角に勝手に生えてきたタラノキがあります。

夏に花が咲いて秋に実(種)がとれると聞いたので、今年はタラの芽を採取せず、花が咲くのを待っていました。台風の強風でポポーの苗は少し傷んでいますが、タラノキはびくともせず、開花が始まりました。
e0094349_10185114.jpg
e0094349_1019062.jpg

この木から1m程離れたところに新しいタラノキが頭を出しています。
e0094349_10202244.jpg

地下茎が伸びて新しい芽を出したものでしょう。

タラの芽の生産はすでに農業としての栽培が進んでいますので、自宅では主に観賞用として育てるつもりです。

ネット検索してみると、根茎などから挿し木で苗を増やす方法が確立されています。種からの苗を作るような奇特な人はいないようなので、自分では種から育てる苗つくりを楽しむつもりです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-23 10:33 | 植物

塩見川の河口の変化

今朝も昨日に続けてGIビーチに出かけました。塩見川の河口の北側です。
e0094349_17573222.jpg

塩見川の南岸の砂浜には大きな岩があって、台風前に川の流路がその岩のすぐ下でした。しかし、現在は以前の流路に戻って岩から離れています。

北側に流路が曲がっている時、小さく出ている岩の頭のところまで蛇行することがあります。
e0094349_1801725.jpg

その岩まで流路は北に曲がっていません。この岩の様子から見て、河口部の砂浜は浸食されておらず、浸食が激しいのは北端の岩礁から汀線までの距離が短い所、そして岩の付け根が波で洗掘された部分です。

長い間、飛砂で堆積してきた砂が沖に戻ったという印象です。これから夏の間に南風で砂は前のように岩の周辺に溜まってゆくでしょう。

今朝のGIビーチの打ち上げ物にアカエイがありました。
e0094349_1851264.jpg

これはチョウセンハマグリの天敵です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-22 18:05 | 海岸

GIビーチは台風の波で浸食

今朝はGIビーチの台風後の変化を見てきました。午前6時頃で、上げ潮(満潮は9時半)。

全体的に砂浜の砂が減って、砂に覆われていた赤茶けた岩礁が露出していました。上部の黒っぽい色の部分は地衣類などが生育して変色したものです。黒色の下で赤茶けた層の上にある狭い真っ白な層は4,5年前の台風で砂が剥ぎ取られて露出してから太陽光で漂白されたためと思います。
e0094349_8353467.jpg
e0094349_8354246.jpg
e0094349_8355091.jpg

垂直方向に1m近く砂の堆積層が大きく剥ぎ取られた場所もありました。

カラスの食卓岩(塩見川の流路に近い)は凹んだ部分が砂で覆われて2つに分かれていたものが、基盤まで露出してとても大きく見えました。
e0094349_841784.jpg

岩の上に無数に散乱していたチョウセンハマグリの食べかす殻は波にさらわれて一掃されていました。

先日紹介したハマゴウの群落はメチャクチャになって、花はむしりとられていました。しかし、丈夫な幹は健在ですので、すぐ復活するでしょう。
e0094349_8444274.jpg

ウミガメが産卵したポイントの砂は海岸植生の位置から見てほとんど影響を受けていません。
e0094349_845347.jpg

さすが、母ガメが慎重に選んだ場所であって、植生が砂を固め、地形は波が上を通り越すようになっていました。

大波が遡上した最高地点を見ると、今回の波高がそれほど大きくなかったことがわかります。満潮潮位の上数メートル地点まででした。
e0094349_8485082.jpg

今回の浸食の結果、GIビーチの砂浜はかなり狭まって、北側では乾いた砂が見られない状態になりました。満潮時間にワンコを走らせる場所を変える必要があります。

過去の空中写真を見比べると、1960年代に同様な状態だったことが判読できます。

下は1962年と1991年撮影の空中写真を見比べたものです。1962年は満潮、1991年は干潮の時の姿なので、そのままでは比較できませんが、満潮線で比べると1962年に今回の台風後の状態と同様だったことがわかります。
e0094349_8544422.jpg

小倉ヶ浜有料道路の橋を建設したことは全く無意味で、海岸景観を台無しにしたと思います。

次の大津波でリセットされると思いますが、壊れたら復旧はしないで綺麗な自然海岸に戻してもらいたいと願っています。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-21 08:56 | 海岸